中谷健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/16 11:23
 
アバター
研究者氏名
中谷健太郎
ハンドル
Ken Nakatani
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80388751
所属
甲南大学
部署
文学部 英語英米文学科
職名
教授
学位
Ph.D. in Linguistics(Harvard)
科研費研究者番号
80388751

プロフィール

私の研究の関心は、人間の脳内に存在するはずの言語メカニズムの解明にあります。特に、言語知識の中の語彙=統語インタフェースと、実時間文処理における記憶資源の利用に関心をもっています。

「関西心理言語学研究会 (KCP)」を関学の中野陽子さん,甲南女子大の田中幹大さん,津田塾大の小野創さんらと主催しています。小さな研究会で,ほぼ月一で開催しています。心理言語学に関心がある方,遊びにきてください。初学者,院生,学生歓迎。詳細は以下のウェブサイトを参照ください。

http://www.konan-u.ac.jp/~nakatani/kcp/

メール:「kentaron」のあとにアットを挟んでkonan-uドットacドットjp

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
甲南大学 文学部 英語英米文学科 教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
University of California, San Diego Department of Linguistics Visiting Scholar
 
2007年4月
 - 
2009年3月
甲南大学 文学部 英語英米文学科 准教授
 
2007年9月
 - 
2008年3月
Harvard University Department of Linguistics Visiting Scholar
 
2004年4月
 - 
2006年3月
甲南大学 文学部 英語英米文学科 助教授
 

学歴

 
1995年9月
 - 
2004年3月
Harvard University Graduate School of Arts and Sciences Department of Linguistics
 
1992年4月
 - 
1995年3月
上智大学 外国語学研究科 
 
1987年4月
 - 
1992年3月
東京大学 文学部 言語学科
 

書籍等出版物

 
Kentaro Nakatani(中谷 健太郎)
くろしお出版   2013年3月   ISBN:4874245781
二つの動詞が連結し,一つの述語として機能する複雑述語。その「述語連結」の派生メカニズムを,テイク,テシマウ,テイル等12種のテ形複雑述語に焦点を当てて統語論・意味論の両側面から追求し,それらに通底する派生原理を考える。
ここから始める言語学プラス統計分析
小泉政利 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 形態論)
共立出版   2016年4月   ISBN:978-4-320-11120-2
 本書は,これから言語学の勉強や研究を始めようという方や,言語学を始めてからまだ日が浅いという方が,「実験を用いた言語研究」の立場から言語について学び,科学的な研究を行えるようになるための入門書である。言語学,心理学,脳科学など多様な観点からの研究が取り上げられており,最先端の研究トレンドに触れながら言語学の基礎を固め,統計的な視点を養うことができる。
Handbook of Japanese Lexicon and Word Formation
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) (担当:分担執筆, 範囲:Contributed Chapter 11 "Complex predicates with -te gerundive verbs" pp.387–424.)
De Gruyter Mouton   2016年2月   ISBN:978-1614512752
語彙意味論の新たな可能性を探って
由本陽子・小野尚之(編) (担当:分担執筆, 範囲:第6章「複動性・量子性から再考する達成・到達の区別」pp.157–183を執筆。)
開拓社   2015年11月   ISBN:978-4-7589-2221-0
言語の設計・発達・進化:生物言語学探求
藤田耕司・福井直樹・遊佐典明・池内正幸(編) (担当:分担執筆, 範囲:第10章を共著)
開拓社   2014年11月   ISBN:9784758922050
岸本秀樹・由本陽子 (担当:分担執筆, 範囲:「使役連鎖の原則とテ形複雑述語におけるニ格の容認性」pp.99–124)
ひつじ書房   2014年2月   ISBN:4894766566
「使役連鎖の原則とテ形複雑述語におけるニ格の容認性」pp.99–124 執筆。
影山太郎(編)
大修館書店   2009年3月   ISBN:4469245410
第1章「語彙的アスペクト」(中谷健太郎・影山太郎)pp.14-42を共同執筆。
小野 尚之 (担当:分担執筆)
ひつじ書房   2007年10月   ISBN:489476346X
「文処理ストラテジーという視点から観た結果構文の類型論」pp. 289–317 執筆。

