蟹江 治

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 16:23
 
アバター
研究者氏名
蟹江 治
 
カニエ オサム
ハンドル
kokanee
URL
http://www.glycoaware.com/Tokai/KanieLab.html
所属
東海大学
部署
工学部 生命化学科
職名
教授
学位
薬学(名古屋市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東海大学 工学部 教授
 
2016年4月
 - 
2017年3月
東海大学 先進生命科学研究所 教授
 
2011年10月
 - 
2016年3月
東海大学 糖鎖科学研究所 教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
科学技術振興機構 ERATO グループリーダー
 
1999年10月
 - 
2010年3月
三菱化学生命科学研究所 主任研究員
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
現在
Forum: Carbobohydrate Coming of Age (FCCA)  幹事長
 
2007年1月
 - 
2013年12月
Forum: Carbohydrate Coming of Age (FCCA)  庶務幹事
 
 
   
 
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
2000年
第3回日本糖質学会奨励賞
 
1992年
Alberta Heritage Foundation Alberta Heritage Fund for Medical Research Award
 

論文

 
Kanie O
Glycoconjugate journal   32(7) 421-423   2015年10月   [査読有り]
Son S.-H, Seko A, Daikoku S, Fujikawa K, Suzuki K, Ito Y, Kanie O.
ChemBioChem   17(7) 630-639   2016年   [査読有り]
Osamu Kanie
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   29(166) E33   2017年   [査読有り]
Son SH, Seko A, Daikoku S, Fujikawa K, Suzuki K, Ito Y, Kanie O
Chembiochem : a European journal of chemical biology   17(7) 630-639   2016年1月   [査読有り]
Kanie O, Shioiri Y, Ogata K, Uchida W, Daikoku S, Suzuki K, Nakamura S, Ito Y
Scientific reports   6 24005   2016年4月   [査読有り]
Sriwilaijaroen N, Suzuki K, Takashita E, Hiramatsu H, Kanie O, Suzuki Y
The Journal of antimicrobial chemotherapy   70(10) 2797-2809   2015年10月   [査読有り]
Suzuki K, Daikoku S, Son SH, Ito Y, Kanie O
Carbohydrate research   406 1-9   2015年4月   [査読有り]
Daikoku S, Seko A, Son SH, Suzuki K, Ito Y, Kanie O
Biochemical and biophysical research communications   462(1) 58-63   2015年4月   [査読有り]
Daikoku S, Seko A, Ito Y, Kanie O
Biochemical and biophysical research communications   451(3) 356-360   2014年8月   [査読有り]
Daikoku S, Seko A, Son S.-H, Suzuki K, Ito Y, Kanie O.
Biochemical and Biophysical Research Communications   462(1) 58-63   2015年6月   [査読有り]
Son SH, Daikoku S, Ohtake A, Suzuki K, Kabayama K, Ito Y, Kanie O
Chemical communications (Cambridge, England)   50(23) 3010-3013   2014年3月   [査読有り]
Shioiri Y, Suzuki K, Daikoku S, Kurimoto A, Ito Y, Kanie O
Carbohydrate research   382 43-51   2013年12月   [査読有り]
Ohtake A, Daikoku S, Suzuki K, Ito Y, Kanie O
Analytical chemistry   85(18) 8475-8482   2013年8月   [査読有り]
Suzuki K, Ito Y, Kanie O
Carbohydrate research   359 81-91   2012年10月   [査読有り]
Son S.-H, Daikoku S, Ohtake A, Suzuki K, Kabayama K, Ito Y, Kanie O.
Chemical Communications   50(23) 3010-3013   2014年   [査読有り]
Suzuki K, Ohtake A, Ito Y, Kanie O
Chemical communications (Cambridge, England)   48(78) 9744-9746   2012年8月   [査読有り]
Kanie O, Kanie Y, Daikoku S, Shioiri Y, Kurimoto A, Mutsuga S, Goto S, Ito Y, Suzuki K
Rapid communications in mass spectrometry : RCM   25(11) 1617-1624   2011年6月   [査読有り]
Daikoku S, Ono Y, Ohtake A, Hasegawa Y, Fukusaki E, Suzuki K, Ito Y, Goto S, Kanie O
