高田 昌彦

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/21 15:50
 
アバター
研究者氏名
高田 昌彦
URL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/sections/systems_neuroscience/index.html
所属
京都大学
部署
霊長類研究所
職名
教授

プロフィール

1982年、広島大学歯学部を卒業後、京都大学大学院医学研究科に進む。1984年よりカナダのトロント大学および米国のテネシー大学で研究生活を送り、1991年に帰国。京都大学大学院医学研究科講師(高次脳形態学講座)を経て、東京都医学研究機構東京都神経科学総合研究所副参事研究員(統合生理研究部門)。2009年より京都大学霊長類研究所教授(分子生理研究部門統合脳システム分野)。専門は大脳皮質─大脳基底核連関、パーキンソン病。座右の銘は乾坤一擲。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都大学 霊長類研究所 神経科学研究部門 統合脳システム分野 教授
 
2009年4月
 - 
2015年3月
京都大学 霊長類研究所 分子生理研究部門 統合脳システム分野 教授
 
2000年4月
 - 
2009年3月
(財)東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所 統合生理研究部門 副参事研究員
 
1999年4月
 - 
2000年3月
(財)東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所 神経生理学研究部門 副参事研究員
 
1998年4月
 - 
1999年3月
(財)東京都神経科学総合研究所 神経生理学研究部門 副参事研究員
 
1995年4月
 - 
1998年3月
京都大学 大学院医学研究科脳統御医科学系専攻高次脳科学講座高次脳形態学 講師
 
1991年8月
 - 
1995年3月
京都大学 医学部高次脳形態学講座 講師
 
1991年3月
 - 
1991年7月
京都大学 医学部高次脳形態学講座 助手
 
1989年7月
 - 
1991年2月
アメリカ合衆国・テネシー大学 医学部解剖学教室 助教授
 
1984年10月
 - 
1989年6月
カナダ・トロント大学 医学部解剖学教室 研究員
 

論文

 
McCairn KW, Nagai Y, Hori Y, Ninomiya T, Kikuchi E, Lee J-Y, Suhara T, Iriki A, Minamimoto T, Takada M, Isoda M, Matsumoto M
Neuron   89 300-307   2016年1月   [査読有り]
Ishida H, Inoue K, Takada M, Hoshi E
Eur J Neurosci   43 258-269   2016年1月   [査読有り]
Ito T, Inoue K, Takada M
Neuroscience   310 128-151   2015年12月   [査読有り]
Kawai T, Yamada H, Sato N, Takada M, Matsumoto M
Neuron   88 792-804   2015年11月   [査読有り]
Inoue K, Takada M, Matsumoto M
Nat Commun   6 8378   2015年9月   [査読有り]
Nakagawa H, Ninomiya T, Yamashita T, Takada M
Sci Rep   5 11986   2015年7月   [査読有り]
Chung G, Saito M, Kawano T, Lee S, Takada M, Bae Y.C, Oh S.B, Kang Y
Eur J Neurosci   41 998-1012   2015年4月   [査読有り]
Hiraoka M, Inoue K, Senoo H, Takada M
Anat Rec   298 630-636   2015年3月   [査読有り]
Oishi T, Imai H, Go Y, Imamura M, Hirai H, Takada M
PLoS ONE   9 e111867   2014年11月   [査読有り]
Hiraoka M, Kuroda T, Inoue K, Senoo H, Takada M
Anat Rec   296 726-735   2013年12月   [査読有り]
Takada M, Inoue K, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K, Nambu A
Front Neural Circuits   7 140   2013年9月   [査読有り]
Miyachi S, Hirata Y, Inoue K, Lu X, Nambu A, Takada M
Neurosci Res   76 141-149   2013年   [査読有り]
Hoshina N, Tanimura A, Yamasaki M, Inoue T, Fukabori R, Kuroda T, Yokoyama K, Tezuka T, Sagara H, Hirano S, Kiyonari H, Takada M, Kobayashi K, Watanabe M, Kano M, Nakazawa T, Yamamoto T
Neuron   78 839-854   2013年   [査読有り]
Hayakawa H, Nagai M, Kawanami A, Nakata Y, Nihira T, Ogino M, Takada M, Saido T, Takano J, Saegusa M, Mikami T, Hamada J, Nishiyama K, Mochizuki H, Mizuno Y
J Neural Transm   120 1689-1698   2013年   [査読有り]
Isomura Y, Takekawa T, Harukuni R, Handa T, Aizawa H, Takada M, Fukai T
J Neurosci   33 10209-10220   2013年   [査読有り]
Matsumoto M, Takada M
Neuron   79 1011-1024   2013年   [査読有り]
Hayashizaki S, Hirai S, Ito Y, Honda Y, Arime Y, Sora I, Okado H, Kodama T, Takada M
PLoS ONE   8 e75975   2013年   [査読有り]
Hirata Y, Miyachi S, Inoue K, Ninomiya T, Takahara D, Hoshi E, Takada M
Cereb Cortex   23 2965-2975   2013年   [査読有り]
Yoshida T, Suzuki S, Iwasaki Y, Kaneko A, Saito A, Enomoto Y, Higashino A, Watanabe A, Suzuki J, Inoue K, Kuroda T, Takada M, Ito R, Ito M, Akari H
Immunol Lett   154 12-17   2013年   [査読有り]
Hiraoka M, Inoue K, Kawano H, Takada M
