津元 国親

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/20 04:29
 
アバター
研究者氏名
津元 国親
 
ツモト クニチカ
通称等の別名
ktsumo10
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 医学専攻
職名
助教
学位
博士(工学)(徳島大学)
その他の所属
大阪大学大阪大学大阪大学
科研費研究者番号
70353331
ORCID ID
0000-0001-7457-3125

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
: 大阪大学大学院  助教
 
2010年10月
 - 
2011年3月
: 大阪大学大学院  助教
 
2008年6月
 - 
2010年9月
: 大阪大学  特任助教(常勤)
 
2004年2月
 - 
2008年5月
: 独立行政法人科学技術振興機構   研究員
 
2002年4月
 - 
2004年1月
: 詫間電波工業高等専門学校  助手
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
徳島大学大学院 工学研究科 システム工学
 
1997年4月
 - 
1999年3月
徳島大学大学院 工学研究科 電気電子工学
 
1995年4月
 - 
1997年3月
徳島大学 工学部 電気電子工学科
 
 
 - 
1995年3月
仙台高等専門学校 工学部 電気工学
 

受賞

 
2017年3月
日本生理学会 入沢宏・彩記念若手研究奨励賞「心臓・循環器分野」
 
2010年12月
英国王立協会 大和エイドリアン賞
 

論文

 
Kurata Y, Tsumoto K, Hayashi K, Hisatome I, Tanida M, Kuda Y, Shibamoto T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   312(1) H106-H127   2017年1月   [査読有り]
津元国親, 倉智嘉久, 倉智嘉久
生体医工学   53(3) 138-143   2015年6月
© 2015, Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering. All rights reserved.The accurate propagation of action potentials is indispensable for normal contractile function of the heart. The underlying mechanism of action potential propagation...
Tsumoto K, Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Kurachi Y
PloS one   9(10) e109271   2014年10月   [査読有り]
Tsumoto K, Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Kurachi Y
Biophysical journal   100(3) 554-563   2011年2月   [査読有り]
Transmural dispersion of repolarization determines scroll wave behavior during ventricular tachyarrhythmias.
Haraguchi R, Ashihara T, Namba T, Tsumoto K, Murakami S, Kurachi Y, Ikeda T, Nakazawa K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   75(1) 80-88   2011年   [査読有り]
Tsumoto K, Kurosawa G, Yoshinaga T, Aihara K
PloS one   6(6) e20880   2011年   [査読有り]
Gouwens NW, Zeberg H, Tsumoto K, Tateno T, Aihara K, Robinson HP
PLoS computational biology   6(9)    2010年9月   [査読有り]
Gouhei Tanaka, Kunichika Tsumoto, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara, Kazuyuki Aihara
Physica D: Nonlinear Phenomena   237 2616-2627   2008年10月
Hybrid systems are widely used to model dynamical phenomena that are characterized by interplay between continuous dynamics and discrete events. An example of biomedical application is modeling of disease progression of prostate cancer under inter...
Aihara I, Tsumoto K
Mathematical biosciences   214(1-2) 6-10   2008年7月   [査読有り]
Tsumoto K, Yoshinaga T, Iida H, Kawakami H, Aihara K
Journal of theoretical biology   239(1) 101-122   2006年3月   [査読有り]
Morita K, Tsumoto K, Aihara K
Biophysical journal   90(6) 1925-1938   2006年3月   [査読有り]
Kunichika Tsumoto, Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara, Kazuyuki Aihara, Hiroshi Kawakami
Neurocomputing   69 293-316   2006年1月
The Morris-Lecar (M-L) equations are an important neuron model that exhibits classes I and II excitabilities when system parameters are set appropriately. Although many papers have clarified characteristic behaviors of the model, the detailed tran...
Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami
Systems and Computers in Japan   36 1-14   2005年7月
This paper analyzes a system in which two Morris-Lecar neuron models are mutually coupled through an electrical synapse (gap junction) and a chemical synapse (α function), and sinusoidal external forces with different periods are applied to the in...