The Analyst   136(5) 1046-1050   2011年3月   [査読有り]
Shioiri Y, Suzuki K, Daikoku S, Kurimoto A, Ito Y, Kanie O.
Carbohydrate Research   382 43-51   2013年   [査読有り]
Yamamoto-Hino M, Kanie Y, Awano W, Aoki-Kinoshita KF, Yano H, Nishihara S, Okano H, Ueda R, Kanie O, Goto S
PLoS genetics   6(12) e1001254   2010年12月   [査読有り]
Ohtake A, Daikoku S, Suzuki K, Ito Y, Kanie O.
Analytical Chemistry   85(18) 8475-8482   2013年   [査読有り]
Daikoku S, Widmalm G, Kanie O
Rapid communications in mass spectrometry : RCM   23(23) 3713-3719   2009年12月   [査読有り]
Suzuki K, Tobe A, Adachi S, Daikoku S, Hasegawa Y, Shioiri Y, Kobayashi M, Kanie O
Organic & biomolecular chemistry   7(22) 4726-4733   2009年11月   [査読有り]
Kanie Y, Kanie O
Journal of chromatography. A   1216(18) 4121-4124   2009年5月   [査読有り]
Suzuki K, Ohtake A, Ito Y, Kanie O.
Chemical Communications   48(78) 9744-9746   2012年   [査読有り]
Yamamoto-Hino M, Okano H, Kanie O, Goto S.
Glycans: Biochemistry, Characterization and Applications   165-188   2012年   [査読有り]
Suzuki K, Ito Y, Kanie O.
Carbohydrate Research   359 81-91   2012年10月   [査読有り]
Suzuki K, Tobe A, Adachi S, Daikoku S, Hasegawa Y, Shioiri Y, Kobayashi M, Kanie O.
Organic and Biomolecular Chemistry   7(22) 4726-4733   2009年   [査読有り]
Kanie Y, Yamamoto-Hino M, Karino Y, Yokozawa H, Nishihara S, Ueda R, Goto S, Kanie O.
PLoS ONE   4(5)    2009年   [査読有り]
Kanie Y, Yamamoto-Hino M, Karino Y, Yokozawa H, Nishihara S, Ueda R, Goto S, Kanie O
PloS one   4(5) e5434   2009年   [査読有り]
Shioiri Y, Suzuki K, Kanie O
Journal of mass spectrometry : JMS   43(8) 1132-1139   2008年8月   [査読有り]
Kanie Y, Kanie O.
Journal of Chromatography A   1216(18) 4121-4124   2009年5月   [査読有り]
Hirai-Fujita Y, Yamamoto-Hino M, Kanie O, Goto S
FEBS letters   582(17) 2572-2576   2008年7月   [査読有り]
DAIKOKU S, WIDMALM G, KANIE O
Rapid Communications in Mass Spectrometry   23(23) 3713-3719   2009年   [査読有り]
Nakahara T, Okamoto N, Suzuki K, Kanie O
Carbohydrate research   343(10-11) 1624-1635   2008年7月   [査読有り]
Suzuki K, Nakahara T, Kanie O.
Current Topics in Medicinal Chemistry   9(1) 34-57   2009年   [査読有り]
Kanie Y, Enomoto A, Goto S, Kanie O
Carbohydrate research   343(4) 758-768   2008年3月   [査読有り]
Suzuki K, Nakahara T, Kanie O
Current topics in medicinal chemistry   9(1) 34-57   2009年   [査読有り]
Kanie O, Kanie Y, Daikoku S, Shioiri Y, Kurimoto A, Mutsuga S, Goto S, Ito Y, Suzuki K.
Rapid Communications in Mass Spectrometry   25(11) 1617-1624   2011年   [査読有り]
Daikoku S, Ono Y, Ohtake A, Hasegawa Y, Fukusaki E, Suzuki K, Ito Y, Goto S, Kanie O.
Analyst   136(5) 1046-1050   2011年   [査読有り]
Daikoku S, Ako T, Kurimoto A, Kanie O
Journal of mass spectrometry : JMS   42(6) 714-723   2007年6月   [査読有り]
Yamamoto-Hino M, Kanie Y, Awano W, Aoki-Kinoshita K.F, Yano H, Nishihara S, Okano H, Ueda R, Kanie O, Goto S.
PLoS genetics   6(12)    2010年   [査読有り]
Kurimoto A, Kanie O.
Rapid Communications in Mass Spectrometry   21(16) 2770-2778   2007年   [査読有り]
