松宮一道

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/14 00:49
 
アバター
研究者氏名
松宮一道
 
マツミヤ カズミチ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/90395103
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 ブレインウェア研究開発施設
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

プロフィール

心理物理学を専門に研究をしています.特に,視覚と行動の相互作用に関する研究に取り組んでいます.

研究分野

 
 

経歴

 
2016年12月
 - 
現在
JST さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築」研究者(兼任)
 
2014年7月
 - 
現在
東北大学 電気通信研究所 准教授
 
2005年4月
 - 
2014年6月
東北大学 電気通信研究所 助手(2007年4月より助教)
 
2004年1月
 - 
2005年3月
ATR人間情報科学研究所 専任研究員
 
2002年1月
 - 
2003年12月
東京工業大学 像情報工学研究施設 研究機関研究員
 
2000年4月
 - 
2001年12月
Centre for Vision Research, York University, Canada, Postdoctoral fellow
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 物理情報工学専攻 博士課程修了
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
映像情報メディア学会  論文部門委員会・部門委員
 
2015年4月
 - 
2015年7月
International Colour Vision Society (ICVS2015)  実行委員会・懇親会担当
 
2013年5月
 - 
2014年12月
The 10th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2014)  実行委員会・会計
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本光学会  常任幹事
 
2011年4月
   
 
日本光学会視覚研究グループ  庶務幹事
 
2011年1月
   
 
日本視覚学会冬季大会  実行委員
 
2010年6月
 - 
2011年10月
IMRF2011実行委員会  会計
 
2010年3月
   
 
電子情報通信学会画像工学研究会  現地世話人
 
 
   
 
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  現地世話人
 
 
   
 
生体・生命工学研究会  幹事
 

受賞

 
2017年2月
日本学術振興会 日本学術振興会賞
 
2016年11月
石田實記念財団 研究奨励賞
 
2015年
計測自動制御学会 第25回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2015)優秀論文賞
 
2012年1月
日本視覚学会 鵜飼論文賞
 
2010年
Distinguished Contributed Paper of the 2010 Society for Information Display (SID) International Symposium
 
