真野 浩行

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 23:16
 
アバター
研究者氏名
真野 浩行
 
マノ ヒロユキ
所属
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
部署
エネルギー・環境領域安全科学研究部門リスク評価戦略グループ
職名
主任研究員

プロフィール

2006年3月 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生命共存科学専攻 博士課程修了(理学)。
藻類、ミジンコ、魚類等の水生生物を用いて、個別化学物質、化学物質の混合物および排水の生態影響に関する調査研究を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 安全科学研究部門 リスク評価戦略グループ 主任研究員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
国立研究開発法人 土木研究所 水環境研究グループ 水質チーム 研究員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人 国立環境研究所 環境リスク研究センター 特別研究員
 
2007年5月
 - 
2011年3月
独立行政法人 国立環境研究所 環境リスク研究センター NIESポスドクフェロー
 
2006年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 博士特別研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生命共存科学専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
筑波大学 第二学群 生物学類
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
2017年3月
公益社団法人 日本下水道協会  下水道研究発表会企画運営委員会
 
2012年4月
 - 
2014年3月
河川・海岸環境機能等検討委員会  河川生態学術研究会多摩川グループ委員
 

受賞

 
2015年11月
公益社団法人 土木学会 環境工学研究フォーラム 論文賞 メダカの生殖・成長関連遺伝子群による下水処理過程の生物影響削減効果の評価
受賞者: 北村 友一、真野 浩行、小森 行也、岡本 誠一郎、鈴木 穣
 
