田中謙二

J-GLOBALへ         更新日: 13/04/06 21:21
 
アバター
研究者氏名
田中謙二
eメール
kftanakame.com
URL
http://keioect.web.fc2.com/keioect/Top_Page.html
所属
慶應義塾大学
部署
医学部
職名
特任准教授
科研費研究者番号
30329700

プロフィール

こころの病から回復する過程で何が起こっているか知りたい。その知見を治療に役立てたい。H24年から慶應に戻りました。新しい視点、新しい技術、新しいメンバー、新しい共同研究が化学反応を起こしている最中です。

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
慶應義塾大学医学部 精神神経科 特任准教授
 
2008年
   
 
生理学研究所 助教
 
2006年
 - 
2008年
コロンビア大学 Rene Hen Lab ポスドク
 
2005年
   
 
生理学研究所 分子生理研究系 助手
 

論文

 
Lee HU, Yamazaki Y, Tanaka KF, Furuya K, Sokabe M, Hida H, Takao K, Miyakawa T, Fujii S, Ikenaka K
Glia   61 210-224   2013年2月   [査読有り]
Sasaki T, Beppu K, Tanaka KF, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(50) 20720-20725   2012年12月   [査読有り]
Baudouin SJ, Gaudias J, Gerharz S, Hatstatt L, Zhou K, Punnakkal P, Tanaka KF, Spooren W, Hen R, De Zeeuw CI, Vogt K, Scheiffele P
Science (New York, N.Y.)   338(6103) 128-132   2012年10月   [査読有り]
Tanaka KF, Samuels BA, Hen R
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   367(1601) 2395-2401   2012年9月   [査読有り]
Tanaka KF, Matsui K, Sasaki T, Sano H, Sugio S, Fan K, Hen R, Nakai J, Yanagawa Y, Hasuwa H, Okabe M, Deisseroth K, Ikenaka K, Yamanaka A
Cell reports   2 397-406   2012年8月   [査読有り]

Misc

 
Shimizu T, Tanaka KF, Takebayashi H, Higashi M, Wisesmith W, Ono K, Hitoshi S, Ikenaka K
Journal of neuroscience research   91(2) 178-186   2013年2月   [査読有り]
Koizumi A, Tanaka KF, Yamanaka A
Neuroscience research   75(1) 3-5   2013年1月   [査読有り]
Tsunematsu T, Tanaka KF, Yamanaka A, Koizumi A
Neuroscience research   75(1) 23-28   2013年1月   [査読有り]
松井広, 田中謙二, 田中謙二
O plus E   (396) 1085-1090   2012年10月
Okada Y, Sasaki T, Oku Y, Takahashi N, Seki M, Ujita S, Tanaka KF, Matsuki N, Ikegaya Y
The Journal of physiology   590(19) 4933-4944   2012年10月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 田中 謙二
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 田中 謙二
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 田中 謙二
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 田中 謙二
多機能遺伝子改変技術を用いて、ヒト小児神経疾患MLCのモデルマウスを樹立した。ヒトではMLC1遺伝子の変異によって生じる病態が、マウスにおいては遺伝子喪失ではなく過剰発現によってモデル出来ることが分かった。モデルマウスの解析から、MLCはその機能亢進によってアストロサイトの膨化および髄鞘内の空胞に至ることが明らかになった。