窪薗晴夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/14 16:32
 
アバター
研究者氏名
窪薗晴夫
eメール
kubozononinjal.ac.jp
所属
人間文化研究機構
部署
国立国語研究所 理論・構造研究系
職名
教授
学位
Ph.D.(エジンバラ大学, 1988)
科研費研究者番号
80153328

プロフィール

鹿児島県川内市(現薩摩川内市)生まれ、母語は鹿児島方言。標準語は第2言語で、18才になって初めて話す。第3言語は英語。大学院(名古屋大学)までは英語音韻史を専攻していたが、イギリス留学中に母語に対する無知を悟り、日本語の音声研究を始める。研究対象は英語から日本語へ、標準語から鹿児島方言へと、経歴とは逆方向に推移している。好きな言葉は、「真理は単純である」、「真理は人を自由にする」。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所 理論・対照研究領域 教授
 
2010年4月
 - 
2016年3月
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所 理論・構造研究系 研究系長・教授
 
2007年4月
 - 
2010年9月
神戸大学 人文学研究科 教授
 
1996年4月
 - 
2010年9月
Kobe University Dept. of Linguistics Associate professor
 
2002年1月
 - 
2007年3月
神戸大学 文学部 教授
 
1996年4月
 - 
2001年12月
神戸大学 文学部 助教授
 
1992年4月
 - 
1996年3月
Osaka University of Foreign Studies Dept. of Japanese Associate professor
 
1995年7月
 - 
1995年9月
マックスプランク心理言語学研究所 客員研究員
 
1995年7月
 - 
1995年8月
Max Planck Institute for Psycholinguistics Visiting scholar
 
1994年8月
 - 
1995年6月
カリフォルニア大学サンタクルズ校 客員研究員(フルブライト若手研究員)
 
1992年4月
 - 
1996年3月
大阪外国語大学 外国語学部 助教授
 
1994年8月
 - 
1995年6月
University of California, Santa Cruz Dept. of Linguistics Visiting scholar
 
1990年4月
 - 
1992年3月
南山大学 外国語学部 助教授
 
1982年4月
 - 
1992年3月
Nanzan University, Japan Dept. of English Studies Lecturer, Associate professor
 
1984年4月
 - 
1990年3月
南山大学 外国語学部 講師
 
1982年4月
 - 
1984年3月
南山大学外国語学部 助手
 

受賞

 
1997年11月
Kindaichi Award
 
1997年11月
金田一京助博士記念賞(金田一賞)
 
1995年11月
Ichikawa Sanki Award
 
1995年11月
市河三喜賞
 
1988年10月
Nagoya University Ivy Award
 

書籍等出版物

 
オノマトペの謎ーピカチュウからモフモフまで
窪薗晴夫 (担当:編者)
岩波書店   2017年5月   
The Phonetics and Phonology of Geminate Consonants
窪薗晴夫 (担当:編者)
Oxford University Press   2017年4月   
Mouton Handbook of Japanese Phonetics and Phonology
窪薗晴夫 (担当:編者)
Mouton de Gruyter   2015年2月   
日英対照 英語学の基礎
窪薗晴夫 (担当:共著, 範囲:第1章 音韻論)
くろしお出版   2013年11月   
数字とことばの不思議な話
窪薗晴夫
岩波書店   2011年6月   

論文

 
Accent in Japanese phonology
窪薗晴夫
Oxford Research Encyclopedia of Linguistics      2017年5月   [査読有り][招待有り]
どうして赤ちゃん言葉とオノマトペは似ているの?
窪薗晴夫
オノマトペの謎ーピカチュウからモフモフまで   121-142   2017年5月   [査読有り]
日本語にはオノマトペは欠かせない
窪薗晴夫
オノマトペの謎―ピカチュウからモフモフまで   1-7   2017年5月
Contour tone avoidance in pitch accent systems
窪薗晴夫
Journal of Language Sciences   24(2) 195-207   2017年5月   [査読有り][招待有り]
A prosodic account of consonant gemination in Japanese loanwords
Junko Ito, Haruo Kubozono, Armin Mester
The Phonetics and Phonology of Geminate Consonants   283-320   2017年4月   [査読有り]
日本語の二重母音
窪薗晴夫
現代音韻論の動向   22-25   2016年9月   [査読有り]
Diversity of pitch accent systems in Koshikijima Japanese
窪薗晴夫
言語研究   (150) 1-31   2016年9月   [査読有り][招待有り]
Diphthongs and word accent in Japanese
窪薗晴夫
KLS (Proceedings of the Kansai Linguistic Society)   (36) 195-206   2016年6月   [査読有り][招待有り]
日本語の方言研究と一般言語学
窪薗晴夫
言語研究   (148) 1-31   2015年9月   [招待有り]
音韻論における‘drift’
窪薗晴夫
日本エドワード・サピア協会 研究年報   (29) 1-11   2015年3月   [招待有り]

