小林雄一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/08 17:03
 
アバター
研究者氏名
小林雄一郎
 
コバヤシ ユウイチロウ
通称等の別名
kobayashi0721
eメール
kobayashi077toyo.jp
URL
https://sites.google.com/site/kobayashi0721/
所属
日本大学
部署
生産工学部
職名
助教
学位
博士(言語文化学)(大阪大学)
科研費研究者番号
00725666
Twitter ID
langstat

プロフィール

東京都出身。関心領域は,コーパス言語学,テキストマイニング,言語統計など。主に,英語と日本語の言語データを統計的に解析。現在の研究課題は,機械学習と自然言語処理の技術を用いた英文自動採点など。

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本大学 生産工学部 教養・基礎科学系 助教
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東洋大学 社会学部メディアコミュニケーション学科 助教
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会 特別研究員 (PD) (立命館大学)
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC2) (大阪大学)
 

研究分野

 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
大阪大学大学院 言語文化研究科 言語文化専攻
 
2002年4月
 - 
2007年3月
法政大学大学院 人文科学研究科 英文学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
法政大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
言語処理学会  プログラム委員
 
2015年10月
 - 
現在
ソーシャル・コンピュテーション学会  副理事長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
英語コーパス学会  大会企画委員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会  運営委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
対照言語学若手の会  シンポジウム開催協力者
 
2008年10月
 - 
2010年9月
NLP若手の会  プログラム委員
 

受賞

 
2011年5月
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会 奨励賞 ランダムフォレストを用いた英語科学論文の分類と評価
 
2010年7月
Daiwa Anglo-Japanese Foundation Daiwa Anglo-Japanese Foundation Bursary Award 国際会議Digital Humanities 2010への派遣
 
2009年7月
日本英語検定協会 「英検」研究助成(研究部門) テキストマイニングによる学習者作文における談話能力の測定
 

論文

 
A corpus-based approach to the register awareness of Asian learners of English
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   20(2) 1-17   2016年12月   [査読有り]
Investigating metadiscourse markers in Asian Englishes: A corpus-based approach
Yuichiro Kobayashi
Language in Focus: International Journal of Studies in Applied Linguistics and ELT   2(1) 19-35   2016年7月   [査読有り]
Heat map with hierarchical clustering: Multivariate visualization method for corpus-based language studies
Yuichiro Kobayashi
NINJAL Research Papers   11 26-36   2016年7月   [査読有り]
Automated scoring of L2 spoken English with random forests
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
Journal of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   20(1) 55-73   2016年6月   [査読有り]
語彙指標を用いた流行歌の歌詞の通時的分析
小林雄一郎・天笠美咲 ・鈴木崇史
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集―じんもんこんの新たな役割   23-30   2015年12月   [査読有り]
Computer-aided error analysis of L2 spoken English: A data mining approach
Yuichiro Kobayashi
Proceedings of the Conference on Language and Technology 2014   127-134   2014年11月   [査読有り]
A machine learning approach to the effects of writing task prompts
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
Learner Corpus Studies in Asia and the World   2 163-175   2014年5月   [査読有り]
書き手の習熟度と母語が第2言語ライティングに与える影響
小林雄一郎・阿部真理子・成田真澄
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集―人文科学とコンピュータの新たなパラダイム   89-96   2013年12月   [査読有り]
中古和文における個人文体とジャンル文体―多変量解析による歴史的資料の文体研究
小林雄一郎・小木曽智信
国立国語研究所論集   6 29-43   2013年11月   [査読有り]
Coh-Metrixとパターン認識を用いた課題英作文の自動評価
小林雄一郎
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集ーつながるデジタルアーカイブ   259-266   2012年11月   [査読有り]
データマイニングによる誤り分析と辞書開発
小林雄一郎
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集ーつながるデジタルアーカイブ   33-38   2012年11月   [査読有り]
メタ談話標識を素性とするパターン認識を用いた英語科学論文の質判定
小林雄一郎・田中省作・冨浦洋一
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集―「デジタル・アーカイブ」再考   51-58   2011年12月   [査読有り]
多変量解析による世界の英語学習者の談話分析
小林雄一郎
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集―人文工学の可能性   41-48   2010年12月   [査読有り]
テキストマイニングによる学習者作文における談話能力の測定と評価
小林雄一郎
22 14-29   2010年11月   [査読有り]
Comparing graded readers and authorized English language textbooks in junior and senior high schools: From the viewpoint of vocabulary and readability
Yuichiro Kobayashi & Kenji Kitao
Journal of Culture and Information Science   5 1-14   2010年3月   [査読有り]
NS/NNSテキスト分類モデルに基づく日本人英作文の特徴抽出
小林雄一郎
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集―デジタル・ヒューマニティーズの可能性   261-268   2009年12月   [査読有り]
Profiling metadiscourse markers in native and non-native English
Yuichiro Kobayashi
Lexicon   39 1-17   2009年7月   [査読有り]
日本人英語学習者の英作文におけるbecauseの誤用分析
小林雄一郎
関東甲信越英語教育学会紀要   23 11-21   2009年3月   [査読有り]
日本人学習者の英作文における等位接続詞の使用について―"and"と"but"を例に
小林雄一郎
専修大学外国語教育論集   37 21-36   2009年3月   [査読有り]
日本人英語学習者コーパスに見るMetadiscourse Markersの使用傾向
小林雄一郎・山田洋文
英語コーパス研究   161-173   2008年3月   [査読有り]
The NICT JLE Corpusと語彙研究―SSTレベルの再検証
小林雄一郎
英文學誌   49 17-29   2007年3月   [査読有り]
擬態する語り―コーパス言語学で読むJames Joyceの"Clay"
小林雄一郎
テクスト研究   2 16-29   2005年12月   [査読有り]

