小林 史明

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/10 13:57
 
アバター
研究者氏名
小林 史明
 
コバヤシ フミアキ
URL
https://sites.google.com/site/kobafu11/
所属
独立行政法人日本学術振興会
部署
受入研究機関 一橋大学大学院法学研究科
職名
特別研究員(PD)
学位
博士(法学)(明治大学)
その他の所属
立正大学 法学部

研究分野

 
 

担当経験のある科目

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
独立行政法人日本学術振興会 一橋大学大学院法学研究科(受入研究機関) 特別研究員(PD)
 
2015年7月
 - 
2016年3月
明治大学法科大学院 専門法曹養成機関 センター員
 
2015年2月
 - 
2016年3月
明治大学 女性研究者研究活動支援事業推進本部 サイエンス・サポーター
 
2013年4月
 - 
現在
立正大学 法学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
現在
弁護士法人 リブラ法律事務 学術研究員(休職中)
 
2012年4月
 - 
2015年7月
明治大学法科大学院 専門法曹養成研究教育センター RA・研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
明治学院大学 法学部 特別TA
 
2012年12月
 - 
2014年3月
鶴川女子短期大学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2012年3月
明治大学法学部 助手
 
2010年4月
 - 
2011年3月
明治大学法科大学院 専門法曹養成研究教育センター RA
 
2008年4月
 - 
2010年3月
明治大学法学部 助手
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2016年3月
明治大学 大学院法学研究科博士後期課程公法学専攻 
 
2005年4月
 - 
2007年3月
明治大学 大学院法学研究科博士前期課程 
 
2001年4月
 - 
2005年3月
明治大学 法学部 
 

委員歴

 
2014年7月
 - 
2014年11月
日本法哲学会  実施委員
 
2012年8月
 - 
2012年8月
国際シンポジウム「科学の不定性と社会――いま法廷では?」  組織委員
 

受賞

 
2007年
山田準次郎奨学基金論文 「法の不確定性について」
 

書籍等出版物

 
西岡正子編著『未来をひらく男女共同参画――ジェンダーの視点から』
小林 史明 (担当:分担執筆, 範囲:第三章「ジェンダーと法律」コラム「性別と職業――職業選択の自由をめぐって」)
ミネルヴァ書房   2016年4月   
シーラ・ジャサノフ『法廷に立つ科学――法と科学入門』
小林 史明 (担当:共訳, 範囲:「日本語版への序文」「1章 科学と法の交わるところ」(部分)「4章 政府は専門性をどう語ってきたのか」)
勁草書房   2015年7月   
ドゥルシラ・コーネル『自由の道徳的イメージ』
小林 史明 (担当:共訳, 範囲:第二章「現存在における尊厳:被投性と歓待のあいだ」)
2015年5月   
ベン・ゴールダー、 ピーター・フィッツパトリック(関良徳監訳)『フーコーの法』
小林 史明 (担当:共訳, 範囲:第二章「フーコーの別の法」)
勁草書房   2014年9月   ISBN:978-4326154319
『岩波講座 第6巻 現代法の動態 法と科学の交錯』
小林 史明 (担当:分担執筆, 範囲:「「法と文学」の展開」)
岩波書店   2014年6月   ISBN:978-4000113663

論文

 
「法は人文学である――ジェームズ・ボイド・ホワイトの人文学的法学について」
小林 史明
『法哲学年報2012 国境を越える正義――その原理と制度』   201-211   2013年11月   [査読有り]
「法的思考と社会構成主義――法哲学と科学技術社会論の協働に向けて」
吉良 貴之, 小林 史明, 川瀬 貴之, 松原 克志
常磐国際紀要   (16) 63-89   2012年3月   [査読有り]
「法におけるナラティヴの機能と諸問題」
小林 史明
法学研究論集   (34) 99-112   2011年2月   [査読有り]
「「法と文学」における言語の構成的性質について」
小林 史明
法学研究論集   (32) 139-149   2010年2月   [査読有り]
「アイヒマン裁判と裁判の限界について――法と歴史、法と芸術研究の足がかりとして――」
小林 史明
法学研究論集   (29) 147-161   2008年9月   [査読有り]

Misc

 
「法と文学(Law & Literature)の展望」
谷口功一, 小林 史明
『法哲学年報2010 市民/社会の役割と国家の責任』   142-143   2011年10月

講演・口頭発表等

 
「専門性をめぐる法と科学の言説分析」
小林 史明
科学技術社会論学会   2013年11月   
"Law and Science in Japan"
小林 史明, 吉良 貴之
National Academies: Committee on Science, Technology, and Law (CSTL)   2013年3月11日   
「法哲学における言語の問題と法言語学の展望」
小林 史明
法と言語学会   2012年12月   
「法哲学カフェの実践と可能性」
小林 史明, 吉良 貴之
科学技術社会論学会   2012年11月   
「James Boyd Whiteの法思想と「法と文学」研究」
小林 史明
日本法哲学会   2012年11月