科研研究


2013年度~2015年度科学研究費助成事業 若手研究B 課題番号:25770278
出土状況・セット関係にみる縄文時代中期の儀礼行為に関する基礎的研究



■ 研究の目的
 縄文時代には、土偶・石棒などの儀礼専用具、浅鉢や注口土器などの儀礼に用いられた容器、石壇、配石などの儀礼に関わるとされる施設などが豊富に存在し、世界の先史考古学においても有数の資料を蓄積している。しかしながら、これまで個別に分析されることが多く、全体の関連性は不明で、単に種類が列挙されるに留まっていた。本研究では、資料の豊富な縄文時代中期を中心に、儀礼関係資料の出土状況・セット関係についてデータベース化を行い、その相互の関係性を明らかにすることにより、儀礼の種類の分別、行為の順序、時間的・空間的変異などを解明し、先史社会における儀礼行為とその道具立ての実態の一端を明らかにすることを目的とする

■ 研究期間
2013年度~2015年度

■ 研究組織
研究代表者
 中村耕作:國學院大學栃木短期大学・日本文化学科・専任講師

■ 調査・研究の方法
(1)資料の集成・データベース化と解析
 発掘調査報告書をもとに、資料の出土状況について、道具(土偶・石棒・土鈴・釣手土器・有孔鍔付土器・器台・壺・石皿・磨石・丸石・石鏃・打製石斧・磨製石斧・黒曜石剥片など)、設備(石壇、石柱、立石、入口部埋甕、床下倒置埋設土器など)、行為(土器・石器等の倒置、火入れ、炉石の抜き取りなど)などをデータベース化し、住居床面、住居覆土などの単位でどのようなものがセット関係にあるのかを確認する。 
(2)コンテクストの解読・現地調査・検討会 
 上記のデータベース化は全体像を把握するためのものであり、これらとは別に、良好な事例については住居の構築から廃絶後までの各段階における道具のセット関係・配置状況などを詳細にあとづける。必要に応じて現地調査・検討会を実施する。


■ 研究の経緯と視角
 研究代表者は、先に中期の釣手土器の検討において住居床面ないし住居覆土からの出土例が多いことを確認し、これらと共伴関係にある資料を整理したほか、釣手土器の出現・拡散・ドーナツ化現象という展開プロセスを指摘した(中村『縄文土器の儀礼利用と象徴操作』)。また、大形石棒の研究でも出土状況を集成し、住居出土例の共伴関係を検討している(中村「大形石棒と縄文土器」(谷口編『縄文人の石神』))。本研究は、こうした中期に登場する各種の特徴的儀礼具が、相互にいかなる関係にあるのかを整理するものである。
 また、中期住居の構築から廃絶までのプロセスは東京都を中心として詳細な研究が行われているし、千葉県では人骨を伴う廃屋葬の事例が豊富に知られている。本研究ではこれらの先行研究を総合的に検討することで、中期における竪穴住居空間で行われた儀礼行為の空間的・時間的変異を整理することも目論んでいる。

■ 研究成果の概要
2013年度
 研究計画に従い、(1)長野県・山梨県を中心に縄文時代中期集落遺跡の発掘調査報告書にもとづいて出土資料のデータベース化、(2)出土状況の詳細なコンテクスト分析のための前提となる先行研究の収集・検討、・千葉県内廃屋墓の事例集成を行った。
 (1)は、本研究の題目ともなっている祭祀儀礼道具の「セット関係」を抽出する目的で実施したものであり、一定数の竪穴住居について出土状況の詳細な記録のある発掘報告書を選定し、住居床面・覆土・柱穴などの層位ごとに出土遺物の点数を集計した。これらのデータは試験的に多変量解析を実施したが、各要素が複雑すぎたためか有為なデータとして提示できる状態には至らなかったため、当初予定していた論文執筆を延期し、集計項目を再検討中である。また、当該期の儀礼具の1つである顔面装飾付土器・釣手土器についての再検討結果を論文・図書にまとめた。
 (2)竪穴住居空間において実施された儀礼およびその前後の行為・プロセスを復元するため、焼失住居を含む覆土形成過程や竪穴の新築・改築・廃絶に係る考古学的研究、民族学的研究、民族建築学的研究に関する先行研究を収集、検討した。また、竪穴における具体的な儀礼の1つである廃屋墓(廃屋葬)の事例を集成し、覆土や柱穴との位置関係を検討した。これらの検討によって、竪穴が廃絶された後も一定期間上屋が存続した可能性や、一次埋没後までを一連の儀礼プロセスとして捉えて検討すべきことを確認した。
 このほか、当該テーマに関連するテーマを扱っている若手研究者を招いた研究会を2回実施した。
  
