忽那 賢志

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/07 09:27
 
アバター
研究者氏名
忽那 賢志
ハンドル
kutsunasatoshi
eメール
sonare.since1192gmail.com
所属
国立国際医療研究センター
職名
医師
学位
PhD(山口大学医学部)

プロフィール

国立国際医療研究センター 国際感染症センター

経歴

 
2004年4月
 - 
2005年3月
独立行政法人関門医療センター 初期研修医
 
2005年4月
 - 
2006年3月
山口大学医学部附属病院 初期研修医
 
2006年4月
 - 
2008年9月
山口大学医学部附属病院 高度救命救急センター
 
2008年10月
 - 
2010年3月
奈良県立医科大学附属病院 感染症センター
 
2010年4月
 - 
2012年3月
市立奈良病院 感染制御内科 医長
 
2012年4月
 - 
現在
国立国際医療研究センター 国際感染症センター
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
福岡県立小倉高等学校  
 
1998年4月
 - 
2004年3月
山口大学 医学部 
 

論文

 
Tsuboi M, Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Shibasaki K, Tajima S, Takasaki T, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   22(9) 1683-1685   2016年9月   [査読有り]
Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Taniguchi S, Takasaki T, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      2016年9月   [査読有り]
Shinohara K, Kutsuna S, Takasaki T, Moi ML, Ikeda M, Kotaki A, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of travel medicine   23(1)    2016年1月   [査読有り]
Kutsuna S, Kato Y, Moi ML, Kotaki A, Ota M, Shinohara K, Kobayashi T, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Sato T, Kunimatsu J, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Takasaki T, Ohmagari N
Emerging infectious diseases   21(3) 517-520   2015年3月   [査読有り]
Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene   90(3) 444-448   2014年1月   [査読有り]
Kutsuna S, Kato Y, Takasaki T, Moi ML, Kotaki A, Uemura H, Matono T, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N.
Eurosurveillance   19(4) pii=20683   2014年1月   [査読有り]
Matsuyama R, Nishiura H, Kutsuna S, Hayakawa K, Ohmagari N
BMC public health   16(1) 1203   2016年11月   [査読有り]
Kobayashi T, Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Ohmagari N, Uryu H, Yamada R, Kashiwa N, Nei T, Ehara A, Takei R, Mori N, Yamada Y, Hayasaka T, Kagawa N, Sugawara M, Suzaki A, Takahashi Y, Nishiyama H, Morita M, Izumiya H, Ohnishi M
The American journal of tropical medicine and hygiene   94(2) 289-291   2015年11月   [査読有り]
Matono T, Kutsuna S, Koizumi N, Fujiya Y, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of travel medicine   22(6) 422-424   2015年11月   [査読有り]
Katanami Y, Kutsuna S, Morita M, Izumiya H, Ohnishi M, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
The American journal of tropical medicine and hygiene   95(3) 571-573   2016年9月   [査読有り]
Katanami Y, Kutsuna S, Horino A, Hashimoto T, Mutoh Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      2016年10月   [査読有り]
Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(4) 272-276   2015年4月   [査読有り]
Kono M, Yamamoto K, Nagamatsu M, Kutsuna S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(12) 885-888   2015年12月   [査読有り]
Kutsuna S, Kawabata H, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(6) 691   2015年   [査読有り]
Hayakawa K, Takasaki T, Tsunemine H, Kanagawa S, Kutsuna S, Takeshita N, Mawatari M, Fujiya Y, Yamamoto K, Ohmagari N, Kato Y
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   37 9-10   2015年8月   [査読有り]
忽那 賢志, 小林 泰一郎, 加藤 康幸, 藤谷 好弘, 馬渡 桃子, 氏家 無限, 竹下 望, 早川 佳代子, 金川 修造, 水野 泰孝, 狩野 繁之, 大曲 貴夫
感染症学雑誌   88(6) 833-839   2014年11月   [査読有り]
Kobayashi T, Hayakawa K, Mawatari M, Itoh M, Akao N, Yotsu RR, Sugihara J, Takeshita N, Kutsuna S, Fujiya Y, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y
Tropical medicine and health   43(2) 149-153   2015年6月   [査読有り]
Kutsuna S, Mezaki K, Nagamatsu M, Kunimatsu J, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(14) 1815-1818   2015年   [査読有り]
Mutoh Y, Hirai R, Tanimura A, Matono T, Morino E, Kutsuna S, Nagamatsu M, Ohmagari N, Hagiwara S
SpringerPlus   4 385   2015年   [査読有り]
Matono T, Takeshita N, Kutsuna S, Fujiya Y, Mawatari M, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(23) 3083-3086   2015年   [査読有り]