Anat Rec   295 347-354   2012年   [査読有り]
Hiraoka M, Inoue K, Ninomiya T, Takada M
Br J Ophthalmol   96 597-603   2012年   [査読有り]
Ninomiya T, Sawamura H, Inoue K, Takada M
J Neurosci   32 6851-6858   2012年   [査読有り]
Inoue K, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K, Nambu A, Takada M
PLoS ONE   7 e39149   2012年   [査読有り]
Takahara D, Inoue K, Hirata Y, Miyachi S, Nambu A, Takada M, Hoshi E
Eur J Neurosci   36 3365-3375   2012年   [査読有り]
Lu X, Miyachi S, Takada M
Proc Natl Acad Sci USA   109 18980-18984   2012年   [査読有り]
Ninomiya T, Sawamura H, Inoue K, Takada M
PLoS ONE   7 e52115   2012年   [査読有り]
Ascending multisynaptic pathways from the trigeminal ganglion to the anterior cingulate cortex.
Iwata K, Miyachi S, Imanishi M, Tsuboi Y, Kitagawa J, Teramoto K, Hitomi S, Shinoda M, Kondo M, Takada M
Exp Neurol   227 69-78   2011年   [査読有り]
Origins of multisynaptic projections from the basal ganglia to rostrocaudally distinct sectors of the dorsal premotor area in macaques.
Saga Y, Hirata Y, Takahara D, Inoue K, Miyachi S, Nambu A, Tanji J, Takada M, Hoshi E
Eur J Neurosci   33 285-297   2011年   [査読有り]
A lentiviral strategy for highly efficient retrograde gene transfer by pseudotyping with fusion envelope glycoprotein.
Kato S, Kobayashi K, Inoue K, Kuramochi M, Okada T, Yaginuma H, Morimoto K, Shimada T, Takada M, Kobayashi K
Hum Gene Ther   22 197-206   2011年   [査読有り]
Differential architecture of multisynaptic geniculo-cortical pathways to V4 and MT.
Ninomiya T, Sawamura H, Inoue K, Takada M
Cereb Cortex   21 2797-2808   2011年   [査読有り]
A neural correlate of the processing of multi-second time intervals in primate prefrontal cortex.
Yumoto N, Lu X, Henry T, Miyachi S, Nambu A, Fukai T, Takada M
PLoS ONE   6 e19168   2011年   [査読有り]
Parkin-mediated protection of dopaminergic neurons in a chronic MPTP-minipump mouse model of Parkinson desease.
Yasuda T, Hayakawa H, Nihira T, Ren Y-R, Nakata Y, Nagai M, Hattori N, Miyake K, Takada M, Shimada T, Mizuno Y, Mochizuki H
J Neuropath Exp Neurol   70 686-697   2011年   [査読有り]
Differential activity patterns of putaminal neurons with inputs from the primary motor cortex and supplementary motor area in behaving monkeys.
Takara S, Hatanaka N, Takada M, Nambu A
J Neurophysiol   106 1203-1217   2011年   [査読有り]
Postnatal development of tyrosine hydroxylase mRNA-expressing neurons in mouse neostriatum.
Masuda M, Miura M, Inoue R, Imanishi M, Saino-Saito S, Takada M, Kobayashi K, Aosaki T
Eur J Neurosci   34 1355-1367   2011年   [査読有り]
Subthalamo-pallidal interactions underlying parkinsonian neuronal oscillations in the primate basal ganglia.
Tachibana Y, Iwamuro H, Kita H, Takada M, Nambu A
Eur J Neurosci   34 1470-1484   2011年   [査読有り]
Neuron-specific gene transfer through retrograde transport of lentiviral vector pseudotyped with a novel type of fusion envelope glycoprotein.
Kato S, Kuramochi M, Takasumi K, Kobayashi K, Inoue K, Takahara D, Hitoshi S, Ikenaka K, Shimada T, Takada M, Kobayashi K
Hum Gene Ther   22 1511-1523   2011年   [査読有り]
Motor and nonmotor projections from the cerebellum to rostrocaudally distinct sectors of the dorsal premotor cortex in macaques.
Hashimoto M, Takahara D, Hirata Y, Inoue K, Miyachi S, Nambu A, Tanji J, Takada M, Hoshi E
Eur J Neurosci   31 1402-1413   2010年   [査読有り]
