小出 剛

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/22 17:26
 
アバター
研究者氏名
小出 剛
 
コイデ ツヨシ
ハンドル
Koide Tsuyoshi
eメール
tkoidenig.ac.jp
URL
http://mgrl-lab.jp/index.html
所属
国立遺伝学研究所
職名
准教授
学位
医学博士(大阪大学医学研究科)
その他の所属
総合研究大学院大学遺伝学専攻
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-1055-9073

プロフィール

野生マウス系統を用いた行動遺伝学
不安様行動に関する遺伝的基盤の解明
自発活動性の遺伝的基盤解明
社会行動の遺伝解析
動物家畜化の遺伝的基盤解明

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 動物飼育実験施設 施設長
 
2007年3月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター マウス開発研究室 准教授
 
2007年3月
 - 
現在
総合研究大学院大学 遺伝学専攻 准教授
 
2011年4月
 - 
2015年3月
国立遺伝学研究所 マウス研究支援ユニット ユニット長
 
2003年3月
 - 
2007年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 助教授
 
2002年9月
 - 
2007年2月
国立遺伝学研究所 系統生物研究センター マウス開発研究室 助教授
 
1998年3月
 - 
2003年2月
総合研究大学院大学 遺伝学専攻 助手
 
1995年4月
 - 
2002年8月
国立遺伝学研究所 系統生物研究センタ− 哺乳動物遺伝研究室 助手
 
1992年10月
 - 
1995年3月
ケンブリッジ大学 Wellcome/CRC Institute 研究員
 
1992年4月
 - 
1992年9月
AFRC Institute of Animal Physiology and Genetic Research ポストドクトラルフェロー
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
大阪大学 大学院医学研究科博士課程 
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
現在
International Behavioural and Neural Genetics Society  IBANGS Membership Committee
 
2016年8月
 - 
2017年5月
日本ゲノム編集学会  教育実習委員
 
2016年7月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  評議員
 
2016年6月
 - 
現在
国立大学法人動物実験施設協議会  学術情報・広報委員会委員
 
2015年3月
 - 
現在
行動神経内分泌研究会  運営委員
 

受賞

 
1992年4月
上原記念生命科学財団 海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ
 

論文

 
Horii Y, Nagasawa T, Sakakibara H, Takahashi A, Tanave A, Matsumoto Y, Nagayama H, Yoshimi K, Yasuda MT, Shimoi K, Koide T
Scientific reports   7(1) 6991   2017年8月   [査読有り]
Matsumoto Y, Goto T, Nishino J, Nakaoka H, Tanave A, Takano-Shimizu T, Mott RF, Koide T
Scientific reports   7(1) 4607   2017年7月   [査読有り]
Okabe S, Tsuneoka Y, Takahashi A, Ooyama R, Watarai A, Maeda S, Honda Y, Nagasawa M, Mogi K, Nishimori K, Kuroda M, Koide T, Kikusui T
Psychoneuroendocrinology   79 20-30   2017年5月   [査読有り]
Arakawa T, Tanave A, Takahashi A, Kakihara S, Koide T, Tsuchiya T
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1552 185-197   2017年   [査読有り]
Hirata H, Takahashi A, Shimoda Y, Koide T
PloS one   11(1) e0147887   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
小出 剛
ベレ出版   2015年12月   ISBN:4860644573
小出 剛 (担当:編者)
オーム社   2013年6月   ISBN:4274504573
小出 剛, 山元 大輔 (担当:共編者)
裳華房   2011年11月   ISBN:4785358475
小出 剛 (担当:編者)
オーム社   2009年3月   ISBN:4274502171
.オピオイド研究の進歩と展望 痛覚感受性の個体差にかかわる遺伝学的解析
古瀬民生、小出剛
ネオメディカル   2004年   
編者名:鎮痛薬・オピオイド研究会編

講演・口頭発表等

 
野生マウス系統に見られる高不安様行動の関連遺伝子探索 [招待有り]
小出 剛
第46回日本神経精神薬理学会年会(ソウル)   2016年7月2日   
遺伝学でネズミを慣れさせよう ~行動遺伝学で解き明かす動物家畜化のしくみ~ [招待有り]
小出 剛
遺伝学講座みしま   2015年10月17日   
Genetic analysis of anxiety-like behavior using wild-derived mouse resources: Consomic strains and heterogeneous stock [招待有り]
小出 剛
Gordon Research Conference “Genes & Behavior”   2014年2月13日   
過剰な攻撃行動を制御する神経メカニズム:背側縫線核と内側前頭前野 [招待有り]
高橋阿貴, 小出剛
第16回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム   2013年12月20日   
Escalated aggression and the dorsal raphe nucleus: Role of Glutamate and GABA.
Takahashi, A., Miczek, K.A., Koide, T.
SfN 2013   2013年11月9日   
国立遺伝学研究所以外との共同発表あり

競争的資金等の研究課題

 
情動伝染に関わる遺伝子の同定とその進化的役割の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 小出剛
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 小出 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 小出 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 小出 剛
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 小出 剛
研究の目的私たちは、日本産愛玩用マウス由来の系統として本研究所で樹立され、一般的な実験用系統とは遺伝的に大きく異なるJF1系統を用いて従順化に関わる遺伝子の同定を進め、そのJF1を行動遺伝学研究に適した我が国を代表するリソースとするために、その基盤の確立を目指して研究を進めている。これまでに、Agouti遺伝子座と咬みつき行動との関連を調べるために、JF1系統にAgouti遺伝子座(遺伝子型はA/A)を導入した系統とMSM系統に黒の毛色(遺伝子型はa/a)を導入した二種類のコンジェニック系...

社会貢献活動

 
脳における遺伝子-環境相互作用の分子メカニズム
【その他】  小出剛  第82回日本遺伝学会大会ワークショップ  (札幌)  2010年9月20日
Molecular and genetic approaches towards understanding behavior
【その他】  Koide, T., Palmer, A.  第32回日本分子生物学会シンポジウム  (横浜)  2009年12月10日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり
第5回行動遺伝学研究会
【その他】  森裕司,小出剛  国立遺伝学研究所研究会  (三島)  2009年3月12日
日本行動神経内分泌研究会
【その他】  小出剛  第7回行動神経内分泌研究会  (御殿場)  2008年7月26日
Approaches for understanding the genetic basis of behavior
【その他】  Koide, T., IIno, T.  第29回日本神経科学大会ワークショップ  (京都)  2006年7月19日