工藤正俊

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/07 11:18
 
アバター
研究者氏名
工藤正俊
 
クドウ マサトシ
ハンドル
Masatoshi Kudo
eメール
m-kudomed.kindai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10298953.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部
職名
教授
科研費研究者番号
10298953

プロフィール

1978年 京都大学医学部卒業
1999年 近畿大学医学部消化器内科学教授
2008年 近畿大学医学部附属病院病院長

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
現在
近畿大学 医学部 教授
 

受賞

 
 
米国核医学会 Berson-Yalow Award 受賞
 
 
神戸市長賞(医学研究分野)受賞
 
 
兵庫県勤務医学会医学研究賞受賞
 
 
日本対がん協会がん研究助成奨励賞受賞
 
 
日本消化器病学会奨励賞受賞
 

論文

 
急性膵炎診療における地域連携モデルの構築
大本俊介, 北野雅之, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典
肝胆膵   72 1003-1007   2016年   [査読有り]
Acute spinal cord infarction after EUS-guided celiac plexus neurolysis
Gastrointest Endosc   83 1039-1040   2016年   [査読有り]
Through-the-mesh technique after endoscopic ultrasonography-guided hepaticogastrostomy: a novel re-intervention method
Endoscopy   48 369-370   2016年   [査読有り]
Survival benefit of liver resection for hepatocellular carcinoma associated with portal vein invasion
J Hepatol   65 938-943   2016年   [査読有り]
Bile duct adenoma in patient with chronic hepatitis C: As a benign neoplasm by pathological and imaging studies
Pathol Int   66 640-642   2016年   [査読有り]
Needle-tract seeding on the proximal gastric wall after EUS-guided fine-needle aspiration of a pancreatic mass
Am J Gastroenterol   111 1515   2016年   [査読有り]
Regorafenib as second-line systemic therapy may change the treatment strategy and management paradigm for hepatocellular carcinoma
工藤正俊
Liver Cancer   5 235-244   2016年   [査読有り][招待有り]
Sorafenib plus hepatic arterial infusion chemotherapy with cisplatin versus sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma: Randomized phase II trial
Ann Oncol   27 2090-2096   2016年   [査読有り]
Feasibility of extracted-overlay fusion imaging for intraoperative treatment evaluation of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma
Liver Cancer   5 269-279   2016年   [査読有り]
肝細胞癌に対する分子標的治療薬開発の現状と将来展望
工藤正俊
医学あゆみ   258 537-543   2016年   [査読有り][招待有り]
Randomized, open-label phase 2 study comparing frontline dovitinib versus sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma
Hepatology   64 774-784   2016年   [査読有り]
Survival analysis over 28 years of 173,378 patients with hepatocellular carcinoma in Japan
Liver Cancer   5 190-197   2016年   [査読有り]
Evaluation of anti-migration properties of biliary covered self-expandable metal stents
World J Gastroenterol   22 6917-6924   2016年   [査読有り]
Prognostic sub-classification of intermediate-stage hepatocellular carcinoma: a multicenter cohort study with propensity score analysis
Med Oncol   33 114-121   2016年   [査読有り]
Impact of tight junction protein ZO-1 and TWIST expression on post-operative survival of patients with hepatocellular carcinoma
Digest Dis   34 702-707   2016年   [査読有り]
Comparison of two-dimensional shear wave elastography and real-time tissue elastography for assessing liver fibrosis in chronic hepatitis B
Digest Dis   34 640-649   2016年   [査読有り]
Validation of Kinki criteria, a modified substaging system, in patients with intermediate stage hepatocellular carcinoma
Digest Dis   34 671-678   2016年   [査読有り]
Comparison of contrast-enhanced ultrasound and Gadolinium-Ethoxybenzyl-Diethylenetriamine Pentaacetic Acid-enhanced MRI for the diagnosis of macroscopic type of hepatocellular carcinoma
Digest Dis   34 679-686   2016年   [査読有り]
Radiofrequency ablation guided by contrast-enhanced sonography versus B-mode sonography for hepatocellular carcinoma after transcatheter arterial chemoembolization
Digest Dis   34 692-695   2016年   [査読有り]
Efficacy and safety of sofosbuvir plus ribavirin treatment for patients with chronic hepatitis C genotype 2
Digest Dis   34 627-631   2016年   [査読有り]
Prospective risk analysis of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C by ultrasound strain elastography
Digest Dis   34 650-653   2016年   [査読有り]
Coffee intake and liver enzyme association in Korean immigrants and Japanese: a comprehensive cross-sectional study
Digest Dis   34 665-670   2016年   [査読有り]
Recent trends in the management of hepatocellular carcinoma with special emphasis on treatment with regorafenib and immune checkpoint inhibitors
工藤正俊
Digest Dis   34 714-730   2016年   [査読有り][招待有り]