Protein kinase G dynamically modulates TASK1-mediated leak K+ currents in cholinergic neurons of the basal forebrain.
Toyoda H, Saito M, Okazawa M, Hirao K, Sato H, Abe H, Takada K, Funabiki K, Takada M, Kaneko T, Kang Y
J Neurosci   30 5677-5689   2010年   [査読有り]
Prototypic seizure activity driven by mature hippocampal fast-spiking interneurons.
Fujiwara-Tsukamoto Y, Isomura Y, Imanishi M, Ninomiya T, Tsukada M, Yanagawa Y, Fukai T, Takada M
J Neurosci   30 13679-13689   2010年   [査読有り]
Intracapsular organization of ciliary zonules in monkey eyes.
Hiraoka M, Inoue K, Ohtaka-Maruyama C, Ohsako S, Kojima N, Senoo H, Takada M
Anat Rec   293 1797-1804   2010年   [査読有り]
Transdural Doppler ultrasonography monitors cerebral blood flow changes in relation to motor tasks.
Hatanaka N, Tokuno H, Nambu A, Takada M
Cereb Cortex   19 820-831   2009年   [査読有り]
Expression of ErbB4 in substantia nigra dopamine neurons of monkeys and humans.
Zheng Y, Watakabe A, Takada M, Kakita A, Namba H, Takahashi H, Yamamori T, Nawa H
Prog Neuro-Psychopharmacol Biol Psychiat   33 701-706   2009年   [査読有り]
Motor cortical control of internal pallidal activity through glutamatergic and GABAergic inputs in awake monkeys.
Tachibana Y, Kita H, Chiken S, Takada M, Nambu A
Eur J Neurosci   27 238-253   2008年   [査読有り]
Neuronal specificity of ?-synuclein toxicity and effect of parkin co-expression in primates.
Yasuda T, Miyachi S, Kitagawa R, Wada K, Nihira T, Ren Y-R, Hirai Y, Ageyama N, Terao K, Shimada T, Takada M, Mizuno Y, Mochizuki H
Neuroscience   144 743-753   2007年   [査読有り]
Differential characteristics of HIV-based vs. SIV-based lentiviral vector systems: gene delivery to neurons and axonal transport of expressed gene.
Kitagawa R, Miyachi S, Hanawa H, Takada M, Shimada T
Neurosci Res   57 550-558   2007年   [査読有り]
Topographic distribution of output neurons in cerebellar nuclei and cortex to somatotopic map of primary motor cortex.
Lu X, Miyachi S, Ito Y, Nambu A, Takada M
Eur J Neurosci   25 2374-2382   2007年   [査読有り]
Distinct types of ionic modulation of GABA actions in pyramidal cells and interneurons during electrical induction of hippocampal seizure-like network activity.
Fujiwara-Tsukamoto Y, Isomura Y, Imanishi M, Fukai T, Takada M
Eur J Neurosci   25 2713-2725   2007年   [査読有り]
Layer and frequency dependences of phase response properties of pyramidal neurons in rat motor cortex.
Tsubo Y, Takada M, Reyes A, Fukai T
Eur J Neurosci   25 3429-3441   2007年   [査読有り]
Temporal integration by stochastic recurrent network dynamics with bimodal neurons.
Okamoto H, Isomura Y, Takada M, Fukai T
J Neurophysiol   97 3859-3867   2007年   [査読有り]
Changes in the rates of the tricarboxylic acid (TCA) cycle and glutamine synthesis in the monkey brain with hemiparkinsonism induced by intracarotid infusion of 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP): studies by non-invasive 13C-magnetic reso
Kanamatsu T, Otuki T, Tokuno H, Nambu A, Takada M, Okamoto K, Watanabe H, Umeda M, Tsukada Y
Brain Res   1181 142-148   2007年   [査読有り]
Efficient gene transfer via retrograde transport in rodent and primate brains using a human immunodeficiency virustype 1-based vector pseudotyped with rabies virus glycoprotein.
Kato S, Inoue K, Kobayashi K, Yasoshima Y, Miyachi S, Inoue S, Hanawa H, Shimada T, Takada M, Kobayashi K
Hum Gene Ther   18 1141-1151   2007年   [査読有り]