 中村耕作2013「第二の道具」『別冊太陽』日本のこころ212(縄文の力)
 中村耕作2014「身体表現を持った土器とその考古学的課題」『國學院大學学術資料センター研究報告』第30輯
 中村耕作2014「釣手土器を追う」『フィールド科学への入口 遺跡・遺物の語りを探る』玉川大学出版部

2014年度
 主として竪穴住居床面出土の倒置土器に関わる資料の収集・整理・分析を行った。人骨が遺存する千葉県の「廃屋墓」ではしばしば顔に土器を伏せて置く例(土器被覆葬)があり、人骨が遺存しない西関東・中部でも床面の倒置土器が葬送に関わるものであった可能性が68例を集成した山本暉久(1986)によって指摘されてきた。
 今回、改めて事例を集成したところ、約240例を確認し、時期・型式・遺存状況・共伴資料・位置などをデータベース化し、GIS上での分布の検討も可能となった。新たに報告された新宿区市谷加賀町二丁目遺跡では、本来倒置されてたと思われる土器が人骨頭部付近から出土し、千葉県の例同様にイルカ骨製の腰飾りを身に着けていたが、有機質遺物が失われた場合、倒置土器以外に特徴的な考古学的痕跡は見いだされないこととなる。今回の集成でも、中部高地では石棒・丸石・釣手土器などの特殊遺物との共伴例が散見される一方、関東では特徴的な土器・石器との共伴例に乏しいことを確認した。
 また、集落内に土坑墓群を造営する場合、そこでも墓坑内に土器を倒置する場合があり、並行して事例を集成した。床面倒置土器が千葉から長野まで広く分布するが1遺跡では数例に留まるのに対し、墓坑内倒置土器は東京・神奈川・埼玉に集中し、1遺跡内で十数例を持つ場合があるなど、分布範囲と密度の点での顕著な違いが認められる。両者が重複する範囲内には、しばしば竪穴と墓坑の両者から倒置土器が出土するが、この違いの背景を検討することが今後の課題である。この点については既に、儀礼具の種類の検討だけでなく、使用される土器の系統の分析もはじめている。
 上記のように「セット関係を持たない」文化が存在することが明瞭になってきたが、この地域でも倒置土器が減少する中期末葉には、石棒や土器の床面出土例が知られているので、そうした時期的な変化の存在も明瞭となった。

中村耕作2014「2013年の縄文
時代学界動向 墓制論」『縄文時代』第25号

中村耕作2015「土器被覆葬にみる社会関係-中期後半の南関東の事例分析-」『季刊考古学』第130号

中村耕作2015「瘤付土器成立期の顔面装飾と頭頂部表現-國學院大學所蔵の顔面装飾突起をめぐって-」『國學院大學学術資料センター研究報告』第31輯



2015年度・総括

(1)廃屋墓における基礎的事象の整理

 本研究での重要な検証課題であった儀礼具・儀礼施設と屋内埋葬との関係性を検討する前提として、人骨の遺存する屋内埋葬事例である千葉県を中心とした廃屋墓における基礎的事象を整理した。時期・地域的な分布や男女差の特徴、装身具・副葬品の有無、埋葬姿勢などの従来分析されてきた項目に加え、遺体配置部分の整地、土器・貝・ローム質土の被覆、イノシシ下顎骨の供献、焚火など様々な行為が行われていたことが明らかになった。これらは一連の過程ではなく、多くの事例から抜き出したもので、個々の事例数は多くはない。また、山地で注目されてきた特殊な土器や石棒などの共伴例はみられなかった。従って、廃屋墓の習俗が山地まで分布していた可能性は検証不可能であるが、一方で、それぞれの地域において様々な儀礼行為が行われていた可能性を改めて提起することができた(『日本文化研究』1)。

 また、これらの事象は床面直上だけでなく、床面の掘り込み、覆土の中層、覆土から床面への掘り込み、覆土上層など、竪穴廃絶あら埋没に至る様々なタイミングで実施されていた。廃屋墓以外のデータ集成は床面に限って実施したが、将来的には覆土を含め、竪穴の構築から廃絶直後、さらに埋没に至る各段階での儀礼行為の検討が必要となる。

 