Prediction of embolization area after conventional transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma using SYNAPSE VINCENT
Digest Dis   34 696-701   2016年   [査読有り]
US-US fusion imaging in radiofrequency ablation for liver metastases
Digest Dis   34 687-691   2016年   [査読有り]
Clinical significance of epigenetic alterations in human hepatocellular carcinoma and its association with genetic mutations
Digest Dis   34 708-713   2016年   [査読有り]
Clinical factors predicting the effect of tolvaptan for refractory ascites in patients with decompensated liver cirrhosis
Digest Dis   34 659-664   2016年   [査読有り]
Monoethanolamine oleate sclerotherapy for polycystic liver disease
Digest Dis   34 654-658   2016年   [査読有り]
Safety, tolerability, and efficacy of sofosbuvir plus rivavirin in elderly patients infected with hepatitis C virus genotype 2
Digest Dis   34 632-639   2016年   [査読有り]
Outcome of asunaprevir/daclatasvir combination therapy for chronic liver disease type C
Digest Dis   34 620-626   2016年   [査読有り]
Chronic Liver diseases and liver cancer: state-of-the art progress in 2016
工藤正俊
Digest Dis   34 617-619   2016年   [査読有り][招待有り]
座談会「“免疫チェックポイント阻害剤“の基礎から臨床成績および開発動向」
工藤正俊, 石田靖雅, 池田公史, 田中真二
肝胆膵   73 429-443   2016年   [査読有り][招待有り]
免疫チェックポイント阻害剤の限界と課題. 特集「がん治療が変わる-免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト-」
工藤正俊
肝胆膵   9 423-427   2016年   [査読有り][招待有り]
肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害剤の開発. 特集「癌治療が変わる-免疫チェックポイント阻害剤の与えるインパクト-」
工藤正俊
肝胆膵   9 401-412   2016年   [査読有り][招待有り]
肝細胞癌の発生とエピゲノム制御
西田直生志, 工藤正俊
日本消化器病学会誌   113 775-784   2016年   [査読有り]
EUS-guided gallbladder drainage for rescue treatment of malignant distal biliary obstruction after unsuccessful ERCP
Gastrointest Endosc   84 147-151   2016年   [査読有り]
Regional differences in sorafenib-treated patients with hepatocellular carcinoma: GIDEON observational study
Liver Int   36 1196-1205   2016年   [査読有り]
Report of the 19th follow-up survey of primary liver cancer in Japan
Hepatol Res   46 372-390   2016年   [査読有り]
Randomized Phase II placebo controlled study of codrituzumab in previously treated patients with advanced hepatocellular carcinoma
工藤正俊
J Hepatol   65 289-295   2016年   [査読有り]
Urgent endoscopic ultrasound-guided choledochoduodenostomy for acute obstructive suppurative cholangitis-induced sepsis
World J Gastroenterol   22 4264-4269   2016年   [査読有り]
New endoscopic ultrasonography techniques for pancreaticobiliary diseases
Ultrasonography   35 169-179   2016年   [査読有り]
Predictors of pain response in patients undergoing EUS - guided neurolysis for abdominal pain caused by pancreatic cancer
Ther Adv Gastroenterol   9 483-494   2016年   [査読有り]
医用画像における超音波画像の今日的座標を説く-最新技術がもたらす新しい展開
工藤正俊
月刊新医療   (8) 80-82   2016年   [査読有り][招待有り]
Response
Gastrointest Endosc   83 1303   2016年   [査読有り]
Modified single transluminal gateway transcystic multiple drainage technique for a huge infected walled-off pancreatic necrosis: A case report
walled-off pancreatic necrosis: A case report.   22 5132-5136   2016年   [査読有り]
生検で胃癌が疑われたinflammatory fibroid polyp. 特集「粘膜下腫瘍のすべて」
松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊
消化器内視鏡   28 302-303   2016年   [査読有り]
TACE treatment in patients with sorafenib-treated unresectable hepatocellular carcinoma in clinical practice: final analysis of GIDEON (Global Investigation of therapeutic DEcisions in hepatocellular carcinoma and Of its treatment with sorafeNib)
Radiology   279 630-640   2016年   [査読有り]
Histologic diagnosis of pancreatic masses using 25-gauge endoscopic ultrasound needles with and without a core trap: a multicenter randomized trial
Endoscopy   48 1-7   2016年   [査読有り]
Contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography for assessment of lymph node metastases in pancreatobiliary carcinoma
World J Gastroenterol   22 3381-3391   2016年   [査読有り]
Heterogeneity and subclassification of Barcelona Clinic Liver Cancer Stage B
工藤正俊
Liver Cancer   5 91-96   2016年   [査読有り][招待有り]
Kupffer phase image of Sonazoiod-enhanced US is useful in predicting a hypervascularization of non-hypervascular hypointense hepatic lesions detected on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI: A multicenter retrospective study
J Gastroenterol   51 144-152   2016年   [査読有り]
Response evaluation criteria in cancer of the liver (RECICL)(2015 revised version)
Hepatol Res   46 3-9   2016年   [査読有り]
胃潰瘍・十二指腸潰瘍
