小寺 敏郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/12 16:57
 
アバター
研究者氏名
小寺 敏郎
 
コデラ トシロウ
ハンドル
コデラ2T
URL
http://www.hino.meisei-u.ac.jp/ee/kodera/Site/Welcome.html
所属
明星大学
部署
理工学部 総合理工学科 電気電子工学系
職名
准教授

プロフィール

 学位取得まで京都工芸繊維大学に在籍し、磁性体材料を伝搬する電磁波の数値解析手法に関して研究した。 新規性は磁気モーメントの非線形項を全て含んだ定式化にあり、この特徴により市販のシミュレーターでは解析できない非線形ジャイロ磁気特性を利用した素子(マイクロ波ミキサー)の提案と解析を行った。
 2001年に大阪工業大学に専任講師として着任。博士課程中に開発した数値計算プログラムを3次元に拡張、磁性体の非線形特性によるダイレクトコンバージョンや伝送特性をレーザー光で制御できるアイソレーター、伝送特性を電圧制御できるアイソレーター等を精力的に発表した。更に静磁波共振回路を用いた磁気同調可能なマイクロ波受信回路の研究も行った。研究の発展と共に研究室も充実し、指導学生がマイクロ波の分野では難関のIMS (国際マイクロ波シンポジウム)やアジア太平洋マイクロ波会議(APMC)に論文発表するまでに至った。学部生27名, 院生(修士)4名の研究指導を担当。2006年3月退職。
 2005年10月に(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の客員研究員に着任、その後2006年4月より専任研究員となった。ここではNICTの委託研究課題である 60GHz無線LAN向けGaAs モノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)を設計する業務に従事した。HFSS, ADS等の市販のシミュレーターにより構造を徹底的にシミュレート・最適化した上で最終データを確定し、これをファウンダリサービスに送り、仕上がったチップの評価全般を行った。この得難い体験により、修正無しの一回試作で所望の動作を得るコツを得る事ができた。この内容についてはNDAに基づく業務であり、論文発表を殆ど行っていない。これと並行して総務省の委託研究である高効率増幅器の開発を行った 。近年のデジタル通信システムにおける変調方式は振幅と位相両面の直線性が重要となるが、この必要性を満たしつつ高効率な電力増幅器を提案し、試作を行った。 2007年12月退職。
 2008年、モントリオール理工科大学工学部電気工学科の助教に着任。Christophe Caloz教授の研究グループに加わり以下の4つのテーマに関わった。
  (1)メタマテリアルの考え方に基づくマイクロ波アンテナの研究
 メタマテリアルの応答として知られる左手右手複合応答を伝搬方向に完全に均一なフェライト開口導波路により実現した。均一導波路ゆえに設計/作成は簡単であり、更に非可逆性をしめすことから、これをデュアルバンドアンテナ、デュプレクサ・ダイプレクサ複合アンテナ、低姿勢モノポールアンテナへ応用した。この成果に対して
 2010 IEEE MTT-S Japan/Kansai Chapters Young Engineer Award
 2010 Michiyuki Uenohara Memorial Award
を受賞した。
(2) 磁性体ナノワイヤとミリ波デバイスへの応用
 バルクでは導体の磁性体をスキンデプス以下の直径を持つナノワイヤとすることで電流損を減少させ 、更に適切な磁性体材料を選ぶことで極めて高い飽和磁化を有する材料を作成できる[28]。特に磁気飽和していないナノワイヤは磁気共鳴点を2点持つ事を明らかにし、この材料を非可逆デバイス、更にアンテナ等のミリ波デバイスへと応用した。
(3) 電磁境界条件の人工的創出に関係する関する研究
完全電気磁気導体(PEMC)を世界で初めて実現し、2009年のヨーロッパマイクロ波会議において
The 39th European Microwave Conference Young Engineers Prize 2009
を受賞した。この結果は導波路やアンテナの大幅な小型化に応用可能である。
(4) 電磁メタマテリアルに関係する論文
 フェライトのジャイロ磁気特性により主に「電磁波ハーフミラー」の研究を行った。擾乱からの設備保護に有効な技術である。
 グループの一員として主にPh. Dコース3名、修士学生1名の研究の助言ならびに指導を行った。2010年2月末に退職。