Morita K, Tsumoto K, Aihara K
Journal of neurophysiology   93(6) 3504-3523   2005年6月   [査読有り]
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   87(7) 1516-1528   2004年7月
本研究では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(a関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調及び周期外力への同調現象が観察された.系に見られる分岐現象の解析により,生理実験で報告されている同調/脱同調の発生メカ...
Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara, Kazuyuki Aihara, Hiroshi Kawakami
International Journal of Bifurcation and Chaos in Applied Sciences and Engineering   13 653-666   2003年3月
We investigate bifurcations in responses of two Hodgkin-Huxley neurons coupled to each other and forced by a periodic pulse train, through the characteristics of synaptic transmissions with an α-function and a time delay. Based on a computational ...
Tsumoto K, Yoshinaga T, Kawakami H
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   65(3 Pt 2A) 036230   2002年3月   [査読有り]
K. Tsumoto, T. Yoshinaga, H. Kawakami
International Journal of Bifurcation and Chaos in Applied Sciences and Engineering   11 1053-1064   2001年4月
We investigate bifurcations of periodic solutions in model equations of two and three Bonhöffervan der Pol (BVP) neurons coupled through the characteristics of synaptic transmissions with a time delay. Bifurcations of the coupled BVP neurons are c...
Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E82-A 1729-1736   1999年12月
We investigate bifurcations of burst oscillations with rectangular waveform observed in a modified Bonhöffer-van der Pol equation, which is considered as a circuit model for neurons of a feeding rhythm generator. In particular, we clarify a mechan...
Kazuharu Furutani, Kunichika Tsumoto, Yoshihisa Kurachi: for HD physiology project investigators.
npj Systems Biology and Applications      2017年1月   [査読有り][招待有り]
Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms
Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami
Systems and Computers in Japan      2005年4月   [査読有り]
Kunichika Tsumoto, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE      2012年10月   [査読有り][招待有り]
Tsumoto K, Ashihara T, Haraguchi R, Nakazawa K, Kurachi Y
PloS one   9(10) e109271   2014年   [査読有り]
津元国親, 古谷和春, 倉智嘉久
医学のあゆみ   238(3) 237-243   2011年7月
心臓病の医療を革新的に発展させるために、フィジオーム・システムバイオロジーといったアプローチによるin silico心臓学の重要性がいわれて久しい。著者らを含む国内外のグループがin silico心臓学の創成をめざし、十年来取り組んできた。心臓は分子レベルから細胞、組織といった複数の階層性を有し、複雑で巨大なシステムである。これまでに多くの生理学者によって心臓の統合モデルの構築が試みられてきたが、十分な成功には至っていない。心臓というシステムの個々の階層レベルにおける機能理解を深め、構成要...
Tomohiro Numata, Kunichika Tsumoto, Kazunori Yamada, Tatsuki Kurokawa, Shinichi Hirose, Hideki Nomura, Mitsuhiro Kawano, Yoshihisa Kurachi, Ryuji Inoue, Yasuo Mori
Scientific Reports      2017年8月   [査読有り]
Kunichika Tsumoto, Yasutaka Kurata, Kazuharu Furutani, Yoshihisa Kurachi
Scientific Reports      2017年9月   [査読有り]
Multi-stability in early afterdepolarizations as a potential mechanism that triggers life-threatening arrhythmias in human ventricle
Kunichika Tsumoto, Yasutaka Kurata, Yoshihisa Kurachi
   2017年9月   [査読有り]
Dynamical mechanisms of early afterdepolarizations in human ventricular myocytes: novel insights from stability and bifurcation analyses of a mathematical model
Yasutaka Kurata, Kunichika Tsumoto, Kenshi Hayashi, Ichiro Hisatome.
   2017年9月   [査読有り]

