蒔田浩平

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/06 18:45
 
アバター
研究者氏名
蒔田浩平
 
マキタコウヘイ
eメール
kmakitarakuno.ac.jp
URL
http://veterinaryepidemiology.jp/
所属
酪農学園大学
部署
獣医学部
職名
準教授
学位
博士(エディンバラ大学)

プロフィール

One Health, Ecohealthを目指す獣医疫学者

論文

 
Quantitative risk assessment of human salmonellosis in the smallholder pig value chains in urban of Vietnam
Dang-Xuan Sinh, Kohei Makita et al.
International Journal of Public Health   62(Suppl. 1) 93-102   2016年   [査読有り]
Aflatoxin B1 occurrence in millet, sorghum and maize from four agro-ecological zones in Kenya
African Journal of Food, Agriculture, Nutrition and Development (AJFAND)   16(3) 10991-11003   2016年   [査読有り]
Sero-epidemiological analysis of vertical transmission relative risk of Borna disease virus infection in dairy herds
Tatsuya Andoh, Kohei Makita, Katsuro Hagiwara et al.
Journal of Veterinary Medical Science   78(11) 1669-1672   2016年   [査読有り]
Transition of Salmonella prevalence in pork value chain from pig slaughterhouses to markets in Hung Yen, Vietnam
Terumi Yokozawa, Dang-Xuan Sinh, Kohei Makita et al.
Journal of Veterinary Epidemiology   20(1) 51-58   2016年   [査読有り]
Hazard identification for assessment of the risk to human health associated with aflatoxin M1 in dairy value chain in Nairobi, Kenya
Yumi Kirino, Kohei Makita, Johanna Lindahl et al.
African Journal of Food, Agriculture, Nutrition and Development (AJFAND)   16(3) 11022-11038   2016年   [査読有り]

Misc

 
我が国における狂犬病リスクの評価
蒔田浩平・門脇弾・唐仁原景昭・山田章雄
Journal of Veterinary Medicine   69(4) 247-251   2016年4月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
農林水産省平成26年度飼養衛生管理基準の実効性確保に関する調査事業 [招待有り]
蒔田浩平
PEDセミナー   2016年12月8日   
Prevalence of bovine brucellosis and its risk factors in Morogoro region, Tanzania
浅倉真吾・蒔田浩平
One health ecohealth 2016   2016年12月3日   
酪農学園大学OIEセンターにおける国際共同研究の推進 [招待有り]
蒔田浩平
シンポジウム「感染症へ挑戦する若手研究者達」   2016年12月2日   
国際社会における乳と衛生 [招待有り]
蒔田浩平
第3回One World One Health研究会   2016年7月8日   
Comparative analysis of inter-farm spread of porcine epidemic diarrhea in Miyazaki and Kagoshima Prefectures in Japan using mathematical modeling
蒔田浩平・山本健久
Japan Republic of Korea Joint Symposium on Veterinary Epidemiology   2016年6月11日   
Quantitative risk assessment of dog rabies spread in Japan using mathematical modelling
Japan Republic of Korea Joint Symposium on Veterinary Epidemiology   2016年6月11日   
経済分析による我が国に狂犬病が侵入した際の狂犬病対策の評価
門脇弾・蒔田浩平・Katie Hampson・山田章雄
獣医疫学会   2016年3月20日   
国内ブロイラーおよび地鶏農場経営者の衛生意識に影響する社会学的因子
田村祐斗・中原裕貴・蒔田浩平
獣医疫学会   2016年3月20日   
タンザニア国モロゴロ州における牛ブルセラ病の有病率とリスク因子
浅倉真吾・George Makingi・Rudovick Kazwala・蒔田浩平
獣医疫学会   2016年3月20日   
数理モデルを用いた豚流行性下痢農場間伝播様式の検討
蒔田浩平・山本健久
獣医疫学会   2016年3月20日   
根室地区におけるマイコプラズマ乳房炎発生に関する記述疫学
伊藤弘貴・樋口豪紀・蒔田浩平
獣医疫学会   2016年3月20日   
我が国における狂犬病拡大のシミュレーションについて [招待有り]
蒔田浩平
平成27年度狂犬病予防業務担当者会議   2016年2月23日   
Traditional milk fermentation as a potential tool for sustainable improvement of food safety [招待有り]
蒔田浩平, Fanta Desissa, Akafete Teklu, Girma Zewde, Delia Grace
FAO International Symposium 'The role of agricultural biotechnologies in sustainable food systems and nutrition'   2016年2月15日   
畜産現場における家畜衛生経済学の応用 [招待有り]
蒔田浩平
平成27年度獣医療提供体制整備推進総合対策事業高度獣医療講習会 栃木県   2016年1月19日