2010年3月に山口大学大学院理工学研究科に有期雇用講師(雇用契約更新無、期間雇用)として着任の後、4年の契約満了と共に退職。
2014年4月に明星大学理工学部に着任、現在モントリオール理工科大学との共同研究体制の元、ジャイロ磁気特性の人工的創出に関する研究を行う。この研究はフェライト材料のマイクロ波に対する応答のメタマテリアル的アプローチに基づく人工的実現に関する研究であり、1940年代より多くの研究者により蓄積されてきたマイクロ波フェライトデバイスの叡智を更に飛躍させる可能性を持つ技術である。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
明星大学 理工学部 准教授
 
2010年3月
   
 
山口大学工学部電気電子工学科講師 有期雇用講師
 
2013年1月
   
 
モントリオール理工科大学 professor invité
 
2012年1月
   
 
モントリオール理工科大学 Visiting Professor
 
2008年
 - 
2010年
École Polytechnique de Montréal(University of Montréal) 助教
 
2006年
 - 
2007年
(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)波動工学研究所 研究員
 
2001年
 - 
2006年
大阪工業大学工学部 講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 博士後期課程 情報・生産科学専攻
 
 
 - 
1996年
京都工芸繊維大学 工芸学部 電子情報工学科
 
 
 - 
1992年
関西学院大学 法学部 法律学科(一年次中退)
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
IEEE  Microwave Theory and Techniques MTT-13 Committee member
 
2010年
   
 
- IEEE Trans. MTT 査読委員
 
2009年
   
 
- RFMiCAE 査読委員
 
2009年
   
 
- PIER&JEMWA 査読委員
 
2008年
   
 
- IEEE Trans. Mag 査読委員
 
2008年
   
 
- IEEE AWPL 査読委員
 
2006年
   
 
APMC 2006 TPC
 
2002年
   
 
IET Electronics Letter査読委員
 
2002年
   
 
- 電子情報通信学会 英文誌 査読委員
 

受賞

 
2012年5月
電子情報通信学会 シニアメンバー
 
2012年2月
IEEE Senior Member
 
2009年9月
EuMC Young Engineers Prize(共同受賞)
受賞者: A. Shavapour, T. Kodera, C. Caloz
 
2010年12月
2010 IEEE MTT-S Japan/Kansai Chapters Young Engineering Award
 
2010年12月
2010 Michiyuki Uenohara Award
 

論文

 
Simple and tunable MNM by figure of eight resonator and its application to microwave isolator
S. Komatsu, T. Kodera
IEICE Trans. Electron      2016年10月   [査読有り]
Qingfeng Zhang, Toshiro Kodera, Shuai Ding, Christophe Caloz
IEEE Trans. Microwave Theory and Techniques, submitted   63(9) 2782-2792   2015年9月   [査読有り]
T. Kodera, D. Sounas, C. Caloz
IEEE Trans. Microwave Theory and Techniques   61(3) 1030-1042   2013年3月   [査読有り]
D. Sounas, T. Kodera, and C. Caloz
IEEE Trans. Antennas and Propagation   61(1) 221-231   2013年1月   [査読有り]
T. Kodera, D. Sounas, C. Caloz
IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   11 1454-1457   2012年12月   [査読有り]
T. Kodera, D. L. Sounas, and C. Caloz
IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   10(1) 1551-1554   2012年2月   [査読有り][招待有り]
Toshiro Kodera, Dimitrios Sounas, and Christophe Caloz
Applied Physics Letters   99(3) 031114   2011年7月   [査読有り]
Armin Parsa, Toshiro Kodera, and Christophe Caloz
IEEE Trans. on Antennas and Propagation   59(3) 810-817   2011年3月   [査読有り]
Toshiro Kodera and Christophe Caloz
IEEE Trans. on Antennas and Propagation   58(10) 3165-3174   2010年10月   [査読有り]
Simon Couture, Jules Gauthier, Toshiro Kodera, and Christophe Caloz
IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   9 1022-1025   2010年9月   [査読有り]
Toshiro Kodera, and Christophe Caloz
IEEE Trans. on Antennas and Propagation   58(8) 2508-2514   2010年8月   [査読有り]
Toshiro Kodera, Christophe Caloz
IEEE Trans. on Microwave Theory and Technique   58(5) 1310-1311   2010年5月   [査読有り]
Attieh Shahvarpour, Toshiro Kodera, Armin Parsa, and Christophe Caloz
IEEE Trans. on Microwave Theory and Techniques   58(11,Pt.1) 2781-2793   2010年3月
Vincent Boucher, Louis-Philippe Carignan, Toshiro Kodera, Christophe Caloz, Arthur Yelon, and David Menard
Physical Review B   80(22) 224402   2009年12月   [査読有り]
Toshiro Kodera, and Christophe Caloz
IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   8 1202-1205   2009年11月   [査読有り]
L-P Carignan, V. Boucher, T. Kodera, C. Caloz, A. Yelon, and D. Menard
Applied Physics Letters   95(6) 062504   2009年7月   [査読有り]
Louis-Philippe Carignan, Toshiro Kodera, David Menard, and Christophe Caloz
IEEE Microwave and Wireless Components Lett.   19(4) 206-208   2009年4月   [査読有り]
Toshiro Kodera and Chirstophe Caloz
IEEE Trans. on Microwave Theory and Technique   57(4,Pt.1) 784-795   2009年4月   [査読有り]
堀川健 小寺敏郎
電子情報通信学会論文誌C   Vol. J88-C, No.12(Vol. J88-C, No.12)    2005年12月   [査読有り]
IEICE Trans. on Electron.   Vol. E88-C, No.12    2005年   [査読有り]
IEICE Trans. on Electron.   Vol.E87-C, No.9, pp.1503-1509    2004年   [査読有り]
Toshiro Kodera
IEICE Trans. on Erection.   E86-c(8) 1678-1684   2003年   [査読有り]
Toshiro Kodera, Hitoshi Shimasaki, Makoto Tsutsumi
IEICE Trans. Electron.   vol.E83-C, No.5, pp.713-719    2000年   [査読有り]
IEICE Trans. on Electron   vol. E81-C, No.12, pp.1831-1837    1998年   [査読有り]

