木塚康彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/10 13:38
 
アバター
研究者氏名
木塚康彦
 
キヅカ ヤスヒコ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20564743.ja.html
所属
国立研究開発法人理化学研究所
部署
疾患糖鎖研究チーム
職名
研究員
学位
博士(薬学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
国立研究開発法人理化学研究所 研究員
 
2015年4月
 - 
現在
お茶の水女子大学 理学部 非常勤講師
 
2012年10月
 - 
2015年9月
理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
2009年4月
 - 
2012年9月
理化学研究所 特別研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
京都大学 大学院薬学研究科博士課程 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都大学 大学院薬学研究科修士課程 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
京都大学 薬学部 
 

受賞

 
2015年7月
日本糖質学会 奨励賞
 
2015年3月
理化学研究所 研究奨励賞
 
2012年9月
日本糖質学会 ポスター賞
 
2011年9月
日本生化学会 鈴木紘一メモリアル賞
 

論文

 
Ota F, Kizuka Y, Kitazume S, Adachi T, Taniguchi N
FEBS letters   590(19) 3357-3367   2016年8月   [査読有り]
Gao C, Fujinawa R, Yoshida T, Ueno M, Ota F, Kizuka Y, Hirayama T, Korekane H, Kitazume S, Maeno T, Ohtsubo K, Yoshida K, Yamaguchi Y, Lepenies B, Aretz J, Rademacher C, Kabata H, Hegab AE, Seeberger PH, Betsuyaku T, Kida K, Taniguchi N
American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology   312(2) ajplung.00151.2016-L276   2016年12月   [査読有り]
Sakuda K, Kizuka Y, Yamaguchi Y, Tanaka K, Ogiwara K, Segawa T, Hagiwara Y, Matsuo I, Ogawa H, Taniguchi N, Kitazume S
Biochemical and biophysical research communications   487(2) 450-456   2017年5月   [査読有り]
Kaburagi T, Kizuka Y, Kitazume S, Taniguchi N
The Journal of biological chemistry   292(6) 2278-2286   2016年12月   [査読有り]
Kizuka Y, Kitazume S, Taniguchi N
Biochimica et biophysica acta      2017年4月   [査読有り]
Nagae M, Kanagawa M, Morita-Matsumoto K, Hanashima S, Kizuka Y, Taniguchi N, Yamaguchi Y
Scientific reports   6 22973   2016年3月   [査読有り]
Taniguchi N, Kizuka Y, Takamatsu S, Miyoshi E, Gao C, Suzuki K, Kitazume S, Ohtsubo K
Archives of biochemistry and biophysics   595 72-80   2016年4月   [査読有り]
Kizuka Y, Nakano M, Miura Y, Taniguchi N
Proteomics   16(22) 2854-2863   2016年6月   [査読有り]
Kizuka Y, Funayama S, Shogomori H, Nakano M, Nakajima K, Oka R, Kitazume S, Yamaguchi Y, Sano M, Korekane H, Hsu TL, Lee HY, Wong CH, Taniguchi N
Cell chemical biology   23(7) 782-792   2016年7月   [査読有り]
Takahashi M, Kizuka Y, Ohtsubo K, Gu J, Taniguchi N
Molecular aspects of medicine   51 56-70   2016年4月   [査読有り]
Taniguchi N, Takahashi M, Kizuka Y, Kitazume S, Shuvaev VV, Ookawara T, Furuta A
Glycoconjugate journal   33(4) 487-497   2016年6月   [査読有り]
Kizuka Y, Taniguchi N
Biomolecules   6(2)    2016年4月   [査読有り]
Ogura A, Tahara T, Nozaki S, Morimoto K, Kizuka Y, Kitazume S, Hara M, Kojima S, Onoe H, Kurbangalieva A, Taniguchi N, Watanabe Y, Tanaka K
Scientific reports   6 21797   2016年2月   [査読有り]
Ito E, Oka R, Ishii T, Korekane H, Kurimoto A, Kizuka Y, Kitazume S, Ariki S, Takahashi M, Kuroki Y, Kida K, Taniguchi N
Data in brief   5 707-711   2015年12月   [査読有り]
Kizuka Y, Nakano M, Kitazume S, Saito T, Saido TC, Taniguchi N
The Biochemical journal   473(1) 21-30   2016年1月   [査読有り]
[Mechanism of brain-specific expression of a glycogene GnT-IX].
Kizuka Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   87(3) 381-384   2015年6月   [査読有り]
Ito E, Oka R, Ishii T, Korekane H, Kurimoto A, Kizuka Y, Kitazume S, Ariki S, Takahashi M, Kuroki Y, Kida K, Taniguchi N
Journal of proteomics   127(Pt B) 386-394   2015年9月   [査読有り]
Yabuno K, Morise J, Kizuka Y, Hashii N, Kawasaki N, Takahashi S, Miyata S, Izumikawa T, Kitagawa H, Takematsu H, Oka S
PloS one   10(12) e0144560   2015年   [査読有り]
Kizuka Y, Kitazume S, Sato K, Taniguchi N
FEBS letters   589(13) 1418-1422   2015年6月   [査読有り]
Kizuka Y, Kitazume S, Fujinawa R, Saito T, Iwata N, Saido TC, Nakano M, Yamaguchi Y, Hashimoto Y, Staufenbiel M, Hatsuta H, Murayama S, Manya H, Endo T, Taniguchi N
EMBO molecular medicine   7(2) 175-189   2015年1月   [査読有り]