Misc

 
Rotational Anisotropy Prevents Transition of Tachycardia to Fibrillation in the Ventricular Wall Model with Large Transmural Dispersion of Repolarization: A Simulation Study
Ryo Haraguchi, Takashi Ashihara, Kunichika Tsumoto, Shin Inada, Kazuo Nakazawa
心電図      2011年9月   [査読有り]
Effects of Subcellular Sodium Channel Distribution on the Initiation of Phase-2 Reentry: A Possible Mechanism of Fibrillation Induction in Brugada Syndrome
Kunichika Tsumoto, Takashi Ashihara, Ryo Haraguchi, Kazuo Nakazawa, Yoshihisa KURACHI
心電図      2011年9月   [査読有り]
井岡 惠理, 津元 国親, 北島 博之
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   109(125) 123-126   2009年7月
ニューロンの同期発火現象は脳内の情報コーディングに関わりがあると言われている.本研究では大脳新皮質に見られる介在ニューロンのネットワークを基に,2個のFast-Spikingニューロンを結合した系の同期現象について考える.結果として,興奮性・抑制性シナプスで一方向結合した系では結合コンダクタンスを増加させると同期化領域は発火周波数の高い,または低い領域に広がることがわかった.Gap結合の場合では,結合したニューロンの発火周期は,同じ値の外部刺激に対する各ニューロン固有の発火周期の平均値より...
井岡 惠理, 津元 国親, 北島 博之
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   109(124) 123-126   2009年7月
ニューロンの同期発火現象は脳内の情報コーディングに関わりがあると言われている.本研究では大脳新皮質に見られる介在ニューロンのネットワークを基に,2個のFast-Spikingニューロンを結合した系の同期現象について考える.結果として,興奮性・抑制性シナプスで一方向結合した系では結合コンダクタンスを増加させると同期化領域は発火周波数の高い,または低い領域に広がることがわかった.Gap結合の場合では,結合したニューロンの発火周期は,同じ値の外部刺激に対する各ニューロン固有の発火周期の平均値より...
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   100(469) 23-28   2000年11月
3相対称回路に3相正弦波入力を印加した回路の高調波振動を解析した.周期振動の分岐集合を計算することにより, 分岐の立場と対称性から各振動の持つ特性を明らかにした.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   103(464) 13-18   2003年11月
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   103(464) 13-18   2003年11月
Morris-Lecar(M-L)ニューロンモデルは,パラメータ設定により,2つの膜性質(classlまたはclass II)を示す.本報告では, M-Lニューロンモデルの分岐現象を調べ,膜性質の変化に寄与しているパラメータについて考察する.その結果, M-Lニューロンにおいては,単一のパラメータ変化によって,膜の性質を変化させる事ができることを報告する.
鈴木 慎悟, 芦原 貴司, 原口 亮, 津元 国親, 村上 慎吾, 倉智 嘉久, 中沢 一雄
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   108(479) 83-88   2009年3月
心筋組織の興奮伝播はギャップ結合によるものであるが,ギャップ結合による細胞間の電気的結合は,T波形成に必要な貫壁性心室較差を十分説明できない.本研究では,細胞間クレフトの電位変化が隣の細胞を刺激する新たな機構「クレフト電位機構」を検証した.その結果,クレフト電位機構によって貫壁方向の興奮伝播が成立すると同時に,貫壁性心室較差が再現可能であることがわかった.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   99(134) 115-122   1999年6月
本稿では,Bonhoffer-van der Pol (BVP)方程式が,パルスの伝達により相互結合した系を対象とし,系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している.対象とする系は,状態空間のある局面を解軌道が交差する毎に,適当な時間遅れの後でインパルスが入力されるような力学系となっている.ここでは,結合係数と時間遅れのパラメータ変化により生じた周期解の分岐現象を検討する.さらに,得られた結果を結合Hodgkin-Huxley方程式の場合と比較し,その相違点を...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   99(204) 45-52   1999年7月
本稿では, Bonhoffer-van der Pol (BVP)方程式が, パルスの伝達により相互結合した系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している。対象とする系は, 状態空間のある局面を解軌道が交差する毎に, 適当な時間遅れの後でインパルスが入力されるような力学系となっている。前回の報告では, 結合係数と時間遅れのパラメータ変化により生じた周期解の分岐現象を検討した。本報告では, シナプス伝達特性の急峻さに関するパラメータと時間遅れのパ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   100(32) 17-24   2000年5月
本報告では, 4個のBonhoffer-van der Pol(BVP)方程式が, パルスの伝達により相互結合した系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している.完全に同相, もしくは部分的に同相の位相ロックパターンをもつ周期解の振舞いは, 状態空間内の不変部分空間に制限される.これは自己結合と相互結合をもった部分系を構成し, その部分系にみられる周期解を解析することに帰着できる.理論的に示唆された全てのパターンが安定にみられることを確認し, ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   103(183) 29-32   2003年7月
本稿では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(α関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調および周期外力への同調現象が観察された.系にみられる分岐現象の解析により,生理実験で報告されている同調/脱同調の発生メカ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   98(582) 43-50   1999年2月
本報告では, Bonhoeffer-van der Pol(BVP)方程式を3次元系へと拡張した拡張BVP方程式にみられる矩形波バースト振動の分岐について解析を行った. この拡張BVP方程式は, 摂食リズムを創り出すニューロンの回路モデルとして考えることができる. 特に, ホモクリニック分岐の連鎖を含む, 連続的な分岐過程を調べることで, 周期振動の周期の1パラメータグラフが履歴跳躍をもった階段状を示すメカニズムを明らかにする. ホモクリニック分岐の発生は, 平衡点を通る安定多様体に関して...
吉永 哲哉, 佐野 泰彦, 津元 国親, 川上 博
電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会   1998(101) 41-46   1998年12月