Misc

 
Neuronal and behavioral modulations by pathway-selective optogenetic stimulation of the primate oculomotor system
Inoue K, Takada M, Matsumoto M
International Symposium on Adaptive Circuit Shift 2016(2016/03/03-04, 京都)      2016年3月
Reorganization of corticospinal tract fibers in a primate model for spinal cord injury
Nakagawa H, Yamashita T, Takada M
International Symposium on Adaptive Circuit Shift 2016(2016/03/03-04, 京都)      2016年3月
Midbrain dopamine neurons signal whether planned eye movements are successfully
Ogasawara T, Takada M, Matsumoto M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
Spontaneously emerging Parkinsonism-cerebellar syndrome in a subspecies of japanese macaque (macaca fuscata yakui): a potential analogue of multiple system atrophy.
K.W.McCairn, Nagai Y, Kimura K, Go Y, Inoue K, Isoda M, Minamimoto T, Matsumoto M, Ninomiya T, Takada M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
The pattern of reinnervation of sprouting corticospinal tract fibers after spinal cord injury in macaques.
Nakagawa H, Ninomiya T, Yamashita T, Takada M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
Layer-specific inputs from the supplementary motor area and the dorsal premotor cortex to the primary motor cortex in macaques.
Ninomiya T, Hoshi E, Takada M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
Optogenetic stimulation of the pathway from the frontal eye field to the superior colliculus evokes neuronal and behavioral modulations in monkeys.
Inoue K, Takada M, Matsumoto M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
Outcome monitoring and behavioral adjustment by putative pyramidal neurons and interneurons in the primate anterior cingulate cortex during a reversal learning task.
Kawai T, Yamada H, Sato N, Takada M, Matsumoto M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
Development in a novel maze-task device for macaques to explore the neural mechanisms underlying motor skill learning.
Yasukochi R, Inoue K, Takada M
Neuroscience 2015(2015/10/18-21, Chicago, USA)      2015年10月
Recruitment of calbindin into nigral dopaminergic neurons prevents from MPTP-induced parkinsonism.
Takada M, Inoue K, Miyachi S
2nd World Congress on NeuroTherapeutics (2015/9/3-6, Prague, Czech Republic)      2015年9月   [査読有り]
Protection against MPTP-induced parkinsonianinsults by calbindin recruitment into nigrostriatal dopamine neurons using recombinant viral vectors.
高田 昌彦
第21回日本遺伝子治療学会学術集会(2015/07/26,大阪)      2015年7月   [査読有り]
Role of dopamine signals in response inhibition.
Ogasawara T, Takada M, Matsumoto M
第38回日本神経科学大会(2015/07/28,神戸)      2015年7月   [査読有り]
Development of a novel device for elucidating the neural mechanisms of motor skill learning in macaques.
Yasukochi R, Inoue K, Takada M
第38回日本神経科学大会(2015/07/29,神戸)      2015年7月   [査読有り]
Reinnervation of corticospinal tract fibers after spinal cord injury in macaques.
Nakagawa H, Ninomiya T, Yamashita T, Takada M
第38回日本神経科学大会(2015/07/29,神戸)      2015年7月   [査読有り]
Oculomotor manipulations by pathway-selective optogenetics in nonhuman primates.
高田 昌彦
第38回日本神経科学大会(2015/07/29,神戸)      2015年7月   [査読有り]
Origins of multisynaptic projections from the basal ganglia to the ventral premotor cortex in macaque monkeys.
Ishida H, Inoue K, Takada M, Hoshi E
第38回日本神経科学大会(2015/07/30,神戸)      2015年7月   [査読有り]
Abnormal information flow through the cortico-basal ganglia circuits in MPTP-treated parkinsonian monkeys.
Chiken S, Takada M, Nambu A
第38回日本神経科学大会(2015/07/30,神戸)      2015年7月   [査読有り]
A comparative analysis of vocal and myoclonic tics in a monkey model of Tourette syndrome: a PET and electrophysiological study.
K.W.MacCairn, Nagai Y, Hori Y, Kikuchi W, Auhara T, Minamimoto T, Iriki A, Takada M, Isoda M, Matsumoto M
第38回日本神経科学大会(2015/07/30,神戸)      2015年7月   [査読有り]
Reorganization of corticospinal tract fibers after spinal cord injury in macaques
Nakagawa H,Ninomiya T,Yamashita T,Takada M
第50回日本理学療法学術大会(2015/06/05, 東京)      2015年6月   [査読有り]
Contribution of RGMa inhibition to recovery of motor functions after spinal cord injury in macaques.
Nakagawa H, Ninomiya T, Yamashita T, Takada M