論文

 
A study of the bump alternation in Japanese from the perspective of extended/onset causation
Natsuno Aoki and Kentaro Nakatani
Proceedings of the Workshop on Cognitive Aspects of the Lexicon   119-124   2016年12月
Complex predicates with -te gerundive verbs
Kentaro Nakatani
Taro Kageyama and Hideki Kishimoto (eds.) Handbook of Japanese Lexicon and Word Formation   387-424   2016年2月   [査読有り][招待有り]
複動性・量子性から再考する達成・到達の区別
中谷健太郎
由本陽子・小野尚之(編)「語彙意味論の新たな可能性を探って」   157-183   2015年11月   [査読有り][招待有り]
中谷健太郎
甲南大学紀要 文学編   165 99-112   2015年3月
A Judgment Study on Aspectual Diagnostics in Japanese
Kentaro Nakatani and Natsuno Aoki
Naonori Nagaya, Akiko Takemura and Timothy Vance (eds.) Japanese/Korean Linsuitics 22. Stanford, CA: CSLI Publications.   22 55-70   2015年3月   [査読有り]
Integration Costs in the Processing of Japanese Wh-interrogative Sentences
Hajime Ono and Kentaro Nakatani
Studies in Language Sciences   13 13-31   2014年12月   [査読有り]
An Experimental Study on Adjacency and Nominative/Genitive Alternation in Japanese
Satoshi Nambu and Kentaro Nakatani
MIT Working Papers in Linguistics 73: Proceedings of FAJL   131-142   2014年12月   [査読有り]
文解析と記憶システム:文法的依存関係構築における干渉効果の検討
小野創・小畑美貴・中谷健太郎
言語の設計・発達・進化:生物言語学探求   174-205   2014年11月
使役連鎖の原則とテ形複雑述語におけるニ格の容認性
中谷健太郎
複雑述語研究の現在   99-124   2014年1月   [招待有り]
事象キャンセル可能性についての質問紙調査 ––その詳細データ––
青木奈律乃・中谷健太郎
甲南大学紀要 文学編   163 41-57   2013年3月
Process, Telicity, and Event Cancellability in Japanese: A Questionnaire Study
Natsuno Aoki and Kentaro Nakatani
JELS   30 257-263   2013年2月   [査読有り]
V-Concatenation in Japanese
Kentaro Nakatani
J. Pustejovsky et al. (eds.) Advances in Generative Lexicon Theory. Dordrecht: Springer.   263-290   2013年1月
The Effects of a Pragmatic Factor in the Processing of Japanese Benefactive Constructions.
Hajime Kataoka and Kentaro Nakatani
JELS   29 246-252   2012年2月
Integration of Wh-Phrases and Predicates in Japanese Sentence Processing.
Hajime Ono and Kentaro Nakatani
IEICE Technical Report (信学技報)   110 99-104   2010年
Kentaro Nakatani and Edward Gibson
Cognitive Science   34(1) 94-112   2010年   [査読有り]
The Manner-Motion Conflation Parameter: Is the Syntactic Approach Better?
Kentaro Nakatani
English Linguistics   26 550-572   2009年   [査読有り]
テクル・テイクの動詞共起制限の派生
中谷健太郎
影山太郎(編)『レキシコンフォーラム No. 4』(ひつじ書房)   63-89   2008年
Distinguishing Theories of Syntactic Expectation Cost in Sentence Comprehension: Evidence from Japanese.
Kentaro Nakatani and Edward Gibson
Linguistics   46 63-87   2008年   [査読有り]
文処理ストラテジーという視点から観た結果構文の類型論
中谷健太郎
小野尚之(編)『結果構文研究の新視点』(ひつじ書房)   289-317   2007年9月   [招待有り]
Opposition Structure is not Event Structure: A Study of Cancellable Transition in Japanese V-teiru.
Kentaro Nakatani
Proceedings of the Fourth International Workshop on Generative Approaches to the Lexicon (CD-ROM)      2007年   [査読有り]

