小金澤雅之

J-GLOBALへ         更新日: 12/06/19 22:00
 
アバター
研究者氏名
小金澤雅之
 
コガネザワ マサユキ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10302085
所属
東北大学
部署
大学院・生命科学研究科
職名
准教授
学位
理学博士(東北大学)

プロフィール

動物の行動を生み出す神経系の「からくり」に興味があり、現在はショウジョウバエを用いた神経行動学を生業としています。ヒトも動物の一種であるからには、理解すべきからくりはどんな動物でも基本的に同じであるはずだとの信念に基づいて、実験にいそしむ日々です。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2012年
東北大学 大学院・生命科学研究科 准教授
 

論文

 
Ito H, Sato K, Koganezawa M, Ote M, Matsumoto K, Hama C, Yamamoto D
Cell   149 1327-1338   2012年6月   [査読有り]
Watanabe K, Toba G, Koganezawa M, Yamamoto D
Behavior genetics   41(5) 746-753   2011年9月   [査読有り]
Goto J, Mikawa Y, Koganezawa M, Ito H, Yamamoto D
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(14) 5454-5459   2011年4月   [査読有り]
Kohatsu S, Koganezawa M, Yamamoto D
Neuron   69(3) 498-508   2011年2月   [査読有り]
Nojima T, Kimura K, Koganezawa M, Yamamoto D
Current biology : CB   20(9) 836-840   2010年5月   [査読有り]
Sakurai A, Nakano Y, Koganezawa M, Yamamoto D
Archives of insect biochemistry and physiology   73 119-127   2010年3月   [査読有り]
Koganezawa M, Haba D, Matsuo T, Yamamoto D
Current biology : CB   20(1) 1-8   2010年1月   [査読有り]
Koganezawa M, Hara H, Hayakawa Y, Shimada I
Journal of theoretical biology   260 353-358   2009年10月   [査読有り]
Koganezawa M, Matsuo T, Kimura K, Yamamoto D
Annals of the New York Academy of Sciences   1170 497-501   2009年7月   [査読有り]
Kimura K, Hachiya T, Koganezawa M, Tazawa T, Yamamoto D
Neuron   59(5) 759-769   2008年9月   [査読有り]
Motosaka K, Koganezawa M, Narikawa S, Furuyama A, Shinozaki K, Isono K, Shimada I
Journal of comparative physiology. A, Neuroethology, sensory, neural, and behavioral physiology   193 279-283   2007年2月   [査読有り]
Usui-Aoki K, Matsumoto K, Koganezawa M, Kohatsu S, Isono K, Matsubayashi H, Yamamoto MT, Ueda R, Takahashi K, Saigo K, Mikoshiba K, Yamamoto D
Journal of neurogenetics   19 123-141   2005年7月   [査読有り]
Koseki T, Koganezawa M, Furuyama A, Isono K, Shimada I
Chemical senses   30 Suppl 1 i277-8   2005年1月   [査読有り]
Koseki T, Koganezawa M, Furuyama A, Isono K, Shimada I
Chemical senses   29 703-711   2004年10月   [査読有り]
The effects of amiloride on the labellar taste receptor cells of the fleshfly Boettcherisca peregrina.
Sadakata T, Hatano H, Koseki T, Koganezawa M, Shimada I
Journal of insect physiology   48 565-570   2002年5月   [査読有り]
Novel odorant-binding proteins expressed in the taste tissue of the fly.
Koganezawa M, Shimada I
Chemical senses   27 319-332   2002年5月   [査読有り]
Inositol 1,4,5-trisphosphate transduction cascade in taste reception of the fleshfly, Boettcherisca peregrina.
Koganezawa M, Shimada I
Journal of neurobiology   51 66-83   2002年4月   [査読有り]
Multiple receptor sites for nucleotide reception in the labellar taste receptor cells of the fleshfly Boettcherisca peregrina.
Furuyama A, Koganezawa M, Shimada I
J of Insect Physiology   45 249-255   1999年   [査読有り]
The effects of G protein modulators on the labellar taste receptor cells of the fleshfly (Boettcherisca Peregrina).
Koganezawa M, Shimada I
Journal of Insect Physiology   43 255-233   1997年   [査読有り]
Expression of taste reception response of fleshfly in Xenopus oocytes.
Koganezawa M, Shingai R, Isono K, and Shimada I
NeuroReport   7 2063-2067   1996年   [査読有り]

Misc

 
鳥羽岳太, 小金澤雅之, 山元大輔
Aroma Res   11(2) 140-143   2010年5月
小金澤 雅之
形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form   23(1) 47-48   2008年6月
小金澤 雅之
比較生理生化学   18(3) 149-158   2001年12月
成塚 裕美, 成川 聡子, 小金澤 雅之, 嶋田 一郎
日本味と匂学会誌   8(3) 541-542   2001年
源栄 克則, 古山 昭, 小金沢 雅之, 嶋田 一郎
日本味と匂学会誌   7(3) 677-678   2000年12月
小金沢 雅之, 嶋田 一郎
日本味と匂学会誌   6(3) 481-484   1999年12月
小金沢 雅之, 嶋田 一郎
農業機械學會誌   61(3) 10-15   1999年5月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 小金澤雅之
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 小金澤雅之
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 小金澤雅之
I:時計遺伝子の機能と短い時間スケールでの行動発現の関係ビデオトラッカーをベースとした行動解析システムを構築し、野生型個体と時計遺伝子突然変異体の比較を行った。時計遺伝子変異で最も大きな行動変化が観察されるのは無周期性の突然変異体であることから、まず無周期性変異体per^<01>を用いた解析を行った。野生型では歩行・休止の時系列パターンはバースト状の複雑なダイナミクスを持つが、その統計的な性質は個体ごとに大きな差は観察されなかった。一方、per^<01>突然変異体は野生型に比べて歩行停止時...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別推進研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 山元大輔
1.脳と行動の雄化に関わるfru遺伝子ネットワークの解明パートナータンパク質の同定fruの機能低下変異体雄においてEcR(エクダイソン受容体)の働きをRNAiにより抑制すると、性的二型を示すmALニューロンの雄特異的な同側神経突起が失われ、部分的に雌化されることが明らかになった。しかし、反対側突起には変化は生じなかった。一方fruの機能低下変異体雄においてlola(longitudinal lacking)の働きをRNAiにより抑制すると、mALニューロンの反対側突起先端部の形状が、雌様の...