11th Goettingen Meeting of the German Neuroscience Society (2015/3/18-21, Goettingen, German)      2015年3月   [査読有り]
Systemic delivery of an AAV vector in neonatal macaques results in widespread gene transduction into neurons throughout the brain.
Inoue K, Kimura K, Yasukouchi R, Sugawara N, Okuda Y, Fujiwara M, Takada M
VMT2014“Vision, Memory, Thought: how cognition emerges from neural network” (2014/12/6-7, 東京)      2014年12月   [査読有り]
Past outcome monitoring and subsequent behavioral adjustment in the primate lateral habenula and anterior cingulate cortex during a reversal learning task.
Kawai T, Yamada H, Sato N, Takada M, Matsumoto M
VMT2014“Vision, Memory, Thought: how cognition emerges from neural network” (2014/12/6-7, 東京)      2014年12月   [査読有り]
Enhanced functional recovery after spinal cord injury by inhibition of repulsive guidance molecule in macaques
Nakagawa H, Ninomiya T, Yamashita T, Takada M
VMT2014“Vision, Memory, Thought: how cognition emerges from neural network” (2014/12/6-7, 東京)      2014年12月   [査読有り]
Brain shrinkage and reduced nerve conduction velocity in a progeroid-like macaque monkey.
Oishi T, Imai H, Go Y, Hirai H, Takada M
Neuroscience 2014 (2014/11/15-19, Washington DC, USA).      2014年11月   [査読有り]
In vivo PET imaging of the behaviorally active designer receptor in macaque monkeys.
Nagai Y, Kikuchi E, W. Lerchner, Inoue K, Oh-nishi A, Kaneko H, Kato Y, Hori Y, B. Ji, Kumata K, M. Zhang , Aoki I, Suhara T, Takada M, Higuchi M, B. J. Richmond, Minamimoto T
Neuroscience 2014 (2014/11/15-19, Washington DC, USA).      2014年11月   [査読有り]
Distinct cortical and subcortical networks drive myoclonic and vocal tics in the nonhuman primate model of Tourette syndrome: A PET and electrophysiological study.
K. W. McCairn, Nagai Y, Hori Y, Iriki A, Takada M, Minamimoto T, Isoda M, Matsumoto M
Neuroscience 2014 (2014/11/15-19, Washington DC, USA).      2014年11月   [査読有り]
Enhancement of INaP-mediated resonance by mGluR-I activation induces burst firing in mesencephalic trigeminal sensory neurons.
Kang Y, Chung G, Saito M, Takada M, Bae Y, Kim J, Oh S
Neuroscience 2014 (2014/11/15-19, Washington DC, USA).      2014年11月   [査読有り]
Intravascular administration of an AAV vector to neonatal macaques results in widespread gene transduction into neurons throughout the primate brain.
Inoue K, Kimura K, Yasukochi R, Sugawara N, Okuda Y, Fujiwara M, Takada M
Neuroscience 2014 (2014/11/15-19, Washington DC, USA).      2014年11月   [査読有り]
Effectiveness of inhibition of the repulsive guidance molecule, RGMa on the functional recovery following spinal cord injury in macaques.
Nakagawa H, Ninomiya T, Yamashita T, Takada M
Neuroscience 2014 (2014/11/15-19, Washington DC, USA).      2014年11月   [査読有り]
DREADDを用いたサルの行動制御とPET生体内イメージング
永井裕司,菊池瑛理佳,Walter Lerchner,井上謙一,大西新,金子博之,加藤陽子,堀由紀子,季斌,熊田勝志,張明栄,青木伊知男,須原哲也,高田昌彦,樋口真人,Barry J Richmond,南本敬史
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
ニホンザルが示した神経系等の早老症的症状
大石高生,今井啓雄,郷康広,平井啓久,高田昌彦
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
マカクザル脳における加齢に伴うアミロイドβ蛋白の蓄積変化
木村活生,井上謙一,田中章景,高田昌彦
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
AAVベクターによる霊長類新生児への全脳的遺伝子導入
井上謙一,木村 活生,安河内 竜二,菅原 直也,小笠原 宇弥,奥田 泰弘,藤原 真紀,高田昌彦
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
脊髄損傷からの回復過程における皮質脊髄路の再編
澤田真寛,吉野−斎藤 紀美香,二宮太平,大石高生,山下俊英,高田昌彦,尾上浩隆,西村幸男,伊佐正
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
報酬履歴と行動切替に関わる外側手綱核と前部帯状皮質の異なる神経表現
川合隆嗣,山田洋,佐藤暢哉,高田昌彦,松本正幸
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
運動課題遂行中のサルにおける淡蒼球ニューロン活動のグルタミン酸およびGABA作動性調節
金子将也,畑中伸彦,高良沙幸,高田昌彦,南部篤
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
サル脊髄損傷後の運動機能回復と神経再生におけるRGMの役割
中川浩,二宮太平,高田昌彦,山下俊英
第37回日本神経科学大会(2014/9/11-13, 横浜)      2014年9月   [査読有り]
手指屈筋由来の運動ニューロン分布とサル脊髄損傷後の手指機能回復について
中川浩,二宮太平,高田昌彦,山下俊英
第49回日本理学療法学術大会(2014/5/30-6/1, 横浜)      2014年5月   [査読有り]
Novel primate models for Parkinson’s disease due to nigrostriatal pathway-selective gene manipulation.
Takada M, Inoue K
New Frontier of Molecular Neuropathology 2014(2014/03/17, 東京)      2014年3月   [査読有り]
Neuronal networks innervating the jaw-opening and jaw-closing muscles: A retrograde transneuronal tracing study with rabies virus in the rat.
Hatanaka N, Miyachi S, Nambu A, Takada M