松井繁長, 樫田博史, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 工藤正俊
日本臨床   73(7) 1116-1122   2015年7月   [査読有り][招待有り]
食道・胃静脈瘤
松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊
内科   115(6) 939-943   2015年6月   [査読有り]
Multicenter cooperative case survey of hepatitis B Virus reactivation by chemotherapeutic agents
Hepatol Res   45 1220-1227   2015年   [査読有り]
インフリキシマブ投与中に抗ミトコンドリアM2抗体陽性の肝障害が出現した尋常性乾癬の1例
河野匡志, 辻 直子, 尾崎信人, 松本 望, 高場雄久, 奥村直己, 川崎正憲, 冨田崇文, 梅原康湖, 谷池聡子, 遠藤英樹, 落合 健, 前倉利治, 工藤正俊
肝臓   56 655-660   2015年   [査読有り]
Synchronous pancreatic and gastric metastasis from an ovarian adenocarcinoma diagnosed by endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration
Endoscopy   47 596-597   2015年   [査読有り]
胆管ドレナージ(MS). 特集「ERCPマスターへのロードマップ」
北野雅之, 今井 元, 山雄健太郎, 鎌田 研, 宮田 剛, 三長孝輔, 大本俊介, 門阪薫平, 松田友彦, 工藤正俊
胆と膵   36 969-974   2015年   [査読有り]
Antiviral therapy for chronic hepatitis B: combination of nucleoside analogs and interferon
World J Hepatol   7 2427-2431   2015年   [査読有り]
Recent advances in the management of chronic hepatitis B including suppression of hepatocellular carcinoma by entecavir and interferon
Oncology   89 60-69   2015年   [査読有り]
A newly developed shear wave elastography modality: with a unique reliability index
Oncology   89 53-59   2015年   [査読有り]
Validation of a modified substaging system (Kinki Criteria) for patients with intermediate-stage hepatocellular carcinoma
Oncology   89 47-52   2015年   [査読有り]
Comparison of daclatasvir and asunaprevir for chronic HCV 1b infection with telaprevir and simeprevir plus peginterferon and ribavirin, with a focus on the prevention of occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma
Oncology   89 42-46   2015年   [査読有り]
Hyperenhanced rim surrounding liver metastatic tumors in the postvascular phase of sonazoid-enhanced ultrasonography: a histological indication of the presence of Kupffer cells
Oncology   89 33-41   2015年   [査読有り]
Balloon-occluded transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: a single-center experience
Oncology   89 27-32   2015年   [査読有り]
Percutaneous radiofrequency ablation for Intermediate-stage hepatocellular carcinoma
Oncology   89 19-26   2015年   [査読有り]
Initial experience performing percutaneous ultrasound examination with real-time virtual sonography with color display
Oncology   89 11-18   2015年   [査読有り]
Evaluation of ART scores for repeated transarterial chemoembolization in Japanese patients with hepatocellular carcinoma
Oncology   89 4-10   2015年   [査読有り]
Evidence and consensus on management of hepatocellular carcinoma: update in 2015
工藤正俊
Oncology   89 1-3   2015年   [査読有り][招待有り]
Molecular mechanism and prediction of sorafenib chemoresistance in human hepatocellular carcinoma
Digest Dis   33 771-779   2015年   [査読有り]
General rules for the clinical and pathological study of primary liver cancer, nationwide follow-up survey and clinical practice guidelines: the outstanding achievements of the Liver Cancer Study Group of Japan
Digest Dis   33 765-770   2015年   [査読有り]
Cone-beam CT angiography for hepatocellular carcinoma: current status
Digest Dis   33 759-764   2015年   [査読有り]
Subclassification of BCLC stage hepatocellular carcinoma and treatment strategies: Proposal of modified Bolondi subclassification (Kinki Criteria)
Digest Dis   33 751-758   2015年   [査読有り]
Hepatic DNA methylation is affected by hepatocellular carcinoma risk in patients with and without hepatitis virus
Digest Dis   33 745-750   2015年   [査読有り]
Real-life clinical practice with sorafenib in advanced hepatocellular carcinoma: a single-center experience second analysis
Digest Dis   33 728-734   2015年   [査読有り]
Characteristics of hypovascular versus hypervascular well-differentiated hepatocellular carcinoma smaller than 2cm - focus on tumor size, markers and imaging detectability
Digest Dis   33 721-727   2015年   [査読有り]
Usefulness of cytokeratin-18M65 in diagnosing non-alcoholic steatohepatitis in Japanese population
Digest Dis   33 715-720   2015年   [査読有り]
Early viral response predicts the efficacy of antiviral triple therapy with simeprevir, peg-interferon, and ribavirin in patients infected with hepatitis C virus genotype 1
Digest Dis   33 708-714   2015年   [査読有り]
Chronic Liver Diseases and Liver Cancer: An Update in 2015
工藤正俊
Digest Dis   33 705-707   2015年   [査読有り]
