農産機械・食品加工・バイオマス変換

Post harvest technology, Food processing, Biomass engineering

 現在、私たちは豊富な食料とエネルギーに溢れた豊かで快適な生活を送る一方で、生活習慣病の多発や食品安全・安心の欠如、地球の温暖化や化石資源の枯渇といった問題にも直面しております。従って21世紀の食料・エネルギー供給の役割を果たす「生命産業(バイオインダストリー)」には、食の「栄養性」や「嗜好性」の追求だけではなく、健康を維持する「機能性」や肉体・精神的危害を与えない「安全安心」の確保、さらには副産物やバイオマスといった未利用資源の活用による「持続性」の確立などが強く求められています。

 当ラボでは、農産物および食品からバイオマス、廃棄物までの幅広い「生物資源」を対象(原料)とするプロセス(単位操作)やシステム(プロセスの合目的集合体)、あるいはそのアウトプット(製品)である食品、素材、エネルギーなどを新たに考案・開発し、その設計・装置化や実験・考察による特性の解析、実用性や製品機能の評価などを行いながら、生命産業分野で活躍できる人材の育成や、関連する科学・技術の発展に貢献したいと考えています。主な研究課題として、減圧噴霧乾燥法による感熱性食品素材の高品質粉末化、多収穫米や甘藷加工残渣を材料とするバイオエタノールの生成システム、湿式粉粉砕法による新規食材の開発、水素発酵の熱電併給システム化、固液抽出法によるバイオマスからの食品機能性成分回収、アンモニア発酵による代替エネルギーの生産、高齢者のための食品軟化プロセスの考案、などが進行中です。
Fig. 1 Rice ethanol fuel production by mobile reactor (mobileexp) 可搬型リアクタによるライスエタノール製造(mobileexp) Fig. 2 Vacuum spray drying system for high quality food powder (vsdexp) 減圧噴霧乾燥による高品質粉末の製造(vsdexp)
Fig. 1 Rice ethanol fuel production by mobile reactor (mobileexp)
可搬型リアクタによるライスエタノール製造(mobileexp)
 
Fig. 2 Vacuum spray drying system for high quality food powder (vsdexp)
減圧噴霧乾燥による高品質粉末の製造(vsdexp)