Misc

 
Ferrite antenna structures: principle, applications, and innovations
T. Kodera
IEEE International Microwave Symposium IMS2014 WFB-1      2014年6月   [査読有り][依頼有り]
Tunable magnetless non-reciprocal metamaterials and their application to circulators
T. Kodera, C. Caloz
META 14, Singapore, SP-24      2014年5月   [査読有り][依頼有り]
Semiconductor-based Non-Reciprocal Gyrotropic Metamaterials Requiring No External Magnetic Field
C. Caloz, T. Kodera, D. Sounas
Proc. of Metamaterial's 2013      2013年9月   [査読有り][依頼有り]
Magnet-less Non-reciprocal Metamaterials
T. Kodera, D. L. Sounas, C. Caloz
Progress Electromagnetics Research Symp. (PIERS2013)      2013年8月   [査読有り][依頼有り]
Multi-function Reconfigurable Microwave Component based on a Switchable FET Circuit
T. Kodera, C. Caloz
Proc. of IEEE Int. Microw. Symp. (IMS2013)   WE4C-6    2013年6月   [査読有り]
Practical realization of perfect electromagnetic conductor (PEMC) boundaries using ferrites, magnet-less non-reciprocal metamaterials (MNMs) and grahene
C. Caloz, A. Shahvarpour, D. L. Sounas, T. Kodera, B. Gurlek, and N. Chamanara
URSI Int. Symp. on Electromagnetic Theory (EMTS2013)      2013年5月   [査読有り][依頼有り]
Magnet-less non-reciprocal metamaterials with magnetic or electric gyrotropy
T. Kodera, D. L. Sounas, C. Caloz
URSI Int. Symp. on Electromagnetic Theory (EMTS2013)      2013年5月   [査読有り][依頼有り]
Graphene magnetoplasmons: principles and applications
D. L. Sounas, B. Gurlek, T. Kodera, and C. Caloz
European Conf. Antennas Propagat. (EuCAP2013)      2013年4月   [査読有り]
Switchable Faraday Rotation by Artificial Electric Gyrotropy in a Slot-Ring Metamaterial Structure
T. Kodera, D. Sounas, C. Caloz
Proc. of EuCAP 2013      2013年4月   [査読有り]
Analytical modeling of a magnetless non-reciprocal metasurface under oblique plane-wave incidence
D. L. Sounas, B. Gurlek, T. Kodera, and C. Caloz
META’13      2013年3月   [査読有り][依頼有り]
Magnet-less non-reciprocal metamaterials (keynote talk by C. Caloz)
C. Caloz, T. Kodera, and D. L. Sounas
META’13      2013年3月   [査読有り][依頼有り]
Tunable Magnet-less Non-Reciprocal Metamaterial (MNM) and its Application to an Isolator
T. Kodera, D. Sounas, and C. Caloz
Proc. of Asia Pacific Microw. Conf. (APMC2012)      2012年12月   [査読有り]
Magnet-less Non-reciprocal Metamaterial and its Applications in Radiative Structures
T. Kodera, D. Sounas, and C. Caloz
Proc. of Int. Symp. Antennas Propagat. (ISAP2012)      2012年10月   [査読有り]
Faraday rotation by artificial electric gyrotropy in a transparent slot-ring metamaterial structure
T. Kodera, D. Sounas, and C. Caloz
Proc. of IEEE AP-S Int. Antennas Propagat. (APS)      2012年7月   [査読有り]
Network modeling of multi-layer magnet-less non-reciprocal gyrotropic metamaterials