Misc

 
[Review] Louise McNally and Christopher Kennedy (eds.), Adjectives and Adverbs: Syntax, Semantics, and Discourse. Oxford: Oxford University Press, 2008. xv+354 pp.
Kentaro Nakatani
Studies in English Literature, English Number   52 260-269   2011年   [依頼有り]
原則と媒介変数の理論 (III): 叙述理論,θ理論.
中谷健太郎
海外言語学情報   8 66-74   1996年

講演・口頭発表等

 
How many times is the action repeated? An analysis of semelfactive interpretations based on the combination of the verb and its object
Shoko Shida and Kentaro Nakatani
日本言語学会 第155回大会   2017年11月25日   
Anti-locality effects of surprisal: A case of negative polarity items in Japanese
Kentaro Nakatani
East Asian Psycholinguistics: Recent Developments, a satellite workshop of Japanese/Korean Linguistics 25   2017年10月15日   
Aspectual interpretation of -te kuru as a result of modal slide
Kentaro Nakatani
Morphology & Lexicon Forum 2017   2017年9月10日   
オノマトペ副詞と時間副詞の相互作用からみるアスペクト解釈
志田祥子・青木奈律乃・中谷健太郎
第33回甲南英文学会   2017年7月8日   
When an onomatopoeia triggers different semelfactive interpretations: An experimental study
Shoko Shida, Natsuno Aoki, and Kentaro Nakatani
日本言語学会 第154回大会   2017年6月24日   
ワークショップ「パソコンがあれば出来ることばの実験研究の実際」
中谷健太郎・中野陽子・田中幹大・青木奈律乃
関西言語学会 第42回大会   2017年6月10日   
A study of the bump alternation in Japanese from the perspective of extended/onset causation
Natsuno Aoki and Kentaro Nakatani
Cognitive Aspects of the Lexicon (CogALex-v), with COLING 2016   2016年12月12日   
弾当て代換が表す移動についての再考―extent causationとcontrollabilityの観点から―
青木奈律乃・中谷健太郎
第32回甲南英文学会   2016年9月17日   
Locality effects for adverbials: A case of Japanese adverbial NPIs
Kentaro Nakatani
The 29th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing, University of Florida   2016年3月4日   
Pronominal ambiguity resolution in 
Japanese benefactive constructions
Kentaro Nakatani
CRL Talks, Center for Research in Language, UC San Diego   2015年10月13日   
Does Expectation Facilitate? A Study of NPI Dependencies in Turkish
Barış Kahraman, Kentaro Nakatani, Shravan Vasishth and Yuki Hirose
The 28th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2015年3月20日   
テ形複雑述語の多義性をどう捉えるべきか:文法化アプローチと拡大合成アプローチ [招待有り]
中谷健太郎
Morphology and Lexicon Forum 2014 (MLF2014)   2014年9月7日   
An Experimental Study on Adjacency and Nominative/Genitive Alternation in Japanese
Satoshi Nambu and Kentaro Nakatani
The 7th Meeting of Formal Approaches to Japanese Linguistics   2014年6月29日   
Interaction between Syntax, Semantics and Pragmatics in the Ambiguity Resolution in the Japanese Benefactive Constructions
Kentaro Nakatani
The 2014 Korean Society for Language and Information Workshop on Meaning and Cognition   2014年6月20日   
Locality and Anti-Locality Effects in the Processing of Expected and Unexpected Inputs: A Study of NPI Dependencies in Japanese
Kentaro Nakatani
The 27th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2014年3月15日   
心理言語学の方法と語彙意味論
中谷健太郎
日本英語学会 第31回大会 シンポジウム「語彙意味論の新たな可能性を探って」   2013年11月10日   
テ形動詞構文の構造と意味 [招待有り]
中谷健太郎
国立国語研究所「日本語レキシコンの文法的・意味的・形態的特性」研究発表会   2013年9月6日   