Kurimoto A, Kanie O
Rapid communications in mass spectrometry : RCM   21(16) 2770-2778   2007年   [査読有り]
Ohtsuka I, Ako T, Kato R, Daikoku S, Koroghi S, Kanemitsu T, Kanie O
Carbohydrate research   341(10) 1476-1487   2006年7月   [査読有り]
Daikoku S, Kurimoto A, Mutsuga S, Ako T, Kanemitsu T, Shioiri Y, Ohtake A, Kato R, Saotome C, Ohtsuka I, Koroghi S, Sarkar SK, Tobe A, Adachi S, Suzuki K, Kanie O
Carbohydrate research   344(3) 384-394   2009年2月   [査読有り]
Shioiri Y, Kurimoto A, Ako T, Daikoku S, Ohtake A, Ishida H, Kiso M, Suzuki K, Kanie O
Analytical chemistry   81(1) 139-145   2009年1月   [査読有り]
Okamoto N, Kanie O, Huang YY, Fujii R, Watanabe H, Shimamura M
Chemistry & biology   12(6) 677-683   2005年6月   [査読有り]
Kanie O, Kurimoto A, Kanie Y, Daikoku S, Ohtake A, Suzuki K
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   85(6) 204-215   2009年   [査読有り]
Shimamura M, Kobayashi K, Watanabe H, Huang YY, Okamoto N, Kanie O, Goji H, Kobayashi M
European journal of immunology   34(3) 735-742   2004年3月   [査読有り]
Kanie Y, Kanie O
Electrophoresis   24(6) 1111-1118   2003年3月   [査読有り]
Kanie Y, Kanie O
Carbohydrate research   337(19) 1757-1762   2002年10月   [査読有り]
Ono Y, Kitajima M, Daikoku S, Shiroya T, Nishihara S, Kanie Y, Suzuki K, Goto S, Kanie O
Lab on a chip   8 2168-2173   2008年12月   [査読有り]
Kanemitsu T, Wong CH, Kanie O
Journal of the American Chemical Society   124(14) 3591-3599   2002年4月   [査読有り]
Guo CT, Sun XL, Kanie O, Shortridge KF, Suzuki T, Miyamoto D, Hidari KI, Wong CH, Suzuki Y
Glycobiology   12(3) 183-190   2002年3月   [査読有り]
Nakahara T, Okamoto N, Suzuki K, Kanie O.
Carbohydrate Research   343(10-11) 1624-1635   2008年7月   [査読有り]
HIRAI-FUJITA Y, YAMAMOTO-HINO M, KANIE O, GOTO S
Febs Letters   582(17) 2572-2576   2008年7月   [査読有り]
Shioiri Y, Suzuki K, Kanie O.
Journal of Mass Spectrometry   43(8) 1132-1139   2008年8月   [査読有り]
Kanie Y, Enomoto A, Goto S, Kanie O.
Carbohydrate Research   343(4) 758-768   2008年   [査読有り]
Suzuki K, Daikoku S, Ako T, Shioiri Y, Kurimoto A, Ohtake A, Sarkar SK, Kanie O
Analytical chemistry   79(23) 9022-9029   2007年12月   [査読有り]
Daikoku S, Ako T, Kato R, Ohtsuka I, Kanie O
Journal of the American Society for Mass Spectrometry   18(10) 1873-1879   2007年10月   [査読有り]
Daikoku S, Ako T, Kurimoto A, Kanie O.
Journal of Mass Spectrometry   42(6) 714-723   2007年   [査読有り]
Ako T, Daikoku S, Ohtsuka I, Kato R, Kanie O
Chemistry, an Asian journal   1(6) 798-813   2006年12月   [査読有り]
Kanie O, Ohtsuka I, Ako T, Daikoku S, Kanie Y, Kato R
Angewandte Chemie (International ed. in English)   45 3851   2006年6月   [査読有り]
Kurimoto A, Daikoku S, Mutsuga S, Kanie O
Analytical chemistry   78(10) 3461-3466   2006年5月   [査読有り]
Jin Y, Hada N, Oka J, Kanie O, Daikoku S, Kanie Y, Yamada H, Takeda T
Chemical & pharmaceutical bulletin   54(4) 485-492   2006年4月   [査読有り]
Ohtsuka I, Ako T, Kato R, Daikoku S, Koroghi S, Kanemitsu T, Kanie O.
Carbohydrate Research   341(10) 1476-1487   2006年   [査読有り]
