北島 泰子

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/16 15:35
 
アバター
研究者氏名
北島 泰子
 
キタジマ ヤスコ
eメール
kitajimatau.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30434434.ja.html
所属
東京有明医療大学
部署
看護学部
職名
講師
学位
博士(経済学)(埼玉大学), 修士(経済学)(埼玉大学), 学士(経済学)(専修大学)

プロフィール

看護師
救急救命士
アマチュア無線技士
池坊生花教授

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 看護学部 看護学科 講師
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東京有明医療大学 看護学部 看護学科 助教
 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京医療保健大学 保健医療学部 看護学科 看護学部 助手
 

論文

 
前田樹海, 山下雅子, 北島泰子, 辻由紀, 古澤圭壱
日本医療情報学会看護学術大会論文集   16th 124-125   2015年7月
山下雅子, 前田樹海, 北島泰子, 辻由紀
日本医療情報学会看護学術大会論文集   16th 102-105   2015年7月
北島泰子, 山下雅子, 前田樹海, 辻由紀
日本医療情報学会看護学術大会論文集   16th 98-101   2015年7月
山下 雅子, 前田 樹海, 北島 泰子
日本医療情報学会看護学術大会論文集 : JAMI-NS   16 102-105   2015年7月
北島 泰子, 山下 雅子, 前田 樹海
日本医療情報学会看護学術大会論文集 : JAMI-NS   16 98-101   2015年7月
前田樹海, 北島泰子, 山下雅子, 辻由紀
日本医療情報学会看護学術大会論文集   15th 84-87   2014年8月
北島泰子, 前田樹海, 山下雅子, 辻由紀
日本医療情報学会看護学術大会論文集   15th 88-91   2014年8月
片山貴裕, HUANG Zhifeng, 永田英憲, 金井PAK雅子, 前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 桑原教彰, 緒方大樹, 太田順
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2014 ROMBUNNO.K84   2014年3月
永田英憲, HUANG Zhifeng, 片山貴裕, 金井PAK雅子, 前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 桑原教彰, 緒方大樹, 太田順
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2014 ROMBUNNO.K83   2014年3月
永田英憲, HUANG Zhifeng, 片山貴裕, KANAI‐PAK Masako, 前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 桑原教彰, 緒方大樹, 太田順
自律分散システム・シンポジウム(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.1A1-2   2014年1月
山下雅子, 前田樹海, 北島泰子, 辻由紀
日本認知心理学会大会発表論文集   12th 35   2014年
前田樹海, 山下雅子, 北島泰子, 辻由紀
日本認知心理学会大会発表論文集   12th 36   2014年
Kitajima Y, Yamashita M, Nakamura M, Maeda J, Aida K, Kanai-Pak M, Huang Z, Nagata A, Ogata T, Kuwahara N, Ota J
Studies in health technology and informatics   201 39-47   2014年   [査読有り]
Mitsuhiro Nakamura,Kyohei Koyama,Yasuko Kitajima,Jukai Maeda,Masako Kanai-Pak
Digital Human Modeling - Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management: Ergonomics and Health - 6th International Conference, DHM 2015, Held as Part of HCI International 2015, Los Angeles, CA, USA, August 2-7, 2015, Proceedings, Part II   474-481   2015年   [査読有り]
Yasuko Kitajima,Kazuki Kito,Masakazu Migaki,Kanji Matsumuro,Yasuhiko Murata,Hiroyuki Hamada
Digital Human Modeling - Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management: Human Modeling - 6th International Conference, DHM 2015, Held as Part of HCI International 2015, Los Angeles, CA, USA, August 2-7, 2015, Proceedings, Part I   124-132   2015年   [査読有り]
Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Jukai Maeda,Masako Kanai-Pak,Kyoko Aida,Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Taiki Ogata,Noriaki Kuwahara,Jun Ota
Digital Human Modeling. Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management - 5th International Conference, DHM 2014, Held as Part of HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014. Proceedings   392-402   2014年   [査読有り]
Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyoko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
Digital Human Modeling. Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management - 5th International Conference, DHM 2014, Held as Part of HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014. Proceedings   361-368   2014年   [査読有り]
Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyoko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
TLT   7(4) 319-332   2014年   [査読有り]
Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyoko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
IEICE Transactions   97-D(1) 107-118   2014年   [査読有り]
北島泰子, 山下雅子, 中村充浩, 前田樹海, 相田京子, 金井Pak雅子, 黄之峰, 永田英憲, 緒方大樹, 桑原教彰, 太田順
日本医療情報学会看護学術大会論文集   14th 53-56   2013年7月
前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 金井Pak雅子, 黄之峰, 永田英憲, 緒方大樹, 桑原教彰, 太田順
日本医療情報学会看護学術大会論文集   14th 57-58   2013年7月
高橋.正子, 臼井 美帆子, 北島 泰子, 中村 充浩
Journal of Tokyo Ariake University of Medical and Health Sciences=東京有明医療大学雑誌   5 17-26   2013年
Ayanori Nagata,Zhifeng Huang,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyouko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
Digital Human Modeling and Applications in Health, Safety, Ergonomics, and Risk Management. Healthcare and Safety of the Environment and Transport - 4th International Conference, DHM 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 2   268-275   2013年   [査読有り]
Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyouko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
Digital Human Modeling and Applications in Health, Safety, Ergonomics, and Risk Management. Healthcare and Safety of the Environment and Transport - 4th International Conference, DHM 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 2   197-203   2013年   [査読有り]
Mitsuhiro Nakamura,Yasuko Kitajima,Jun Ota,Taiki Ogata,Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Kyoko Aida,Noriaki Kuwahara,Jukai Maeda,Masako Kanai-Pak
Digital Human Modeling and Applications in Health, Safety, Ergonomics, and Risk Management. Human Body Modeling and Ergonomics - 4th International Conference, DHM 2013, Held as Part of HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedi   111-116   2013年   [査読有り]
Yoshihiro Takebe,Masako Kanai-Pak,Noriaki Kuwahara,Jukai Maeda,Miwa Hirata,Yasuko Kitajima,Jun Ota
