畑埜晃平

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/15 20:02
 
アバター
研究者氏名
畑埜晃平
eメール
hatanoinf.kyushu-u.ac.jp
URL
http://www.i.kyushu-u.ac.jp/~hatano/
所属
九州大学
部署
附属図書館 研究開発室 
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)
その他の所属
統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻理学部物理学科情報理学コース

プロフィール

機械学習および計算学習理論の研究に従事.特に,オンライン予測の研究に取り組んでいる.

研究分野

 
 

経歴

 
2015年8月
 - 
現在
九州大学 附属図書館 研究開発室 准教授
 
2010年4月
 - 
2015年7月
九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報学部門 助教
 
2007年
 - 
2009年
九州大学 情報基盤研究開発センター 助教
 
2005年
 - 
2007年
九州大学 情報基盤センター 助手
 
2005年3月
   
 
東京工業大学大学院 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻  博士課程修了
 

受賞

 
2010年
人工知能学会 2009年度研究会優秀賞
受賞者: 安武翔太,畑埜晃平,瀧本英二,竹田正幸
 
2009年
IBIS 2009プログラム委員会特別奨励賞ファイナリスト
 
2008年
人工知能学会 2007年度研究会優秀賞
受賞者: 小林 隼人,畑埜 晃平,石野 明,篠原 歩
 

論文

 
Yao Ma,Tingting Zhao,Kohei Hatano,Masashi Sugiyama
Neural Computation   28(3) 563-593   2016年   [査読有り]
Nir Ailon,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Theor. Comput. Sci.   650 92-108   2016年   [査読有り]
Takumi Nakazono,Ken-ichiro Moridomi,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Algorithmic Learning Theory - 27th International Conference, ALT 2016, Bari, Italy, October 19-21, 2016, Proceedings   276-287   2016年   [査読有り]
Emi Ishita,Tetsuya Nakatoh,Kohei Hatano,Michiaki Takayama
Digital Libraries: Knowledge, Information, and Data in an Open Access Society - 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries, ICADL 2016, Tsukuba, Japan, December 7-9, 2016, Proceedings   269-274   2016年   [査読有り]
Atsushi Shibagaki,Masayuki Karasuyama,Kohei Hatano,Ichiro Takeuchi
Proceedings of the 33nd International Conference on Machine Learning, ICML 2016, New York City, NY, USA, June 19-24, 2016   1577-1586   2016年   [査読有り]
Takahiro Fujita,Kohei Hatano,Shuji Kijima,Eiji Takimoto
Algorithmic Learning Theory - 26th International Conference, ALT 2015, Banff, AB, Canada, October 4-6, 2015, Proceedings   332-346   2015年   [査読有り]
Issei Matsumoto,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Proceedings of The 28th Conference on Learning Theory, COLT 2015, Paris, France, July 3-6, 2015   1343-1359   2015年   [査読有り]
Kazuki Teraoka,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
IEICE Transactions   97-D(3) 392-398   2014年   [査読有り]
Ken-ichiro Moridomi,Kohei Hatano,Eiji Takimoto,Koji Tsuda
Proceedings of the Sixth Asian Conference on Machine Learning, ACML 2014, Nha Trang City, Vietnam, November 26-28, 2014.      2014年   [査読有り]
Nir Ailon,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Algorithmic Learning Theory - 25th International Conference, ALT 2014, Bled, Slovenia, October 8-10, 2014. Proceedings   215-229   2014年   [査読有り]
Yao Ma,Tingting Zhao,Kohei Hatano,Masashi Sugiyama
Machine Learning and Knowledge Discovery in Databases - European Conference, ECML PKDD 2014, Nancy, France, September 15-19, 2014. Proceedings, Part II   354-369   2014年   [査読有り]
Eiji Takimoto,Kohei Hatano
Algorithmic Learning Theory - 24th International Conference, ALT 2013, Singapore, October 6-9, 2013. Proceedings   22-32   2013年   [査読有り]
Takahiro Fujita,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Algorithmic Learning Theory - 24th International Conference, ALT 2013, Singapore, October 6-9, 2013. Proceedings   68-82   2013年   [査読有り]
Daiki Suehiro,Kohei Hatano,Shuji Kijima,Eiji Takimoto,Kiyohito Nagano
Algorithmic Learning Theory - 23rd International Conference, ALT 2012, Lyon, France, October 29-31, 2012. Proceedings   260-274   2012年   [査読有り]
Yoko Anan,Kohei Hatano,Hideo Bannai,Masayuki Takeda,Ken Satoh