Neuroscience 2013 (2013/11/9-11/13, San Diego, USA).      2013年11月   [査読有り]
Negative feedback monitoring by lateral habenula and anterior cingulate cortex in monkey during a reversal learning task.
Kawai T, Sato N, Takada M, Matsumoto M
Neuroscience 2013 (2013/11/9-11/13, San Diego, USA).      2013年11月   [査読有り]
Age-dependent alterations in the distribution of neurons expressing alpha-synuclein in macaque monkeys.
Kimura K, Inoue K, Tanaka F, Takada M
Neuroscience 2013 (2013/11/9-11/13, San Diego, USA).      2013年11月   [査読有り]
マカクザル脊髄損傷後の損傷周囲部にはRGMaが過剰発現される
中川浩,二宮太平,高田昌彦,山下俊英
第36回日本神経科学大会(2013/6/20-23, 京都)      2013年6月   [査読有り]
脊髄路損傷モデルザルにおける大脳皮質運動野から脊髄への越シナプス的入力様式
二宮太平,中川浩,上野将紀,西村幸男,大石高生,山下俊英,高田昌彦
第36回日本神経科学大会(2013/6/20-23, 京都)      2013年6月   [査読有り]
マカクザルにおけるアルファシヌクレイン発現ニューロンの加齢による分布変化
木村活生,井上謙一,黒田呈子,田中章景,高田昌彦
第36回日本神経科学大会(2013/6/20-23, 京都)      2013年6月   [査読有り]
外側手綱核と前部帯状皮質における学習シグナルの表現
川合隆嗣,佐藤暢哉,高田昌彦,松本正幸
第36回日本神経科学大会(2013/6/20-23, 京都)      2013年6月   [査読有り]
神経回路解析に適した新規狂犬病ウイルスベクターの開発
井上謙一,藤原真紀,奥田泰宏,高田昌彦
第36回日本神経科学大会(2013/6/20-23, 京都)      2013年6月   [査読有り]
Immunotoxin-mediated tract targeting in the primate brain:selective elimination of the cortico-subthalamic “hyperdirect” pathway.
Takada M, Kobayashi K, Nambu A
11th Triennial meeting of the International Basal Ganglia Society(2013/3/3-3/7, Eilat, Israel).      2013年3月   [査読有り]
Neural basis for functional compensation after spinal cord injury in macaques
Ninomiya T, Nakagawa H, Ueno M, Nishimura Y, Oishi T, Ymashita T, Takada M
42th Annual Meeting of Society for Neuroscience (2012/10/13-17, New Orleans, USA).      2012年10月   [査読有り]
霊長類における改変型逆行性感染型レンチウィルスベクター使用による黒質ドーパミンニューロンへの選択的遺伝子発現
木村活生, 井上謙一, 奥田泰弘, 加藤成樹, 黒田呈子, 藤原真紀, 小林和人, 高田昌彦
第35回日本神経科学大会(2012/09/20, 名古屋)      2012年9月   [査読有り]
イムノトキシン神経路標的法を用いたサル皮質-視床下核路の選択的除去
井上謙一, 纐纈大輔, 加藤成樹, 小林和人, 南部 篤, 高田昌彦
第35回日本神経科学大会(2012/09/19, 名古屋).      2012年9月   [査読有り]
マカクザルにおける脊髄損傷後の機能回復に関与する神経回路再編成と機能分子発現
二宮太平, 中川 浩, 上野将紀, 西村幸男, 大石高生, 山下俊英, 高田昌彦
第35回日本神経科学大会 (2012/09/19, 名古屋)      2012年9月   [査読有り]
共同利用施設でサル類を用いた医科学研究を行う利用者の立場から,ユーザーにやさしい共同利用施設のあり方.
高田昌彦
第21回サル疾病ワークショップ サル類の疾病と病理のための研究会、麻布大学, 相模原.(2012/07/14)      2012年7月   [査読有り]
前部帯状皮質への上行性痛覚伝導路の構築
高田昌彦
第117回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2012/03/27, 甲府)      2012年3月   [査読有り]
"Frontiers in Primate Neuroscience Researches", Novel approaches to pathway-selective neuronal manipulation in the primate brain.
Takada M
霊長類脳科学シンポジウム(2012/02/22)      2012年2月   [査読有り]
運動課題遂行中のサルにおける淡蒼球ニューロン活動のグルタミン酸および GABA 作動性調節
畑中伸彦,金子将也,高良沙幸,高田昌彦,南部篤
第34回日本神経科学大会 (2011/09/15, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
ラット皮質線条体路の電気刺激によって直接路および間接路ニューロンにc-fos 発現が誘導される
平田快洋,宮地重広,大迫俊二,今西美知子,黒田呈子,高田昌彦
第34回日本神経科学大会 (2011/09/15, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
ニホンザル聴覚神経核におけるグルタミン酸、GABA、グリシン作動性ニューロンの分布
伊藤哲史,高田昌彦
第34回日本神経科学大会 (2011/09/15, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
ラット海馬/大脳皮質におけるprototypic afterdischarge発現の領域特異性
元葉子,礒村宜和,今西美知子,塚田稔,高田昌彦
第34回日本神経科学大会 (2011/09/15, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
マカクザル前頭葉からMTおよびV4への多シナプス性入力様式
二宮太平,澤村裕正,井上謙一,高田昌彦
第34回日本神経科学大会 (2011/09/17, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
頻度逆行性遺伝子導入ベクターの霊長類脳科学への応用
小林和人,加藤成樹,倉持真人,小林憲太,井上謙一,高田昌彦
第34回日本神経科学大会 (2011/09/17, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
脳機能研究のための神経特異的な高頻度逆行性遺伝子導入ベクターの開発
倉持真人,加藤成樹,小林憲太,高住賢司,高原大輔,井上謙一,島田隆,高田昌彦,小林和人
第34回日本神経科学大会 (2011/09/17, 横浜)      2011年9月   [査読有り]
ドーパミン細胞死と抑制する機能分子の遺伝子導入によるパーキンソン病克服のためのアプローチ
高田昌彦
第26回日本大脳基底核研究会 (2011/07/02, 箱根)      2011年7月   [査読有り]
サル脳への遺伝子導入手法の開発:遺伝子治療への応用
高田昌彦
第28回日本医学会総会 (2011/04/10, 東京)      2011年4月   [査読有り]
逆行性感染型レンチウイルスベクターを用いた神経路選択的細胞操作法の開発
井上謙一, 加藤成樹, 高原大輔, 遠藤 歩, 奥田泰弘, 小林憲太, 小林和人, 高田昌彦
第33回日本神経科学大会 (2010年09月, 神戸)      2010年9月   [査読有り]
マカクザルの前頭葉から4次視覚野への多シナプス性入力様式
二宮太平, 澤村裕正, 井上謙一, 高田昌彦
第33回日本神経科学大会 (2010年09月, 神戸).      2010年9月   [査読有り]
大脳皮質から入力を受ける線条体介在ニューロンの運動関連活動
高良沙幸, 畑中伸彦, 高田昌彦, 南部 篤
第33回日本神経科学大会 (2010年09月, 神戸)      2010年9月   [査読有り]
海馬/大脳皮質各領域における後発射前駆活動
塚元葉子, 礒村宜和, 今西美知子, 塚田 稔, 高田昌彦
第33回日本神経科学大会 (2010年09月, 神戸).      2010年9月   [査読有り]
マカクザルにおける大脳基底核から背側運動前野への多シナプス性入力
星英司, 佐賀洋介, 高原大輔, 平田快洋, 井上謙一, 宮地重弘, 南部篤, 丹治順, 高田昌彦
第33回日本神経科学大会 2010年9月, 神戸市      2010年9月   [査読有り]
