池尾 一穂

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/05 15:47
 
アバター
研究者氏名
池尾 一穂
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20249949
所属
国立遺伝学研究所
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
国立遺伝学研究所 准教授
 
2007年
   
 
国立遺伝学研究所 助教授
 
2006年
   
 
国立遺伝学研究所 生命情報・DDBJ研究センター 助教授
 
2005年
   
 
国立遺伝学研究所 生命情報・生命情報DDBJ研究センター・DDBJ研究センター 助教授
 
2004年
   
 
国立遺伝子学研究所 国立遺伝学研究所・生命情報・DDBJ研究センター 助教授
 

論文

 
Hori T, Kagawa N, Toyoda A, Fujiyama A, Misu S, Monma N, Makino F, Ikeo K, Fukagawa T
The Journal of cell biology   216(1) 101-113   2017年1月   [査読有り]
Gojobori T, Ikeo K, Katayama Y, Kawabata T, Kinjo AR, Kinoshita K, Kwon Y, Migita O, Mizutani H, Muraoka M, Nagata K, Omori S, Sugawara H, Yamada D, Yura K
Journal of structural and functional genomics      2016年12月   [査読有り]
Shenton M, Iwamoto C, Kurata N, Ikeo K
Rice (New York, N.Y.)   9(1) 42   2016年12月   [査読有り]
Nozawa M, Onizuka K, Fujimi M, Ikeo K, Gojobori T
Nature communications   7 13659   2016年11月   [査読有り]
Shang WH, Hori T, Westhorpe FG, Godek KM, Toyoda A, Misu S, Monma N, Ikeo K, Carroll CW, Takami Y, Fujiyama A, Kimura H, Straight AF, Fukagawa T
Nature communications   7 13465   2016年11月   [査読有り]
Matsunami K, Nishida N, Kaneko N, Ikeo K, Toyo-Oka L, Takeuchi H, Matsuura K, Tamori A, Nomura H, Yoshiji H, Imamura M, Masaki N, Hayakawa T, Ide T, Shimada N, Ikeda F, Hino K, Nishiguchi S, Okuse C, Nojiri S, Sawamoto K, Tokunaga K, Joh T, Tanaka Y
PloS one   11(10) e0164418   2016年10月   [査読有り]
Ishikawa M, Shimizu H, Nozawa M, Ikeo K, Gojobori T
Molecular phylogenetics and evolution   103 19-25   2016年10月   [査読有り]
Minegishi Y, Sheng X, Yoshitake K, Sergeev Y, Iejima D, Shibagaki Y, Monma N, Ikeo K, Furuno M, Zhuang W, Liu Y, Rong W, Hattori S, Iwata T
Scientific reports   6 33742   2016年9月   [査読有り]
Suga A, Mizota A, Kato M, Kuniyoshi K, Yoshitake K, Sultan W, Yamazaki M, Shimomura Y, Ikeo K, Tsunoda K, Iwata T
Investigative ophthalmology & visual science   57(10) 4255-4263   2016年8月   [査読有り]
Ishikawa M, Yuyama I, Shimizu H, Nozawa M, Ikeo K, Gojobori T
Genome biology and evolution   8(7) 2155-2163   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
峯田克彦, 池尾一穂, 田中譲, 五條堀孝
情報知識学会誌   16(3) 50-55   2006年8月
近年の遺伝子発現情報の爆発的か増大は,その基盤となる技術の革新とともに研究者に遺伝子がどのように使われているかという情報を網羅的に入手する機会を提供している.しかしながら,データの増加に伴い,データの取り扱いや検索などの解析において,これまでの生命研究では直面しなかった新たな課題が生じている.本稿では,このような課題に対して我々が取り組んでいる高次元生物情報可視化プラットホームを紹介するとともに,今後の遺伝子発現情報を用いた研究に関して議論する.
鈴木善幸, 池尾一穂, 五條堀孝
日本薬理学雑誌   126(1) 55-59   2005年
ゲノムネットワークとは,ある生物種のゲノムにコードされているタンパク質や転写制御領域などといった,いわゆる遺伝子情報が織り成す生体分子ネットワークの総体と定義され,それは転写制御ネットワーク,代謝ネットワーク,さらにはタンパク質ネットワークなどといった部分ネットワークから構成されている.これらのネットワークの進化については,これまでの先駆的な研究により,その構成要素であるタンパク質の獲得や喪失による進化史の一部が明らかにされるとともに,ネットワークの内部では部位によって進化的保存度が異なる...
嶋田 誠, 金 衝坤, 高橋 文, 斎藤 成也, 池尾 一穂, 五條堀 孝, SPITSYN V. A.
DNA多型 = DNA polymorphism   10 151-155   2002年6月
池尾 一穂
日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis   6(2) 95-104   1995年4月
北上始, 山崎由紀子, 鵜川義弘, 池尾一穂, 斎藤成也, 舘野義男, 五條堀孝
全国大会講演論文集   46(4) 131-132   1993年3月
DNAは、生物の設計情報であり、4種類のヌクレオチド、A,T,C,Gの並び即ち塩基配列としてコードされている。DNAデータベースは、塩基配列とその配列に関する付属情報(生物学的意味を含む情報)から構成されている。DNAデータベースの構築は、DDBJ(日本DNAデータバンク)、NCBI(米国バイオテクノロジー情報センター)、EMBL(欧州分子生物学研究所)の三箇所で行われている。我々が所属するDDBJは静岡県三島市、NCBIは米国のワシントンDCにほど近いベセスダ市、EMBLはドイツのハイデ...