Misc

 
言語統計の基礎(後編)―共起尺度
小林雄一郎
研究社WEBマガジンLingua      2013年12月   [依頼有り]
言語統計の基礎(前編)―頻度差の検定
小林雄一郎
研究社WEBマガジンLingua      2013年11月   [依頼有り]
書評『言語研究のためのプログラミング入門―Pythonを活用したテキスト処理』
小林雄一郎
英語教育   62(6) 95   2013年8月   [依頼有り]
英作文における接続表現のエラー
小林雄一郎
英語教育   57(4) 53-55   2008年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Rによるやさしいテキストマイニング
小林雄一郎
オーム社   2017年2月   
テキストマイニングによる言語研究
岸江信介・田畑智司(編) (担当:共著, 範囲:「メタ談話標識を素性とするランダムフォレストによる英語科学論文の質判定」(pp. 137-151))
ひつじ書房   2014年12月   ISBN:9784894766952
Rではじめるビジネス統計分析
末吉正成・里洋平・酒巻隆治・小林雄一郎・大城信晃 (担当:共著, 範囲:第7章「テキストマイニングを行う」(pp. 303-334))
翔泳社   2014年7月   ISBN:9784798134901
Rで学ぶ日本語テキストマイニング
石田基広・小林雄一郎 (担当:共著, 範囲:第4〜10章 (pp. 87-190))
ひつじ書房   2013年10月   ISBN:9784894766549
英語学習者コーパス活用ハンドブック
投野由紀夫・金子朝子・杉浦正利・和泉絵美(編) (担当:共著, 範囲:9.2「多変量解析によるスピーキングデータの自動解析」(pp. 193-200))
大修館書店   2013年9月   ISBN:9784469245806
Twenty years of learner corpus research: Looking back, moving ahead
Sylviane Granger, Gaëtanelle Gilquin, Fanny Meunier (eds.) (担当:共著, 範囲:Analyzing developmental patterns of vocabulary used by Japanese EFL learners: A comparison of spoken and written learner corpora (pp. 277-287))
Presses universitaires de Louvain   2013年6月   ISBN:9782875581990
英語教育学の実証的研究法入門―Excelで学ぶ統計処理
寺内正典・中谷安男(編) (担当:共著, 範囲:第6章「より発展的な研究を目指して」(pp. 215-220))
研究社   2012年8月   ISBN:9784327410810
日本語とX語の対照2―外国語の眼鏡をとおして見る日本語
笹原健・野瀬昌彦(編) (担当:共著, 範囲:「データ解析環境Rによる言語の類型化」(pp. 1-12))
三恵社   2012年8月   ISBN:9784864870047
日本語とX語の対照―言語を対照することでわかること
野瀬昌彦(編) (担当:共著, 範囲:「コンパラブル・コーパスを用いた英作文と日本語作文の使用語彙に関する対照研究」(pp. 37-47))
三恵社   2011年7月   ISBN:9784883618767
言語研究のための統計入門
石川慎一郎・前田忠彦・山崎誠(編) (担当:共著, 範囲:第6章「判別分析:データの分類ルールを探る」(pp. 139-161), 第10章「コレスポンデンス分析:データ間の構造を整理する」(pp. 245-264))
くろしお出版   2010年12月   ISBN:9784874244982
エースクラウン英和辞典
投野由紀夫(編)
三省堂   2009年1月   ISBN:9784385108667
新自由主義は文学を変えたか―サッチャー以後のイギリス
曽村充利(編) (担当:共著, 範囲:第3章「サッチャーのレトリックを計る―コーパスにもとづく通時的分析」(pp. 89-111))
法政大学出版局   2008年3月   ISBN:9784588602238