Okamoto N, Kanie O, Huang Y.-Y, Fujii R, Watanabe H, Shimamura M.
Chemistry and Biology   12(6) 677-683   2005年   [査読有り]
KANIE Y, KANIE O
Acta Bioquimica Clinica Latinoamericana   39(4) 467-470   2005年   [査読有り]
Shimamura M, Kobayashi K, Watanabe H, Huang Y.-Y, Okamoto N, Kanie O, Goji H, Kobayashi M.
European Journal of Immunology   34(3) 735-742   2004年   [査読有り]
Kanie Y, Kanie O.
Electrophoresis   24(6) 1111-1118   2003年   [査読有り]
Saotome C, Kanie O.
Nippon Nogeikagaku Kaishi   77(10) 988-990   2003年   [査読有り]
KANEMITSU T, WONG CH, KANIE O
Journal of the American Chemical Society   124(14) 3591-3599   2002年   [査読有り]
KANEMITSU T, KANIE O
Combinatorial Chemistry & High Throughput Screening   5(5) 339-360   2002年   [査読有り]
Kanemitsu T, Kanie O.
Combinatorial Chemistry and High Throughput Screening   5(5) 339-360   2002年   [査読有り]
KANIE Y, KANIE O
Carbohydrate Research   337(19) 1757-1762   2002年   [査読有り]
Yuasa H, Saotome C, Kanie O.
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   14(78) 231-251   2002年   [査読有り]
YUASA H, SAOTOME C, KANIE O
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   14(78) 231-251   2002年   [査読有り]
Guo C.-T, Sun X.-L, Kanie O, Shortridge K.F, Suzuki T, Miyamoto D, Hidari K.I.-P.J, Wong C.-H, Suzuki Y.
Glycobiology   12(3) 183-190   2002年   [査読有り]
Sun X-.L, Kanie Y, Guo C.-T, Kanie O, Suzuki Y, Wong C.-H.
European Journal of Organic Chemistry   (14) 2643-2653   2000年   [査読有り]
SUN XL, KANIE Y, GUO CT, KANIE O, SUZUKI Y, WONG CH
European Journal of Organic Chemistry   (14) 2643-2653   2000年   [査読有り]
KANEMITSU T, KANIE O
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   11(61) 267-276   1999年   [査読有り]
Kanemitsu T, Kanie O.
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   11(61) 267-276   1999年   [査読有り]
Hiruma K, Kanie O, Wong C.-H.
Tetrahedron   54(52) 15781-15792   1998年   [査読有り]
HIRUMA K, KANIE O, WONG CH
Tetrahedron   54(52) 15781-15792   1998年   [査読有り]
Kanie O, Ogawa T, Ito Y.
Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   56(11) 952-962   1998年   [査読有り]
Ito Y, Kanie O, Ogawa T.
Angewandte Chemie (International Edition in English)   35(21) 2510-2512   1996年   [査読有り]
ITO Y, KANIE O, OGAWA T
Angewandte Chemie-International Edition in English   35(21) 2510-2512   1996年   [査読有り]
Kanie O, Barresi F, Ding Y, Labbe J, Otter A, Forsberg L.S, Ernst B, Hindsgaul O.
Angewandte Chemie (International Edition in English)   34(23--24) 2720-2722   1996年   [査読有り]
Ding Y, Kanie O, Labbe J, Palcic M.M, Ernst B, Hindsgaul O.
Advances in Experimental Medicine and Biology   376 261-269   1995年   [査読有り]
KANIE O, BARRESI F, DING YL, LABBE J, OTTER A, FORSBERG LS, ERNST B, HINDSGAUL O
Angewandte Chemie-International Edition   34(23-24) 2720-2722   1995年   [査読有り]
Khan S.H, Crawley S.C, Kanie O, Hindsgaul O.
Journal of Biological Chemistry   268(4) 2468-2473   1993年   [査読有り]
KHAN SH, CRAWLEY SC, KANIE O, HINDSGAUL O
Journal of Biological Chemistry   268(4) 2468-2473   1993年   [査読有り]