Validation of the hepatoma arterial embolisation prognostic score in European and Asian populations and proposed modification
Clin Gastroenterol H   13 1204-1208   2015年   [査読有り]
Evidence-based clinical practice guidelines for hepatocellular carcinoma: The Japan Society of Hepatology 2013 update (3rd JSH-HCC Guidelines)
Hepatol Res   45 123-127   2015年   [査読有り]
Heat shock protein A4 controls cell migration and gastric ulcer healing
Digest Dis Sci   60 850-857   2015年   [査読有り]
The role of hepatic resection in the treatment of hepatocellular cancer
Hepatology   62 440-451   2015年   [査読有り]
Global patterns of hepatocellular carcinoma management from diagnosis to death: the BRIDGE study
Liver Int   35 2155-2166   2015年   [査読有り]
Value of dynamic contrast enhanced MRI in predicting outcomes of HCC receiving radiotherapy
工藤正俊
Hepatol Int   9 155-156   2015年   [査読有り]
Safety and efficacy of tigatuzumab plus sorafenib as first-line therapy in subjects with advanced hepatocellular carcinoma: a phase 2 randomized study
J Hepatol   63 896-904   2015年   [査読有り]
Primary leiomyosarcoma of the colon
Clin J Gastroenterol   8 217-222   2015年   [査読有り]
Plasmacytoid dendritic cell activation and IFN-α production are prominent features of murine autoimmune pancreatitis and human lgG4-related autoimmune panreatitis
J Immunol   195 3033-3044   2015年   [査読有り]
膵嚢胞性疾患と膵癌. 特集「消化器癌予防up-to-date」
鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊
臨床消化器内科   30 1451-1456   2015年   [査読有り][招待有り]
金属ステント留置後急性胆嚢炎に対するEUS下ガイド下胆嚢ドレナージ術の有用性. 特集「EUS下胆道ドレナージ~EUS-BDの安全な導入へ向けて~」
今井 元, 北野雅之, 大本俊介, 門阪薫平, 宮田 剛, 鎌田 研, 三長孝輔, 松田友彦, 山雄健太郎, 工藤正俊
胆と膵   36 779-783   2015年   [査読有り][招待有り]
肝癌根治的治療後の再発の早期発見
工藤正俊, 泉 並木, 金子周一
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   168-170   2015年   [査読有り][招待有り]
肝癌治療後の再発抑制治療
泉 並木, 工藤正俊, 金子周一
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   166-167   2015年   [査読有り][招待有り]
肝癌全体の治療アルゴリズム
工藤正俊, 國土典宏, 川崎誠治, 松井 修, 泉 並木
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   146-150   2015年   [査読有り][招待有り]
肝動注化学療法と分子標的治療をどう使い分けるか
工藤正俊, 小尾俊太郎, 山下竜也
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   144-146   2015年   [査読有り][招待有り]
TACE不応例に対する治療指針
工藤正俊, 松井 修, 角谷眞澄
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   140-143   2015年   [査読有り][招待有り]
全身化学療法と分子標的治療
上嶋一臣, 工藤正俊
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   132-135   2015年   [査読有り][招待有り]
造影超音波下RFA
南 康範, 工藤正俊
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   91-93   2015年   [査読有り][招待有り]
肝癌診療のためのステージングシステム
工藤正俊
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   74-77   2015年   [査読有り][招待有り]
乏血性肝細胞癌性結節(境界病変, 異型結節, 早期肝癌)はどのような場合に治療すべきか
工藤正俊, 泉 並木, 角谷眞澄, 松井 修
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   66   2015年   [査読有り][招待有り]
肝細胞癌の診断アルゴリズム
工藤正俊, 泉 並木, 角谷眞澄, 松井 修
肝癌診療マニュアル 第3版, 日本肝臓学会編集, 医学書院, 東京   62-66   2015年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
工藤 正俊
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology   109(8) 1327-1334   2012年8月
有住 忠晃, 上嶋 一臣, 竹田 治彦, 大崎 往夫, 萩原 智, 井上 達夫, 北井 聡, 矢田 典久, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊
肝臓   53(6) 344-347   2012年6月
Response Evaluation Criteria In Solid Tumor version 1.1 (RECIST1.1), modified RECIST (mRECIST) and Response Evaluation Criteria In Cancer of the Liver (RECICL) are frequently used as a response evaluation criteria for hepatocellular carcinoma. The...
有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊
肝臓   53(6) 348-350   2012年6月
【PURPOSE】 Sorafenib is a molecularly-targeted drug, which have been proven survival benefit for advanced hepatocellular carcinoma (HCC). Because of the unique side effects of sorafenib such as hand-foot skin reaction (HFSR), the administration of ...
犬塚 義, 大崎 往夫, 松田 史博, 坂本 梓, 幡丸 景一, 邉見 慎一郎, 石川 哲朗, 齋藤 澄夫, 西川 浩樹, 喜多 竜一, 岡部 純弘, 木村 達, 若狭 朋子, 萩原 智, 工藤 正俊
肝臓   53(1) 42-47   2012年1月
症例は65歳の日本人男性.2008年12月にB型慢性肝炎(Genotype C)指摘され,2009年12月よりエンテカビル(0.5 mg/日)とペグインターフェロンα-2b(80 μg/週)の48週間併用治療を開始.その後ウイルス量・HBe抗原価・HBs抗原価の減少を認めた.開始後44週時点でウイルス量は検出感度以下になるとともに,HBeセロコンバージョン・HBs抗原の消失,48週治療後半年以上経過した現在はHBsセロコンバージョンを維持している.HBs抗原自然消失例の報告は散見されるが,...
工藤 正俊
Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi   109(8) 1327-1334   2012年
進行肝細胞癌は脈管浸潤もしくは肝外転移を有する肝癌で局所治療が不可能な肝癌と定義される.日本においてはインターフェロン+5FUやlow dose FPを用いた動注化学療法が行われ,良好な成績をあげている.一方,日本以外の海外では進行肝癌に対する第一選択の治療法は分子標的薬ソラフェニブである.現在,進行肝癌に対する新薬の開発やソラフェニブと動注との併用臨床試験が進行中であり,この臨床試験が成功すれば,進行肝癌の予後は著しく向上するであろう.