D. Sounas, T. Kodera, and C. Caloz
Proc. of IEEE AP-S Int. Antennas Propagat. (APS)      2012年7月   [査読有り]
T. Kodera, D. L. Sounas, and C. Caloz
Proc. of IEEE MTT-S Int. Microw. Symp. (IMS), Montreal, Canada      2012年6月   [査読有り]
T. Kodera, D. L. Sounas, and Christophe Caloz
International Symposium Antennas Propagat. (ISAP2011)   1 1-4   2011年10月   [査読有り][依頼有り]
Non-reciprocal gyrotropic semiconductor-based metasurface not requiring magnetic bias
Proc. Metamaterials'2011, Fifth International Congress on Advanced Electromagnetic Materials in Microwaves and Optics   1 1-3   2011年10月   [査読有り][依頼有り]
T. Kodera, D. Sounas, and C. Caloz
XXXth General Assembly and Scientific Symposium (GASS)   1 1-4   2011年8月   [査読有り][依頼有り]
D. Sounas, T. Kodera, and C. Caloz
Proc. CNC/USNC URSI National Radio Science Meeting   1 1-4   2011年7月   [査読有り][依頼有り]
Toshiro Kodera, and Christophe Caloz
Proc. of Asia Pacific Microwave Conference (APMC2010)      2010年12月   [査読有り]
T. Kodera, C. Caloz
Proc. of European Microwave Week 2010 (EuMC2010)   469-472   2010年9月   [査読有り]
C. Caloz, L-P. Carignan, V. Boucher, T. Kodera, S. Couture, A. Parsa, D. Ménard, A. Yelon
Proc. of EEE International Microwave Symposium, MTT-S(IMS2010)   1416-1419   2010年7月   [査読有り][依頼有り]
S. Couture, J. Gauthier, A. Parsa, T. Kodera, C. Caloz
Proc. CNC/USNC URSI National Radio Science Meeting, AP-S 2010   1-4   2010年7月   [査読有り][依頼有り]
Ferromagnetic Nanowire Materials and Their Application to Leaky-Wave Antennas with the Benefits of Self-Biasing, Integration and Double Ferromagnetic Resonance
C. Caloz, T. Kodera, L-P. Carignan, H. Razavipour, D. Ménard, A. Yelon
Proc. CNC/USNC URSI National Radio Science Meeting, AP-S 2010      2010年7月   [査読有り][依頼有り]
Novel Magnetic Radiative Structures inspired by Metamaterial Concepts
T. Kodera, C. Caloz
Proc. of 14TH International Symposium on Antennas and Electromagnetics and The American Electromagnetics Conference      2010年   [査読有り][依頼有り]
S. Gupta, H. V. Nguyen, T. Kodera, S. Abielmona, C. Caloz
Proc. of Asia Pacific Microwave Conference (APMC2009)      2009年12月   [査読有り]
A. Shahvarpour, T. Kodera, C. Caloz
Proc. of European Microwave Week 2009(EuMC2009)      2009年9月   [査読有り]
Toshiro Kodera and Christophe Caloz
Proc. of IEEE International Microwave Symposium, MTT-S(IMS2009), TU1E-1   1 21-24   2009年7月   [査読有り]
T. Kodera, A. Parsa, C. Caloz
Proc. of IEEE International Symp. on Antennas and Propagation and USNC/URSI National Radio Science Meeting(APS2009)      2009年   [査読有り]
L. Carignan, T. Kodera, A. Yelon, C. Caloz, D. Ménard
Proc. of European Microwave Week 2009(EuMC2009)      2009年   [査読有り]
