鈴木マリ

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/14 10:36
 
アバター
研究者氏名
鈴木マリ
 
スズキマリ
eメール
suzuki-mrigakuken.or.jp
URL
http://www.igakuken.or.jp/diabetic/
所属
公益財団法人 東京都医学総合研究所
部署
運動・感覚システム研究分野 糖尿病性神経障害プロジェクト
職名
主任研究員
学位
博士(理学) 第8016号(北海道大学)
科研費研究者番号
20455405

プロフィール

ショウジョウバエを使って神経変性疾患の研究をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年6月
 - 
現在
東京都医学総合研究所 糖尿病性神経障害プロジェクト 主任研究員
 
2016年1月
 - 
2016年5月
大阪大学大学院医学系研究科 神経難病認知症探索治療学寄附講座 特任助教
 
2010年4月
 - 
2011年9月
芝浦工業大学 システム理工学部生命科学科 非常勤講師 (兼任)
 
2010年4月
 - 
2015年12月
(独)国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第四部 研究員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
国立精神・神経センター神経研究所 疾病研究第四部 研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
北海道大学 理学部 生物科学科
 

受賞

 
2016年10月
第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 【最優秀ポスター賞】
 
2016年8月
第26回日本病態生理学会大会 【奨励賞】
 
2013年8月
包括脳ネットワーク 【若手優秀発表賞】
 

論文

 
Hervás R, Li L, Majumdar A, Fernández-Ramírez Mdel C, Unruh JR, Slaughter BD, Galera-Prat A, Santana E, Suzuki M, Nagai Y, Bruix M, Casas-Tintó S, Menéndez M, Laurents DV, Si K, Carrión-Vázquez M
PLoS biology   14(1) e1002361   2016年1月   [査読有り]
Suzuki M, Fujikake N, Takeuchi T, Kohyama-Koganeya A, Nakajima K, Hirabayashi Y, Wada K, Nagai Y
Human molecular genetics   24(23) 6675-6686   2015年9月   [査読有り]
Takahashi M, Suzuki M, Fukuoka M, Fujikake N, Watanabe S, Murata M, Wada K, Nagai Y, Hohjoh H
Molecular therapy. Nucleic acids   4 e241   2015年5月   [査読有り]
Takeuchi T, Suzuki M, Fujikake N, Popiel HA, Kikuchi H, Futaki S, Wada K, Nagai Y
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   112(19) E2497-506   2015年4月   [査読有り]
Saitoh Y, Fujikake N, Okamoto Y, Popiel HA, Hatanaka Y, Ueyama M, Suzuki M, Gaumer S, Murata M, Wada K, Nagai Y
The Journal of biological chemistry   290(3) 1442-1453   2015年1月   [査読有り]
Miura E, Hasegawa T, Konno M, Suzuki M, Sugeno N, Fujikake N, Geisler S, Tabuchi M, Oshima R, Kikuchi A, Baba T, Wada K, Nagai Y, Takeda A, Aoki M
Neurobiology of disease   71 1-13   2014年11月   [査読有り]
Suzuki M, Nagai Y, Wada K, Koike T.
Biochemical and Biophysical Research Communications   429(1-2) 18-23   2012年12月   [査読有り]
Setsuie R, Suzuki M, Tsuchiya Y, Wada K
Neurochemistry international   56(8) 911-918   2010年7月   [査読有り]
Setsuie R, Suzuki M, Kabuta T, Fujita H, Miura S, Ichihara N, Yamada D, Wang YL, Ezaki O, Suzuki Y, Wada K
The FASEB journal   23(12) 4148-4157   2009年12月   [査読有り]
Suzuki M, Setsuie R, Wada K
Endocrinology   150 5230-5239   2009年12月   [査読有り]
Kawataki T, Osafune K, Suzuki M, Koike T
Brain research   1230 37-49   2008年9月   [査読有り]
Suzuki M, Koike T
Journal of neuroscience research   80 549-561   2005年5月   [査読有り]

Misc

 
ショウジョウバエを用いたパーキンソン病の病態解明
堺竜介、鈴木マリ、永井義隆
医学のあゆみ   262(6) 641-646   2017年8月   [依頼有り]
パーキンソン病リスク遺伝子GBAの機能喪失はα-シヌクレインの異常構造変化を促進して神経変性を悪化させる
鈴木マリ
日本病態生理学会雑誌   25(3) 36-44   2016年12月   [依頼有り]
ショウジョウバエを用いた神経変性疾患研究
鈴木マリ、永井義隆
生体の科学   67(6) 589-595   2016年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
カンデル神経科学 付録D:血液脳関門,脈絡叢,脳脊髄液
鈴木マリ、和田圭司 (担当:共訳)
株式会社 メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014年   
動物細胞の生と死の制御: 神経細胞を中心として (細胞の生物学 「シリーズ21世紀の動物科学」)
鈴木マリ, 鈴木和彦, 福井浩二, 小池達郎 (担当:分担執筆)
培風館   2007年   

講演・口頭発表等

 
神経変性疾患モデルショウジョウバエの神経変性は過栄養摂取により増悪する
永井義隆 、鈴木マリ、Neumann Anne-Marie、藤掛伸宏、和田圭司
第34回日本認知症学会学術集会   2015年10月   
Effect of dietary conditions on Drosophila models of neurodegenerative diseases
Mari Suzuki, Anne-Marie Neumann, Yuji Saitoh, Nobuhiro Fujikake, Keiji Wada, Yoshitaka Nagai
第56回日本神経学会総会   2015年5月   
High-nutrient diet aggravates protein misfolding-related neurodegeneration in Drosophila
Mari Suzuki, Anne-Marie Neumann, Yuji Saitoh, Nobuhiro Fujikake, Keiji Wada, Yoshitaka Nagai
第37回日本神経科学会大会   2014年9月   
ポリグルタミン病モデルショウジョウバエの神経変性は過栄養摂取により増悪する
鈴木マリ、藤掛伸宏、和田圭司、永井義隆
第55回日本神経学会総会   2014年5月   
High-nutrient diet aggravates protein misfolding-related neurodegeneration in Drosophila
Mari Suzuki, Nobuhiro Fujikake, Keiji Wada, Yoshitaka Nagai
International symposium “New Frontier of Molecular Neuropathology 2014   2014年3月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 鈴木マリ
研究期間: 2016年10月 - 2017年10月    代表者: 鈴木マリ
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 鈴木 マリ
Involvement of calcium leak from ryanodine receptor in cell death induced by mutant huntingtin (36th Annual Meeting of Society for Neuroscience)
北海道大学国際交流事業基金: 国内外で開催される国際会議等出席促進事業
研究期間: 2006年10月       代表者: 鈴木マリ
ポリグルタミン病モデルにおけるリアノジン受容体の機能異常
北海道大学クラーク記念財団: 博士後期課程在学生研究助成
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 鈴木マリ

担当経験のある科目