2014年6月
日本下水道協会 若手研究発表賞 PRTR情報等を活用した下水処理水中に含まれる化学物質の環境リスク初期評価
 

論文

 
溶存態金属の濃度が高い下水処理水を対象としたミジンコ2種への影響の調査と毒性同定評価試験の適用
真野 浩行、武田文彦、南山瑞彦
土木学会論文集G(環境)   72(7) III_107-III_115   2016年12月   [査読有り]
Preliminary ecological risk assessment of 10 PPCPs and their contributions to the toxicity of concentrated surface water on an algal species in the middle basin of Tama River
Mano H, Okamoto S
Journal of Water and Environment Technology   14(6) 423-436   2016年12月   [査読有り]
Mechanisms of compensatory dynamics in zooplankton and maintenance of food chain efficiency under toxicant stress
Mano H, Tanaka Y
Ecotoxicology   25(2) 399-411   2016年3月   [査読有り]
下水による水生生物影響に及ぼす下水処理プロセスの効果に関する基礎的研究
武田 文彦、真野 浩行、北村 友一、小森 行也、岡本 誠一郎
水処理生物学会誌   54(4) 95-103   2015年12月   [査読有り]
NF膜およびRO膜処理による下水再生水の藻類生長阻害試験およびメダカ胚・仔魚期短期毒性試験による毒性低減効果の評価
真野 浩行、武田 文彦、北村 友一、岡本 誠一郎、小林 憲太郎、高畠 寛生、山下 尚之、田中 宏明
土木学会論文集G(環境)   71(7) III_179-III_187   2015年11月   [査読有り]
メダカの生殖・生長関連遺伝子群による下水処理過程の生物影響削減効果の評価
北村 友一、真野 浩行、小森 行也、岡本 誠一郎、鈴木 穣
土木学会論文集G(環境)   71(7) III_161-III_169   2015年11月   [査読有り]
Different acute toxicity of fipronil baits on invasive Linepithema humile supercolonies and some non-target ground arthropods
Hayasaka D, Kuwayama N, Azuma T, Ishida T, Mano H, Inoue NM, Nagai T, Sánchez-Bayo F, Goka K, Sawahata T
Ecotoxicology   24(1) 1221-1228   2015年5月   [査読有り]
Initial environmental risk assessment of Japanese PRTR substances in treated wastewater
Takeda F, Mano H, Suzuki Y, Okamoto S
Journal of Water Environment Technology      2015年   [査読有り]
NF,RO膜処理によるメダカ性特異遺伝子発現の変動抑制効果
北村友一,真野浩行,岡本誠一郎,鈴木穣,李相重,山下尚之,井原賢田,田中宏明,小林憲太郎,高畠寛生
土木学会論文集G(環境)   70(7) III_73-III_80   2014年12月   [査読有り]
Competitor density and food concentration: an empirical approach to elucidate the mechanism of seasonal succession of two coexisting Bosmina. Journal of Ecology and Environment
Mano H, Sakamoto M
Journal of Ecology and Environment   36(4) 267-271   2013年12月   [査読有り]
PRTR情報等を活用した下水処理水中に含まれる化学物質の環境リスク初期評価
2) 真野浩行,村山康樹,鈴木穣,中田典秀,南山瑞彦
下水道協会誌   50(612) 85-92   2013年10月   [査読有り]
Functional traits of herbivores and food chain efficiency in a simple aquatic community model
Tanaka Y, Mano H
Ecological Modelling   237-238 88-100   2012年7月   [査読有り]
Size Specificity of Predation by Japanese Medaka Oryzias latipes on Daphnia pulex
Mano H, Tanaka Y
Journal of Freshwater Ecology   27(2) 309-313   2012年6月   [査読有り]
Genetic variance of tolerance and the toxicant threshold model
Tanaka Y, Mano H, Tatsuta H
Environmental Toxicology and Chemistry   31(4) 813-818   2012年4月   [査読有り]
Acute toxic impacts of three heavy metals on Diaphanosoma brachyurum from Lake Kasumigaura
Mano H, Ogamino Y, Sakamoto M, Tanaka Y
Limnology   12(2) 193-196   2011年8月   [査読有り]
Contest-type competition between age classes in scramble-type Callosobruchus maculatus (Coleoptera: Bruchidae)
Mano H, Toquenaga Y
Entomological Science   14(2) 166-172   2011年4月   [査読有り]
Comparative study of insecticide toxicity among seven cladoceran species
Mano H, Sakamoto M, Tanaka Y
Ecotoxicology   19(8) 1620-1625   2010年11月   [査読有り]
Wall-making behavior in Callosobruchus maculatus (Coleoptera: Bruchidae)
Mano H, Toquenaga Y
Annals of the Entomological Society of America   101(2) 449-455   2008年3月   [査読有り]
Wall-making behavior as a proximate mechanism to generate variation in larval competition in Callosobruchus maculatus (Coleoptera: Bruchidae)
Mano H, Toquenaga Y
Evolutionary Ecology   22(2) 177-191   2008年3月   [査読有り]
Modified SLCA algorithm for full-sib reconstruction of haplodiploid species. Environmental Entomology
Kokuvo N, Yoshimura S, Mano H, Toquanaga Y, Goka K
Environmental Entomology   36(6) 1523-1528   2007年12月   [査読有り]

Misc

 
下水処理工程におけるニッケルの挙動と生態影響
村田 里美、眞野 浩行、小川文章
土木技術資料   59(10) 30-33   2017年10月
生物応答試験による下水処理水の影響評価の試み
武田 文彦、真野 浩行、岡本誠一郎
土木技術資料   57(12) 42-45   2015年12月
都市河川における医薬品類の挙動と水生生態系への影響
真野浩行,岡本誠一郎
土木技術資料   57(2) 20-23   2015年2月
下水処理水に含まれるPRTR化学物質の環境リスク初期評価
真野浩行,岡本誠一郎
土木技術資料   56(5) 6-9   2014年5月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 坂本 正樹
<基礎データの蓄積(魚類)>前年度から引き続き,種レベルの毒性試験を実施した.魚類については生後3か月以内のモツゴの稚魚を用いて,シメトリン(除草剤),およびイプロベンフォス(殺菌剤)に対する急性毒性試験を行った.シメトリン曝露区では96時間後の生存率は15 ppmで33%,それ以上の濃度区では100%だった.イプロベンフォス曝露区では15 ppmで0%,10 ppmで88.9%,その他の濃度区は100%だった.これらの結果から,モツゴ稚魚に対するシメトリン,イプロベンフォスのLC50は<...
食物網を考慮した化学物質の生態影響評価手法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 坂本 正樹