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   100(469) 97-104   2000年11月
本報告では, 神経モデルとして知られるBonhoffer-van der Pol(BVP)方程式に周期的α関数によるパルス列が印加された系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる周期解の分岐現象について考察している.パルス入力の強度とその周期, および, シナプス伝達特性(α関数)の急峻さに関係したパラメータの変化が, 周期解の安定存在領域の計上に及ぼす影響について検討を行なった.周期解の分岐集合を求めることにより, 周期的インパルス列を印加したBVPニューロンにみられる分岐...
津元 国親, 吉永 哲哉, 合原 一幸, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   101(68) 43-50   2001年5月
筆者等は, ニューロンモデルとして知られるHodgkin-Huxley(H-H)方程式がパルスの伝達により相互結合した系の解析を進めている. 本稿では, 結合H-Hニューロンモデルに, 周期的α関数列が印加された系を考え, 系のパラメータを変化させたときにみられる周期解の分岐現象を解析している. 今回, 特に, パルス入力の強度, およびニューロンの結合係数のパラメータの変化が, 周期解の安定存在領域の形状に及ぼす影響について新しい検討結果が得られた.
高橋 明子, 朝長 伸吾, 津元 国親, 高坂 拓司
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   110(299) 17-20   2010年11月
解軌道が状態に依存して切り換わり,境界断面上で解にジャンプが与えられる系は衝突振動系と呼ばれ,この種の研究は様々な分野において盛んに行われている.しかし,このクラスの系は厳密解を用いた解析が困難であり,一般的な分岐解析法は未だ確立されていない.先に我々は固定された境界断面を有する衝突振動系における固定点の分岐点導出法を提案したが,周期解にみられる分岐点の計算法については議論していない.本稿では固定された境界断面を有する衝突振動系の一般的な分岐点追跡手法を提案する.
高橋明子, 朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司
電子情報通信学会技術研究報告   110(299(NLP2010 99-110)) 17-20   2010年11月
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. CST, コンカレント工学   99(207) 29-35   1999年7月
3相対称回路に対称3相正弦波入力と直流電源を印加した回路の準周期振動を解析した。系の次元が高くなると, ジャンプ現象を起こすパラメータ近傍でNeimark-Sacker分岐が観察される。このNeimark-Sacker分岐より生じる非対象周期解の分岐を解析した。
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   99(205) 29-35   1999年7月
3相対称回路に対称3相正弦波入力と直流電源を印加した回路の準周期振動を解析した。系の次元が高くなると, ジャンプ現象を起こすパラメータ近傍でNeimark-Sacker分岐が観察される。このNeimark-Sacker分岐より生じる非対象周期解の分岐を解析した。
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   97(531) 9-16   1998年2月
BVP発振器を3次元系に拡張した回路を考え, この系に見られる振動現象の発生機構を分岐理論を用いて明らかにする.特に, リミットサイクルの巻数が周期倍分岐の連鎖を伴わずに単調に増加してカオスへと至る過程には, ホモクリニックの連鎖的発生が関係していることを示す.さらに, 振動波形に対する平均発火率の性質を検討している.また, この系に周期的な外力を印加した場合, ある規則にしたがって周期解が発生することを示し, その振動パターンを分類する.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   97(533) 9-16   1998年2月
BVP発振器を3次元系に拡張した回路を考え, この系に見られる振動現象の発生機構を分岐理論を用いて明かにする.特に, リミットサイクルの巻数が周期倍分岐の連鎖を伴わずに単調に増加してカオスへと至る過程には, ホモクリニックの連鎖的発生が関係していることを示す.さらに, 振動波形に対する平均発火率の性質を検討している.また, この系に周期的な外力を印加した場合, ある規則にしたがって周期解が発生することを示し, その振動パターンを分類する.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   98(226) 37-44   1998年7月
以前, 拡張BVP方程式にみられる大域的分岐であるホモクリニック軌道の連鎖的発生によるカオスへの進展を報告した.このようなホモクリニック軌道が連鎖発生するパラメータ領域での結合系を考える.本報告では, 拡張BVP回路方程式を抵抗で結合した系の分岐現象を解析した.単体で見られた周期解が, 同期状態からはずれることで, カオス・アトラクタが発生する.これは, 系の持つ対称性がD型分岐によって崩れることにより発生する.さらに単体の発振器ではみられなかった周期解が, 周期倍分岐の連鎖によってカオス...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   98(224) 37-44   1998年7月
以前, 拡張BVP方程式にみられる大域的分岐であるホモクリニック軌道の連鎖的発生によるカオスへの進展を報告した.このようなホモクリニック軌道が連鎖発生するパラメータ領域での結合系を考える.本報告では, 拡張BVP回路方程式を抵抗で結合した系の分岐現象を解析した.単体で見られた周期解が, 同期状態からはずれることで, カオス・アトラクタが発生する.これは, 系の持つ対称性がD型分枝によって崩れることにより発生する.さらに単体の発振器ではみられなかった周期解が, 周期倍分岐の連鎖によってカオス...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   103(503) 61-66   2003年12月
時計振動体遺伝子は,ポジティブ因子により発現が促進され,自身のコードするタンパク質が,ネガティブ因子となって自身の転写を抑制する.本稿では,この発振原理に基づいて提案されるショウジョウバエの時計遺伝子モデルにおいてみられる分岐について調べる.この時計遺伝子モデルは,対称性を崩すことにより,振動の二重安定性や,カオス振動応答を観察することができる.本稿では,これらの振動現象の発生メカニズムを分岐解析により明らかとした.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   103(137) 31-36   2003年6月
本稿では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(α関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調および周期外力への同調現象が観察された.系にみられる分岐現象の解析により,生理実験で報告されている同調/脱同調の発生メカ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   87(7) 1516-1528   2004年7月
本研究では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(a関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調及び周期外力への同調現象が観察された.系に見られる分岐現象の解析により,生理実験で報告されている同調/脱同調の発生メカ...
龍田 雅人, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   99(134) 59-64   1999年6月
特性が同じBVP発振器を抵抗で電圧結合した系にみられる同期化現象を考察した.考察した結合系では,(1)結合抵抗の素子特性に飽和特性を仮定した,(2)対称軸上で結合抵抗が零となるような接続を行なった.今回は平衡点とそのHopf分岐を中心に解析を行なった.

