伏田幸平

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/18 17:56
 
アバター
研究者氏名
伏田幸平
 
フセダ コウヘイ
ハンドル
fuseda
eメール
k.fusedakwansei.ac.jp
所属
関西学院大学大学院
部署
文学研究科

研究分野

 
 

論文

 
身体的魅力に対する注意の時間的推移
伏田幸平・片山順一
人文論究(関西学院大学文学部紀要)   66(3) 25-45   2016年12月
コンピュータ・ゲーム時の競争環境の違いが自律系生理反応にもたらす効果
伏田幸平・長野祐一郎
生理心理学と精神生理学   33(3) 181-191   2015年11月   [査読有り]
心拍の虚偽フィードバックが魅力度評定・ 自律神経系指標に及ぼす影響
伏田幸平・長野祐一郎
バイオフィードバック研究   41(2) 85-93   2014年10月   [査読有り]
パーソナル・スペース侵略時における視線の有無が生理・心理的反応に与える影響
伏田幸平・長野祐一郎
文京学院大学人間学部研究紀要   15 83-94   2014年3月

Misc

 
PIE研究部会企画セッション「生理心理」参加報告
伏田幸平
人間工学   52(1) 65-66   2016年2月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
You cannot ignore a person with high physical attractiveness
57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.   2017年10月12日   
身体的魅力が惹きつける注意は刺激の物理特性の影響ではない
伏田幸平・片山順一
第35回日本生理心理学会大会   2017年5月28日   
Sadness can be related to the approach motivation: Evidence from frontal alpha power asymmetry.
Fuseda, K., Matsubara, A., & Katayama, J.
24th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society   2017年3月28日   
EEG frontal alpha power asymmetry can evaluate temporal dynamics of our emotion.
Sanada, M., Fuseda, K., & Katayama, J.
24th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society   2017年3月27日   
Effect of physical attractiveness of the opposite sex on P2 to irrelevant probe stimuli.
Fuseda, K., & Katayama, J.
56th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research   2016年9月22日   

担当経験のある科目