ホーランド 萬里子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/01 23:21
 
アバター
研究者氏名
ホーランド 萬里子
 
ホ-ランド マリコ
職名
教授
学位
M. Ed(The university of Britishi Columbia), 文学士(名古屋大学)
その他の所属
旧所属 南山大学 総合政策学部

研究分野

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2009年
南山大学 総合政策学部 教授
 

学歴

 
1978年
 - 
1980年
ブリティッシュ・コロンビア大学 教育学研究科 英語教育
 
1959年
 - 
1963年
名古屋大学 文学部 文学科
 

受賞

 
2003年
大学英語教育学会(JACET)実践賞
 

論文

 
Learning Vocabulary from the TEFL Perspective: Considerations on English Vaocabulary Instruction for the Japanese
ホーランド 萬里子
中部応用言語学研究会   (11) 53-71   2016年3月
Investigation into Monologue and Dialogue from the TEFL Perspective for Japanese
ホーランド 萬里子
中部応用言語学研究会   (10) 43-63   2013年3月
Reading Aloud Investigated through Factor Analysis and Brain Science with a View to Oral English Education for Japanese
ホーランド 萬里子
中部応用言語学研究会『言語研究と英語教育』   (9) 63-86   2010年11月
Poster Presentation in the Reading Class: Integration of Language Activities
中部応用言語学研究会『言語研究と英語教育』   (8) 63-91   2008年
Teaching the Reading of Advertisements as Language Education
南山大学『アカデミア』文学・語学編   (82) 141-165   2007年
Shadowing and Oral Reading: Investigation through Experiments and Research in Cerebral Functions
南山大学『アカデミア』文学・語学編   (77) 277-301   2005年
Some Critical Aspects to be Considered in Foreign Language Learning/Teaching
中部応用言語学研究会『言語研究と英語教育』   (7) 65-80   2005年
Sharing Language: Oral Interpretation as Language Education
南山大学『アカデミア』文学・語学編   (75)    2004年
Investigation of the Awareness and Attitudes of Japanese University Students towards Oral Communication in English and Pedagogical Implications
中部応用言語学研究会『言語研究と英語教育』第6号      2002年
Is It Possible to Combine Reading and Oral Communication?--Reading aloud in an Expository Reading Class--
南山大学『アカデミア』文学・語学編   (70) 89-117   2001年

Misc

 
野村 和宏, ホーランド 萬里子, 塩沢 泰子, 大川 道代
JACET全国大会要綱   47 224-225   2008年9月
塩沢 泰子, ホーランド 萬里子, ムーディー 美穂
JACET全国大会要綱   45 214-215   2006年9月
幸野 稔, 立山 利治, ホーランド 萬里子, 三熊 祥文
JACET全国大会要綱   40 64-65   2001年9月
英語教育の現場では、聞く・話すを中心にしたオーラル・コミュニケーション教育の重要性が増していることは周知の事実である。大学では、オーラル・コミュニケーション関連の様々な講義が開講されており、そこではディベート・ディスカッション・スピーチ・レシテーション・ドラマなどが指導されているが、それらを理論と実践の両面から包括的に網羅した「教師のための指導書」は少ない。本研究会では、1996年以来上記の分野における会員各自の研究を進め、年次大会のワークショップにおいて、その成果の発表と実演をしてきた。...
ホーランド 萬里子
JACET全国大会要綱   34 39-42   1995年9月
ホーランド 萬里子
JACET全国大会要綱   30 63-66   1991年8月

書籍等出版物

 
『オーラル・コミュニケーションの新しい地平』
塩沢康子、野村和宏、大川道代編著 (担当:共著, 範囲:第5章 オ-ール・インタープリテーションと他芸術とのコラボレーション―詩のOral Interpretation と複数の朗読者によるChoral Reading―)
文教大学出版事業部   2013年6月   
『オーラル・コミュニケーションの理論と実践』 第5章「コーラル・リーディング(Choral Reading), 第9章朗読劇(Readers Theatre)
三修社   2002年   ISBN:4-384-01183-0
散文詩翻訳 『さあ、星空を歩きましょう』
近代文芸社   2000年   ISBN:4-7733-6663-X
OH, CANADA―Poetic Impressions of Natural Beauty―
Fleming Printing, Victoria, B. C. Canada   1988年   ISBN:0-9693682-0-1

講演・口頭発表等

 
(オーラル・コミュニケション研究会 シンポジウム)  メディアを統合したスピーチコミュニケーションの新しい可能性 ―オーラル・インタープリテーションとメディアの統合―
大学英語教育学会第47回全国大会 於東京   2008年   
(オーラル・コミュニケション研究会 ワークショップ)  オーラル・コミュニケーション活動と指導の実際 ―コーラル・リーディング指導―
大学英語教育学会第45回全国大会 於枚方   2006年   
(オーラル・コミュニケーション研究会  パネル・ディスカッション 「オーラル・コミュニケーションの理論と実践」)―Choral Reading―
大学英語教育学会第40回全国大会 於札幌   2001年   
Folk Tales and Reading Aloud as Oral Communication : Methodological Theory in Foreign Language Education
11th World Congress of Applied Linguistics 於 Jyvaskyla, Finland   1996年   
Oral reading : Analysis through correlation with other language activities
TESOL 30th Annual Convention & Exposition 於 Chicago, USA   1996年   

Works

 
Choral Readingーコーラル・リーディングで英詩を楽しくー 3rd ed. ( PDF 版付)
ホーランド 萬里子   教材   2013年4月
Choral readingーコーラル・リーディングで英詩を楽しくー 2nd ed.
ホーランド 萬里子   教材   2000年4月
Choral Readingーコーラル・リーディングで英詩を楽しくー 1st ed.
ホーランド 萬里子   教材   1999年4月

競争的資金等の研究課題

 
音声教育(音読、Oral Interpretation, Readers Theatre)
言語活動と脳機能
Teaching English as Language Arts
Content-based Teaching of English, EAP, ESP
言語と文化