書籍等出版物

 
Computational Electrophysiolog: Dynamical Systems and Bifurcations (A First Course in“In Silico Medicine”)
Shinji Doi, Junko Inoue, Zhenxing Pan, Kunichika Tsumoto, Masao Tanaka (Series Editor) (担当:共著)
Springer   2010年5月   ISBN:978-4-431-53861-5
Bifurcations in synaptically coupled Bonheoffer-van der Pol neurons.
Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, and Hiroshi Kawakami, (eds.) G.R. Chen and Tetsushi Ueta (担当:共著)
World Scientific on Nonlinear Science: Series B   2002年5月   ISBN:9810249330
臨床医工学 情報学スキルアップシリーズ1 臨床医工学スキルアップ講座
春名 正光 (編集), 八木 哲也 (編集), 田中 正夫 (編集), 明石 満 (編集), 倉智 嘉久 (監修) (担当:共著)
大阪大学出版会   2010年4月   ISBN:4872593634
Shinji Doi, Junko Inoue, Zhenxing Pan, Kunichika Tsumoto
Springer   2010年4月   ISBN:4431538615
臨床医工学 情報学スキルアップシリーズ1 臨床医工学スキルアップ講座
大阪大学出版会   2010年   

講演・口頭発表等

 
古谷和春, 津元国親, 倉智嘉久
日本循環薬理学会口演要旨集   2016年   
津元国親, 倉田康孝, 倉智嘉久
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   2016年   
津元国親, 倉智嘉久
日本循環薬理学会口演要旨集   2015年   
Kunichika Tsumoto, Yoshihisa Kurachi, Yoshihisa Kurachi
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   2014年1月1日   
© 2014, Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering. All rights reserved.Action potential propagation under a pathophysiological condition in the heart might be affected by both the subcellular sodium channel distribution and a novel cond...
津元国親, 芦原貴司, 原口亮, 中沢一雄, 倉智嘉久
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   2014年   
津元国親, 倉智嘉久
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2014年   
Action potential propagation under a pathophysiological condition in the heart might be affected by both the subcellular sodium channel distribution and a novel conduction mechanism (electric field mechanism), taking into account the intercellular...
津元国親, 芦原貴司, 原口亮, 中沢一雄, 倉智嘉久
心電図   2013年9月11日   
虚血心筋における細胞内Na+チャネル分布リモデリングのI群抗不整脈薬による催不整脈増強作用
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
心電図   2013年9月   
津元国親, 芦原貴司, 原口亮, 中沢一雄, 倉智嘉久
心電図   2013年5月30日   
オーガナイズドセッション 虚血心筋におけるNa+チャネルの細胞内分布変化がI群抗不整脈薬の催不整脈性の機序に関与する可能性について
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
心電図   2013年5月   
心筋虚血下におけるI群抗不整脈薬の催不整脈性の機序にNaチャネルの細胞内リモデリングが関与する可能性について
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
日本薬理学雑誌   2013年3月   
抗不整脈薬のhERGチャネルファシリテーション作用 分子機序と不整脈治療における意義
古谷 和春, 津元 国親, 陳 以珊, 山川 祐子, 倉智 嘉久
日本薬理学雑誌   2013年3月   
心筋Na+チャネルの細胞内分布がI群抗不整脈薬の効果に影響を及ぼす可能性について
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
日本薬理学雑誌   2012年10月   
古谷和春, 津元国親, 倉智嘉久
心電図   2012年9月10日   
心筋Na+チャネルの細胞内局在によって発生するPhase-2リエントリー Brugada症候群との関連において
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
心電図   2012年9月   
Akiko Takahashi, Kunichika Tsumoto, Kazuyuki Aihara, Takuji Kousaka
2011 20th European Conference on Circuit Theory and Design, ECCTD 2011   2011年11月7日   
Impact oscillators appear in various fields such as nervous system, ecological system, and mechanical system. These systems have a characteristic property that the dynamics discontinuously behaves due to jumps at hitting borders in the state space...
Kunichika Tsumoto, Takashi Ashihara, Ryo Haraguchi, Kazuo Nakazawa, Yoshihisa Kurachi
Journal of Arrhythmia   2011年1月1日   
Cardiac sodium (Na+) channels play critical roles in initiating and propagating action potentials in myocardium. We have recently reported that the action potential propagation was greatly affected by the subcellular distribution of Na+ channels i...
Ryo Haraguchi, Takashi Ashihara, Kunichika Tsumoto, Shin Inada, Kazuo Nakazawa
Journal of Arrhythmia   2011年1月1日   