2010年
日本視覚学会ベストプレゼンテーション賞
 
2009年
映像情報メディア学会優秀発表賞
 
2008年
日本視覚学会ベストプレゼンテーション賞
 

論文

 
A generalized stochastic implementation of the disparity energy model for depth perception
Boga K, Leduc-Primeau F, Onizawa N, Matsumiya K, Hanyu T, Gross W
Journal of Signal Processing Systems   in press    2016年   [査読有り]
L字型画面が映像鑑賞に及ぼす影響 -視聴者に配慮したテレビの速報表示画面デザインへ向けた検討-
伊師華江,松宮一道
日本感性工学会誌   15(7) 687-691   2016年   [査読有り]
Contrast dependence of saccadic blanking and landmark effects
Matsumiya K, Sato M, Shioiri S
Vision Research   129 1-12   2016年   [査読有り]
Visual attention spreads broadly but selects information locally
Shioiri S, Honjyo H, Kashiwase Y, Matsumiya K, Kuriki I
Scientific Reports   6(35513) DOI:10.1038/srep35513   2016年   [査読有り]
Measurement of object-based attention using steady-state visual evoked potentials
Kuriki I, Omori N, Kashiwase Y, Matsumiya K, Tokunaga R, Shioiri S
Japanese Journal of Physiological Psychology and Psychophysiology   33(1) 33-46   2015年   [査読有り]
Eye-position distribution depending on head orientation when observing movies on ultrahigh-definition television
Fang Y, Emoto M, Nakashima R, Matsumiya K, Kuriki I, Shioiri S
ITE Transactions on Media Technology and Applications   3(2) 149-154   2015年   [査読有り]
Eye-head coordination for visual cognitive processing
Fang Y, Nakashima R, Matsumiya K, Kuriki I, Shioiri S
PLoS ONE   10(3) e0121035   2015年   [査読有り]
Gabor filter based on stochastic computation
Onizawa N, Katagiri D, Matsumiya K, Gross WJ, Hanyu T
IEEE Signal Processing Letters   22(9) 1224-1228   2015年   [査読有り]
Saliency-based gaze prediction based on head direction
Nakashima R, Fang Y, Hatori Y, Hiratani A, Matsumiya K, Kuriki I, Shioiri S
Vision Research   117 59-66   2015年   [査読有り]
Active movements generate rotation-independent representations for haptic movements
Matsumiya K, Takahashi M, Kuriki I, Shioiri S
Interdisciplinary Information Sciences   21(2) 115-123   2015年   [査読有り]
Smooth pursuit eye movements and motion perception share motion signals in slow and fast motion mechanisms
Matsumiya K, Shioiri S
Journal of Vision   15(11:12) 1-15   2015年   [査読有り]
Color induction from surrounding stimuli under perceptual suppression
Horiuchi K, Kuriki I, Tokunaga R, Matsumiya K, Shioiri S
Visual Neuroscience   31 387-400   2014年   [査読有り]
Retinotopy of facial expression adaptation.
Matsumiya K
Multisensory Research   27(2) 127-137   2014年   [査読有り]
Moving one's own body part induces a motion aftereffect anchored to the body part.
Matsumiya K, Shioiri S
Current Biology   24(2) 165-169   2014年   [査読有り]
Seeing a haptically explored face: visual facial-expression aftereffect from haptic adaptation to a face.
Matsumiya K
Psychological Science   24(10) 2088-2098   2013年   [査読有り]
Rotation-independent representations for haptic movements.
Shioiri S, Yamazaki T, Matsumiya K, Kuriki I
Scientific Reports   3(2595) DOI:10.1038/srep02595   2013年9月   [査読有り]
Temporal dynamics of visual attention measured with event-related potentials.
Kashiwase Y, Matsumiya K, Kuriki I, Shioiri S
PLoS ONE   8(8) e70922   2013年8月   [査読有り]
Low-level motion analysis of color and luminance for perception of 2D and 3D motion.
Shioiri S, Yoshizawa, M, Ogiya M, Matsumiya K, Yaguchi H
Journal of Vision   12(6:33) 1-14   2012年   [査読有り]
Implicit learning of viewpoint-independent spatial layouts.
Tsuchiai T, Matsumiya K, Kuriki I, Shioiri S
Frontiers in Psychology   3(207) 1-10   2012年   [査読有り]
Haptic face aftereffect.
Matsumiya K
i-Perception   3(2) 97-100   2012年   [査読有り]
Time courses of attentional modulation in neural amplification and synchronization measured with steady-state visual evoked potentials.
Kashiwase Y, Matsumiya K, Kuriki I, Shioiri S
Journal of Cognitive Neuroscience   24(8) 1779-1793   2012年   [査読有り]
Isolation of two binocular mechanisms for motion in depth: A model and psychophysics.
Shioiri S, Matsumiya K, Matsubara K
Japanese Psychological Research   54(1) 16-26   2012年   [査読有り]
視覚情報と体性感覚情報の不一致による迂回行動時の身体制御に用いられる視覚的手がかりの分離.
松宮一道,安藤広志
基礎心理学研究   30(1) 2-10   2011年9月   [査読有り]
Control of subjective depth on 3-D displays by a quantified monocular depth cue.
Takahashi S, Ishikawa T, Hyodo Y, Ohashi I, Shimpuku Y, Matsubara K, Matsumiya K, Shioiri S
Journal of the SID   19(1) 1-8   2011年   [査読有り]
Kuriki I, Nakamura S, Sun P, Ueno K, Matsumiya K, Tanaka K, Shioiri S, Cheng K
IEICE TRANSACTIONS on Foundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E94-A(2) 473-479   2011年   [査読有り][招待有り]
ポインティング行動における空間表象の位置情報の影響.
山崎隆紀, 松宮一道, 栗木一郎, 塩入 諭
VISION   22(3) 149-163   2010年   [査読有り]
Shioiri S, Matsumiya K
Journal of Vision   9 30.1-15   2009年5月   [査読有り]
Matsumiya K, Ando H
Journal of Vision   9 15.1-13   2009年1月   [査読有り]
Influence of auditory information on reading speed and eye movement control in reading.
Matsumiya K, Sugiyama H, Shioiri S, Kuriki I
Kansei Engineering International   8(2) 225-231   2009年   [査読有り]
Matsumiya K, Kaneko H
Optical Review   15(3) 133-135   2008年   [査読有り]
Matsumiya K, Kaneko H
Optical Review   15(4) 210-217   2008年   [査読有り]
Perceived depth in the 'sieve effect' and exclusive binocular rivalry.
Matsumiya K, Howard IP, Kaneko H
Perception   36 990-1002   2007年   [査読有り]
Fukuda K, Kaneko H, Matsumiya K
Vision Research   46 2749-2756   2006年9月   [査読有り]
Lee Y, Matsumiya K, Wilson HR
Vision Research   46 1901-1910   2006年6月   [査読有り]
Matsumiya K
Optical Review   13(1) 39-45   2006年   [査読有り]
偏った奥行き手がかり環境下での学習が面の傾き知覚のための両眼視差と遠近法情報の統合過程に与える影響.
坂野雄一, 金子寛彦, 松宮一道
光学   33(8) 490-502   2004年   [査読有り]
両眼視差と遠近法情報の統合過程における視距離と過去の経験の影響.
坂野雄一, 金子寛彦, 松宮一道
光学   33(2) 110-121   2004年   [査読有り]
網膜部位固定呈示法を用いたサッケード時と追従眼球運動時の周辺視コントラスト感度の測定.
松宮一道,内川恵二
光学   33(2) 122-129   2004年   [査読有り]
The role of presaccadic compression of visual space in spatial remapping across saccadic eye movements.
Matsumiya K, Uchikawa K
Vision Research   43 1969-1981   2003年8月   [査読有り]
Apparent size of an object remains uncompressed during presaccadic compression of visual space.
Matsumiya K, Uchikawa K
Vision Research   41 3039-3050   2001年   [査読有り]
Matsumiya K, Uchikawa K
Optical Review   7(3) 241-248   2000年   [査読有り]
松宮一道,内川恵二,栗木一郎
映像情報メディア学会誌   52(4) 565-570   1998年   [査読有り]
An Analysis on Minimum Searching Principle of Chaotic Neural Network.
Ota M, Matsumiya K, Ogiwara A, Takamatsu S, Fukunaga K
IEICE TRANSACTIONS on Foundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E79-A(3) 363-369   1996年   [査読有り]