Misc

 
木塚康彦, 谷口直之
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   36th 48‐49   2016年9月
木塚康彦, 舩山奨, 舩山奨, 庄籠秀彦, 庄籠秀彦, 中の三弥子, 中嶋和紀, 中嶋和紀, 北爪しのぶ, 谷口直之, 谷口直之
日本糖質学会年会要旨集   35th 133   2016年8月
木塚康彦, 舩山奨, 舩山奨, 庄籠秀彦, 庄籠秀彦, 中の三弥子, 中嶋和紀, 中嶋和紀, 北爪しのぶ, 谷口直之, 谷口直之
日本生化学会大会(Web)   89th ROMBUNNO.3T08‐01(3P‐064) (WEB ONLY)   2016年
木塚 康彦
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   28(160) J47-J47   2016年
木塚康彦
日本糖質学会年会要旨集   34th 44-45   2015年7月
糖鎖合成遺伝子GnT-IXの脳特異的な発現メカニズムの解析
木塚 康彦
生化学   87(3) 381-383   2015年6月
Yasuhiko Kizuka
Glycoscience: Biology and Medicine   1129-1134   2015年1月
© Springer Japan 2015. Regulation of glyco-related genes is a critical factor for glycosylation. Most of the genes involved in glycosylation pathways have been identified, and their expression levels can vary in tissue- or disease-specific manners...
Naoyuki Taniguchi, Naoyuki Taniguchi, Yasuhiko Kizuka
Glycoscience: Biology and Medicine   963-969   2015年1月
© Springer Japan 2015. Mammalian complex N-glycans, first biosynthesized as biantennary glycans, are often modified further by specific GlcNAc transferases (GnTs) and the fucosyltransferase, FUT8, to have multiple branches. Gene-deficient mice for...
Yasuhiko Kizuka
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   27(158) J61-J62   2015年1月
木塚 康彦
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   26(150-152) 167-169   2014年11月
Yasuhiko Kizuka
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   26 167-169   2014年1月
Yasuhiko Kizuka, Yasuhiko Kizuka, Naoki Nakagawa, Ippei Morita, Shogo Oka
Glycans: Biochemistry, Characterization and Applications   295-312   2012年2月
GlcAT-P is a glucuronyltransferase that biosynthesizes the HNK-1 (Human Natural Killer-1) carbohydrate involved in synaptic plasticity. Previously, we purified the catalytic domain of recombinant human GlcAT-P and determined its X-ray crystal stru...
ヒストンコードにより制御されるGnT-IX遺伝子の脳特異的発現機構
木塚 康彦, 北爪 しのぶ, 吉田 稔, 谷口 直之
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回 2T8a-12   2011年9月

競争的資金等の研究課題

 
糖鎖の超高感度検出を目的とした 新規糖アナログの開発
AMED: 糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 木塚康彦
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 木塚 康彦
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 木塚 康彦
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 木塚 康彦
本研究は、神経系に特異的に発現する分岐型O-マンノース糖鎖に着目し、組織特異的な糖鎖発現メカニズムの解明を目的とした。新たなアプローチとして、近年急速に発展しているエピジェネティクスの概念と手法を導入した。その結果、神経特異的なO-マンノース糖鎖の合成に必須な遺伝子であるGnT-IXが、遺伝子周辺のヒストンの翻訳後修飾によってエピジェネティックに制御されていることが分かった。さらに、GnT-IX遺伝子のヒストンを特異的に修飾する因子として、HDAC11とOGT-TET3複合体という2つの因...