講演・口頭発表等

 
Variation across L2 speech and writing: A multidimensional study
Yuichiro Kobayashi & Akira Murakami
Language in Focus 2017   2017年3月2日   
Contrastive analysis of L2 speech and writing: A multi-dimensional approach
Yuichiro Kobayashi & Akira Murakami
Asia Pacific Corpus Linguistics Conference 2016   2016年10月23日   
Investigating the chronological variation of lyrics of popular songs through lexical indices
Yuichiro Kobayashi, Misaki Amagasa, & Takafumi Suzuki
International Quantitative Linguistics Conference 2016   2016年8月26日   
A contrastive rhetoric analysis of metadiscourse markers in second language writing
Yuichiro Kobayashi
The 19th Joint Workshop on Linguistics and Language Processing   2015年12月12日   
Comparing native and non-native English through significance tests and effects sizes
Yuichiro Kobayashi
Pan-Pacific Association of Applied Linguistics 2015   2015年12月5日   
Investigating metadiscourse markers in Asian Englishes: A corpus-based approach
Yuichiro Kobayashi
Symposium on Second Language Writing 2015   2015年11月19日   
A corpus-based contrastive analysis of L2 metadiscourse
Yuichiro Kobayashi
Language in Focus 2015   2015年3月6日   
Computer-aided error analysis of L2 spoken English: A data mining approach
Yuichiro Kobayashi
5th Conference on Language and Technology   2014年11月14日   
The similarity and difference between human scoring and automated scoring
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
Applied Linguistics Association of Korea 2014   2014年9月27日   
Exploring error patterns in L2 spoken English with data mining techniques
Yuichiro Kobayashi
Pan-Pacific Association of Applied Linguistics 2014   2014年8月17日   
How do L1 and proficiency level influence L2 written production?
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
TaLC 11   2014年7月22日   
A machine learning approach to the effects of writing task prompts
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
Learner Corpus Studies in Asia and the World 2014   2014年5月31日   
Identifying discipline-specific expressions based on institutional repository
Yuichiro Kobayashi, Shosaku Tanaka, Yoichi Tomiura, Yoshinori Miyazaki & Michio Tokumi
Digital Humanities Australasia 2014   2014年3月19日   
Automated scoring of L2 spoken English
Yuichiro Kobayashi & Mariko Abe
Second Asia Pacific Corpus Linguistics Conference   2014年3月7日   
Identification of linguistic features for predicting L2 proficiency levels using Coh-Metrix and machine learning
Yuichiro Kobayashi & Toshiyuki Kanamaru
Corpus Linguistics 2013   2013年7月25日   
Predicting the proficiency levels of language learners using random forests
Yuichiro Kobayashi & Toshiyuki Kanamaru
5th International Conference on Corpus Linguistics   2013年3月14日   
A multivariate approach to metadiscourse markers in native and non-native English
Yuichiro Kobayashi
Korean Association for Corpus Linguistics 2012   2012年12月   
Syntax and discourse in good and poor scientific articles
Yuichiro Kobayashi & Shosaku Tanaka
TaLC 10   2012年7月   
Analyzing developmental patterns of vocabulary used by Japanese EFL learners: A comparison of spoken and written learner corpora
Yuichiro Kobayashi
Learner Corpus Research 2011   2011年9月   
A corpus-based approach to the unnaturalness of non-native metadiscourse
Yuichiro Kobayashi
Corpus Linguistics 2011   2011年7月   
A multivariate approach to the word-class distribution in L2 spoken English
Yuichiro Kobayashi
ICAME 32   2011年6月   
Authorship attribution of Japanese texts using supervised and unsupervised classifications [招待有り]
Yuichiro Kobayashi
Collaborative Research Workshop: New Methods in Textual Analysis and Text Mining   2010年9月   
Investigating stylistic variation in Japanese novelists through multivariate analysis of punctuation use [招待有り]
Yuichiro Kobayashi
2010 Osaka Workshop on Digital Humanities   2010年3月   
Classifying language data: An introduction to Japanese text mining [招待有り]
Yuichiro Kobayashi
2009 Tokyo Workshop on Digital Humanities   2009年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
機械学習によるスピーキングの基準特性抽出と習熟度推定
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小林雄一郎
パターン認識と自然言語処理の技術を用いた習熟度判定
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費・PD実験)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 小林雄一郎
談話表現に注目した英語学習者のスピーキング能力の推定
立命館大学: 学内公募型研究推進プログラム(若手研究)
研究期間: 2013年7月 - 2014年3月    代表者: 小林雄一郎
データマイニングによる誤り分析と辞書開発に向けた基礎研究
立命館大学: 学内公募型研究推進プログラム(若手研究)
研究期間: 2012年7月 - 2013年3月    代表者: 小林雄一郎
テキストマイニングを用いた学習者作文における談話標識の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費・DC実験)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 小林雄一郎
テキストマイニングによる学習者作文における談話能力の測定と評価
日本英語検定協会: 「英検」研究助成(研究部門)
研究期間: 2009年7月 - 2010年3月    代表者: 小林雄一郎