廣岡佳弥子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/09 03:16
 
アバター
研究者氏名
廣岡佳弥子
所属
岐阜大学
部署
流域圏科学研究センター 水系安全研究部門
職名
准教授
学位
博士(環境学)(東京大学大学院)

プロフィール

微生物燃料電池を用いた廃水からの資源回収/-/河川底面におけるバイオフィルムの群集特性や底生動物の変動に関する研究/余剰汚泥減量型活性汚泥法における無機物質の挙動に関する研究

経歴

 
2005年10月
 - 
2008年12月
東北大学大学院農学研究科
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京大学工学部都市工学科  
 
2000年4月
 - 
2005年9月
東京大学大学院新領域創成科学研究科  
 

論文

 
Ayuri Motoyama, Osamu Ichihashi, Kayako Hirooka
Electrochemistry Communications   72 32-35   2016年11月
© 2016 Elsevier B.V.The oxygen reduction reaction at the cathode of a microbial fuel cell is known to be responsible for a localized increase in pH, but it is difficult to determine the precise distance between the measurement points and the catho...
Osamu Ichihashi, Kensei Matsuura, Kayako Hirooka, Tatsuya Takeguchi
Journal of Water and Environment Technology   14(2) 106-113   2016年4月   [査読有り]
廣岡佳弥子, 市橋修, 本山亜友里
水環境学会誌(Web)   37(4) 163-168 (J-STAGE)-168   2014年
廃水中の有機物濃度および外部抵抗の大きさをさまざまに変えた条件で,微生物燃料電池にリン,マグネシウム,アンモニアを与えて,エアカソードにリン酸マグネシウムアンモニウム(MAP)の結晶を析出させる実験を行った。有機物濃度が高い系ほど電流生産量が大きく,カソードへの析出物量も多かった。また,外部抵抗が小さい系ほど電流生産量が大きく,カソードへの析出物量も多かった。また,析出実験開始時の電流生産が多かった系の方が,結晶析出後の電流密度が大きく減少した。これは,カソード上への結晶の析出により酸素還...
市橋修, 廣岡佳弥子, HUANG Kui
環境工学研究論文集   50(7) III.249-III.255-III_255   2013年11月
4種類の異なる触媒を用いて活性の異なるエアカソードを作成し, 微生物燃料電池の運転を行った. 電子生産微生物の生育過程においては活性の高いエアカソードを用いた系のほうがアノードにおける電子生産微生物の成長が早かったが, 微生物が十分に生育した後の発電能力は, どの触媒を用いた系でも約4.5A/m2でほぼ同じであった. 一方, アノードの微生物群集構造を調べた結果, もっとも性能の低いカソードを用いた1基のみ異なっていた. さらにこのアノードは, 電位-電流応答も他のリ...
原田宣男, 片峯由裕, 李富生, 廣岡佳弥子
水環境学会誌(Web)   35(3) 49-56 (J-STAGE)-56   2012年
長良川水系の河川水中の浮遊微生物と河床堆積物中の付着微生物に対して,グルコースと17β-エストラジオール(E2)を添加した回分式基質摂取試験を実施し,両基質の減少速度係数を,濃度に対する1次反応式に従うと仮定して評価した。結果,両基質の減少速度係数は,浮遊微生物では,全細菌密度の増加に伴う上昇傾向が見られ,本川の上流,中流に比べて下流が大きいことがわかった。一方,付着微生物では,全細菌密度との間に有意な相関は見られなかった。単位全細菌密度当りに換算した減少速度係数の範囲(h-1<...
市橋修, 山本希, 廣岡佳弥子
水環境学会誌(Web)   35(1) 19-26 (J-STAGE)-26   2012年
養豚廃水と酪農廃水の二種類の畜産廃水を用いて,エアカソード一槽型微生物燃料電池を運転した。それぞれのリアクターの最大電力密度は,養豚廃水を用いたリアクターでは831 mW・m-2,酪農廃水を用いたリアクターでは59 mW・m-2であった。また,両リアクターのアノードにおける微生物群集構造は大きく異なり,養豚廃水および酪農廃水リアクターからそれぞれ,Acidobacteria門,Proteobacteria門に近縁な細菌が見つかった。また,アノード...
小林慎也, 沼田高明, LI Fusheng, 廣岡佳弥子, 吉村千洋
環境工学研究論文集   48 III.123-III.131   2011年11月
葛口利貴, 吉村千洋, 小林慎也, 廣岡佳弥子, LI Fusheng
環境工学研究論文集   47 401-411   2010年11月
原田宣男, LI Fusheng, 廣岡佳弥子
環境工学研究論文集   47 391-400   2010年11月
廣岡佳弥子, 佐藤弘泰, 味埜俊
下水道協会誌   43(527) 133-140   2006年9月
Hirooka Kayako, Asano Ryoki, Yokoyama Atsushi, Okazaki Masao, Sakamoto Akira, Nakai Yutaka
Bioresource technology   100(12) 3161-3166   2009年6月   [査読有り]
Nozzle-cavitation treatment was used to reduce excess sludge production in a dairy wastewater treatment plant. During the 450-d pilot-scale membrane bioreactor (MBR) operation, when 300 l of the sludge mixed liquor (1/10 of the MBR volume) was dis...
Hirooka Kayako, Asano Ryoki, Nakai Yutaka
Journal of industrial microbiology&biotechnology   36(5) 679-685   2009年5月   [査読有り]