Kybernetes   42(7) 1059-1071   2013年   [査読有り]
北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 前田樹海, 金井Pak雅子, HUANG Zhifeng, 永田英憲, 緒方大樹, 桑原教彰, 太田順
医療情報学連合大会論文集   32nd 388-390   2012年11月
永田英憲, 黄之峰, 金井(PAK)雅子, 前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 桑原教彰, 緒方大樹, 太田順
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.2J2-1   2012年9月
北島泰子, 中村充浩, 金井(Pak) 雅子, 相田京子, 前田樹海, 黄之峰, 永田英憲, 緒方大樹, 桑原教彰, 山下雅子, 太田順
日本医療情報学会看護学術大会論文集   13th 172-175   2012年8月
山田 緑, 池亀 俊美, 北島 泰子
臨床看護   38(2) 255-257   2012年2月
Ayanori Nagata,Zhifeng Huang,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyouko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2012, Guangzhou, China, December 11-14, 2012   2102-2107   2012年   [査読有り]
Zhifeng Huang,Ayanori Nagata,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyouko Aida,Noriaki Kuwahara,Taiki Ogata,Jun Ota
2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2012, Guangzhou, China, December 11-14, 2012   842-847   2012年   [査読有り]
高齢者の自立支援のための看護予防施策の探究:介護保険制度における要支援認定者出現率の地域間格差を手がかりとして
北島 泰子
経済科学論究   (第9号) 21-33   2012年   [査読有り]
前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 平田美和, 相田京子, 高畠有理子, 金井(Pak)雅子, 桑原教彰, 太田順
医療情報学連合大会論文集   31st 222-223   2011年11月
北島泰子, 前田樹海, 中村充浩, 平田美和, 相田京子, 高畠有理子, 金井(Pak)雅子, 桑原教彰, 太田順
医療情報学連合大会論文集   31st 218-221   2011年11月
米辻泰山, 武部芳弘, 金井(Pak)雅子, 前田樹海, 平田美和, 北島泰子, 中村充浩, 相田京子, 高畠有理子, 桑原教彰, 太田順
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2011(0) ROMBUNNO.H07-576   2011年3月
本研究では看護学生が習得しなければならない動作の一つである、車椅子移乗の自習を支援するシステムの開発を目的とする。 ベッドの周りに固定した合計9個のwebカメラで、看護師と患者、車椅子の各部に付けた計12個のカラーマーカーを撮影して、教員と看護学生の車椅子移乗動作をそれぞれ計測する。得られたデータと教員による看護学生への指導を比較し、ナビゲーションや学生の動作の評価に有用である事を示す。
小泉 政啓, 中澤 正孝, 北島 泰子
Journal of Tokyo Ariake University of Medical and Health Sciences=東京有明医療大学雑誌   3 37-42   2011年
Taizan Yonetsuji,Yoshihiro Takebe,Masako Kanai-Pak,Jukai Maeda,Miwa Hirata,Yasuko Kitajima,Mitsuhiro Nakamura,Kyouko Aida,Yuriko Takabatake,Noriaki Kuwahara,Jun Ota
2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2011, Karon Beach, Thailand, December 7-11, 2011   908-913   2011年   [査読有り]
北島泰子, 平田美和, 相田京子, 高畠有理子, 中村充浩, 前田樹海, 金井(PAK)雅子
日本看護科学学会学術集会講演集   30th 244   2010年12月
前田樹海, 金井(Pak)雅子, 北島泰子, 平田美和, 武部芳弘, 桑原教彰, 太田順
医療情報学連合大会論文集   30th 260-261   2010年11月
北島泰子, 金井(Pak)雅子, 前田樹海, 平田美和, 武部芳弘, 桑原教彰, 太田順
医療情報学連合大会論文集   30th 262-263   2010年11月
林 さとみ, 伊豆上 智子, 北島 泰子, 中村 充浩, 高橋 正子
Journal of Tokyo Ariake University of Medical and Health Sciences=東京有明医療大学雑誌   2 13-20   2010年
山下 雅子, 金井Pak 雅子, 林 さとみ, 前田 樹海, 梶原 祥子, 島田 将夫, 林 洋, 北島 泰子, 平田 美和, 山本 かほる, 高橋 雪子, 金井 一薫
Journal of Tokyo Ariake University of Medical and Health Sciences=東京有明医療大学雑誌   1 133-144   2009年
北島 泰子, 中久喜 町子
東京医療保健大学紀要   4(1) 49-52   2008年