書籍等出版物

 
Forensic DNA Typing (Biology, Technology, and Genetics of STR Markers) DNA鑑定とタイピング
John M. Butler(著)福島弘文、五條堀 孝[監訳]藤宮仁、玉田一生、福間義也、長崎華奈子[訳]
共立出版   2009年   
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
肝胆膵 ゲノムデータベースの臨床活用特集 疾患ゲノム研究のLandscape
池尾一穂、吉武和敏、五條堀孝
2013年   
国立遺伝学研究所以外の共著者あり

講演・口頭発表等

 
Integrated NGS data analysis system, MASER [招待有り]
池尾 一穂
2016'International Cephalopod Fishery Meeting   2016年11月19日   
VaProSの全体像とゲノムネットワーク
池尾 一穂
構造生命データクラウドVaProS第8回利用講習会   2016年11月11日   
ショットガン・シークエンスを用いた海洋メタゲノミクス
池尾 一穂
海洋微生物メタゲノム国際ワークショップ-紅海と三陸沿岸の接点-   2016年8月24日   
Metagenomics: Approach for Capturing DNA World by Genomics
池尾 一穂
World Fisheries Congress 2016   2016年5月23日   
「バイオインフォマティクス」
池尾 一穂
上智大学大学院理工学研究科集中講義   2016年5月14日   
VaProSとは
池尾 一穂
構造生命科学データクラウドVaProS第5回利用講習会   2016年3月29日   
VaProSでなにができるのか?
池尾 一穂
H27年度PDBj&創薬等PF情報拠点VaProS第4回利用講習会   2016年3月15日   
ゲノムからの検索
池尾 一穂
構造生命科学データクラウドVaPros 第3回利用講習会   2015年10月14日   
Platform for Drug Discovery from genome sequence to protein structure [招待有り]
IKEO Kazuho
NIG-OIST Symposium on Evolutionary Bioinformatics   2015年8月12日   
「バイオインフォマティクス」
池尾 一穂
上智大学大学院理工学研究科集中講義   2015年5月30日   

Works

 
Ikeo, K.,Tateno, Y.   データベース   2005年
Ikeo,K., Gojobori, T.,GNP members.   データベース   2005年
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
Ikeo,K.,Mineta, K.,Gojobori, T.   データベース   2005年
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
Ohyanagi, H., Itoh, T., Imanishi, T., Ikeo K., Gojobori, T.   データベース   2005年
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
Ikeo,K.,Ogura, A.,et al.   データベース   2005年
国立遺伝学研究所以外の共著者あり

特許

 
特許第3353263号 : 遺伝子のモチーフ抽出処理装置及び処理方法
五條堀 孝  舘野 義男  池尾一穂
特許の国際・国内区分:国内、国立遺伝学研究所以外の外部共同発明者あり
特願2009-502560 : 相同性検索システム
五條堀孝 池尾一穂 岡山利次
特許の国際・国内区分:国内、国立遺伝学研究所以外の外部共同発明者あり
特願2009-042148 : 生命現象予測装置、生命現象予測方法、および生命現象予測プログラム
紺野剛史 宮本青 池尾一穂
特許の国際・国内区分:国内、国立遺伝学研究所以外の外部共同発明者あり