菊池彰

J-GLOBALへ         更新日: 09/11/25 14:50
 
アバター
研究者氏名
菊池彰
eメール
kikuikesakura.cc.tsukuba.ac.jp
URL
http://www.gene.tsukuba.ac.jp/Plant/GeneticDiversity/
所属
筑波大学
部署
大学院生命環境科学研究科 生命産業科学専攻 バイオ産業科学
職名
講師

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
   
 
筑波大学 大学院生命環境科学研究科 講師
 
2005年
   
 
筑波大学 大学院・生命環境科学研究科 講師
 

受賞

 
2009年4月
平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)受賞  業績名:遺伝子組換え植物のリスク管理と研究開発の理解の普及啓発
 

論文

 
Shibukawa T, Yazawa K, Kikuchi A, Kamada H
Gene   437(1-2) 22-31   2009年5月   [査読有り]
Tanaka M, Kikuchi A, Kamada H
Plant physiology   146(1) 149-161   2008年1月   [査読有り]
Behnam B, Kikuchi A, Celebi-Toprak F, Kasuga M, Yamaguchi-Shinozaki K, Watanabe KN
Plant cell reports   26 1275-1282   2007年8月   [査読有り]
Wei T, Kikuchi A, Moriyasu Y, Suzuki N, Shimizu T, Hagiwara K, Chen H, Takahashi M, Ichiki-Uehara T, Omura T
Journal of virology   80(17) 8593-8602   2006年9月   [査読有り]
Kikuchi A, Sanuki N, Higashi K, Koshiba T, Kamada H
Planta   223(4) 637-645   2006年3月   [査読有り]

Misc

 
針金谷尚人, 菊池彰, 溝口剛, 鎌田博
植物化学調節学会研究発表記録集   (42)    2007年
In Arabidopsis thaliana, CURLY LEAF (CLF) and SWINGER (SWN) are factors of the Polycomb complex (Pc) that plays key roles in chromatin-remodeling by modulating histone methylation. Although it is suggested that PC regulate repression of embryonic ...
菊池彰, 河岡明義, 島崎孝嘉, 于翔, 海老沼宏安, 渡邉和男
育種学研究   8(1) 17-26   2006年3月
地球規模での環境悪化や食糧問題を改善するための手段として,遺伝子組換え植物を効率的に利用する研究が進められている.本研究では,閉鎖系温室,特定網室,隔離ほ場と段階を追って有用遺伝子組換え植物を実際に育成し,さまざまな科学的知見に基づいて環境安全性評価を確立することを目的の1つとしている.適合溶質の産生に関わる土壌細菌Arthrobactor globformisのcodA遺伝子を導入した耐塩性ユーカリ(Eucalyptus camaldulensis Dehnh. codA 12-5B, ...
菊池彰, 半沢幹夫, 内宮博文
育種学雑誌   43(4) 503-506   1993年