Background: We have recently demonstrated in computer simulations that rotational anisotropy of ventricular fiber orientation decreases the sustainability of ventricular fibrillation (VF) even under the large transmural dispersion of repolarizatio...
概日性同調化を安定化する光応答の予測(Prediction of the light response that stabilizes circadian entrainment)
黒澤 元, 津元 国親, 吉永 哲哉, 合原 一幸
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   2010年12月   
高橋 明子, 朝長 伸吾, 津元 国親, 高坂 拓司
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2010年11月12日   
解軌道が状態に依存して切り換わり,境界断面上で解にジャンプが与えられる系は衝突振動系と呼ばれ,この種の研究は様々な分野において盛んに行われている.しかし,このクラスの系は厳密解を用いた解析が困難であり,一般的な分岐解析法は未だ確立されていない.先に我々は固定された境界断面を有する衝突振動系における固定点の分岐点導出法を提案したが,周期解にみられる分岐点の計算法については議論していない.本稿では固定された境界断面を有する衝突振動系の一般的な分岐点追跡手法を提案する.
心筋ナトリウムチャネルの細胞内局在の興奮伝導への影響
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
心電図   2010年9月   
原口 亮, 芦原 貴司, 難波 経豊, 津元 国親, 村上 慎吾, 倉智 嘉久, 池田 隆徳, 中沢 一雄
心電図   2010年5月25日   
朝長 伸吾, 津元 国親, 高坂 拓司
Dynamics & Design Conference   2009年8月3日   
Impact oscillators have a property that the orbit jumps when the trajectory reaches border depending on state. These systems are observed in various fields. The switched dynamical systems such as an impact damper in mechanical system, a spiking ne...
井岡 惠理, 津元 国親, 北島 博之
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   2009年7月6日   
ニューロンの同期発火現象は脳内の情報コーディングに関わりがあると言われている.本研究では大脳新皮質に見られる介在ニューロンのネットワークを基に,2個のFast-Spikingニューロンを結合した系の同期現象について考える.結果として,興奮性・抑制性シナプスで一方向結合した系では結合コンダクタンスを増加させると同期化領域は発火周波数の高い,または低い領域に広がることがわかった.Gap結合の場合では,結合したニューロンの発火周期は,同じ値の外部刺激に対する各ニューロン固有の発火周期の平均値より...
井岡 惠理, 津元 国親, 北島 博之
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2009年7月6日   
ニューロンの同期発火現象は脳内の情報コーディングに関わりがあると言われている.本研究では大脳新皮質に見られる介在ニューロンのネットワークを基に,2個のFast-Spikingニューロンを結合した系の同期現象について考える.結果として,興奮性・抑制性シナプスで一方向結合した系では結合コンダクタンスを増加させると同期化領域は発火周波数の高い,または低い領域に広がることがわかった.Gap結合の場合では,結合したニューロンの発火周期は,同じ値の外部刺激に対する各ニューロン固有の発火周期の平均値より...
薬物誘発不整脈発生危険度の予測システム Arrhythmo predictor
村上 慎吾, 鈴木 慎悟, 倉智 嘉久, 津元 国親, 上島 豊, 野村 泰伸
心電図   2009年6月   
朝長 伸吾, 津元 国親, 高坂 拓司
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009年3月4日   
鈴木 慎悟, 芦原 貴司, 原口 亮, 津元 国親, 村上 慎吾, 倉智 嘉久, 中沢 一雄
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   2009年3月4日   
心筋組織の興奮伝播はギャップ結合によるものであるが、ギャップ結合による細胞間の電気的結合は、T波形成に必要な貫壁性心室較差を十分説明できない。本研究では、細胞間クレフトの電位変化が隣の細胞を刺激する新たな機構「クレフト電位機構」を検証した。その結果、クレフト電位機構によって貫壁方向の興奮伝播が成立すると同時に、貫壁性心室較差が再現可能であることがわかった。(著者抄録)
合原 一幸, 合原 一究, 津元 国親
数理解析研究所講究録   2007年4月   
井岡 恵理, 北島 博之, 津元 国親
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2007年1月11日   
ニューロンは外部刺激によって持続的な発火を起こし,その発火特性の違いによって2つのclassに分類される.本研究ではclass Iとclass IIニューロンを化学シナプスによって2個一方向結合した系において,一方のニューロンの外部電流を変化させ発振周波数を変え,それがもう一方のニューロンに及ぼす影響を調べた.結果として,化学シナプス結合が興奮性の場合は同期化領域が外部刺激電流の大きい方向に広がり,抑制性の結合の場合は同期化領域が外部刺激電流の小さい方向に広がる事を示す.
Kunichika Tsumoto, Kunichika Tsumoto, Gen Kurosawa, Gen Kurosawa, Kazuyuki Aihara, Kazuyuki Aihara
2006 IEEE/NLM Life Science Systems and Applications Workshop, LiSA 2006   2006年12月1日   
For studying autonomous circadian rhythms of proteins in organisms, various mathematical models have been proposed. In this study, we have investigated bifurcations of periodic oscillations observed in circadian models incorporating the effect on ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年12月11日   
時計振動体遺伝子は,ポジティブ因子により発現が促進され,自身のコードするタンパク質が,ネガティブ因子となって自身の転写を抑制する.本稿では,この発振原理に基づいて提案されるショウジョウバエの時計遺伝子モデルにおいてみられる分岐について調べる.この時計遺伝子モデルは,対称性を崩すことにより,振動の二重安定性や,カオス振動応答を観察することができる.本稿では,これらの振動現象の発生メカニズムを分岐解析により明らかとした.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年11月15日   
Morris-Lecar(M-L)ニューロンモデルは,パラメータ設定により,2つの膜性質(classlまたはclass II)を示す.本報告では, M-Lニューロンモデルの分岐現象を調べ,膜性質の変化に寄与しているパラメータについて考察する.その結果, M-Lニューロンにおいては,単一のパラメータ変化によって,膜の性質を変化させる事ができることを報告する.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年11月15日   
