相原 進

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 14:30
 
アバター
研究者氏名
相原 進
所属
京都大学
部署
アジア・アフリカ地域研究研究科
職名
大学院生
学位
修士(社会学)(立命館大学)
その他の所属
四天王寺大学
Twitter ID
https://twitter.com/semimaro_panda

プロフィール

地域研究、文化人類学、芸能研究など。

書籍等出版物

 
遠藤 保子, 相原 進, 高橋 京子 (担当:共著)
文理閣   2014年3月   ISBN:4892597252

論文

 
タンザニアの伝統舞踊:舞踊とツーリズム
相原 進
寒川恒雄編著『よくわかるスポーツ人類学』ミネルヴァ書房   158-159   2017年3月   [招待有り]
相原 進, 遠藤 保子, 野田 章子
立命館産業社会論集   52(4) 97-115   2017年3月   [査読有り]
相原 進, 遠藤 保子, 野田 章子
立命館産業社会論集 = Ritsumeikan social sciences review   52(3) 93-113   2016年12月   [査読有り]
相原 進
スポーツ人類學研究 = Japan journal of sport anthropology   (18) 11-20   2016年12月   [査読有り]
相原 進, 遠藤 保子
立命館産業社会論集 = Ritsumeikan social sciences review   51(3) 125-134   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
Traditional Review「時を超える『一座建立』の心―大樟祭り 今熊野申楽公演」
相原 進
京都芸術センター『明倫art』2013年11月号      2013年10月   [依頼有り]
Traditional Review「『笑えない会』という実験場―よね吉・正邦ふたり会・第二回笑えない会」
相原 進
京都芸術センター『明倫art』2013年8月号      2013年7月   [依頼有り]
Traditional Review「伝統芸能と現代演劇との新しい出会い―継ぐこと・伝えること50その2」
相原 進
京都芸術センター『明倫art』2013年5月号      2013年4月   [依頼有り]
Traditional Review「挑発する伝統芸能―乙女文楽・吉田光華の世界」
相原 進
京都芸術センター『明倫art』2013年2月号      2013年1月   [依頼有り]
Traditional Review「地域イベントとしての伝統芸能―第48回上京薪能」
相原 進
京都芸術センター『明倫art』2012年11月号      2012年10月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
タンザニアの伝統舞踊における新たなスタイルの創出に関する考察
相原 進
日本ナイル・エチオピア学会   2017年4月16日   
芸能研究の方法に関する考察-『形』と『座』の関連に着目して
相原 進
第18回スポーツ人類学会大会(会場:東洋大学)   2017年3月29日   
踊り念仏を知る [招待有り]
相原 進
京都芸術センター「月イチ古典芸能」   2016年12月21日   
A study on the“performing art of troupe” — Through the case study of the performance of Kojiro Hayashi, the leader of the Japanese street performing art group, Chindon-Tsushinsya
相原 進
2016運動與節慶文化國際學術研討會(会場:中華民国、高雄市 文藻外語大學)   2016年10月16日   
芸能研究の方法としての形と座
相原 進
第4回アジアスポーツ人類学会大会(会場:台湾師範大学)   2016年5月14日   

その他

 
2016年5月   デジタル教材「どこカナ?なにカナ?そうだったのか!ガーナ共和国~社会・文化・ 芸術と国際理解~」アフリカンデジタル教材研究会(代表・遠藤保子、望月茂徳、相原進、高橋京子、林夏 木、小林巧実)

Works

 
展示協力:「ちんどん屋歴史資料展」,会場:上方演芸資料館
相原 進   芸術活動   2001年7月 - 2001年7月
展示協力:「戦争と芸能展」,会場:立命館大学国際平和ミュージアム
相原 進   芸術活動   2000年10月 - 2000年11月

受賞

 
2016年6月
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター  平成28年度第32回学習デジタル教材コンクール 優良賞 「どこカナ?なにカナ?そうだったのか!ガーナ共和国~社会・文化・ 芸術と国際理解~」
受賞者: アフリカンデジタル教材研究会(代表・遠藤保子、望月茂徳、相原 進、高橋京子、林 夏木、小林巧実)
 
2016年5月
第4回アジアスポーツ人類学会(於:台湾師範大学)  優秀論文奨 「芸能研究の方法としての形と座」
受賞者: 相原 進 (単独報告)
 
2014年10月
第3回アジアスポーツ人類学会(於:中華人民共和国・新疆師範大学)  優良賞 「エチオピアの舞踊と舞踊のデジタル記録・解析」
受賞者: 遠藤保子、○相原 進
 
2011年5月
台湾身体文化学会(慶祝建国百年節慶国際学術検討会、於:台湾・建国科技大学)  優秀論文奨 「ナイジェリアの舞踊とモーションキャプチャ」
受賞者: 遠藤保子、○相原 進
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域専攻(博士一貫制3年次編入) 
 
2002年4月
 - 
2009年3月
立命館大学 大学院社会学研究科 博士課程後期課程(単位取得退学) 
 
2000年4月
 - 
2002年3月
立命館大学大学院 社会学研究科 博士課程前期課程
 
1996年4月
 - 
2000年3月
関西大学 社会学部 社会学科
 

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
エチオピアおける新たな文化の創造-舞踊表現と舞踊集団に関する調査研究を通して
京都大学: 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター エクスプローラープログラム
研究期間: 2017年8月 - 2017年9月    代表者: 相原 進