Misc

 
松原 和也, 松宮 一道, 塩入 諭
映像情報メディア学会技術報告   35(16) 109-112   2011年3月
真下 浩平, 松宮 一道, 栗木 一郎
映像情報メディア学会技術報告   35(16) 113-116   2011年3月
真下 浩平, 松宮 一道, 栗木 一郎, 塩入 諭
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   110(294) 21-24   2010年11月
視覚的注意のモデル化は多方面での応用が期待されており、現在多くのモデルが提案されている。それらのモデルの一つに、人物など特定の対象の探索を行っている場合の視線移動(顕在的な注意)を予測するために、トップダウン注意を組み込んだものがある。しかし,そのようなモデルは入力される画像の情景全体を2次元平面として捉えており,情景に含まれる3次元的な奥行き手がかりを考慮していない。本研究では、情景の3次元的な空間構造の知覚に基づいてトップダウン注意の位置を考えることで、より人間の処理に近い視覚的注意モ...
笠井 慎平, 松宮 一道, 徳永 留美, 栗木 一郎, 塩入 諭
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   110(294) 25-29   2010年11月
我々が三次元世界を見る場合,そこには物体のエッジや面を見る.視覚処理においてエッジの処理についてはその生理学的メカニズムも含めて,理解が進んでいる.それに対して面の知覚の処理メカニズムはほとんど理解されていない.本研究では,両眼視差によって形成される面について,視差変化のない位置での奥行知覚が視差変化を含む場所からの視差情報の伝播によるという考えに基づき検討した.実験1では伝播距離と刺激の空間周波数を変化させて,面知覚に対する輝度コントラスト感度を測定した.実験2では知覚された面の形状や安...
瀬川 大貴, 松宮 一道, 栗木 一郎, 塩入 諭
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   110(294) 31-35   2010年11月
運動検出には大細胞経路と小細胞経路の両経路が関わっていると考えられていて、前者は輝度変化の運動信号にのみ、後者は色変化の運動信号にも基づき運動情報を処理する.本研究では、追従眼球運動の動きの知覚への両経路の影響を調査する.先行研究において,色刺激や高空間周波数の輝度刺激に比べて低空間周波数の刺激に対して追従眼球運動中の検出感度の顕著な低下が報告されている.本研究では,この追従眼球中の検出感度の低下が追従眼球運動中における大細胞経路の選択的抑制によるか否かを検討する.そのために輝度運動と等輝...

書籍等出版物

 
映像情報メディア工学大事典
映像情報メディア学会編 (担当:共著, 範囲:4章11節 視覚と体性感覚)
オーム社   2010年6月   
講座 <感覚・知覚の科学>2 視覚II-視覚系の中期・高次機能-
内川惠二 総編集,塩入 諭 編集 (担当:共著, 範囲:6.2 両眼視野闘争)
朝倉書店   2007年9月   
アクティブ・ビジョン—眼球運動の心理・神経科学
J.M.フィンドレイ,I.D.ギルクリスト(本田仁視 監訳) (担当:共訳, 範囲:9章 空間の恒常性とサッカード前後の視野統合)
北大路書房   2006年8月   

競争的資金等の研究課題

 
視線行動に基づいた心の中の身体の可視化と身体適正化を支援する基盤技術の創成
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
研究期間: 2016年12月 - 2020年3月    代表者: 松宮一道
行動発現に内在する眼球運動と関連した視覚処理機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 松宮一道
番組視聴者利益との調和をはかる速報表示のテレビ画面デザイン
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 伊師華江
幻肢錯覚とフラッシュラグ効果を用いた身体性随伴注意の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 塩入 諭
脳内における順行性・遡行性の視覚信号の相互作用
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 栗木一郎
異種感覚情報の統合による手の自己所有感覚生成機構の解明とモデル化
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 松宮一道
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 松宮一道
歩容意図行動モデルに基づいた人物行動解析と心を写す情報環境の構築
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2010年10月 - 2016年3月    代表者: 八木康史
並列運動視処理の機能と役割
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 塩入 諭
自己身体表象を考慮した人間のマルチモーダル感覚知覚処理機構の解明とモデル化:視覚と触覚のインタラクション
東北大学電気通信研究所: 独創的研究支援プログラム
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 松宮一道

特許

 
特開2006-198754 : 遠隔操作装置および遠隔操作方法
安藤広志,松宮一道