(2)墓坑内倒置土器における土器様式の差

 廃屋墓や環状集落中央墓群において、しばしば倒置土器が検出されており、人骨が遺存しない山地部の床面倒置土器も廃屋墓に関わる可能性が山本暉久氏によって提起されていた。そこで、屋内倒置土器の分析の前段階として、墓坑内倒置土器の集成を行い、関東~中部全域での出土と、武蔵野台地周辺地域への集中を確認した。これは、土器を倒置する埋葬場所を屋内とするか、屋外墓坑内とするかという選択が行われたとすれば、それは武蔵野台地周辺に限定された事象であることを意味する。他地域でも2つの墓制が併存した可能性もあるものの、これ以上の検討は不可能である。

 従来の墓坑内倒置土器の研究は、墓制の一環としての研究に偏っており、土器の打ち欠き部位などが注目されたものの、使用する土器様式などの分析は未着手であった。この時期の武蔵野台地は山梨系(曽利式)、東関東系(加曽利E式)、東北系(大木式)、在地系(連弧文)などが併用されており、倒置土器として利用する土器の様式に注目すると、特定様式への集中化が認められた。単純に出自を示すとは解釈できないので、今後屋内埋甕への利用状況などを含めて検討が必要である(『季刊考古学』)。

 

(3)屋内倒置土器の検討

 以上をふまえ、屋内倒置土器の検討を行った。主な分析項目は、利用する土器の様式、屋内での設置位置である。

 前者については、現状では墓坑内倒置土器と比較するための東京都に限定したもののみだが、事例数ピークの時期差とともに、使用する土器様式の差異も明らかになったことから、両者の性格の差を指摘し得る。

 倒置土器の位置については、廃屋墓の頭骨の位置と合わせて分析した結果、ともに柱脇の事例が多いことが判明し、倒置土器=廃屋墓説に優位な結論を得た(『21世紀考古学の現在』)。

 但し、さらに検討を有するため、現在分析を継続し、研究の総括とすべく査読論文としての投稿を予定している。

 

(4)出土状況記録の重要性の提起

 以上の分析の基礎資料は、資料が遺跡の中でどのように出土したかという記録であるが、出土位置や向きなどの詳細な記録が残された発掘事例は多くはない。本研究期間中、いくつかの一般向け・地域の埋蔵文化財関係者向けの講演などを依頼されたが、そうした機会においては、本研究の成果とともに、出土状況の記録の重要性を強く強調した。


中村耕作2015「縄文時代中期における住居床面/墓坑内の倒置土器」日本考古学協会第81回総会研究発表(当日ポスター

中村耕作2015「2014年の縄文時代学界動向 土器編年研究 晩期」『縄文時代』26 pp.199-201(査読無し)

中村耕作2015「縄文人のお供え物-沖ノ原遺跡のクッキー状炭化物をめぐって-」『津南学』4 pp. 271-295(査読無し)

中村耕作2016「廃屋墓における葬送儀礼の諸行為-縄文時代中期・後期の東京湾岸地域の事例-」『國學院大學栃木短期大学 日本文化研究』1 pp.49-76(査読無し)
中村耕作2017(予定)「柱脇の倒置土器」『山本暉久先生古稀記念 21世紀考古学の現在』六一書房(未刊)



■ 科研研究連携研究会「縄文時代中期の儀礼展開に関する研究会」
 本研究会は、科研研究でテーマとする縄文時代中期の儀礼の背景となる諸事象について東京近郊で縄文時代研究を志す若手研究者・大学院生・学生を中心に実施しているものです。
 第1回 2013年6月27日
 「儀礼の場・道具・行為のセット関係をめぐる研究の課題と展望」中村耕作(國學院大學助手)
 「連弧文土器からみた関東・甲信地方の地域性」大網信良(早稲田大学助手)
 第2回 2013年11月27日
 「関東北における繩紋式中期後葉から後期初頭にかけての「文化」様相-土器個体群および「動物形象突起」の分析を通して-」長山明弘(千葉大学大学院)
 第3回 2014年5月8日
 「縄紋時代中期における抽象文土器の基礎的研究」佐藤拓也(國學院大學大学院)
 「縄文土器の煮沸痕跡についての基礎的研究」馬場羽瑠桂(國學院大學大学院)
 「縄文時代の水場遺構についての考察」山﨑太郎(早稲田大学大学院) 
 第4回 2014年10月10日
 「土器被覆葬の土器選択―縄文時代中期後半南関東の事例分析-」中村耕作(國學院大學栃木短期大学講師)
 第5回 2015年1月23日
 「南西関東地方における縄文時代後期初頭土器群の様相―称名寺式土器群の成立と展開に関する考察―」小澤政彦(中央大学大学院)