Misc

 
日本語と英語の音節量
窪薗晴夫
不思議に満ちたことばの世界   352-256   2017年3月   [査読有り][依頼有り]
「むっつ」と「みっつ」の関係とは?
窪薗晴夫
ことばのおもしろ事典   119-125   2016年4月   [査読有り][依頼有り]
ママは昔パパだったのか?―五十音図の秘密―
窪薗晴夫
ことばのおもしろ事典   112-118   2016年4月   [査読有り][依頼有り]
日本語の方言と一般言語学―「音節量」による一般化―
窪薗晴夫
文化情報学   11(2) 112-116   2016年3月   [依頼有り]
研究の歩み
窪薗晴夫
日本語学   31(14) 38-38   2012年11月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
日本語の方言と一般言語学 [招待有り]
窪薗晴夫
同志社大学言語情報学研究科共通シンポジウム   2015年11月11日   
Focus prosody in Kagoshima Japanese
窪薗晴夫
International Conference on Phonetics and Phonology (ICPP 2015)   2015年9月26日   
High tone shift and spreading in endangered Japanese dialects
窪薗晴夫
18th International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS 18)   2015年8月11日   
日本語の疑問と呼びかけのイントネーション [招待有り]
窪薗晴夫
上智大学言語学会第30回記念大会   2015年7月18日   
日本語の方言研究と一般言語学 [招待有り]
窪薗晴夫
日本言語学会第150回大会   2015年6月20日   

競争的資金等の研究課題

 
日本語諸方言のプロソディーとプロソディーの類型
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年3月 - 2018年3月    代表者: 窪薗晴夫
「呼びかけイントネーション」に関する萌芽的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 窪薗晴夫
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 窪薗晴夫
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 窪薗晴夫
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 窪薗晴夫
今年度は甑島方言(鹿児島県甑島)の2地点(手打集落、江石集落)において方言アクセント調査を行った。手打集落(下甑町)については、中年層(40-55歳)と若年層(中学生12-15歳)の話者を対象に、基本名詞(牛、馬、花、鼻など)と新造の人名(銀男、橋子、飴也など)等をどのようなアクセントで発音するかを調査した。その結果、中年層はA型とB型の区別が明瞭で、伝統的な複合アクセント規則(複合法則)に従って新造語を発音するが、若年層は個人差が大きく、名詞の単独アクセントも伝統的なアクセント型を保持せ...

学歴

 
1983年9月
 - 
1986年8月
University of Edinburgh Dept. of Linguistics Ph.D. in Linguistics
 
1979年4月
 - 
1982年3月
Nagoya University, Japan Dept. of English Linguistics MA and PhD in English Linguistics
 
1975年4月
 - 
1979年3月
Osaka University of Foreign Studies Dept. of English BA in English
 

委員歴

 
2015年8月
 - 
現在
Organization of International Conference on Phonetic Sociences  Permanent Council Member
 
2015年4月
 - 
現在
日本言語学会  会長
 
2013年4月
 - 
現在
日本音声学会  評議員、理事、企画委員長
 
2012年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2012年7月
 - 
現在
The Association for Laboratory Phonology  Executive Committee Member
 
2012年
 - 
現在
Oxford Studies in Phonology and Phonetics Series  Advisory Editor
 
2010年4月
 - 
現在
市河三喜賞選考委員会  選考委員(幹事)
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本言語学会  常任委員、評議員
 
2011年11月
 - 
2014年10月
Natural Language and Linguistic Theory  Editorial Board member