高雄 啓三

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/01 13:25
 
アバター
研究者氏名
高雄 啓三
URL
http://www.lsrc.u-toyama.ac.jp/larc/larc_labo.htm
所属
富山大学
部署
研究推進機構 研究推進総合支援センター 生命科学先端研究支援ユニット 動物実験施設
職名
教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
その他の所属
富山大学 大学院医学薬学教育部(医学)生理学研究所 行動・代謝分子解析センター
科研費研究者番号
80420397

プロフィール

Google Scholar の個人ページ
http://scholar.google.com/citations?hl=en&user=K_11ikYAAAAJ

研究分野

 
 

経歴

 
2015年11月
 - 
現在
富山大学 大学院医学薬学教育部(医学)行動生理学講座 教授
 
2015年10月
 - 
現在
富山大学 研究推進機構 研究推進総合支援センター 生命科学先端研究支援ユニット 教授
 
2015年10月
 - 
現在
自然科学研究機構 生理学研究所 行動・代謝分子解析センター 教授(兼任)
 
2013年5月
 - 
2015年9月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 准教授
 
2010年4月
 - 
2015年9月
自然科学研究機構 生理学研究所 行動・代謝分子解析センター 特任准教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
京都大学 生命科学系キャリアパス形成ユニット 講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
京都大学 医学研究科 先端技術センター 客員研究員
 
2005年9月
 - 
2007年3月
京都大学 先端領域融合医学研究機構 助手
 
2006年1月
   
 
京都大学 博士(情報学) 授与
 
2003年4月
 - 
2005年8月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
2001年10月
 - 
2005年8月
米国 マサチューセッツ工科大学 訪問研究員
 
2000年4月
 - 
2003年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

論文

 
Ohashi R, Takao K, Miyakawa T, Shiina N
Scientific reports   6 20775   2016年2月   [査読有り]
Shoji H, Takao K, Hattori S, Miyakawa T
Molecular brain   9 11   2016年1月   [査読有り]
Shibasaki K, Sugio S, Takao K, Yamanaka A, Miyakawa T, Tominaga M, Ishizaki Y
Pflugers Archiv : European journal of physiology      2015年8月   [査読有り]
Reply to Warren et al. and Shay et al.: Commonalities across species do exist and are potentially important
Keizo Takao, Hideo Hagihara, Tsuyoshi Miyakawa
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   -in press   [査読有り][招待有り]
Takao K, Miyakawa T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2014年8月   [査読有り]
Yasumura M, Yoshida T, Yamazaki M, Abe M, Natsume R, Kanno K, Uemura T, Takao K, Sakimura K, Kikusui T, Miyakawa T, Mishina M
Scientific reports   4 6613   2014年10月   [査読有り]
Watanabe S, Ageta-Ishihara N, Nagatsu S, Takao K, Komine O, Endo F, Miyakawa T, Misawa H, Takahashi R, Kinoshita M, Yamanaka K
Molecular brain   7 62   2014年8月   [査読有り]
Zheng LS, Hitoshi S, Kaneko N, Takao K, Miyakawa T, Tanaka Y, Xia H, Kalinke U, Kudo K, Kanba S, Ikenaka K, Sawamoto K
Stem cell reports   3 73-84   2014年7月   [査読有り]
Hayashi Y, Nabeshima Y, Kobayashi K, Miyakawa T, Tanda K, Takao K, Suzuki H, Esumi E, Noguchi S, Matsuda Y, Sasaoka T, Noda T, Miyazaki J, Mishina M, Funabiki K, Nabeshima Y
Molecular brain   7 44   2014年6月   [査読有り]
[Immaturity of brain as an endophenotype of neuropsychiatric disorders].
Hagihara H, Shoji H, Takao K, Walton NM, Matsumoto M, Miyakawa T
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   34 67-79   2014年6月   [査読有り]
Hagihara H, Ohira K, Takao K, Miyakawa T
Molecular brain   7 41   2014年5月   [査読有り]
Fujioka R, Nii T, Iwaki A, Shibata A, Ito I, Kitaichi K, Nomura M, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Fukumaki Y
Molecular brain   7 31   2014年4月   [査読有り]
Shoji H, Takao K, Hattori S, Miyakawa T
Journal of visualized experiments : JoVE      2014年3月   [査読有り]
Onouchi T, Kobayashi K, Sakai K, Shimomura A, Smits R, Sumi-Ichinose C, Kurosumi M, Takao K, Nomura R, Iizuka-Kogo A, Suzuki H, Kondo K, Akiyama T, Miyakawa T, Fodde R, Senda T
Molecular brain   7 21   2014年3月   [査読有り]
Kobayashi M, Nakatani T, Koda T, Matsumoto K, Ozaki R, Mochida N, Takao K, Miyakawa T, Matsuoka I
Molecular brain   7 12   2014年2月   [査読有り]
Koshimizu H, Takao K, Matozaki T, Ohnishi H, Miyakawa T
PloS one   9 e89584   2014年   [査読有り]
Watanabe Y, Katayama N, Takeuchi K, Togano T, Itoh R, Sato M, Yamazaki M, Abe M, Sato T, Oda K, Yokoyama M, Takao K, Fukaya M, Miyakawa T, Watanabe M, Sakimura K, Manabe T, Igarashi M
The Journal of biological chemistry   288 34906-34919   2013年11月   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Yamakado H, Morita T, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Takahashi R, Kinoshita M
Molecular brain   6 35   2013年8月   [査読有り]
Takao K, Kobayashi K, Hagihara H, Ohira K, Shoji H, Hattori S, Koshimizu H, Umemori J, Toyama K, Nakamura HK, Kuroiwa M, Maeda J, Atsuzawa K, Esaki K, Yamaguchi S, Furuya S, Takagi T, Walton NM, Hayashi N, Suzuki H, Higuchi M, Usuda N, Suhara T, Nishi A, Matsumoto M, Ishii S, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   38(8) 1409-1425   2013年7月   [査読有り]
Umemori J, Takao K, Koshimizu H, Hattori S, Furuse T, Wakana S, Miyakawa T
BMC research notes   6 203   2013年5月   [査読有り]