目的語の量子性・累積性と述語の完結性について〜日本語のアスペクト特性から見えること
中谷健太郎・青木奈律乃
甲南英文学会 第29回大会   2013年7月6日   
A Judgment Study on Aspectual Diagnostics in Japanese
Kentaro Nakatani and Natsuno Aoki
The 22nd Japanese/Korean Linguistics Conference   2012年10月12日   
Process, Telicity, and Event Cancellability in Japanese: A Questionnaire Study
Natsuno Aoki and Kentaro Nakatani
The 5th ELSJ International Spring Forum   2012年4月   
ことばの実験研究の実際 --関西における心理言語学研究の萌芽に向けて––
小野創・中野陽子・中谷健太郎
関西言語学会   2011年6月   
The Effects of a Pragmatic Factor in the Processing of Japanese Benefactive Constructions.
Hajime Kataoka and Kentaro Nakatani
The 4th ELSJ International Spring Forum   2011年4月   
Distance effects with Japanese Wh-phrases.
Hajime Ono and Kentaro Nakatani
The 24th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2011年3月   
Integration of wh-phrases and predicates in Japanese sentence processing.
Hajime Ono and Kentaro Nakatani
International Workshop on Mental Architecture for Processing and Learning of Language 2010 (MAPLL2010)   2010年8月   
日本語否定対極表現のオンライン処理にみる分断の効果
中谷健太郎
甲南英文学会 第25回大会   2009年6月   
Is the Nesting Effect Caused by Structural Complexity or Structural Frequency? A Case Study of Japanese NPI Processing
Kentaro Nakatani
The 22nd Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2009年3月   
Opposition Structure is not Event Structure: A Study of Cancellable Transition in Japanese V-teiru.
Kentaro Nakatani
The 4th International Workshop on Generative Approaches to the Lexicon   2007年5月   
Aspectual Presupposition, Entailment, and Composition in Japanese V-teiru.
中谷健太郎
言語処理学会 第13回年次大会   2007年3月   
Processing Japanese Relative Clauses in Context.
Tomoko Ishizuka, Kentaro Nakatani, and Edward Gibson
The 19th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2006年3月   
文理解における統合と保持 〜日英対照の視点から〜 [招待有り]
中谷健太郎
福岡言語学会   2005年12月   
統語構造から意味構造へのマッピング という視点から観た結果構文
中谷健太郎
日本英語学会 第23回大会 ワークショップ『結果述語の意味論』   2005年11月   
Progressive, Imperfective and Perfect from a GL Perspective.
Kentaro Nakatani
The 3rd International Workshop on Generative Approaches to the Lexicon   2005年5月   
A Compositional Analysis of the Interpretive Ambiguity of -te i.
中谷健太郎
The 2nd Oxford-Kobe Linguistics Seminar   2004年9月   
生成語彙理論(GL)から観た Imperfective Paradox --試論
中谷健太郎
甲南英文学会 第20回大会   2004年7月   
Storage, Integration, and Incrementality.
Kentaro Nakatani
The 4th Japanese Language Processing Workshop, the Linguistic Society of America Summer Institute   2003年7月   
V-Concatenation in Japanese: A GL Approach.
Kentaro Nakatani
The 2nd International Workshop on Generative Approaches to the Lexicon   2003年5月   
Processing Evidence for the Representation of Complex Predicates in Japanese.
Kentaro Nakatani
The 16th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2003年3月   
Relative Clause Extraction Complexity in Japanese.
Tomoko Ishizuka, Kentaro Nakatani, and Edward Gibson
The 16th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2003年3月   
An On-line Study of Japanese Nesting Complexity.
