本田 康二

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 14:51
 
アバター
研究者氏名
本田 康二
 
ホンダ コウジ
所属
横浜市立大学
部署
附属病院 歯科・口腔外科・矯正歯科
職名
指導診療医
学位
歯学博士(東京医科歯科大学)
その他の所属
東京医科歯科大学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 歯学部非常勤講師
 
2012年5月
 - 
現在
横浜市立大学附属病院 歯科・口腔外科・矯正歯科 指導診療医
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京医科歯科大学歯学部附属病院 歯科臨床研修医
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年3月
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野
 
2000年4月
 - 
2006年3月
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

受賞

 
2010年10月
日本矯正歯科学会 学術大会優秀発表賞
 

論文

 
上下顎同時骨延長術を施行した著しい垂直的上顎劣成長を伴う下顎前突症の1例
本田 康二,大村 進,藤田紘一,渋谷直樹,米満郁男,島崎一夫,村田彰吾,高須 曜,山下陽介,岩井俊憲,小野卓史,藤内 祝
日本顎変形症学会雑誌   26(4) 275-283   2016年12月   [査読有り]
横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科における過去16年間の顎変形症治療に関する実態調査
本田 康二,大村 進,藤田紘一,渋谷直樹,米満郁男,島崎一夫,村田彰吾,高須 曜,山下陽介,岩井俊憲,小野卓史,藤内 祝
日本顎変形症学会雑誌   26巻(3号) 195-201   2016年8月   [査読有り]
An accurate bimaxillary repositioning technique using straight locking miniplates for the mandible-first approach in bimaxillary orthognathic surgery.
Iwai T, Omura S, Honda K, Yamashita Y, Shibutani N, Fujita K, Takasu H, Murata S, Tohnai I.
Odontology      2016年2月   [査読有り]
U-shaped Osteotomy Around the Descending Palatine Artery to Prevent Posterior Osseous Interference for Superior/Posterior Repositioning of the Maxilla in Le Fort I Osteotomy.
Omura S, Iwai T, Honda K, Shibutani N, Fujita K, Yamashita Y, Takasu H, Murata S, Tohnai I.
J Craniofac Surg   26(5) 1613-1615   2015年7月   [査読有り]
Vital staining of palatal soft tissue in horseshoe Le Fort I osteotomy for superior repositioning of the maxilla.
Omura S, Iwai T, Honda K, Shibutani N, Fujita K, Yamashita Y, Takasu H, Murata S, Tohnai I.
J Craniofac Surg   26(3) 911-913   2015年5月   [査読有り]
Koji Honda, Ippei Watari, Maki Takei, Takashi Ono
Orthodontic Waves   70(4) 143-150   2011年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
CAD/CAMスプリントを用いた上下顎移動術 -SLM techiniqueの意義-
本田 康二,大村 進,藤田紘一,今井治樹,山下陽介,高須 曜,村田彰吾,岩井俊憲,渋谷直樹,米満郁男,島崎一夫,小野 卓,藤内 祝
第27回日本顎変形症学会総会・学術集会   2017年6月15日   
上顎骨の著しい垂直的劣成長に対して上下顎同時骨延長を施行した1例
本田 康二,藤田紘一,渋谷直樹,米満郁男,島崎一夫,村田彰吾,高須 曜,山下陽介,岩井俊憲,小野卓史,大村 進,藤内 祝
第24回日本顎変形症学会総会・学術集会   2014年6月11日   
咬合刺激低下はラット下顎歯槽骨微細構造に変化をもたらす
本田 康二,渡 一平,小野卓史
第69回日本矯正歯科学会大会   2010年10月