Misc

 
昌子浩孝, 萩原英雄, 高雄啓三, WALTON Noah M., 松本光之, 宮川剛
基礎心理学研究   32(1) 101-119   2013年9月
森下裕貴, 吉岡靖雄, 高雄啓三, 吾郷由希夫, 佐藤宏祐, 野尻奈央, 田中智大, 田熊一敞, 角田慎一, 松田敏夫, 宮川剛, 東阪和馬, 堤康央
J Toxicol Sci   38(Supplement) S245   2013年6月
山下直也, 高雄啓三, 宮川剛, 五嶋良郎
日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集   129th 34   2013年
上田(石原)奈津実, 澤田明宏, 真野善有, 増田博紀, 西岡朋生, 貝淵弘三, 高雄啓三, 宮川剛, 重本隆一, 深澤有吾, 木下専
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th WEB ONLY 2AW13-4   2013年
渡邊裕美, 片山憲和, 武内恒成, 高雄啓三, 宮川剛, 崎村建司, 真鍋俊也, 五十嵐道弘
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th WEB ONLY 3P-0709   2013年

書籍等出版物

 
安全性薬理試験マニュアル
安東賢太郎, 橋本敬太郎, 藤森観之助
エル・アイ・シー   2009年9月   ISBN:9784900487468
化学同人   2009年8月   ISBN:4759811788
二木 鋭雄
共立出版   2008年1月   ISBN:4320061594
森 寿, 真鍋 俊也, 渡辺 雅彦, 岡野 栄之, 宮川 剛
羊土社   2006年3月   ISBN:4897064996
羊土社   2000年6月   ISBN:4897066468

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 高雄 啓三
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 高雄 啓三
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 高雄 啓三
Shn2のexon領域の配列をloxP配列で挟んだShn2 floxedマウスに各部位特異的にCreリコンビナーゼを発現させるCreマウスと掛け合わせることにより領域特異的Shn2欠損マウスを得ることが出来る。loxP配列で挟んだShn2のexon領域の配列がCreリコンビナーゼによって欠損させられたときにShe-2 KOマウスと同様の表現型が得られるかどうかを未成熟歯状回の指標となる遺伝子群をRT-PCRによって定量して確認した。Shn2 floxedマウスとtelencephalin ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 高雄 啓三
統合失調症や双極性感情障害、うつ病等の精神疾患はいずれも高い生涯罹患率を有し、薬物療法が進歩した今日でも難治例は多い。とくに統合失調症は精神科入院患者の約6割を占め、医療費の高騰の面からも効果的な治療薬の研究開発が重要であるが、そのためには精神疾患の病態の解明の研究をさらに進める必要がある。近年、脳で発現する遺伝子を操作した遺伝子改変マウスが多く作製されており、なんらかの行動異常を示すものが多数報告されている。それらのマウスの行動を網羅的行動テストバッテリーでスクリーニングすることにより精...

その他

 
#test000#