Proceedings of the 13th International Society for Music Information Retrieval Conference, ISMIR 2012, Mosteiro S.Bento Da Vitória, Porto, Portugal, October 8-12, 2012   229-234   2012年   [査読有り]
Shota Yasutake,Kohei Hatano,Eiji Takimoto,Masayuki Takeda
Proceedings of the 4th Asian Conference on Machine Learning, ACML 2012, Singapore, Singapore, November 4-6, 2012   539-553   2012年   [査読有り]
Shin-ichi Yoshida,Kohei Hatano,Eiji Takimoto,Masayuki Takeda
IEICE Transactions   94-D(10) 1917-1923   2011年   [査読有り]
Daiki Suehiro,Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Algorithmic Learning Theory - 22nd International Conference, ALT 2011, Espoo, Finland, October 5-7, 2011. Proceedings   324-337   2011年   [査読有り]
Shota Yasutake,Kohei Hatano,Shuji Kijima,Eiji Takimoto,Masayuki Takeda
Algorithms and Computation - 22nd International Symposium, ISAAC 2011, Yokohama, Japan, December 5-8, 2011. Proceedings   534-543   2011年   [査読有り]
Yoko Anan,Kohei Hatano,Hideo Bannai,Masayuki Takeda
Proceedings of the 12th International Society for Music Information Retrieval Conference, ISMIR 2011, Miami, Florida, USA, October 24-28, 2011   693-698   2011年   [査読有り]
Kazuaki Kashihara,Kohei Hatano,Hideo Bannai,Masayuki Takeda
Discovery Science - 13th International Conference, DS 2010, Canberra, Australia, October 6-8, 2010. Proceedings   132-143   2010年   [査読有り]
Michinari Momma,Kohei Hatano,Hiroki Nakayama
Proceedings of the 2nd Asian Conference on Machine Learning, ACML 2010, Tokyo, Japan, November 8-10, 2010   31-46   2010年   [査読有り]
Liwei Wang,Masashi Sugiyama,Cheng Yang,Kohei Hatano,Jufu Feng
Neural Computation   21(5) 1459-1484   2009年   [査読有り]
Kohei Hatano,Eiji Takimoto
Discovery Science, 12th International Conference, DS 2009, Porto, Portugal, October 3-5, 2009   401-408   2009年   [査読有り]
Jun-ichi Moribe,Kohei Hatano,Eiji Takimoto,Masayuki Takeda
Algorithmic Learning Theory, 19th International Conference, ALT 2008, Budapest, Hungary, October 13-16, 2008. Proceedings   227-239   2008年   [査読有り]
Kosuke Ishibashi,Kohei Hatano,Masayuki Takeda
21st Annual Conference on Learning Theory - COLT 2008, Helsinki, Finland, July 9-12, 2008   69-80   2008年   [査読有り]
Kazuyuki Narisawa,Hideo Bannai,Kohei Hatano,Shunsuke Inenaga,Masayuki Takeda
Discovery Science, 11th International Conference, DS 2008, Budapest, Hungary, October 13-16, 2008. Proceedings   308-318   2008年   [査読有り]
Hayato Kobayashi,Kohei Hatano,Akira Ishino,Ayumi Shinohara
Discovery Science, 10th International Conference, DS 2007, Sendai, Japan, October 1-4, 2007, Proceedings   127-138   2007年   [査読有り]
Kazuyuki Narisawa,Hideo Bannai,Kohei Hatano,Masayuki Takeda
Discovery Science, 10th International Conference, DS 2007, Sendai, Japan, October 1-4, 2007, Proceedings   161-172   2007年   [査読有り]
Kohei Hatano
Algorithmic Learning Theory, 17th International Conference, ALT 2006, Barcelona, Spain, October 7-10, 2006, Proceedings   304-318   2006年   [査読有り]
Hideo Bannai,Kohei Hatano,Shunsuke Inenaga,Masayuki Takeda
Discovery Science, 8th International Conference, DS 2005, Singapore, October 8-11, 2005, Proceedings   44-56   2005年   [査読有り]
Kohei Hatano
Theory Comput. Syst.   37(4) 503-518   2004年   [査読有り]
Kohei Hatano,Osamu Watanabe 0001
Algorithmic Learning Theory, 15th International Conference, ALT 2004, Padova, Italy, October 2-5, 2004, Proceedings   114-126   2004年   [査読有り]
Kohei Hatano,Manfred K. Warmuth
Advances in Neural Information Processing Systems 16 [Neural Information Processing Systems, NIPS 2003, December 8-13, 2003, Vancouver and Whistler, British Columbia, Canada]   1109-1116   2003年   [査読有り]
Kohei Hatano
Algorithmic Learning Theory, 12th International Conference, ALT 2001, Washington, DC, USA, November 25-28, 2001, Proceedings   77-91   2001年   [査読有り]