書籍等出版物

 
異所性静脈瘤の診断と内視鏡治療
松井繁長, 工藤正俊
日本門脈圧亢進症学会編集, 南江堂, 東京   2015年11月   
Liver Cancer, Okuda K and Tabor E, eds, Ultrasound Diagnosis
工藤 正俊 (担当:共著)
Churchill Livingstone, London   1997年   
"Diagnosis and Treatment of Hepatocellular Carcinoma", Livraghi T, Makuuchi M, Buscarini, eds, Scintigraphy
工藤 正俊 (担当:共著)
Greenwich Medical Media Limited, London, UK   1997年   
消化器病 UP TO DATE-Consensus & Controversies, 小林絢三 編, 肝癌の早期診断と治療: 血流動態からみた肝癌の脱分化と進展
工藤 正俊 (担当:共著)
永井書店, 大阪   1997年   
腹部疾患の画像診断, 中村仁信, 松井 修, 高安賢一 編, 肝腫瘍性病変―超音波診断
工藤 正俊 (担当:共著)
最新医学社   1997年   

講演・口頭発表等

 
Nivolumab dose escalation and expansion in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): the CheckMate 040 study
American Society of Clinical Oncology, 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI 2017)   2017年1月20日   
胆道出血を契機に発見された胆嚢管癌の1例
奥田英之, 秦 康倫, 木下大輔, 高山政樹, 岡崎能久, 川崎俊彦, 辻江正徳, 石川 原, 水野成人, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
当院における小児上部消化管内視鏡検査の状況
水野成人, 奥田英之, 高山政樹, 木下大輔, 秦 康倫, 岡崎能久, 川崎俊彦, 工藤正俊, 一木美穂, 近藤宏樹, 虫明総太朗, 若狭朋子, 太田善夫
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
EUS-HGSステント閉塞に対しtrough the mesh法でreinterventionしえた1例
上田泰大, 宮田 剛, 竹中 完,三長孝輔, 大本俊介, 松田友彦, 鎌田 研, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
胆管合流異常症に合併した拡張胆管内隆起病への1例
吉川和也, 大本俊介, 竹中 完, 宮田 剛, 鎌田 研, 三長孝輔, 山雄健太郎, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
自己免疫性膵炎に対するステロイド投与の影響を造影ハーモニックEUSで評価しえた症例
岩津友大, 鎌田 研, 竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
主膵管狭窄を2年間経過観察し得た膵上皮内癌の1例
橋本有人, 山雄健太郎, 竹中 完, 大本俊介, 鎌田 研, 宮田 剛, 三長孝輔, 樫田博史, 工藤正俊, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
ョートシングルバルーン内視鏡を用いた金属ステント留意が有用であった十二指腸癌術後再発による挙上空腸狭窄の1例
國田裕貴, 三長孝輔, 竹中 完, 大本俊介, 松田友彦, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
PTP誤嚥による食道気管支廔に対しOTSCによる閉鎖が奏功した一例
石村香織, 朝隈 豊, 岡元寿樹, 河野匡志, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 米田頼晃, 櫻井俊治, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
膵頭十二指腸切除術胃膵部吻合部狭窄に対するEUS-PDの検討. ワークショップ1「膵がんにおけるEUS-FNA関連手技の現状と問題点」
竹中 完, 三長孝輔, 山雄健太郎, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
大腸腫瘍内視鏡治療後の局所再発に対するサーベイランスについて. パネルディスカッション2「大腸腫瘍内視鏡治療後のfollow upの課題」
米田頼晃, 樫田博史, 櫻井俊治, 朝隈 豊, 工藤正俊
日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会   2016年11月26日   
閉会の辞: 工藤正俊 [招待有り]
工藤正俊
第15回大阪消化器化学療法懇話会   2016年11月19日   
座長; 特別講演「大腸癌薬物療法の最新情報」 [招待有り]
工藤正俊
第15回大阪消化器化学療法懇話会   2016年11月19日   
Invited Lecture “Contrast-enhanced EUS for pancreatobiliary disease” [招待有り]
工藤正俊
The Westlake International Forum on Ultrasound in Medicine and Biology (WIFUMB 2016) in conjunction with the International Contrast Ultrasound Society (ICUS) meeting   2016年11月13日   
Invited Lecture “Fusion imaging for the treatment of liver cancer”. [招待有り]
工藤正俊
The Westlake International Forum on Ultrasound in Medicine and Biology (WIFUMB 2016) in conjunction with the International Contrast Ultrasound Society (ICUS) meeting   2016年11月13日   
Invited Lecture “HCC clinical practice and ongoing trials in Japan” [招待有り]
工藤正俊
Asia Advisory Board Meeting on GI Tumors   2016年11月12日   
形質細胞様樹状細胞が産生するIL-33がIgG4関連疾患の状態に果たす役割. ワークショップ16「消化器領域におけるIgG4関連疾患の病態」
渡邉智裕, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月5日   
Endoscopic ultrasound-guided gallbladder drainage for acute cholecystitis: long-term outcomes after removal of a self-expandable metal stent
Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016)   2016年11月4日   
EUSガイド下胆道ドレナージ困難例に対する治療ルート変更の有用性
三長孝輔, 北野雅之, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016)   2016年11月4日   
IPMN併存膵癌の臨床像と早期発見におけるEUSの有用性. ワークショップ10「IPMN併存膵癌における諸問題と対策」
鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016)   2016年11月4日   
司会; ワークショップ12「肝癌分子標的薬導入のタイミング」 [招待有り]
工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月4日   
エンテカビルとPEG-IFNα2a/2b 48週併用療法の効果および治療効果予測因子の検討. ワークショップ9「B型肝炎治療のアップデート」
萩原 智, 西田直生志, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月4日   
膵癌の癌性疼痛に対するEUSガイド下神経叢融解術の治療効果予測因子の検討
宮田 剛, 北野雅之, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月4日   
司会; ブレックファーストセミナー2「肝細胞癌の診断と治療の進歩」 [招待有り]