We investigated the changes in the community structure of ammonia-oxidizing bacteria (AOB) in activated sludge during incubation of the sludge in a medium selective for AOB. The number of AOB present in theactivated sludge sample was enumerated by...
Middle-thermophilic sulfur-oxidizing bacteria Thiomonas sp. RAN5 strainfor hydrogen sulfide removal.
Asano Ryoki, Hirooka Kayako, Nakai Yutaka
Journal of the Air&Waste Management Association (1995)   62(1) 38-43   2012年1月   [査読有り]
Hydrogen sulfide (H2S) is one of the most toxic and offensively odorous gases and is generated in anaerobic bioreactors. A middle-thermophilic sulfur-oxidizing bacterium (SOB), Thiomonas sp. strain RAN5, was isolated and applied for H2S removal fr...
Shinta Indah, Hirotaka Tanaka, Fusheng Li, Kayako Hirooka, Michal Zielina
Journal of Water and Environment Technology   10(1) 69-78   2012年   [査読有り]
Behaviour of somatic and F-specific coliphages, as model viruses, in a full-scale slow sand filtration (SSF) treatment plant of Japan was investigated through enumeration with the conventional plaque-forming unit (PFU) and the real-time reverse tr...
Ichihashi O, Hirooka K
Bioresource technology   114 303-307   2012年6月   [査読有り]
Air-cathode single chamber microbial fuel cells (MFCs) were operated with swine wastewater. The maximum power density, the maximum current density, the average value of COD-removal efficiency, and the coulombic efficiency were 1-2.3 W/m(2), 6.0-7....
Ryu Oishi, Hirooka Kayako, Otawa Kenichi, Tada Chika, Nakai Yutaka
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaihō   83(7) 571-576   2012年7月   [査読有り]
Ammonia-oxidizing bacteria (AOB) is known as ammonia-oxidizer in wastewater treatment systems. However, ammonia-oxidizing Archaea (AOA) is found from various environments, including wastewater treatment systems. In this study, to investigate the r...
Kui Huang, Fusheng Li, Jiefeng Li, Denny Helard, Kayako Hirooka
土木学会論文集G(環境)   68(7) 113-120   2012年   [査読有り]
The aim of this study was to evaluate the feasibility of rapid vermicomposting of different fresh fruit and vegetable wastes (FVWs) including banana peels, cabbage, lettuce, potato and watermelon peels using earthworm Eisenia foetida. For this, th...
Hirooka K, Ichihashi O
Bioresourcetechnology   137 368-375   2013年6月   [査読有り]
The effects of ammonium (NH4) and magnesium (Mg) on the precipitation of phosphorus in artificial wastewater by an air-cathode single-chamber microbial fuel cell were investigated. When both NH4 and Mg were added to the wastewater, phosphorus was ...
Osamu Ichihshi, Kayako Hirooka
Journal of Microbial&Biochemical Technology      2013年   [査読有り]
Microbial fuel cells were operated with synthetic wastewater containing phosphate as a buffer and sodium acetate as a substrate. Linear sweep voltammetry showed the deterioration in the performance of the cathodes after operation. The immersion of...
Adsorption capacity of bacteriophage Qβ onto activated carbons.
Shinta Indah, Fusheng Li, Keita Tanioka, Kayako Hirooka, Toshiro Yamada
土木学会論文集G(環境)   67(7) 715-723   2011年   [査読有り]