腹側前頭前野から背側運動前野への多シナプス性入力
高原大輔, 平田快洋, 井上謙一, 宮地重弘, 南部篤, 高田昌彦, 星英司
第33回日本神経科学大会      2010年9月   [査読有り]
神経路選 択的細胞操作法の開発. CREST研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」
井上謙一, 加藤成樹, 小林憲太, 遠藤歩, 高原大輔, 小林和人, 高田昌彦
2010年03月, 大阪府豊中市      2010年3月   [査読有り]
メタンフェタミン前処理がD5ドーパミン受容体欠損マウスに及ぼす逆説的な効果
林崎誠二, 伊東由美, 高田昌彦, 本多芳子, 児玉亨, 有銘預世布, 曽良一郎, 平井志伸, 岡戸晴生
CREST研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」. 第7回領域内研究報告会 (2010/03, 大阪府豊中市)      2010年3月   [査読有り]
ラット網膜における運動検出に関与するアマクリン細胞の同定
雁木美衣, 山崎吉之, 黒田呈子, 今西美知子, 立花政夫, 高田昌彦
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋).      2009年9月   [査読有り]
小脳から大脳皮質背側運動前野への入力様式
橋本雅史, 高原大輔, 平田快洋, 井上謙一, 宮地重弘, 丹治順, 高田昌彦, 星英司
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋).      2009年9月   [査読有り]
D5ドーパミン受容体のドーパミントランスポーター機能への関与
林崎誠二, 平井志伸, 伊東由美, 本多芳子, 有銘預世布, 曽良一郎, 児玉亨, 岡戸晴生, 高田昌彦
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋).      2009年9月   [査読有り]
ウイルスベクターを用いた黒質ドーパミン細胞へのカルビンディン遺伝子導入によるパーキンソン病の進行抑制
井上謙一, 宮地重弘, 西克典, 岡戸晴生, 南部 篤, 高田昌彦
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋).      2009年9月   [査読有り]
LGNからV4,MTへの多シナプス性入力様式
二宮太平, 澤村裕正, 井上謙一, 高田昌彦
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋)      2009年9月   [査読有り]
ラットの腹側海馬CA1野から側頭葉聴覚野への間接投射の解析
山崎吉之, 石塚典生, 塚田稔, 高田昌彦
第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋)      2009年9月   [査読有り]
シンポジウム「霊長類を用いた精神神経疾患モデルの現況と展望」
高田昌彦
第52回日本神経化学大会 群馬.      2009年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識」
高田昌彦
文光堂   2015年10月   
Clinical Neuroscience「メインテーマ 脳の見える化─構造編 伝導路を見る」
高田 昌彦
中外医学社   2015年6月   
生体の科学「特集 脳と心の謎はどこまで解けたか」
川合隆嗣、山田 洋、佐藤暢哉、高田 昌彦、松本 正幸
医学書院   2015年2月   
Clinical Neuroscience「メインテーマ 脳のゆらぎ・同期・オシレーション」
井上 謙一、高田 昌彦
中外医学社   2014年7月   
Brain and Nerve「特集 見せる・仕分ける─脳機能解析の新手法」
高田 昌彦
医学書院   2013年6月   
Vectors for highly efficient and neuron-specific retrograde gene transfer for gene therapy of neurological diseases.
Kato S, Kobayashi K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K
Gene Therapy - Tools and Potential Applications (Molina FM, ed), pp 387-398. InTech: Rijeka (Croatia).   2013年   
Elucidating information processing in primate basal ganglia circuitry: a novel technique for pathway-selective ablation mediated by immunotoxin.
Takada M, Inoue K, Koketsu D, Kato S, Kobayashi K and Nambu A
Front Neural Circuits 7:140.   2013年   
日本生物学的精神医学会誌「特集2 遺伝子改変霊長類モデルを用いた精神神経疾患研究を目指して」
高田昌彦
日本生物学的精神医学会   2013年   
リッペンコット シリーズ イラストレイテッド 神経科学
高田昌彦
丸善出版   2013年   
Clinical Neuroscience「メインテーマ 視床:単なる中継核ではない」
高田昌彦
中外医学社   2013年   
Organization of two cortico–basal ganglia loop circuits that arise from distinct sectors of the monkey dorsal premotor cortex.
Takada M, Hoshi E, Saga Y, Inoue K, Miyachi S, Hatanaka N, Inase M, Nambu A
In: Basal Ganglia - An Integrative View (Barrios FA, Bauer C, eds), pp 103-116. InTech: Rijeka (Croatia).   2012年   
ジストニア2012
高田 昌彦
中外医学社   2012年   
Brain and Nerve「特集 線条体の基礎と臨床」
高田昌彦
医学書院   2012年   
Highly efficient retrograde gene transfer for genetic treatment of neurological diseases.
Kato S, Kuramochi M, Kobayashi K, Inoue K, Takada M, Kobayashi K
Viral Gene Therapy (Xu K, ed), pp 371-380. InTech: Rijeka (Croatia).   2011年   
Brain and Nerve「特集 神経回路解析法の最近の進歩」
高田昌彦、井上謙一、宮地重弘
医学書院   2010年   
生体の科学「特集 脳科学のモデル実験動物」
高田昌彦、井上謙一
医学書院   2010年   
BRAIN and NERVE-神経研究の進歩
高田 昌彦
医学書院   2009年5月   
Prevention of calbindin recruitment into nigral dopamine neurons from MPTP-induced degeneration in Macaca fascicularis.
Takada M, Inoue K, Miyachi S, Okado H, Nambu A
In: The Basal Ganglia IX (Groenewegen HJ, Voorn P, Berendse HW, Mulder AB, Cools AR, eds), pp 377-385. Springer: New York.   2009年   
Medical Bio
高田 昌彦
オーム社医薬   2009年   
日本臨床「増刊号 パーキンソン病」
高田 昌彦
日本臨牀社   2009年   
Brain and Nerve 「特集 Restless legs syndrome 」
高田 昌彦
医学書院   2009年   
Brain and Nerve「特集 大脳基底核―分子基盤から臨床まで」
高田 昌彦
医学書院   2009年   
A network mechanism underlying hippocampal seizure-like synchronous oscillations.
Isomura Y, Fujiwara-Tsukamoto Y, Takada M
Neurosci Res 61:227-233.   2008年   
Frontiers in Parkinson Disease
高田 昌彦
メディカルレビュー社   2008年   
老化・老年病研究のための動物実験ガイドブック
高田 昌彦、井上 謙一
日本基礎老化学会   2008年   
Clinical Neuroscience「メインテーマ Parkinson病 – What’s new?」
高田 昌彦
中外医学社   2007年   