工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016)   2016年11月3日   
Chair; Liver-S2 “Current therapeutic strategy for HCC” [招待有り]
工藤正俊
Asian Pacific Digestive Week (APDW 2016)   2016年11月3日   
Estimation of EUS findings of early chronic pancreatitis in comparison with clinical symptoms. International Session (Workshop) 1“Recent progress in chronic pancreatitis”
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月3日   
pTis/pT1a膵癌の診断における内視鏡の役割. パネルディスカッション5「膵・胆道癌の早期発見における内視鏡の役割」
山雄健太郎, 北野雅之, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会, 第54回日本消化器がん検診学会大会(JDDW 2016)   2016年11月3日   
US-US image fusionを用いた肝細胞癌へのラジオ波焼灼術と治療効果判定
南 康範, 工藤正俊
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月3日   
Identification of fetal liver-type hepatocellular carcinoma based on a methylome analysis and its associations with genetic alterations. International Session (Symposium) 1 “Genomics of hepatocellular carcinoma: hepatitis virus infection and hepatocarcino
第20回日本肝臓学会大会, 第58回日本消化器病学会大会, 第92回日本消化器内視鏡学会総会, 第14回日本消化器外科学会大会(JDDW 2016)   2016年11月3日   
US-US fusion imaging in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma
the 3rd Asian Conference on Tumor Ablation (ACTA)   2016年10月29日   
造影超音波を施行した膵NET肝転移の一例
横川美加, 前野知子, 市島真由美, 塩見香織, 前川 清, 矢田典久, 依田 広, 南 康範, 工藤正俊
第43回日本超音波医学会関西地方会   2016年10月29日   
画像解析ソフトを用いた超音波診療の教育システム. シンポジウム1「腹部超音波検査の進歩と新たな展開」
小川 力, 盛田真弘, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊
第43回日本超音波医学会関西地方会   2016年10月29日   
肝病態診断におけるエラストグラフィの有用性. シンポジウム1「腹部超音波検査の進歩と新たな展開」
矢田典久, 工藤正俊
第43回日本超音波医学会関西地方会   2016年10月29日   
理事長特別講演「超音波がもたらすイノベーション」 [招待有り]
工藤正俊
第43回日本超音波医学会関西地方会   2016年10月29日   
Moderator; ACTA meets WCIO I: Challenges and solutions in ablation [招待有り]
工藤正俊
The 3rd Asian Conference on Tumor Ablation   2016年10月28日   
Invited Lecture “CE-US guided RFA for HCC”, Luncheon Symposium I [招待有り]
工藤正俊
the 3rd Asian Conference on Tumor Ablation (ACTA)   2016年10月28日   
Invited Lecture “CEUS in the evaluation of RFA treatment efficacy” [招待有り]
工藤正俊
2016 Annual Convention of Taiwan Society of Ultrasound in Medicine (TSUM)   2016年10月23日   
Invited Lecture “Value of EOB in clinical perspective: Japan” [招待有り]
工藤正俊
Asia Pacific Liver Imaging Symposium (APLIS 2016)   2016年10月21日   
司会: Session 1「本邦における肝疾患とサルコペア」 [招待有り]
工藤正俊
OTSUKA Liver Forum 2016   2016年10月15日   
特別講演「肝細胞癌診療の最近のtopics」 [招待有り]
工藤正俊
第2回肝疾患Up to Date研究会   2016年10月13日   
Combination therapy with peginterferon and entecavir for persistent viral suppression in patients with chronic hepatitis B
23rd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses (HCV2016)   2016年10月13日   
特別講演「肝胆膵領域の超音波診療: 最近の動向」 [招待有り]
工藤正俊
日本超音波医学会第26回四国地方会学術集会   2016年10月8日   
The oncoprotein gankyrin promotes the development of colitis-associated cancer by mediating STAT3 and ERK activation
The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association   2016年10月6日   
Chair: English Oral Sessions “Hepato-biliary-pancreatic cancer: translational research” [招待有り]
工藤正俊
The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association   2016年10月6日   
慢性膵炎合併良性胆道狭窄に対するfully covered metallic stentの有用性
竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊
第52回日本胆道学会学術集会   2016年9月30日   
経乳頭的、経皮的治療抵抗性の切除不能肝門部悪性胆道狭窄に対するEUS-guided biliary drainage (EUS-BD)の有用性, ビデオワークショップ「胆道内視鏡のトラブルシューティング」
竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊
第52回日本胆道学会学術集会   2016年9月29日   
急性胆嚢炎に対するEUSガイド下胆嚢ドレナージの長期成績~長期成績からみたSEMS早期抜去の有用性~, ワークショップ2「胆道疾患に対する超音波内視鏡の有用性」
鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊
第52回日本胆道学会学術集会   2016年9月29日   
胆嚢病変の治療方針決定における造影ハーモニックEUSの有用性
鎌田 研, 北野雅之, 工藤正俊
第52回日本胆道学会学術集会   2016年9月29日   
Chair; Luncheon Seminar 3 “Significance of anti-viral therapy in patients with HCV-related HCC” [招待有り]
工藤正俊
12th JSH Single Topic Conference   2016年9月23日   
chair; The position of molecular target therapy in HCC, now and future [招待有り]
工藤正俊
12th Japan Society of Hepatology   2016年9月23日   
US-US fusion imaging in radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma
The 12th JSH Single Topic Conference   2016年9月22日   
Invited Lecture “New subclassification and treatment strategy for intermediate stage HCC” [招待有り]
工藤正俊
the 12th JSH Single Topic Conference   2016年9月22日   
Treatment patterns in >3000 sorafenib-treated patients: final analysis of GIDEON (Global Investigation of therapeutic DEcisions in hepatocellular carcinoma and Of its treatment with sorafeNib)
The 19th Annual Meeting of Chinese Society of Clinical Oncology (CSCO)   2016年9月21日   
主膵管の著名な拡張を呈したIPMNの一例
森本真衣, 高山政樹, 岡崎能久, 秦 康倫, 木下大輔, 奥田英之, 川崎俊彦, 水野成人, 古形修平, 辻江正徳, 井上雅智, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第105回例会   2016年9月17日   
透析患者の胃粘膜組織から炭酸ランタン沈着を証明できた一例
橋本有人, 松井繁長, 岡本寿樹, 河野匡志, 田中梨絵, 山田光成, 足立哲平, 峯 宏昌, 永井知行, 米田頼晃, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊, 榎木英介, 木村雅友
日本消化器病学会近畿支部第105回例会   2016年9月17日   
急性胆嚢炎に対する超音波内視鏡下胆嚢ドレナージ術, ワークショップ2「胆膵疾患診断および治療の最近の進歩」
鎌田 研, 竹中 完, 北野雅之, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第105回例会   2016年9月17日   
肝細胞癌治療アルゴリズムの検討. パネルディスカッション「肝細胞癌の治療アルゴリズムをめぐる諸問題」
有住忠晃, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第105回例会   2016年9月17日   
大腸潰瘍の治療法選択におけるJNET分類の診断能に関する検討. シンポジウム2「大腸腫瘍の診断・治療における戦略と展望」
米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第105回例会   2016年9月17日   
開会/閉会の挨拶 [招待有り]
工藤正俊
南大阪肝疾患診療連携セミナー   2016年9月15日   
座長: 特別講演「世界初の核酸型"チェインターミネーター"100%駆除を目指して」 [招待有り]
工藤正俊
南大阪肝疾患診療連携セミナー   2016年9月15日   
Prospective randomized controlled phase III trial comparing the efficacy of sorafenib versus sorafenib in combination with low-dose cisplatin/fluorouracil hepatic arterial infusion chemotherapy in patients with advanced hepatocellular carcinoma
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月11日   
Patients benefit from treatment with sorafenib for more than 28 weeks: analysis from the GIDEON study according to duration of treatment
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
Validation of a proposed substaging system for patients with intermediate hepatocellular carcinoma
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
New technology to detect of tumor-feeding branches and simulate embolization area of hepatocellular carcinoma with SYNAPSE VINCENT durint transcatheter arterial chemoembolization
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line sorafenib (REACH-2)
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
An international observational study to assess the use of sorafenib after transarterial chemoembolization (TACE) in patients with hepatocellular carcinoma (HCC): OPTIMIS interim analysis
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
A propensity score analysis on survival benefit of liver resection for hepatocellular carcinoma associated with portal vein invasion using nationwide survey data in Japan
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
Safety and antitumour activity of Nivolumab (Nivo) in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Interim analysis of dose-expansion cohorts from the phase 1/2 checkmate-040 study
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
New subclassification of intermediate stage HCC: Analysis of 46,997 Japanese HCC patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan
10th Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)   2016年9月10日   
Chair: ILCA Symposium 2 “Controversies in Liver Cancer” [招待有り]
工藤正俊
ILCA 10th Annual Conference 2016   2016年9月9日   
ラジオ出演「C型肝炎について」 [招待有り]
工藤正俊
ラジオ大阪(番組名: 高岡美樹のべっぴんラジオ)   2016年8月23日   
特別講演「Intermediate Stage 肝癌の多様性と治療戦略」 [招待有り]
工藤正俊
TACE Refractory Focus Expert Meeting   2016年8月12日   
座長: 特別講演 [招待有り]
工藤正俊
第58回京都肝疾患懇話会   2016年7月30日   
Invited Lecture “Global GIDEON data: subgroup analysis of sorafenib dosing pattern in patients with unresectable hepatocellular carcinoma” [招待有り]
工藤正俊
14th Annual Meeting of the Japanese Society of Medical Oncology   2016年7月30日   
Invited Lecture “Global GIDEON data: subgroup analysis of sorafenib dosing pattern in patients with unresectable hepatocellular carcinoma” [招待有り]
