池田光雪

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/08 08:32
 
アバター
研究者氏名
池田光雪
ハンドル
lumely
eメール
lumelychiba-u.jp
URL
http://lumely.hatenablog.com/
所属
千葉大学
部署
アカデミック・リンク・センター
職名
特任助教
学位
博士(情報学)(筑波大学)
科研費研究者番号
10779606
Twitter ID
lumely

プロフィール

最近はデータ工学,特に図書館情報学領域にクラウドソーシングを応用することを研究領域としています.また,大学における教育にも関心があります.
研究業績をあまり整理できていないので追々整理したく……

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年7月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 図書館情報メディア専攻 博士後期課程
 
2011年4月
 - 
2013年3月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 図書館情報メディア専攻 博士前期課程
 
2007年4月
 - 
2011年3月
筑波大学 情報学群 知識情報・図書館学類
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
千葉大学 アカデミック・リンク・センター 特任助教
 
2014年4月
 - 
現在
国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課 次世代システム開発研究室 非常勤調査員
 
2015年6月
 - 
2015年12月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 リサーチ・アシスタント(RA)
 
2015年4月
 - 
2015年9月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 ティーチング・フェロー(TF)
 
2014年9月
 - 
2015年2月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 リサーチ・アシスタント(RA)
 
2014年4月
 - 
2014年9月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 ティーチング・フェロー(TF)
 
2013年8月
 - 
2014年3月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 リサーチ・アシスタント(RA)
 
2013年4月
 - 
2013年9月
筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 ティーチング・フェロー(TF)
 

論文

 
An Algorithm for All-Pairs Regular Path Problem on External Memory Graphs
N. Suzuk, K. Ikeda, Y. Kwon
IEICE Transactions on Information and Systems      2016年   [査読有り]
An Algorithm for Finding top-K Valid XPath Queries
K. Ikeda, N. Suzuki
IPSJ Transactions on Databases   7(2) 70-82   2014年   [査読有り]
N. Suzuki, Y. Fukushima, K. Ikeda
IEICE Transactions on Information and Systems   E96-D(5) 1029-1042   2013年5月   [査読有り]
In this paper, we consider the XPath satisfiability problem under restricted DTDs called “duplicate free”. For an XPath expression q and a DTD D, q is satisfiable under D if there exists an XML document t such that t is valid against D and that th...

受賞

 
2013年3月
筑波大学図書館情報メディア研究科 研究科長表彰
 
2011年8月
The 3rd International Workshop with Mentors on Databases, Web and Information Management for Young Researcher Distinguished Young Researcher Award
 
2011年3月
筑波大学情報学群 情報学群長表彰
 
2010年11月
情報処理学会データベースシステム研究会 学生奨励賞
 
2010年9月
日本ソフトウェア科学会 学生奨励賞(学生セッション部門)
 

講演・口頭発表等

 
池田光雪, 林亮太, 永崎研宣, 森嶋厚行
人文科学とコンピュータ研究会第110回発表会   2016年5月15日   人文科学とコンピュータ研究会
近年,刊行された資料のデジタル化,及び公開が盛んに行われており.例えば国立国会図書館デジタルコレクションには我が国において明治期以降に刊行された図書・雑誌のデジタル化資料が多数収録されている.しかし,国立国会図書館デジタルコレクションの資料も含め多くの資料は未だ画像形式でしか提供されておらず,解析や検索による利用が困難である.一方,デジタル化された資料を用い翻刻を行うシステムはこれまでに多数提案されてきたが,いずれも人手による入力や修正に非常にコストがかかるという問題があった.「翻デジ」は...
N. Suzuki, K, Ikeda, Y. Kwon
The 26th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2015)   2015年9月4日   
池田光雪, 鈴木伸崇
第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013)   2013年3月3日   
長谷川数馬, 池田光雪, 鈴木伸崇
第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013)   2013年3月3日   
長谷川数馬, 池田光雪, 鈴木伸崇
情報処理学会第74回全国大会   2012年3月7日   

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2011年7月
 - 
現在
図書館総合展運営委員
 

社会貢献活動

 
国立国会図書館全文検索システムのアーキテクチャ設計支援作業企画競争評価委員
【その他】  国立国会図書館  2015年7月