塩見 こずえ

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/30 11:00
 
アバター
研究者氏名
塩見 こずえ
 
シオミ コズエ
通称等の別名
Kozue Shiomi
ハンドル
koshio
eメール
shiomikozuegmail.com
所属
国立極地研究所
部署
生物圏研究グループ
職名
助教
学位
博士(農学)(東京大学)

研究分野

 
 

受賞

 
2013年3月
平成24年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰 特別賞 『三陸沿岸で繁殖する海鳥の洋上移動パターンの解明』
 
2012年3月
東京大学大学院農学生命科学研究科長賞 『Decision time to return in seabirds: application of fine-scale movement data to decision-making analyses.』
 

論文

 
Diel shift of king penguin swim speeds in relation to light intensity changes
Shiomi K, Sato K, Handrich Y, Bost CA
Marine Ecology Progress Series   561 233-243   2016年12月   [査読有り]
Geographical variation in body size of a pelagic seabird, the streaked shearwater Calonectris leucomelas.
Yamamoto T., Kohno H., Mizutani A., Yoda K., Matsumoto S., Kawabe R., Watanabe S., Oka N., Sato K., Yamamoto M., Sugawa H., Karino K., Shiomi K., Yonehara Y. and Takahashi A.
Journal of Biogeography   43 801-808   2016年4月   [査読有り]
Seasonal distributions of Caspian Terns Hydroprogne caspia from Swedish populations revealed by recoveries and resightings of ringed birds.
Shiomi, K., Lötberg, U. & Åkesson, S.
Ringing & Migration   30(1) 22-36   2015年7月   [査読有り]
Foraging spots of streaked shearwaters in relation to ocean surface currents as identified using their drift movements.
Yoda, K., Shiomi, K., Sato, K.
Progress in Oceanography   122 54-64   2014年3月   [査読有り]
Contaminants in Tracked Seabirds Show Regional Patterns of Marine Pollution.
Ito, A., Yamashita, R., Takada, H., Yamamoto, T., Shiomi, K., Zavalaga, C., Abe, T., Watanabe, S., Yamamoto, M., Sato, K., Kohno, H., Yoda, K., Iida, T., Watanuki, Y.
Environmental Science & Technology   47 7862-7867   2013年6月   [査読有り]
Point of no return in diving emperor penguins: is the timing of the decision to return limited by the number of strokes?
Shiomi, K., Sato, K., and Ponganis, P.J.
Journal of Experimental Biology   215 135-140   2012年   [査読有り]
Temporal tuning of homeward flights in seabirds.
Shiomi, K., Yoda, K., Katsumata, N., Sato, K.
Animal Behaviour   83 355-359   2012年   [査読有り]
Muscle energy stores and stroke rates of emperor penguins: Implications for muscle metabolism and dive performance.
Williams, C.L., Sato, K., Shiomi, K., Ponganis, P.J.
Physiological and Biochemical Zoology   85 120-133   2012年   [査読有り]
Stroke rates and diving air volumes of emperor penguins: implications for dive performance.
Sato, K., Shiomi, K., Marshall, G., Kooyman, G.L., and Ponganis, P.J.
Journal of Experimental Biology   214 2854-2863   2011年   [査読有り]
Data-processing artefacts in three-dimensional dive path reconstruction from geomagnetic and acceleration data. (THEME SECTION: Ecophysiology and biomechanics in diving seabirds)
Shiomi, K., Narazaki, T., Sato K., Shimatani, K., Arai N., Ponganis, P.J., Miyazaki, N.
Aquatic Biology   8 299-304   2010年   [査読有り]

書籍等出版物

 
月刊海洋『大水薙鳥 −外洋性海鳥の研究最前線−(下)』
塩見こずえ, 米原善成, 後藤佑介, 坂尾美帆, 佐藤克文 (担当:分担執筆, 範囲:「三貫島・船越大島 −岩手県−」)
海洋出版株式会社   2016年10月   
月刊海洋『大水薙鳥 −外洋性海鳥の研究最前線−(上)』
塩見 こずえ (担当:分担執筆, 範囲:「海鳥の帰巣能力」)
海洋出版株式会社   2016年9月   
『バイオロギング2 動物たちの知られざる世界を探る』
塩見 こずえ (担当:分担執筆, 範囲:「バイオロギングは待つ学問?」)
京都通信社   2016年8月   
Ny teknik avslöjar fåglars rörelsemönster (New technology reveals the birds' movement patterns).
Susanne Åkesson, Arne Andersson, Guiseppe Bianco, Tom Evans, Natalie Isaksson, Ewa Karaszewska, Kozue Shiomi, Ulrik Lötberg, Lennart Söderlund (担当:共著)
Vår Fågelvärld   2015年   
『科学』 2012年8月号
塩見こずえ (担当:分担執筆, 範囲:【特集「旅をする動物たち」】「オオミズナギドリの洋上旅行 -門限を守る親鳥」)
岩波書店   2012年8月   

競争的資金等の研究課題

 
外洋性海鳥の帰巣行動に関する認知生態研究:種内・種間比較に基づく統合的アプローチ
日本学術振興会: 科研費 若手研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 塩見 こずえ
「海鳥の採餌行動を指標とした海洋生態系モニタリング手法の確立」
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 塩見こずえ
「移動経路の時空間解析に基づく海鳥の帰巣戦略研究」
財団法人 斎藤報恩会: 財団法人 斎藤報恩会 学術研究助成金
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 塩見こずえ
「繁殖期における海鳥の帰島時刻および帰島開始時刻に関わる制約」
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 塩見こずえ
「エンペラーペンギンにおける浮力に応じた遊泳深度調節に関する研究」
日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 塩見こずえ

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 博士課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院情報学研究科 社会情報学専攻 修士課程
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学 農学部 資源生物科学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター  専門調査員