工藤正俊
14th Annual Meeting of the Japanese Society of Medical Oncology   2016年7月29日   
Chair; Poster Session “Hepatoma/HCC, Biliary Tract Cancer” [招待有り]
工藤正俊
14th Annual Meeting of the Japanese Society of Medical Oncology   2016年7月28日   
画像コメンテーター: 肝「炎症を伴う肝腫瘤性病変(非腫瘍性・腫瘍性を含む)」 [招待有り]
工藤正俊
第17回臨床消化器病研究会   2016年7月23日   
Special Lecture “Role of EOB-MRI in the management of HCC” [招待有り]
工藤正俊
Bayer Sponsored Meeting From Diagnosis to Treatment, 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月10日   
Chair; Session 17: State-of-the Art Lecture “Systemic Therapy for HCC – The Future and Beyond” [招待有り]
工藤正俊
The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月10日   
A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study of ramucirumab versus placebo as second-line treatment in patients with hepatocellular carcinoma and elevated baseline alpha-fetoprotein following first-line Sorafenib (REACH-2)
7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月9日   
Chair; Session 14: Debate Session [招待有り]
工藤正俊
The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月9日   
Chair; Consensus Workshop2 “Role of Chemotherapy in HCC” [招待有り]
工藤正俊
The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月9日   
Easy detection of tumor-feeding branches of hepatocellular carcinoma with SYNAPSE VINCENT during transcatheter arterial chemoembolization
7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月8日   
Safety and antitumor activity of Nivolumab (Nivo) in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Interim analysis of dose-expansion cohorts from the Phase 1/2 CheckMate-040 study
7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月8日   
State-of-the Art Lecture “Recent Advancement in HCC Treatment” [招待有り]
工藤正俊
7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月8日   
Chair; Consensus Workshop2 “Role of Chemotherapy in HCC” [招待有り]
工藤正俊
The 7th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE)   2016年7月8日   
NASH関連肝発癌における線維化進展と遺伝子変化. ワークショップ2「非ウイルス性肝細胞癌の病態と分類」
萩原 智, 西田直生志, 工藤正俊
第52回日本肝癌研究会   2016年7月2日   
門脈腫瘍栓合併肝細胞癌に対する外科的切除の意義の検討-肝癌研究会追跡調査より. パネルディスカッション3「進行肝細胞癌の治療: 切除、動注、放射線科、分子標的治療薬の役割」
國土貴嗣, 長谷川 潔, 松山 裕, 高山忠利, 泉 並木, 角谷眞澄, 工藤正俊, 具 英成, 坂元亨宇, 中島 収, 金子周一, 國土典宏
第52回日本肝癌研究会   2016年7月2日   
予測塞栓領域を考慮したTACE治療の試み. ビデオセッション3「肝癌・背景肝の画像評」
小川 力, 野田晃世, 荒澤壮一, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊
第52回日本肝癌研究会   2016年7月1日   
ゲノム・エピゲノム・染色体情報に基づいた肝癌の亜分類と転移再発予測. パネルディスカッション2「肝細胞癌の新たなサブクラス分類と治療ストラテジー」
西田直生志, 海道利実, 工藤正俊
第52回日本肝癌研究会   2016年7月1日   
“Proposal of new BCLC stage B subclassification”, Symposium 1 “Improvement of outcome beyond TACE in intermediate stage HCC” [招待有り]
工藤正俊
52nd Annual Meeting of Liver Cancer Study Group of Japan   2016年7月1日   
Chair: Symposium 1 “Improvement of outcome beyond TACE in intermediate stage HCC” [招待有り]
工藤正俊
第52回日本肝癌研究会   2016年7月1日   
司会: ランチョンセミナー7「肝がん合併肝硬変の治療戦略」 [招待有り]
工藤正俊
第52回日本肝癌研究会   2016年7月1日   
予測塞栓領域を考慮したTACE治療の試み
小川 力, 野田晃世, 盛田真弘, 出田雅子, 久保敦司, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊
第16回関西肝血流動態・機能イメージ研究会   2016年6月25日   
当院におけるDrug eluting bead (DEB)-TACEの現況
田北雅弘, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 依田 広, 上嶋一臣, 西田直生志, 任 誠雲, 柳生行伸, 松木 充, 鶴崎正勝, 村上卓道, 工藤正俊
第16回関西肝血流動態・機能イメージ研究会   2016年6月25日   
教育講演「免疫チェックポイント阻害剤による肝細胞癌治療への期待」 [招待有り]
工藤正俊
第16回関西肝血流動態・機能イメージ研究会   2016年6月25日   
ネクサバールでCRが5年間持続後にSOF+RBVを行いSVR12が得られている症例
小川 力, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲郎, 松中寿浩, 玉置敬之, 芝峠光成, 工藤正俊
第14回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年6月11日   
ソラフェニブ国際共同非介入試験GIDEON最終解析~日本における肝癌治療の実際~, シンポジウム2「進行肝癌に対するカテーテル治療」
角谷眞澄, 池田公史, 高山忠利, 沼田和司, 泉 並木, 國土典宏, 古瀬純司, 奥坂拓志, 山下哲史, 奥村正文, 工藤正俊
第14回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年6月11日   
司会: シンポジウム2「進行肝癌に対するカテーテル治療」 [招待有り]
工藤正俊
第14回日本肝がん分子標的治療研究会   2016年6月11日   
Phase 1/2 study of durvalumab and tremelimumab as monotherapy and in combination in patients with unresectable hepatocellular carcinoma (HCC)
52nd American Society of Clinical Oncologys Annual Meeting 2016 (ASCO 2016)   2016年6月5日