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   2003年7月5日   
Morris-Lecarニューロンの結合系及びその分岐解析の手法を説明した後,サーカディアン発火リズム応答が脱同調状態を示す時の分岐の解析結果を報告した.本解析より,脱同調現象の発生メカニズムを分岐の点から説明できることが示された.一方,異なる周期をもった周期外力が各々のニューロンに注入される時,系の応答は,周期の遅い外力に同調することが観察された
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2003年6月17日   
本稿では,2個のMorris-Lecarニューロンモデルが電気シナプス(gap-junction)と化学シナプス(α関数)により相互結合し,かつ,周期の異なる正弦波外力が個々のニューロンに印加された系を解析する.このモデルは時計遺伝子リズムに起因したニューロン相互の同調を説明するために提案した力学系であり,実際,平均発火率リズム(発火/非発火応答の持続時間変動)の相互同調および周期外力への同調現象が観察された.系にみられる分岐現象の解析により,生理実験で報告されている同調/脱同調の発生メカ...
吉永 哲哉, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2002年3月7日   
津元 国親, 吉永 哲哉, 合原 一幸, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2001年5月15日   
筆者等は, ニューロンモデルとして知られるHodgkin-Huxley(H-H)方程式がパルスの伝達により相互結合した系の解析を進めている. 本稿では, 結合H-Hニューロンモデルに, 周期的α関数列が印加された系を考え, 系のパラメータを変化させたときにみられる周期解の分岐現象を解析している. 今回, 特に, パルス入力の強度, およびニューロンの結合係数のパラメータの変化が, 周期解の安定存在領域の形状に及ぼす影響について新しい検討結果が得られた.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001年3月7日   
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2000年11月17日   
本報告では, 神経モデルとして知られるBonhoffer-van der Pol(BVP)方程式に周期的α関数によるパルス列が印加された系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる周期解の分岐現象について考察している.パルス入力の強度とその周期, および, シナプス伝達特性(α関数)の急峻さに関係したパラメータの変化が, 周期解の安定存在領域の計上に及ぼす影響について検討を行なった.周期解の分岐集合を求めることにより, 周期的インパルス列を印加したBVPニューロンにみられる分岐...
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2000年11月17日   
3相対称回路に3相正弦波入力を印加した回路の高調波振動を解析した.周期振動の分岐集合を計算することにより, 分岐の立場と対称性から各振動の持つ特性を明らかにした.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   2000年5月3日   
本報告では, 4個のBonhoffer-van der Pol(BVP)方程式が, パルスの伝達により相互結合した系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している.完全に同相, もしくは部分的に同相の位相ロックパターンをもつ周期解の振舞いは, 状態空間内の不変部分空間に制限される.これは自己結合と相互結合をもった部分系を構成し, その部分系にみられる周期解を解析することに帰着できる.理論的に示唆された全てのパターンが安定にみられることを確認し, ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000年3月7日   
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000年3月7日   
Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami
IECON Proceedings (Industrial Electronics Conference)   2000年1月1日   
© 2000 IEEE.We survey a mechanism of a route to chaos due to a successive bifurcation process including a chain of homoclinic bifurcations observed in a modified Bonhoffer-van der Pol equation. The occurrence of homoclinic bifurcations is confirme...
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. CST, コンカレント工学   1999年7月23日   
3相対称回路に対称3相正弦波入力と直流電源を印加した回路の準周期振動を解析した。系の次元が高くなると, ジャンプ現象を起こすパラメータ近傍でNeimark-Sacker分岐が観察される。このNeimark-Sacker分岐より生じる非対象周期解の分岐を解析した。
杉田 達信, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1999年7月23日   
3相対称回路に対称3相正弦波入力と直流電源を印加した回路の準周期振動を解析した。系の次元が高くなると, ジャンプ現象を起こすパラメータ近傍でNeimark-Sacker分岐が観察される。このNeimark-Sacker分岐より生じる非対象周期解の分岐を解析した。
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. CST, コンカレント工学   1999年7月22日   
本稿では, Bonhoffer-van der Pol (BVP)方程式が, パルスの伝達により相互結合した系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している。対象とする系は, 状態空間のある局面を解軌道が交差する毎に, 適当な時間遅れの後でインパルスが入力されるような力学系となっている。前回の報告では, 結合係数と時間遅れのパラメータ変化により生じた周期解の分岐現象を検討した。本報告では, シナプス伝達特性の急峻さに関するパラメータと時間遅れのパ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1999年7月22日   
本稿では, Bonhoffer-van der Pol (BVP)方程式が, パルスの伝達により相互結合した系を対象とし, 系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している。対象とする系は, 状態空間のある局面を解軌道が交差する毎に, 適当な時間遅れの後でインパルスが入力されるような力学系となっている。前回の報告では, 結合係数と時間遅れのパラメータ変化により生じた周期解の分岐現象を検討した。本報告では, シナプス伝達特性の急峻さに関するパラメータと時間遅れのパ...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1999年6月22日   