Kentaro Nakatani and Edward Gibson
The 16th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2003年3月   
Analyzing -Te.
Kentaro Nakatani
The 12th Japanese/Korean Linguistics Conference   2002年11月   
Cyclic Interpretation in Complex Predicates in Japanese.
Kentaro Nakatani
Harvard/Dudley House Light Verb Workshop   2002年11月   
Interlexical Operation in the V-te-V Predicates in Japanese.
Kentaro Nakatani
The 3rd Biennial International Conference on Practical Linguistics of Japanese   2002年3月   
Applying Lexical Rules in Syntax: A Case Study of the V-te V Construction in Japanese.
Kentaro Nakatani
The 1st Joint MIT and Harvard Student Conference on Language Research   2000年8月   
The Complexity of Nested Structures in Japanese.
Kentaro Nakatani, Maria Babyonyshev, and Edward Gibson
The 13th Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing   2000年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 中谷 健太郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 中谷健太郎
本研究課題は、母語話者による日本語の漸増的文処理(文が終わるのを待たず入力をどんどん処理していくこと)において、作業記憶への負荷となる条件を行動実験及び電気生理学的実験により検証することにより、文理解のメカニズムの解明を目指すものである。2009年度は主に予備実験を行った。(1)19チャンネルデジタル脳波計を用いた電気刺激についての予備実験に加え、構文の構造認定に関わる期待値の定量化実験として、言語処理時の事象関連電位(以下,ERPと呼ぶ)を漢字と読みの照合という言語処理過程で観察した。結...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 中島信夫
文中の語の間の関係は、通例、構造的に結束性があるが、その結束性が他の語句によって一時的に「分断」されることがある。本研究は、[1]統語論、[2]意味論・語用論、[3]音声学、[4]心理言語学の4つのモジュールにおいて、「分断」から「結束性」が復元される仕組みを調査した。その結果、どのモジュールにおいても分断は一種の「引用」のように扱われ、結束的構造が部分的に「保留」され、その後「再構築」を経て、解釈される傾向があることが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 影山太郎
構造・形態構造がそれらの語嚢的意味とどのように対応するかを結果構文、中間構文、受身文、複合語、派生語など多様な現象について考察し、語嚢概念構造とクオリア構造を一体化することによって、形態・意味・統語を包括した総合的なレキシコンの理論を提示した。更に、そこから得られた理論的成果を大学上級学年から大学院の言語学所学者に平易に解説し、言語分析の手助けとなる概説書を上梓した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 乾健太郎
本研究の目的は,動詞などの述語とその項からなる述語項構造を事態表現の基本単位と仮定し,語彙意味論等の言語学的知見をふまえて述語項構造間の同義・含意関係に関する基本知識を設計整備することであった.これに対し,(1)動詞語釈文の構造化,(2)語彙概念構造(LCS)に基づく事態上位オントロジーの構築,(3)コーパスからの事態間関係獲得,の互いに相補的な3つのアプローチを提案し,以下の成果を得た.(1)動詞語釈文の構造化 国語辞典の語釈文から述語項構造間の基本的な意味関係を収集する研究に取り組んだ...

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
関西言語学会  運営委員
 
2016年9月
 - 
2018年3月
日本言語学会  広報委員長
 
2015年4月
 - 
2016年8月
日本言語学会  広報委員会副委員長
 
2014年
 - 
現在
日本英語学会  評議員
 
2014年9月
 - 
現在
Morphology and Lexicon Forum  運営委員
 
2014年
 - 
現在
Mental Architecture for Processing and Learning of Language  運営委員
 
2016年
 - 
2016年
Events in Language and Cognition (Pre-CUNY Workshop)  Program committee member
 
2012年
 - 
2012年
The First Workshop on the Generative Lexicon for Asian Languages  Program committee member
 
2012年
 - 
2012年
The 5th ELSJ Spring Forum  開催校委員
 
2008年11月
 - 
2011年11月
日本英語学会  大会運営委員
 
2006年
 - 
2006年
関西言語学会第31回年次大会  開催校委員
 

外部査読

 
Language
Lingua
Glossa
Language and Cognitive Processes
Natural Language and Linguistic Theory
Journal of East Asian Linguistics
English Linguistics
日本認知科学会
Second Language Research Forum Proceedings
The CUNY Conference on Human Sentence Processing
日本言語科学会
レキシコン・フォーラム
言語研究