竹本研

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/07 03:05
 
アバター
研究者氏名
竹本研
URL
http://neurosci.med.yokohama-cu.ac.jp/TAKEMOTO.HTM
所属
横浜市立大学
職名
助教
学位
博士(医学)(大阪大学)

プロフィール

内在性の蛋白質を分子特異的に光不活化する独自の技術と二光子顕微鏡を用いて、記憶の獲得・維持・想起のメカニズムについて研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2009年10月
 - 
2015年3月
JSTさきがけ(脳情報の解読と制御領域)研究者兼任
 
2008年10月
   
 
横浜市立大学 医学部 助教
 

受賞

 
2017年2月
横浜市立大学 理事長表彰
 
2015年4月
長瀬研究振興賞
 

論文

 
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Taguchi A, Kawai H, Komiya K, Suyama K, Abe H, Sano A, Takahashi T
Scientific reports   7(1) 8471   2017年8月   [査読有り]
Takemoto K*, Iwanari H, Tada H, Suyama K, Sano A, Nagai T, Hamakubo T, Takahashi T*
Nature Biotechnology   35(1) 38-47   2017年1月   [査読有り]
Tada H, Miyazaki T, Takemoto K, Takase K, Jitsuki S, Nakajima W, Koide M, Yamamoto N, Komiya K, Suyama K, Sano A, Taguchi A, Takahashi T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2016年10月   [査読有り]
Sakamaki K, Ishii TM, Sakata T, Takemoto K, Takagi C, Takeuchi A, Morishita R, Takahashi H, Nozawa A, Shinoda H, Chiba K, Sugimoto H, Saito A, Tamate S, Satou Y, Jung SK, Matsuoka S, Koyamada K, Sawasaki T, Nagai T, Ueno N
Biochimica et Biophysica Acta   1863(11) 2766-2783   2016年8月   [査読有り]
Jitsuki S, Nakajima W, Takemoto K, Sano A, Tada H, Takahashi-Jitsuki A, Takahashi T
Cerebral Cortex   26(1) 427-439   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
アポトーシスの検出-生きた細胞・個体におけるカスパーゼ活性化のライブ検出
竹本研、永井健治、宮脇敦史、三浦正幸
蛍光・発光試薬の選び方と使い方 (羊土社)   143-146   2007年
細胞死シグナルの可視化—in vivo ライブイメージングを目指して
竹本研、三浦正幸
実験医学   22(15) 2136-2140   2004年
カスパーゼの生理機能
竹本研、三浦正幸
新世紀における蛋白質科学の進展―蛋白質核酸酵素増刊   46(11) 1692-1696   2001年
進化的に保存された神経細胞死の実行機構
竹本研、三浦正幸
放射線生物学研究   35(2) 143-151   2000年

講演・口頭発表等

 
蛋白質機能の時空間的性質の解明を可能にする光操作技術の開発
竹本研
北海道大学理学部行動神経生物学セミナー   2017年7月14日   
タンパク質光不活化技術の開発と脳情報の解読
竹本研
愛媛大学医学部分子病態医学セミナー   2017年3月16日   
蛋白質機能の光不活化技術の開発と記憶情報の解読
竹本研
東京大学大学院薬学系研究科遺伝学主催研究集会   2017年3月12日   
Optical inactivation of synaptic AMPA receptors erases fear memory
Kiwamu Takemoto, Hiroko Iwanari, Takeharu Nagai, Takao Hamakubo and Takuya Takahashi
第38回日本神経科学大会   2015年6月   
Light induced inactivation of AMPA receptors toward an artificial memory erasure
Kiwamu Takemoto, Takeharu Nagai, Takuya Takahashi
第90回日本生理学会 日本神経科学学会連携シンポジウム   2013年3月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学習前の神経回路の操作を可能にする革新的光学技術の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 竹本研
光操作を用いた単一スパインレベルのAMPA受容体機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 竹本研
機能性抗体を応用した脳情報解読に関する新規光学ツールの開発
長瀬科学技術振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 竹本研
神経可塑性の人工制御による老化動物の脳機能回復
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2012年       代表者: 竹本研
記憶獲得維持の分子システムの解明~記憶の消去は可能か?
JST: 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
研究期間: 2009年10月 - 2015年3月    代表者: 竹本研

特許

 
特開2016-30733 : AMPA型グルタミン酸受容体サブユニットを認識するモノクローナル抗体及びその利用
WO/2011/096501 : 光増感蛍光タンパク質