Misc

 
永浦 良平, 畑埜 晃平, 瀧本 英二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(121) 225-229   2016年7月
森富 賢一郎, 畑埜 晃平, 瀧本 英二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(511) 1-8   2016年3月
松本 一成, 畑埜 晃平, 瀧本 英二
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(112) 173-180   2015年6月
黒木 守人, 畑埜 晃平, 瀧本 英二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(1) "S-29"-"S-30"   2015年2月
中薗拓巳, 畑埜晃平, 瀧本英二
研究報告アルゴリズム(AL)   2014(7) 1-6   2014年11月
メトリカルタスクシステム (Metrical Task System) 問題 (以下,MTS 問題) とは,逐次的な意思決定過程をモデル化したもので,ある固定された距離空間 (C; δ) を決定空間とするプロトコルとして,次のように記述される.各時刻 t=1,2,...,T において,プレイヤーは損失関数 lt:C→R+ を観測したあとある決定 ct∈C を選択し,損失 lt(ct)+δ(ct,ct-1) を被る.プレイヤーの目標は,累積損失に関する競合比を最小化することである.各時刻の計...

書籍等出版物

 
金森 敬文, 畑埜 晃平, 渡辺 治 (担当:共著)
森北出版株式会社   2006年8月   ISBN:4627813317
畑埜 晃平, 瀧本 英二 (担当:共著)
講談社   2016年12月   ISBN:4061529226

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 竹田 正幸
情報爆発時代が到来し,機械可読なデータが増加の一途を辿っている.多くの機関や企業にとって,増え続けるデータをデータベース(DB)に格納し管理することは,費用対効果の面から事実上不可能である.そこで,より低コストでデータを格納・管理・検索・解析することのできる新しい情報システム基盤技術の開発が,喫緊の課題となっている.本研究では,膨れ上がるデータを爆発的に凝縮することにより(A)データ量削減, (B)データ処理の高速化,(C)知識獲得の3つを同時に達成することの可能な情報爆縮基盤技術を確立し...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 瀧本 英二
1.仮説表現の複雑さに関する成果(1) 対称ブール関数を計算するしきい値回路について,その回路を構成する素子のファンインと発火量の間にトレードオフがあることを示した.(2) 脳の視覚情報処理に係る関数を計算するしきい値回路について,回路サイズと発火量の間にトレードオフがあることを示した.2.学習の複雑さ指標の解析に関する成果(1) 木縮約パターンとは,辺縮約に基づき無順序木を生成するグラフ文法である.与えられた無順序木構造データにマッチする極小汎化木縮約パターンを発見する問題が,NP困難で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 畑埜 晃平
離散構造のオンライン予測問題は,ルーティングやランキング,スケジューリングなど多くの分野に現れる.離散構造の例としてはs-t パス,集合被覆,順列などが挙げられる.オンライン離散最適化問題においては,離散構造のクラスが前もって与えられた上で,プレイヤーと敵対者間で,(1)プレイヤーが離散構造クラスから離散構造を1つ予測し,(2)敵対者が選ばれた離散構造に対して,損失を与える,という一連のやりとりを繰り返し行う.プレイヤーのゴールは「後から見て最適な固定の離散構造」にほぼ匹敵する予測を行う事...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 瀧本 英二
本研究では,意志決定とデータの提示が交互に繰り返される「オンライン意思決定」の問題に対し,アルゴリズムの設計と解析に関する一般的な方法論を確立することを目的としている.本年度は,主に,以下の3つの成果を得た.1.被覆集合族や充足割り当て集合など,線形最適化問題がNP困難であるような離散構造のクラスに対するアルゴリズムの設計に取り組んだ.その線形最適化問題が緩和に基づく多項式時間近似アルゴリズムを持つとき,その近似アルゴリズムを予測性能の良い多項式時間オンライン意思決定アルゴリズムに変換する...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 畑埜晃平
ランキング問題とは,データ間の順位を予測する問題であり,情報検索を始め,推薦タスク,倒産リスク予測,バイオインフォマティクス,自然言語処理など様々な応用分野をもつ.本研究では,オンライン予測理論に基づき,効率的なランキング予測基盤技術を開発した.また,本提案手法はオフライン最適なランキングにほぼ匹敵するランキングのオンライン予測を行う事を示した.さらに,本研究では提案手法を離散構造のオンライン予測手法に拡張した.