本稿では,Bonhoffer-van der Pol (BVP)方程式が,パルスの伝達により相互結合した系を対象とし,系のパラメータを変化させたときにみられる同期状態とその分岐現象を解析している.対象とする系は,状態空間のある局面を解軌道が交差する毎に,適当な時間遅れの後でインパルスが入力されるような力学系となっている.ここでは,結合係数と時間遅れのパラメータ変化により生じた周期解の分岐現象を検討する.さらに,得られた結果を結合Hodgkin-Huxley方程式の場合と比較し,その相違点を...
龍田 雅人, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1999年6月22日   
特性が同じBVP発振器を抵抗で電圧結合した系にみられる同期化現象を考察した.考察した結合系では,(1)結合抵抗の素子特性に飽和特性を仮定した,(2)対称軸上で結合抵抗が零となるような接続を行なった.今回は平衡点とそのHopf分岐を中心に解析を行なった.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   1999年3月8日   
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1999年2月8日   
本報告では, Bonhoeffer-van der Pol(BVP)方程式を3次元系へと拡張した拡張BVP方程式にみられる矩形波バースト振動の分岐について解析を行った. この拡張BVP方程式は, 摂食リズムを創り出すニューロンの回路モデルとして考えることができる. 特に, ホモクリニック分岐の連鎖を含む, 連続的な分岐過程を調べることで, 周期振動の周期の1パラメータグラフが履歴跳躍をもった階段状を示すメカニズムを明らかにする. ホモクリニック分岐の発生は, 平衡点を通る安定多様体に関して...
吉永 哲哉, 佐野 泰彦, 津元 国親, 川上 博
電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会   1998年12月11日   
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1998年7月31日   
以前, 拡張BVP方程式にみられる大域的分岐であるホモクリニック軌道の連鎖的発生によるカオスへの進展を報告した.このようなホモクリニック軌道が連鎖発生するパラメータ領域での結合系を考える.本報告では, 拡張BVP回路方程式を抵抗で結合した系の分岐現象を解析した.単体で見られた周期解が, 同期状態からはずれることで, カオス・アトラクタが発生する.これは, 系の持つ対称性がD型分岐によって崩れることにより発生する.さらに単体の発振器ではみられなかった周期解が, 周期倍分岐の連鎖によってカオス...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   1998年7月31日   
以前, 拡張BVP方程式にみられる大域的分岐であるホモクリニック軌道の連鎖的発生によるカオスへの進展を報告した.このようなホモクリニック軌道が連鎖発生するパラメータ領域での結合系を考える.本報告では, 拡張BVP回路方程式を抵抗で結合した系の分岐現象を解析した.単体で見られた周期解が, 同期状態からはずれることで, カオス・アトラクタが発生する.これは, 系の持つ対称性がD型分枝によって崩れることにより発生する.さらに単体の発振器ではみられなかった周期解が, 周期倍分岐の連鎖によってカオス...
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   1998年3月6日   
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   1998年2月6日   
BVP発振器を3次元系に拡張した回路を考え, この系に見られる振動現象の発生機構を分岐理論を用いて明らかにする.特に, リミットサイクルの巻数が周期倍分岐の連鎖を伴わずに単調に増加してカオスへと至る過程には, ホモクリニックの連鎖的発生が関係していることを示す.さらに, 振動波形に対する平均発火率の性質を検討している.また, この系に周期的な外力を印加した場合, ある規則にしたがって周期解が発生することを示し, その振動パターンを分類する.
津元 国親, 吉永 哲哉, 川上 博
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   1998年2月6日   
BVP発振器を3次元系に拡張した回路を考え, この系に見られる振動現象の発生機構を分岐理論を用いて明かにする.特に, リミットサイクルの巻数が周期倍分岐の連鎖を伴わずに単調に増加してカオスへと至る過程には, ホモクリニックの連鎖的発生が関係していることを示す.さらに, 振動波形に対する平均発火率の性質を検討している.また, この系に周期的な外力を印加した場合, ある規則にしたがって周期解が発生することを示し, その振動パターンを分類する.
TSUMOTO Kunichika, KURACHI Yoshihisa
J Physiol Sci   2015年   
TSUMOTO Kunichika, ASHIHARA Takashi, HAFAGUCHI Ryo, NAKAZAWA Kazuo, KURACHI Yoshihisa
心電図   2014年6月10日   
FURUTANI Kazuharu, TSUMOTO Kunichika, KURACHI Yoshihisa
J Pharmacol Sci   2014年2月15日   
TSUMOTO Kunichika, ASHIHARA Takashi, HARAGUCHI Ryo, NAKAZAWA Kazuo, KURACHI Yoshihisa
J Pharmacol Sci   2014年2月15日   
FURUTANI Kazuharu, TSUMOTO Kunichika, KURACHI Yoshihisa
J Physiol Sci   2014年   
TSUMOTO Kunichika, ASHIHARA Takashi, HARAGUCHI Ryo, NAKAZAWA Kazuo, KURACHI Yoshihisa
J Physiol Sci   2014年   
FURUTANI Kazuharu, TSUMOTO Kunichika, CHEN I‐Shan, KURACHI Yoshihisa
J Pharmacol Sci   2013年3月15日   
心筋Na+チャネルの細胞内局在によって発生するPhase-2リエントリー Brugada症候群との関連において
津元 国親, 芦原 貴司, 原口 亮, 中沢 一雄, 倉智 嘉久
心電図   2012年9月   
津元国親, 芦原貴司, 原口亮, 中沢一雄, 倉智嘉久
日本循環薬理学会口演要旨集   2012年   
古谷和春, 津元国親, 陳以珊, 山川祐子, 倉智嘉久
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   2012年   
津元国親, 芦原貴司, 原口亮, 中沢一雄, 倉智嘉久
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   2012年   
津元国親, 芦原貴司, 原口亮, 中沢一雄, 倉智嘉久
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   2012年   
津元国親, 浅井義之, 古谷和春, 倉智嘉久
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   2012年   
高橋明子, 朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2010年9月9日   
津元国親, 黒澤元, 吉永哲哉, 合原一幸
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2010年   
朝長伸吾, 津元国親, 高坂拓司
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2009年9月3日   
吉永 哲哉, 津元 国親, 川上 博
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2002年3月7日