[Second Japanese case of relapsing fever].
Kutsuna S, Kawabata H, Shiga N, Ujiie M, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   88(5) 713-714   2014年9月   [査読有り]
Shibata S, Tanizaki R, Watanabe K, Makabe K, Shoda N, Kutsuna S, Nagamatsu M, Oka S, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(24) 3237-3240   2015年   [査読有り]
Satoshi Kutsuna, Yasuyuki Kato, Nobuo Koizumi, Kei Yamamoto, Yoshihiro Fujiya, Momoko Mawatari, Nozomi Takeshita, Kayoko Hayakawa, Shuzo Kanagawa, Norio Ohmagari
Journal of Infection and Chemotherapy   in press(3) 218-223   2015年3月   [査読有り]
Kutsuna S, Ohmagari N, Tanizaki R, Hagino N, Nishikomori R, Ujiie M, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association      2013年12月   [査読有り]
Kutsuna S, Kawabata H, Kasahara K, Takano A, Mikasa K
The American journal of tropical medicine and hygiene   89(3) 460-461   2013年7月   [査読有り]
Kutsuna S, Ohmagari N
Internal medicine   2014;53(15):1727. Epub 2014 Au(15) 1727-linezolid   2014年   [査読有り]
Kutsuna S, Hayakawa K, Ohmagari N
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(2) 167-168   2014年   [査読有り]
Two cases of granulomatous mastitis due to Corynebacterium kroppenstedtii infection in nulliparous young women with hyperprolactinemia
Satoshi Kutsuna, Kazuhisa Mezaki, Maki Nagamatsu, Junwa Kunimatsu, Kei Yamamoto, Yoshihiro Fujiya, Momoko Mawatari, Nozomi Takeshita, Kayoko Hayakawa, Yasuyuki Kato, Shuzo Kanagawa, Norio Ohmagari
Internal Medicine   in press    [査読有り]
Imported lyme disease
Kutsuna S, Kawabata H, Ohmagari N
Internal Medicine   in press    2014年   [査読有り]
Kutsuna S, Tsuruta R, Fujita M, Todani M, Yagi T, Ogino Y, Igarashi M, Takahashi K, Izumi T, Kasaoka S, Yuasa M, Maekawa T
Brain research   1313 242-249   2010年2月   [査読有り]
忽那賢志、川端寛樹、志賀尚子、氏家無限、竹下望、早川佳代子、加藤康幸、金川修造、大曲貴夫
感染症学雑誌   88(5) 713-714   2014年9月   [査読有り]
Kutsuna S, Kasahara K, Nakagawa C, Komatsu Y, Katanami Y, Ogawa T, Uno K, Maeda K, Konishi M, Mikasa K
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   87 380-384   2013年5月   [査読有り]
忽那賢志 早川佳代子 氏家無限 竹下 望 加藤康幸 金川修造 大曲貴夫 志賀尚子 川端寛樹
Infectious Agents Surveillance Report   Vol. 34(2月号) p. 43-44:   2013年   [査読有り]
忽那賢志 竹下 望 氏家無限 早川佳代子 加藤康幸 金川修造 大曲貴夫
Infectious Agents Surveillance Report   Vol. 33(12月号) p. 335-336:   2012年   [査読有り]
忽那賢志 笠原 敬 川端寛樹 高野 愛 大西 真
Infectious Agents Surveillance Report   Vol. 31(12月号) p. 358-359   2010年   [査読有り]
Salmonella enterica serotype Paratyphi A carrying CTX-M-15 type extended-spectrum beta-lactamase isolated from a Japanese traveller returning from India, Japan, July 2013.
Mawatari M, Kato Y, Hayakawa K, Morita M, Yamada K, Mezaki K, Kobayashi T, Fujiya Y, Kutsuna S, Takeshita N, Kanagawa S, Ohnishi M, Izumiya H, Ohmagari N
Euro surveillance : bulletin Europeen sur les maladies transmissibles = European communicable disease bulletin   18    2013年11月   [査読有り]
Tanizaki R, Ujiie M, Kato Y, Iwagami M, Hashimoto A, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kano S, Ohmagari N
Malaria journal   12 128   2013年4月   [査読有り]
Tsuruta R, Nakahara T, Miyauchi T, Kutsuna S, Ogino Y, Yamamoto T, Kaneko T, Kawamura Y, Kasaoka S, Maekawa T
General hospital psychiatry   32(6) 607-611   2010年11月   [査読有り]
Fujita M, Tsuruta R, Kaneko T, Otsuka Y, Kutsuna S, Izumi T, Aoki T, Shitara M, Kasaoka S, Maruyama I, Yuasa M, Maekawa T
Shock (Augusta, Ga.)   34 299-305   2010年9月   [査読有り]
Nakagawa C, Kasahara K, Yonekawa S, Ogawa T, Kutsuna S, Maeda K, Konishi M, Kikuchi K, Mikasa K
Internal medicine (Tokyo, Japan)   49(15) 1653-1656   2010年   [査読有り]
Ono T, Tsuruta R, Fujita M, Aki HS, Kutsuna S, Kawamura Y, Wakatsuki J, Aoki T, Kobayashi C, Kasaoka S, Maruyama I, Yuasa M, Maekawa T
Brain research   1305 158-167   2009年12月   [査読有り]
Miyauchi T, Tsuruta R, Kutsuna S, Nakahara T, Fujita M, Kasaoka S, Maekawa T
Journal of anesthesia   23(2) 266-269   2009年   [査読有り]