Misc

 
風巻貴士, 蟹江善美, 蟹江治, 武藤昌図, 小島直也, 清水佳隆
日本糖質学会年会要旨集   36th 181   2017年7月
山口亮介, 蟹江善美, 蟹江治, 小田慶喜, 清水佳隆
日本糖質学会年会要旨集   36th 134   2017年7月
浅見悠里, 河口優香, 蟹江善美, 蟹江治
日本糖質学会年会要旨集   36th 147   2017年7月
蟹江善美, 前川侑也, 蟹江治
日本糖質学会年会要旨集   36th 191   2017年7月
山崎素未, 蟹江善美, 蟹江治, 笹川昇, 清水佳隆
日本糖質学会年会要旨集   36th 172   2017年7月

書籍等出版物

 
マイクロリアクターによる糖鎖合成技術:多様性へのチャレンジ
蟹江 治 (担当:分担執筆, 範囲:マイクロリアクターによる合成技術と工業生産)
Science & Technology   2009年   
コンビナトリアル糖鎖ライブラリー
鈴木克彦、蟹江 治 (担当:分担執筆, 範囲:複合糖質の化学と最新応用技術)
シーエムシー出版   2009年   
糖鎖迅速合成研究の時代的変遷
蟹江 治 (担当:分担執筆, 範囲:糖鎖科学の新展開:機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて)
株式会社エヌ・ティー・エス   2005年   
糖関連酵素阻害剤
蟹江 治 (担当:分担執筆, 範囲:未来を拓く糖鎖科学)
金芳堂   2005年   
質量分析による糖鎖配列・結合位置の分析(メチル化MSを中心として)
蟹江 治 (担当:分担執筆, 範囲:未来を拓く糖鎖科学)
金芳堂   2005年   

講演・口頭発表等

 
有機化学と分析化学で糖鎖修飾の謎に挑む [招待有り]
蟹江 治
第10回日本糖質科学コンソーシアムシンポジウム   2012年11月29日   
スイートスポット研究:化学進化から身近な糖鎖までをつなぐ化学と構造生物学 [招待有り]
蟹江 治
第59回高分子討論会   2010年9月   
三糖コンビケムライブラリーからの構造情報抽出 [招待有り]
蟹江 治
第27回コンビケム研究会   2008年8月   
MSnスペクトルの定量的解析からデータ互換性へ:ERMS法の新展開 [招待有り]
蟹江 治
第56回質量分析総合討論会   2008年5月   
MSnスペクトルの定量的解析とデータ共有の必要性:ERMSで糖鎖構造異性を見分ける [招待有り]
蟹江 治
第55回質量分析討論会   2007年5月   
ここまで来た糖鎖工学と化学生物学の展開 [招待有り]
蟹江 治
第53回高分子討論会   2004年9月   
新たな糖鎖構造解析技術開発に向けての方法論の開発 [招待有り]
蟹江 治
第一回糖鎖科学コンソーシアムシンプジウム   2003年11月   
質量分析計によるアノマー解析の可能性と糖鎖ライブラリーの合成に向けて [招待有り]
蟹江 治
第24回日本糖質学会年会   2003年7月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 蟹江 治
一連の研究成果としてマイクロチップ上で二基質型酵素である糖転移酵素のタ段階(3段階)反応を達成し、論文発表、新聞上でのプレスリリースをおこなった。さらに本年度は、細胞内でおこっているスフィンゴ糖脂質の合成過程を分子レベルで時空間定量解析するための二つの基礎研究を行った。すなわち、1) in vivoの実験系における糖脂質合成の解析に向けて細胞培養をおこない、合成脂質プローブを導入して時空間分解解析を行った。また、2) in vitro、および、in vivoにおける実験から得られる糖脂質混...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 蟹江 治
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 蟹江 治
糖鎖は生体内で糖タンパク質や糖脂質といった複合糖質として存在し、細胞間認識、細胞接着、がん化、ウイルスや細菌感染におけるレセプター機能など様々な生命現象に関与している。生体内での糖鎖生合成は、粗面小胞体やゴルジ体に局在する糖転移酵素の働きによって行われる。糖タンパク質や糖脂質が各ゴルジ層板を通過する際、逐次的に糖鎖修飾が行われそれぞれの機能を獲得する。しかしながら、細胞内における糖鎖修飾メカニズムは未知の部分が多く、生命をシステムとして理解する上でそのメカニズムを解明することは極めて重要な...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 佐藤利行
糖タンパク質の性質や活性を試験管内で測定するには、合成した蛋白質に正しい糖鎖を付加する必要がある。小胞体で翻訳されたタンパク質はゴルジ体へと小胞輸送され、順序よく糖が付加される。しかし、試験管内で糖鎖を制御しながら付加する技術は発展途上であり、本研究では一連の反応を試験管内で再現し、「試験管内で任意の糖鎖を付加する技術」を開発する。昨年度は、出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeの生体より小胞体膜画分やゴルジ体膜画分、可溶性画分を抽出する方法を確立した。さらにそれらを用い...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 蟹江 治
平成11年度は、オリゴ糖固相合成に必要な新技術の開発として固相上での脱ベンジル化法の検討を主に行った。すなわち、ベンジル基は様々な反応条件に対し安定であり,接触水素添加により容易に脱保護可能であると共に、本研究課題においてオリゴ糖鎖の固相合成に必要となるオルトゴナルな保護戦略のさらなる複雑化を避けるため,終始用いる保護基としてはベンジル基を選択する必要がある.しかしながら,固相上での本反応は現状では不可能である.したがって、固相上でのベンジル基の脱保護法の開発が必要不可欠である.この問題を...