Misc

 
北島泰子, 中村充浩
プチナース   24(1) 10-15   2014年12月
北島泰子, 中村充浩
プチナース   23(14) 10-15   2014年11月
北島泰子, 中村充浩
プチナース   23(12) 10-15   2014年10月
北島泰子, 中村充浩
プチナース   23(9) 12-17   2014年7月
北島 泰子
看護展望   36(5) 506-511   2011年4月

書籍等出版物

 
照林社   2014年1月   
中央法規出版   2013年12月   ISBN:4805839082
照林社   2013年10月   
北島 泰子
誠文堂新光社   2009年9月   ISBN:4416809824
メヂカルフレンド社   2009年4月   ISBN:4839213666

講演・口頭発表等

 
北島泰子, 中村充浩
日本農村医学会雑誌   2015年1月31日   
前田樹海, 北島泰子, 中村充浩, 金井(Pak)雅子
日本看護研究学会雑誌(CD-ROM)   2014年7月   
北島泰子, 中村充浩, 前田樹海, 金井(Pak)雅子
日本看護研究学会雑誌(CD-ROM)   2014年7月   
中村充浩, 前田樹海, 北島泰子, 金井(Pak)雅子
日本看護研究学会雑誌(CD-ROM)   2014年7月   
高橋正子, 臼井美帆子, 北島泰子, 中村充浩
日本看護学教育学会誌   2013年7月   
臼井美帆子, 高橋正子, 北島泰子, 中村充浩
日本看護学教育学会誌   2013年7月   
医療施設で介護を受ける高齢者を取り巻く環境とコスト:東京都A区の事例から [招待有り]
北島 泰子
看護経済・政策研究学会 第12回(平成24年度第4回)研究会   2013年3月   
「いまどきの」学生に最適な学習支援ツールとは
中村充浩、北島泰子、相田京子, 前田樹海、金井Pak雅子
第32回日本看護科学学会学術集会   2012年12月   
相田京子, 中村充浩, 北島泰子, 前田樹海, 金井(Pak)雅子
日本看護科学学会学術集会講演集   2012年11月   
中村充浩、前田樹海、北島泰子、相田京子、 金井Pak雅子
日本看護研究学会   2012年6月7日   
前田樹海、中村充浩、北島泰子、相田京子、金井Pak雅子
日本看護研究学会   2012年6月7日   
中村充浩、前田樹海、北島泰子、相田京子、金井Pak雅子
日本看護科学学会学術集会   2011年12月   
金井(PAK)雅子, 北島泰子, 平田美和, 相田京子, 高畠有理子, 中村充浩, 前田樹海
日本看護科学学会学術集会講演集   2010年12月   
平田美和, 相田京子, 高畠有理子, 中村充浩, 北島泰子, 前田樹海, 金井(PAK)雅子
日本看護科学学会学術集会講演集   2010年12月   
相田京子, 豊島有理子, 中村充浩, 北島泰子, 平田美和, 則田樹海, 金井(PAK)雅子
日本看護科学学会学術集会講演集   2010年12月   
前田樹海, 中村充浩, 北島泰子, 平田美和, 相田京子, 高畠有理子, 金井(PAK)雅子
日本看護科学学会学術集会講演集   2010年12月   
「加速度センサが識別可能な看護技術の特定」
北島 泰子、平田美和、相田京子、高畠有理子、中村充浩、前田樹海、金井Pak雅子
日本看護科学学会学術集会   2010年   
山田緑, 北島泰子, 池亀俊美, 福田美和子, 伊東春樹
聖路加看護学会誌   2008年9月27日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 前田 樹海
平成25年度は、明らかな生命徴候の変化を伴わない患者の死期を予見できる看護職(保健師、助産師、看護師、准看護師)について、①事実性、②特性、③判断の根拠を明らかにするために、質問紙および聞き取り調査を実施した。首都圏4か所の医療関係施設等(一般病院病棟勤務看護職25名、精神科病院勤務看護職110名、私立看護大学の看護資格を有する教員、大学院生99名、看護協会主催の認定看護管理者教育課程参加者43名)で質問紙調査を実施した結果、168名(61%)から回答が得られた。明らかな生命徴候の変化によ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 中村 充浩
看護技術の模範動作は健常者の自然な動作にあるという仮説を検証する事を目的に本研究を行った。当初予定していた加速度センサを用いたデータ収集はデータ精度の確保が困難なため実施できず、代わりのデバイスとしてキネクトセンサを使用した。車椅子移乗動作を対象としてデータ収集を行った結果、腰部の動きに関しては健常者の自然な動作と被介助動作は近似することが明らかになった。しかし、その他の動作では差異が認められた。よって、健常者の動作を模範動作とすることはある一部分の動きについては可能であることが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 山田 緑
本研究は、地域を基盤とした心臓リハビリテーションシステムにおける継続的支援を考案・実施し、その評価を行っていくことを目的とし、わが国において心臓リハビリテーションに取り組む患者が長期的にそれを継続していくための新たな枠組みを検討するものである。基礎調査およびワーキンググループによる討議を通して、継続的支援プログラムを開発し、心疾患患者を対象に介入研究を実施した結果、身体的データについて、プログラム前後で有意に対象者の運動時間が増加するという成果が認められた。