河村 賢

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/03 17:19
 
アバター
研究者氏名
河村 賢
 
カワムラ ケン
所属
東京大学大学院情報学環
職名
客員研究員
学位
修士(社会学)(東京大学大学院)
Twitter ID
ken_kawamura

プロフィール

専門は科学社会学・政治社会学。
20世紀アメリカのテロリズム研究が政府の対テロ政策に果たした役割について研究している。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学大学院 情報学環 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 社会学専門分野博士課程
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 社会学専門分野修士課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
東京大学 文学部 言語文化学科(英語英米文学専修課程)
 

論文

 
「ルールに従うこと」はいかにして記述されるか——サールの外在的記述と初期ロールズの内在的記述の差異について——
河村賢
『現代社会学理論研究』   (7) 80-93   2013年3月   [査読有り]
The Formation of the Concept of "New Terrorism": Focusing on the Interaction between Political Science and the Anti-terrorism Policy of the United States since the 1980s
Ken Kawamura
UT-SNU Joint Sociological Forum 2012   150-155   2012年11月
A Misperceived Threat: Aum Shinrikyo and Its Impacts on the "War Against Terrorism"
Ken Kawamura
10th East Asian Sociologists Network Conference Proceedings   301-311   2012年11月
社会的現実の存在論と認識論——ジョン・サール「社会の哲学」の批判的検討
河村 賢
   2011年3月
修士学位論文

Misc

 
第八章「「楽観してよいはずだ」(立岩真也)」
河村 賢
『GCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」社会科学研究所連携拠点研究シリーズNo.2 公開シンポジウム『ニーズ中心の福祉社会へ:当事者主権の次世代福祉戦略』(医学書院、2008年)を読み解く』   24-25   2010年3月

書籍等出版物

 
エリック・ブライシュ (担当:共訳)
明石書店   2014年2月   ISBN:4750339504
弘文堂   2012年12月   ISBN:4335551487
担当項目:経路依存性(p.346)、存在論的ゲリマンダリング(p.828)
丸善出版   2012年1月   ISBN:4621083872
翻訳項目:「啓蒙期の社会理論」pp.642-645.

講演・口頭発表等

 
レーガン政権における対テロ戦争政策の構想・遂行過程の科学社会学的分析
河村 賢
第88回日本社会学会大会   2015年9月20日   
From Clinton's Anti-“New Terrorism” Policy to Bush's “War on Terror”: Presidential Transition in the Anti-Terrorism Policy of the United States
河村 賢
World Congress of Sociology   2014年7月17日   International Sociological Association
Conceptual Analysis of “Religious Motivation” in Late Twentieth Century Terrorism Scholarship: A Case Study of the “New Terrorism” Argument
河村 賢
Annual Meeting of Society for Social Studies of Science   2013年10月12日   
Sociological Analysis of the Relationship between "New Terrorism" and "War on Terror"
河村 賢
第二回科学社会学会大会   2013年9月28日   
「対テロ戦争」はいかにして可能となったか——冷戦構造転換期アメリカの対テロ政策と政治学の相互作用に着目して—— [招待有り]
河村 賢
第6回「生のガバナンス」研究会   2013年1月28日   

担当経験のある科目