特許

 
菅野和明、米山孝裕、蟹江治
【課題】 本発明は、α−グリコシド結合を有する3−フルオロシアル酸誘導体を効率よく製造する方法を提供するものである。 【解決手段】 ベンジル基で保護されたα−2−シロキシ−3−フルオロシアル酸誘導体の、シロキシ基をX−R(ここで、Xは脱離基、Rは有機基を表す。)で表される化合物と置換反応させることを特徴とするα−グリコシド結合を有する3−フルオロシアル酸誘導体の製造方法。
蟹江治, 小野康成, 大黒周作, 北島元裕
【課題】1チップのマイクロリアクター上で連続的な酵素反応を行なう方法、それを用いて複数の糖を順次反応させる方法、及びそのマイクロリアクターの提供。
【解決手段】基材1と基材1に形成されたマイクロチャンネル2とを有するマイクロリアクター10において、該マイクロチャンネル2が、直列に配設された複数の反応場3a,3b,3cを有し、該反応場3a,3b,3cが、酵素を固定した担体5と、該担体5の流れを止める堰止め部4とを有する。
蟹江 治
【課題】構造未知の糖鎖についてCID−MSn測定を行い、得られたデータをすでに取得されている参照データと比較することにより該糖鎖の構造解析を行う方法において、多量のサンプルを準備して多数のデータを取得する必要がない方法を提供すること。【解決手段】(a)目的糖鎖について特定のm/zのフラグメントイオンが得られるまでCID−MSn測定を行い、(b)該フラグメントイオンについてさらにCID−MS/MS測定を行い、プレカーサーイオン量の総イオン量に対する百分率と、特定のm/zのプロダクトイオン量の...
蟹江 治
本発明は、目的物質について、三連四重極質量分析法による測定を行い、得られたデータについて所定のデコンボリューション処理を行うことにより目的物質の構造を解析する方法に関する。
蟹江 治
課題】構造未知の糖鎖についてCID−MSn測定を行い、得られたデータをすでに取得されている参照データと比較することにより該糖鎖の構造解析を行う方法を提供する。【解決手段】(a)目的糖鎖について特定のm/zのフラグメントイオンが得られるまでCID−MSn測定を行い、(b)該フラグメントイオンについてさらにCID−MS/MS測定を行い、得られた特定のm/zの娘イオンの総イオンカウント数とCIDエネルギーとの関係を示すCIDエネルギー依存曲線を作成し、(c)該CIDエネルギー依存曲線と、構造既知...
蟹江治, 赤穂卓郎, 大黒周作, 鈴木克彦
【課題】糖鎖の構造解析を行う際、参照となる糖鎖構造情報を効率よく生成するグリコシド化合物の提供を課題とする。
【解決手段】CID-MSn測定において、目的とする任意のBイオンおよび/またはCイオンを生成するアグリコンを有するグリコシド化合物を提供することにより、上記課題を解決する。
加養篤志、越畑雅信、蟹江治、西野充晃
【課題】 固相合成を迅速に行い、固相を迅速に洗浄し、固相を迅速に乾燥することを同時に達成し、固相自動化装置において合成や洗浄に費やす時間を短縮すること。【解決手段】 合成反応を行うための複数の反応試薬及び溶媒の保管容器、該反応試薬及び溶媒を微小管状反応管に供給するための配管、該反応試薬及び溶媒を微小管状反応器に供給させるための送液手段、微小管状反応器に所望の反応試薬及び溶媒だけを供給させるための切り替えバルブ、並びに反応基質固定化用担体が充填された微小管状反応器を含む固相自動合成装置であっ...
蟹江 治
【要約】本発明の目的は、ヌクレオチド(核酸)、ペプチド(タンパク質)、糖鎖に代表される生体分子を効率良く化学合成する方法を提供することである。本発明によれば、複数種の単糖ユニットを含む少なくとも1以上の糖鎖合成反応系において複数種の糖鎖を合成する糖鎖固相合成方法において、該糖鎖合成反応系の温度を、反応系中の副反応を低下させることを指標として決定した昇温率に従って変化させることを特徴とする、糖鎖固相合成方法が提供される。
蟹江治、早乙女周子
本発明によれば、一般式(I)で示される化合物又はその塩が提供される。
(式中、R1は水素原子、置換基を有していてもよいC1~C10のアルキル基、又はNの保護基を示し;R2は置換基を有していてもよいC1~C10のアルキル基又は置換基を有していてもよいC2~C10のアルケニル基を示し;R3及びR4は各々独立に水素原子又は水酸基の保護基を示し;Xは-N(R5)R6、又はアミノ酸若しくはペプチドのアミノ基由来の残基を示し、R5及びR6は各々独立に水素原子、置換基を有していてもよいC1-C10のアル...
蟹江治、チーウエイウオング、鈴木康夫
【課題】 シアル酸誘導体、特には低分子シアル酸誘導体を含む新規な医薬、より具体的には、インフルエンザウイルス感染症等のウイルス疾患の予防剤及び/又は治療剤の提供。