Toshiro Kodera and Christophe Caloz
Proc of European Antenna and Propagation Conference (EuCAP2009)   1552-1555   2009年   [査読有り]
Toshiro Kodera and Christophe Caloz
Proc. of Asia Pacific Microwave Conference 2008(APMC2008)   1    2008年   [査読有り]
An EER transmitter with burst-width envelope modulation
Toshiro Kodera, Nobuhiko Ando, and Makoto Taromaru
Proc. of IEEE Power Amplifier Symposium 2008   1(1) 1-4   2008年   [査読有り]
Kodera, T.; Ando, N.; Taromaru, M.
Proc. of Korea Japan Microwave Conf.(KJMW2007)   1(1) 1-4   2007年   [査読有り]
Taromaru, Makoto; Ando, Nobuhiko; Kodera, Toshiro; Yano, Kazuto;
Personal, Indoor and Mobile Radio Communications, 2007. PIMRC 2007. IEEE 18th International Symposium on   10.1109 1-5   2007年   [査読有り]
Proc. of Asia Pacific Microwave Conf. 2006   1(1) 1765-1768   2006年   [査読有り]
Proceedings of IEEE International Microwave Conference, MTT-S,   TU4D-7    2005年   [査読有り]
June, 2005
Proc. of IEEE, MTT-S   1899-1902    2004年   [査読有り]
A voltage Controlled isolator Using Ferrite Edge-mode
Proc. of Asia Pacific Microwave Conference, APMC2003   1 137-140   2003年   [査読有り]
Proc. pf IEEE, MTT-S, pp413-416   vol.1, 413-416    2003年   [査読有り]
An Analysis on Edge-Guide Mode Isolator by FDTD method
Proc. of Asia Pacific Microwave Conference APMC2002   vol.3 pp.1327-1331    2002年   [査読有り]
Memoirs of the Osaka Institute of Technology   series A, Vol.46, No.2    2002年   [査読有り]
Experimental Study on the Direct-Conversion using ferrite media
Proc. of 2nd Intl. Laser, Lightwave and Microwave Conf      2001年   [査読有り]
An Analysis on the Mixer Characteristics of Magnetostatic Waves by Finite Difference Time Domain Method,", pp.885-887
Proc. of Intl. Conf. of Ferrite, ICF-9   vol.1 Bal-5    2000年   [査読有り]
Proc. of IEEE INTERMAG   vol1. GC-01    2000年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
電子情報通信学会 マイクロ波研究会MW99-17   1999年   
電子情報通信学会 ソサイエティ大会C1-26   1999年   
電子情報通信学会総合大会, C1-10   2000年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
人工ジャイロ磁気・誘電特性の創出とその電磁波素子への応用
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 小寺 敏郎
希土類によらないジャイロ磁気特性の実現とそのマイクロ波デバイスへの応用
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 小寺 敏郎
磁性体ナノワイヤによる機能性磁性体材料の創出とスピントルクデバイスへの応用
文部科学省: 科学研究費補助金 研究活動スタート支援
研究期間: 2010年9月 - 2011年3月    代表者: 小寺 敏郎
フェライト中の電磁波伝搬の解析
メタ媒質によるマイクロ波デバイスの開発
研究期間: 2008年   
従来固有の問題として存在する種々の事柄を自然界には存在しない(見つけられていない)媒質を用いたデバイスを用いて解決を図る

特許

 
特願 PCT/CA2011/001422 : ARTIFICIAL MAGNETIC MATERIAL, ARTIFICIAL MAGNETIC DEVICE, ARTIFICIAL MAGNETIC MATERIAL REFLECTING WALL AND ARTIFICIAL MAGNETIC MATERIAL TRANSPARENT WALL
Toshiro Kodera, Christophe Caloz, Dimitrios Sounas
通信装置
特開2008-124540
FSK復調回路及び方法
特開2009-055097
通信装置
特開2009-159343