鯉田孝和

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/18 11:46
 
アバター
研究者氏名
鯉田孝和
 
コイダ コウワ
eメール
koidaeiiris.tut.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10455222.ja.html
所属
豊橋技術科学大学
部署
エレクトロニクス先端融合研究所
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

プロフィール

視覚認知の脳神経メカニズムを理解するために、神経生理実験とヒト心理実験を行なっています。見て楽しい視覚刺激、やって面白い認知課題を組み立てることに面白さを感じています。視覚、行動、サル、色覚、色盲、色覚異常。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2014年
豊橋技術科学大学 准教授
 

論文

 
Nagai T, Matsushima T, Koida K, Tani Y, Kitazaki M, Nakauchi S
Vision research   115(Pt B) 259-270   2014年12月   [査読有り]
Mochizuki Y, Onaga T, Shimazaki H, Shimokawa T, Tsubo Y, Kimura R, Saiki A, Sakai Y, Isomura Y, Fujisawa S, Shibata K, Hirai D, Furuta T, Kaneko T, Takahashi S, Nakazono T, Ishino S, Sakurai Y, Kitsukawa T, Lee JW, Lee H, Jung MW, Babul C, Maldonado PE, Takahashi K, Arce-McShane FI, Ross CF, Sessle BJ, Hatsopoulos NG, Brochier T, Riehle A, Chorley P, Grün S, Nishijo H, Ichihara-Takeda S, Funahashi S, Shima K, Mushiake H, Yamane Y, Tamura H, Fujita I, Inaba N, Kawano K, Kurkin S, Fukushima K, Kurata K, Taira M, Tsutsui K, Ogawa T, Komatsu H, Koida K, Toyama K, Richmond BJ, Shinomoto S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(21) 5736-5747   2016年5月   [査読有り]
Tani Y, Nagai T, Koida K, Kitazaki M, Nakauchi S
PloS one   9(1) e86400   2014年1月   [査読有り]
Tajima CI, Tajima S, Koida K, Komatsu H, Aihara K, Suzuki H
Scientific reports   6 22536   2016年3月   [査読有り]
Koida K, Yokoi I, Okazawa G, Mikami A, Widayati KA, Miyachi S, Komatsu H
Journal of vision   13(13) 1   2013年11月   [査読有り]
Ando Y, Sakurai T, Koida K, Tei H, Hida A, Nakao K, Natsume M, Numano R
Biomedical optics express   7(3) 963-978   2016年2月   [査読有り]
Nagai T, Ono Y, Tani Y, Koida K, Kitazaki M, Nakauchi S
i-Perception   4(6) 407-428   2013年8月   [査読有り]
Tamura H, Nakauchi S, Koida K
Journal of vision   16(1) 10   2016年   [査読有り]
Tani Y, Araki K, Nagai T, Koida K, Nakauchi S, Kitazaki M
PloS one   8(1) e54549   2013年   [査読有り]
Okazawa G, Koida K, Komatsu H
Journal of vision   11(8) 1-19   2011年7月   [査読有り]
Conway BR, Chatterjee S, Field GD, Horwitz GD, Johnson EN, Koida K, Mancuso K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30(45) 14955-14963   2010年11月   [査読有り]
Shinomoto S, Kim H, Shimokawa T, Matsuno N, Funahashi S, Shima K, Fujita I, Tamura H, Doi T, Kawano K, Inaba N, Fukushima K, Kurkin S, Kurata K, Taira M, Tsutsui K, Komatsu H, Ogawa T, Koida K, Tanji J, Toyama K
PLoS computational biology   5(7) e1000433   2009年7月   [査読有り]
Matsumora T, Koida K, Komatsu H
Journal of neurophysiology   100(6) 3361-3374   2008年12月   [査読有り]
Koida K, Komatsu H
Nature neuroscience   10(1) 108-116   2007年1月   [査読有り]
Saito A, Kawamura S, Mikami A, Ueno Y, Hiramatsu C, Koida K, Fujita K, Kuroshima H, Hasegawa T
American journal of primatology   67(4) 471-485   2005年12月   [査読有り]
Saito A, Mikami A, Hasegawa T, Koida K, Terao K, Koike S, Onishi A, Takenaka O, Teramoto M, Mori Y
Primates; journal of primatology   44(2) 171-176   2003年4月   [査読有り]

Misc

 
鯉田孝和, 永井岳大, 谿雄祐
Vision   24(4) 145-148   2012年10月
松島俊樹, 永井岳大, 谿雄祐, 鯉田孝和, 北崎充晃, 中内茂樹
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD−ROM)   2012 ROMBUNNO.K4-8   2012年9月
西島遼, 永井岳大, 谿雄祐, 鯉田孝和, 北崎充晃, 中内茂樹
電気関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD−ROM)   2012 ROMBUNNO.K4-7   2012年9月
佐藤智治, 鯉田孝和
Vision   24(3) 123   2012年7月
松島俊樹, 谿雄祐, 永井岳大, 鯉田孝和, 北崎充晃, 中内茂樹
Vision   24(3) 122   2012年7月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 鯉田 孝和
色覚は物体認識の重要な手がかりである。物体表面の色は光の波長依存的な吸収によって生じるため、鮮やかな色の物体面は白色反射よりも必ず暗くなる。この物理的な拘束条件が視環境に存在することから、視覚神経系は入力信号への適応によって色と輝度の相関という統計的性質に適応した情報コーディングを行っている可能性があると考えた。本実験では色と輝度の関係をニューロン活動レベルで明らかにするために、広色域、広輝度レンジの刺激セットを用いて、照明強度も統制した視環境下で、サル下側頭皮質の色選択性ニューロンの応答...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 鯉田 孝和
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 鯉田 孝和
艶と物体色の知覚過程を探るべく、ヒトを対象とした心理物理実験、サルを対象とした電気生理実験を行った。得られた成果は、色と明るさに関する新しい錯視現象の発見と、サル下側頭皮質における色情報表現についての理解の進展である。本研究の成果は、画像の取得と表示の際に経験的に行われていた処理にヒトの視覚機能による根拠を与える可能性があるとともに、視覚認知に関わる脳機能の理解に重要な役割を果たすだろう。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 小松 英彦
色覚は物体認知において重要な役割を果たすが、大脳皮質腹側高次視覚野の下側頭皮質が色覚に極めて重要であることが破壊実験の結果から示されている。本研究では、下側頭皮質が色覚に果たす役割を調べるために、色に関する機能構築、ニューロン活動と色知覚の関係、光沢感との関係をサルを用いて調べた。