【解決手段】 下記式(I): [式中、R1は水素原子又はC1-6アルキル基を示し;R2は置換基を有することもあるフェニル基、C1-20アルキル基、C1-20アルケニル基、-(CH2)k-[NH-(CH2)m-NH]n-Y(Yはホスファチジルエタノールアミン残基又はポリグルタミン酸残基等を示し、k及びmはそれぞれ独立に2及至10...
蟹江治、蟹江善美
課題
糖鎖などのポリヒドロキシ化合物と、これを基質とする酵素との反応と、該反応生成物の分離をキャピラリー電気泳動を用いて行い、該酵素反応を解析することにより、極微量の酵素と基質の反応の解析を実現すること。

解決手段
生化学的に使用し得る緩衝液に溶解したポリヒドロキシ化合物を基質とする酵素と該酵素の基質をそれぞれキャピラリーに注入し、ポリヒドロキシル基と錯体を形成し得る緩衝液を用いたキャピラリー電気泳動により該酵素反応と、反応生成物の分離を行うことを特徴とする、ポリヒドロキシ化合物を基質と...
チーウエイウオング、蟹江治、孫学龍
【解決手段】 式(I)〔R1は水素原子又はC1-6アルキル基を示し;R2はp-ニトロフェニル基などの置換基を有することもあるフェニル基、C1-20アルキル基、C1-20アルケニル基、-(CH2)k-Y(Yはホスファチジルエタノールアミン残基など)などを示し、R3は水素原子又は置換基を有することもある水酸基を示し;R4は水素原子、ハロゲン原子、アジド基などを示し;R5、R6、R7、及びR8はそれぞれ独立に置換基を有することもある水酸基を示す。
ただし、R3及びR4が同時に水素原子であることは...
チーウエイ ウオング, 蟹江 治, 孫 学龍