Misc

 
市橋修, 廣岡佳弥子
環境浄化技術   12(6) 70-78
微生物燃料電池による省エネ型廃水処理
廣岡佳弥子
環境新聞      [依頼有り]
本山亜友里, 廣岡佳弥子, 市橋修
再生と利用   39(148) 16-21
廣岡 佳弥子, 市橋 修
EICA : journal of EICA : 環境システム計測制御学会誌   20(4) 31-34   2016年
廣岡 佳弥子, 市橋 修
化学工学 = Chemical engineering   76(11) 692-694
本山 亜友里, 廣岡 佳弥子, 市橋 修
燃料電池   15(2) 61-65   2015年

書籍等出版物

 
バイオベース資源確保戦略―都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル等の分離・回収技術―
本山 亜友里, 市橋 修, 廣岡 佳弥子 (担当:共著, 範囲:微生物燃料電池・微生物電解セルを用いた廃水からのエネルギー回収型リン回収システム, 151-159)
シーエムシー出版   2015年   ISBN:978-4-7813-1075-6
排水汚水処理技術集成vol.2
廣岡 佳弥子, 市橋 修 (担当:共著, 範囲:微生物燃料電池を用いた廃水からのリンとエネルギーの同時回収, 103-112)
エヌ・ティー・エス   2013年   ISBN:978-4-86469-081-2

講演・口頭発表等

 
加藤 幹子, 浅野 亮樹, 廣岡 佳弥子, 山本 希, 本間 一, 小田和 賢一, 中井 裕
日本微生物生態学会講演要旨集   2008年11月25日   
Accumulation and removal of inorganic substances in an activated sludge process without excess sludge production
Kayako Hirooka, Takashi Mino
Proceedings of Sino-Singapore Joint Symposium on Environmental Protection Technologies and Environmental Hydraulics 2003   2003年   
Availability of organic suspended solid as substrate for power generation in microbial fuel cell.
Jia Jin, Kayako Hirooka, Osamu Ichihashi, Fusheng Li
Proceedings of the 4th IWA Asia-Pacific Young Water Professionals Conference   2012年   
Behavior of metals in activated sludge process with excess sludge reduction by ozonation
Kayako Hirooka, Hiroyasu Satoh,Takashi Mino
Proceedings of the 1st IWA-ASPIRE Conference&Exhibition   2005年   
Comparison of microbial communities and performance between in microbial fuel cells with two different wastewaters.
Osamu Ichihashi, KayakoHirooka
Proceedings of the 2nd IWA Asia Pacific Regional YWP Conference   2009年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
微生物燃料電池による省エネ型廃水処理のための基盤技術の開発
国土交通省: 受託研究
研究期間: 2016年6月 - 2017年2月
微生物燃料電池を用いた省エネ型窒素除去システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 廣岡 佳弥子
微生物燃料電池を用いた省エネ型窒素除去システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 廣岡佳弥子
微生物燃料電池を用いた省エネ型窒素除去システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 廣岡佳弥子
国土交通省: 受託研究
研究期間: 2015年2月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
畜産排水で発電 枯渇資源リン回収も
【】  読売新聞  読売新聞  2014年4月21日
リン回収する微生物燃料電池の研究 きっかけは故郷の下水
【】  朝日新聞  朝日新聞  2014年5月24日
畜産廃水資源に省エネ型の浄化めざす微生物燃料電池で岐阜大学
【】  日本農業  日本農業  2015年4月29日
長野県諏訪清陵高等学校
【】  長野県諏訪清陵高等学校  長野県諏訪清陵高等学校  2015年8月7日 - 2015年8月7日
岐阜県立岐阜農林高等学校
【】  岐阜県立岐阜農林高等学校  岐阜県立岐阜農林高等学校  2015年8月7日 - 2015年8月7日