『縄文土器の儀礼利用と象徴操作』

縄文土器の儀礼利用と象徴操作 (未完成考古学叢書10)
中村 耕作
アム・プロモーション(2013/5)
3780円


縄文土器の持つ豊富な情報を、形式と儀礼という観点で整理し、その社会的・象徴的意義の考察を試みた。

第1部は、儀礼利用という観点で先行研究を整理した上で、縄文時代の様相を見渡し、土器の器種分化や、副葬・廃屋への供献などの儀礼利用が盛行する減少が時期的・地域的に限定されることを確認した。

第2部では、そこから3つの文化を選んで、カテゴリの成立、継承・変容、共有・対立という方法論のケーススタディとして分析した。前期の浅鉢の分析では「儀礼用の土器」「副葬用の土器」といったカテゴリ認識の成立を扱い、新規器種としての浅鉢類、それらを用いた儀礼行為、人口指標である住居という各要素の時期的・地域的な分布を分析し、社会的緊張を背景とした新たな儀礼行為・儀礼具の創出の過程を描き出した。ほかに、中期の釣手土器を素材にカテゴリ認識の継承と変容、後期の浅鉢や注口土器を例にカテゴリ認識の共有・対立を論じた。

第3部では時期を通じた共通性から、製作・使用・廃棄の各段階において、共通して異質な二者の対立と融合という志向を読み取り、「象徴操作」と名づけた。

博士学位論文に加除・補論を加え出版したもの。
 

縄文人の石神

國學院大學学術資料館の大形石棒プロジェクトによるシンポジウムをもとにした、大形石棒についての研究論集。石棒についての初の単行本として、総論(谷口)、製作技術・流通論(大工原・鈴木)、使用痕跡論(長田・中島・鈴木)、出土状況論(山本・中村耕作)、地域的様相(阿部・中村豊)などを総合的に論じ、関連するコラム(中島啓治・川口・加藤)を付したもの。

中村は「大形石棒と縄文土器」と題し、土器と石棒がセットで出土している事例を検討した。その結果、両者は二項対比的に置かれた状況が復元できた。他に、土器同士、石棒同士、石棒と石皿などのセット関係も考慮した結果、「男/女」などの二つの力を融合・中和することで新たな力を得るための呪術的行為が志向された可能性を指摘した。さらに、出土状況のほか、製作時に男女の象徴を同一個体に作りこんだり、使用時に象徴的部位を打ち欠くないし追加することで、同様な効果を得るという方法もあったことを示し、博士論文のⅢ部で論じる象徴操作の基本的な概念を提示した。