塚本 健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 10:17
 
アバター
研究者氏名
塚本 健太郎
所属
藤田保健衛生大学
部署
総合医科学研究所 医高分子学部門
職名
助教
学位
博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号
00582818

プロフィール

MHC関連分子による病原体認識と免疫関連遺伝子の分子進化について研究をしています。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
   
 
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 助教
 

論文

 
Grimholt U, Tsukamoto K, Azuma T, Leong J, Koop BF, Dijkstra JM
BMC evolutionary biology   15 309   2015年12月   [査読有り]
Yamaguchi H, Tsukamoto K, Hashimoto K
Biochemical and biophysical research communications   443 422-427   2014年1月   [査読有り]
Tsukamoto K, Deakin JE, Graves JA, Hashimoto K
Immunogenetics   65(2) 115-124   2013年2月   [査読有り]
Tsukamoto K, Miura F, Fujito NT, Yoshizaki G, Nonaka M
Molecular biology and evolution   29(10) 3071-3079   2012年10月   [査読有り]
KATSUMURA Takafumi, ODA Shoji, TSUKAMOTO Kentaro, SEKIYA Yoshio, YAMASHITA Toshikazu, ASO Masanori, HATA Masayoshi, NONAKA Masaru, MANO Shuhei, ISHIDA Hajime, MITANI Hiroshi, KAWAMURA Shoji, OOTA Hiroki
Anthropol Sci   120(1) 81-89   2012年

Misc

 
MHCを中心とした獲得免疫の進化
野中 勝、塚本 健太郎
生体の科学   57(5) 516-517   2006年
Evolution of the major histocompatibility complex (MHC): a lesson from Oryzias species
Masaru Nonaka and Kentaro Tsukamoto
Model for Organogenesis, Human Diseases and Evolution   

講演・口頭発表等

 
進化的に高度に保存された MHC クラス I 遺伝子(MR1)の分子進化
塚本 健太郎、橋本 敬一郎
日本進化学会第14回東京大会   2012年8月   
免疫プロテアソームサブユニットPSMB8遺伝子の二型性の進化
藤戸尚子, 塚本健太郎, 野中勝
日本進化学会第12回東京大会   2010年8月   
免疫プロテアソームサブユニット遺伝子の二型性の起源と進化
塚本健太郎、野中勝
日本進化学会第11回札幌大会   2009年9月   
DICHOTOMOUS TRANS-SPECIES HAPLOTYPIC LINEAGES OF THE IMMUNOPROTEASOME SUBUNIT GENES, PSMB8 AND PSMB10, IN THE MHC CLASS I REGION OF A TELEOST ORYZIAS GENUS
Kentaro Tsukamoto, Masaru Nonaka
11th International Congress International Society of Developmental and Comparative Immunology   2009年6月   
メダカ属における免疫プロテアソームサブユニット遺伝子の二型性
塚本健太郎、野中勝
日本進化学会第10回東京大会   2008年8月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 塚本 健太郎

その他

 
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
なし
教育方法・教育実践に関する発表、講演等
なし
その他教育活動上特記すべき事項
なし