Misc

 
忽那賢志, 加藤康幸, 大曲貴夫
衛生動物   66(4) 207-209   2015年12月
【目からウロコのかぜ診療】 それは本当に「かぜ」なのか? かぜの鑑別 熱があって節々が痛いんです… 感染臓器が特定できないとき
忽那 賢志
レジデントノート   17(13) 2417-2422   2015年12月
(1)感染臓器がはっきりしない発熱患者をかぜと診断してはいけない!(2)本当に感染臓器がはっきりしないのか、丁寧に病歴聴取や身体診察を行おう!(3)感染臓器がはっきりしない感染症は曝露歴が重要である!(4)海外渡航歴の聴取で重要なのは「渡航地」「潜伏期」「曝露歴」の3つ!(著者抄録)
【いま知っておきたい! 内科最新トピックス】(第5章)感染症 国内発生のデング熱にどう対応するか
忽那 賢志
内科   116(6) 1082-1086   2015年12月
デング熱はフラビウイルス科に属するデングウイルスによる感染症であり,ヤブカ属が媒介する.熱帯・亜熱帯地域で流行しており,本邦でも毎年200名以上が輸入感染症として報告されている.臨床症状は発熱,頭痛,関節痛など非特異的な症状であり,皮疹は発熱時には目立たないことが多い.血液検査では白血球減少・血小板減少が特徴である.診断はNS1抗原やデングウイルスを検出するほか,ペア血清でIgM抗体の上昇を確認することでも診断できる.治療は支持療法が主体である.2014年に海外からの輸入例を発端としたと考...
【感染症 いま何が起きているのか 基礎研究、臨床から国際支援まで】 (第3章)人類社会と感染症との戦い 実例を交えて わが国における輸入感染症診療の問題点
忽那 賢志
実験医学   33(17) 2853-2856   2015年11月
近年、日本は種々の新興再興感染症に対する対応に迫られてきた。そのなかで、わが国における輸入感染症診療の体制の問題点がいくつか浮かび上がってきた。それは、日本全国47ヶ所に特定および第一種感染症指定医療施設が配置されているにもかかわらず多くの施設で臨床感染症専門家が不在であることや、臨床感染症専門家の育成プログラムがないこと、全国に配置されている熱帯病治療薬研究班薬剤使用機関と特定および第一種感染症指定医療施設が必ずしも一致していないこと、輸入感染症で最も重要な疾患である重症マラリアの第一選...
魁!!診断塾(第20回) Big Bang Boy!の巻
佐田 竜一, 綿貫 聡, 志水 太郎, 石金 正裕, 忽那 賢志, 根本 隆章
Medicina   52(12) 2235-2240   2015年11月
【CRPology】 CRPとの上手なつき合い方とは?
忽那 賢志, 佐田 竜一, 山口 征啓, 山本 祐
治療   97(11) 1498-1506   2015年11月
【CRPology】 CRPとは
忽那 賢志
治療   97(11) 1508-1512   2015年11月
【感染症を病歴と診察だけで診断する!Part 2】 感染症のsnap diagnosis メリットとデメリットをしっかり押さえよう
忽那 賢志
総合診療   25(10) 904-906   2015年10月
新興・再興感染症に対する理解と備えを再確認する デング熱の臨床
忽那 賢志
国立病院総合医学会講演抄録集   69回 S9-3   2015年10月
魁!!診断塾(第19回) 賢い妻には情がある!?の巻
佐田 竜一, 綿貫 聡, 志水 太郎, 石金 正裕, 忽那 賢志
Medicina   52(11) 2006-2011   2015年10月

書籍等出版物

 
忽那賢志
中外医学社   2015年4月   ISBN:4498021223
大曲貴夫, 狩野俊和, 忽那賢志, 國松淳和, 佐田竜一 (担当:共著)
金原出版   2015年5月   ISBN:4307101707
笠原 敬, 忽那賢志, 佐田竜一 (担当:共著)
医学書院   2015年4月   ISBN:4260021338
南江堂   2015年4月   ISBN:4524265740
南山堂   2015年10月