清水 健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/30 05:22
 
アバター
研究者氏名
清水 健太郎
URL
http://www.ieu.uzh.ch/en/staff/professors/shimizu.html
所属
横浜市立大学
部署
木原生物学研究所
職名
客員教授
学位
理学博士(京都大学)
その他の所属
チューリッヒ大学

研究分野

 
 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
横浜市立大学 木原生物学研究所 客員教授
 
2015年7月
 - 
2015年12月
京都大学 生態学研究所 客員教授
 
2011年12月
 - 
現在
スイス・チューリッヒ大学 進化生物学・環境学研究所 教授
 
2006年4月
 - 
2011年11月
スイス・チューリッヒ大学 植物生物学研究所 准教授
 
2003年3月
 - 
2006年4月
ノースカロライナ州立大学 遺伝学教室 海外特別研究員・特別研究員
 
2002年4月
 - 
2003年2月
京都大学 大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
京都大学 大学院理学研究科 生物科学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
京都大学 理学部 生物
 

受賞

 
2016年2月
文部科学省 科学技術・学術政策研究所 ナイスステップな研究者2015 ミクロ生物学とマクロ生物学の統合的利用による、植物が環境変動に応答して急速に進化するメカニズムの解明
 
1999年
Pollen–Stigma Interactions, a conference dedicated to the memory of Jack Heslop-Harrison 花粉と柱頭の相互作用会議 最優秀ポスターに対するヘスロップ・ハリソンメダル Attractive and repulsive pollen tube guidance signal in Arabidopsis and in interspecific incompatible crosses
 

論文

 
Takada Y, Murase K, Shimosato-Asano H, Sato T, Nakanishi H, Suwabe K, Shimizu KK, Lim YP, Takayama S, Suzuki G, Watanabe M
Nature plants   3 17096   2017年6月   [査読有り]
Fischer MC, Rellstab C, Leuzinger M, Roumet M, Gugerli F, Shimizu KK, Holderegger R, Widmer A
BMC genomics   18(1) 69   2017年1月   [査読有り]
Briskine RV, Shimizu KK
BMC genomics   18(1) 263   2017年3月   [査読有り]
Izuno A, Kitayama K, Onoda Y, Tsujii Y, Hatakeyama M, Nagano AJ, Honjo MN, Shimizu-Inatsugi R, Kudoh H, Shimizu KK, Isagi Y
Molecular ecology      2017年1月   [査読有り]
Cheng Choon Ang, Michael J. O’Brien, Michael J. O’Brien, Michael J. O’Brien, Kevin Kit Siong Ng, Ping Chin Lee, Andy Hector, Bernhard Schmid, Kentaro K. Shimizu
Plant Ecology and Diversity   9 459-469   2016年11月   [査読有り]
Paape T, Hatakeyama M, Shimizu-Inatsugi R, Cereghetti T, Onda Y, Kenta T, Sese J, Shimizu KK
Molecular biology and evolution   33(11) 2781-2800   2016年11月   [査読有り]
Gan X, Hay A, Kwantes M, Haberer G, Hallab A, Ioio RD, Hofhuis H, Pieper B, Cartolano M, Neumann U, Nikolov LA, Song B, Hajheidari M, Briskine R, Kougioumoutzi E, Vlad D, Broholm S, Hein J, Meksem K, Lightfoot D, Shimizu KK, Shimizu-Inatsugi R, Imprialou M, Kudrna D, Wing R, Sato S, Huijser P, Filatov D, Mayer KF, Mott R, Tsiantis M
Nature plants   2(11) 16167   2016年10月   [査読有り]
Novikova PY, Hohmann N, Nizhynska V, Tsuchimatsu T, Ali J, Muir G, Guggisberg A, Paape T, Schmid K, Fedorenko OM, Holm S, Säll T, Schlötterer C, Marhold K, Widmer A, Sese J, Shimizu KK, Weigel D, Krämer U, Koch MA, Nordborg M
Nature genetics   48(9) 1077-1082   2016年9月   [査読有り]
Briskine RV, Paape T, Shimizu-Inatsugi R, Nishiyama T, Akama S, Sese J, Shimizu KK
Molecular ecology resources      2016年9月   [査読有り]
Shimizu-Inatsugi R, Terada A, Hirose K, Kudoh H, Sese J, Shimizu KK
Molecular ecology   26(1) 193-207   2016年6月   [査読有り]

Misc

 
伊津野彩子, 北山兼弘, 小野田雄介, 辻井悠希, 畠山剛臣, 永野惇, 本庄三恵, 工藤洋, 清水(稲継)理恵, 清水健太郎, 井鷺裕司
日本植物分類学会大会研究発表要旨集   15th 23   2016年3月
山崎絵理, 清水健太郎
日本生態学会大会講演要旨(Web)   63th P2‐121 (WEB ONLY)   2016年
伊津野 彩子, 畠山 剛臣, 西山 智明, 玉木 一郎, 清水-稲継 理恵, 清水 健太郎, 井鷺 裕司
日本森林学会大会発表データベース   127(0)    2016年
ハワイ諸島の固有樹種であるハワイフトモモ (フトモモ科) は、島内の多様な環境に生育し、優占樹種として生態系を構築する。環境の異なる集団間では樹高や葉形質に著しい種内変異が観察される。本研究では、種内の遺伝的変異をゲノムレベルで解明し、その劇的な進化を理解するために、ハワイ島Mauna Loaに生育する1個体について新規に全ゲノム解読を行った。アセンブルの結果、全長304 M塩基のゲノム配列が得られ、その半長は5 M塩基以上の長さをもつ19本のスキャホールドから構成された。全ゲノム中には3...
角井宏行, 土松隆志, 土松隆志, 山崎美紗子, MARONA Cindy, MENG Dazhe, MENG Dazhe, 金岡雅浩, STADLER Thomas, LENHARD Michael, NORDBORG Magnus, NORDBORG Magnus, 清水健太郎
日本植物学会大会研究発表記録   79th 87   2015年9月
土松隆志, 土松隆志, 土松隆志, 角井宏行, 山崎美紗子, MARONA Cindy, MENG Dazhe, 金岡雅浩, STADLER Thomas, LENHARD Michael, NORDBORG Magnus, 清水健太郎
日本植物学会大会研究発表記録   79th 168   2015年9月

書籍等出版物