講演・口頭発表等

 
ウイルスベクターを用いた外来遺伝子導入による疾患モデル霊長類の開発
高田 昌彦
都医学研セミナー   2016年3月18日   東京都医学総合研究所
ウイルスベクターを用いた霊長類脳への外来遺伝子導入法とその応用
高田 昌彦
新潟大学脳研究所-生理研合同シンポジウム   2016年3月1日   自然科学研究機構
大脳―小脳―基底核ネットワークの構造基盤の解明
高田 昌彦
革新的先端研究開発支援事業 AMED-CREST「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」研究開発領域 平成27年度領域会議   2016年2月14日   革新的先端研究開発支援事業 AMED-CREST
大脳基底核の出力系、特に脳幹への下降性出力の構築様式と機能的意義 [招待有り]
高田 昌彦
第14回ジストニア研究会   2016年1月17日   都立神経病院
神経回路研究の変遷と今後の霊長類研究 [招待有り]
高田 昌彦
生理研研究会2015「行動システム脳科学の新展開」   2015年12月4日   生理学研究所
遺伝子変異に基づく精神・神経疾患霊長類モデルの開発に向けて
高田 昌彦
第6回脳表現型の分子メカニズム研究会、第10回IGC、第6回COCORO合同会議   2015年11月15日   脳表現型の分子メカニズム研究会
経路選択的な神経回路操作技術のマーモセット脳機能研究への応用 [招待有り]
高田昌彦
第4回マーモセット研究会   2015年1月22日   京都大学霊長類研究所 高次脳機能分野
ウィルスベクターを用いた外来遺伝子導入による疾患モデル霊長類の開発 [招待有り]
高田昌彦
システム神経科学セミナー   2014年12月15日   国立精神・神経医療研究センター
狂犬病ウイルスを駆使した多シナプス性神経ネットワークの解析 [招待有り]
高田昌彦
分子精神神経薬理学研究セミナー   2014年11月7日   大阪大学
霊長類モデルを用いた今後の研究展開
高田昌彦
ワークショップ「システム神経科学の将来展望」   2014年8月30日   ワークショップ「システム神経科学の将来展望」
パーキンソン病モデルサルにおける大脳皮質−大脳基底核経路の情報伝達異常
高田昌彦
第39回日本大脳基底核研究会   2014年8月23日   日本大脳基底核研究会
黒質ドーパミン神経細胞への外来遺伝子導入によるパーキンソン病の予防的治療戦略 [招待有り]
高田昌彦
第10回横浜パーキンソン病治療研究会   2014年7月16日   大日本住友製薬
サル片側脊髄損傷モデルにおける皮質脊髄路の可塑性変化の解析とリハビリテーション効果の検討
高田昌彦
CREST「脳神経回路」研究領域 運動系関連研究チーム合同ワークショップ   2014年2月11日   CREST「脳神経回路」研究領域
システム脳科学の趨勢を読む
高田昌彦
生理研シンポジウム・グローバルネットワークによる脳情報処理   2014年1月11日   自然科学研究機構
Decoding tourettism and its response to deep brain stimulation.
高田昌彦,Kevin McCairn
京都大学‐ブリストル大学シンポジウム   2014年1月9日   京都大学
ニホンザルモデルが拓く新しい医療−脳科学の種が実るまで−
高田昌彦
ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」第10回公開シンポジウム   2013年11月22日   自然科学研究機構
遺伝子改変サルモデルを用いてパーキンソン病を克服する
高田昌彦
ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」第10回公開シンポジウム   2013年11月22日   自然科学研究機構
ウイルスベクターを用いた神経路選択的除去技術により大脳基底核の機能と病態を解明する
第60回日本実験動物学会   2013年5月16日   理化学研究所バイオリソースセンター
精神疾患サルモデルの作出に向けた新規ウイルスベクターとその導入手法の開発
高田昌彦
第4回脳表現型の分子メカニズム研究会   2013年11月16日   大阪大学精神科 分子精神医学研究グループ
Sporadic premature aging in a Japanese monkey.
大石高生,今井啓雄,平井啓久,高田昌彦
第3回生理研−チュービンゲン大学合同シンポジウム   2013年10月10日   自然科学研究機構
ウイルスベクターを用いた遺伝子導入による神経回路の狙い撃ち作戦
第35回日本神経科学大会   2012年9月19日   日本神経科学学会
アルファシヌクレイン発現によるパーキンソン病サルモデルの開発
第34回日本生物学的精神医学会「遺伝子改変霊長類モデルを用いた精神神経疾患研究を目指して」   2012年9月30日   大阪医科大学 総合医学講座 神経精神医学教室
ユーザーにやさしい共同利用施設のあり方
第21回サル疾病ワークショップ   2012年7月14日   サル類の疾病と病理のための研究会
霊長類パーキンソン病モデルの作製と同モデルを用いた遺伝子治療研究
井上謙一,高田昌彦
神経疾患のモデル動物研究会   2012年1月14日   大阪大学医学部神経内科カンファレンスルーム
遺伝子導入技術によるパーキンソン病の霊長類モデルの開発と遺伝子治療に関する基礎的アプローチ
北海道大学大学院薬学研究院   2011年7月8日   北海道大学大学院薬学研究院
ウイルスベクターを用いたサル脳への遺伝子導入によるモデル動物の開発
第58回日本ウイルス学会学術集会   2010年11月9日   第58回日本ウイルス学会
視床運動核の生理, 小脳ループ, 大脳基底核ループの差と不随意運動
第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス   2010年10月7日   日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ)
我が国から発信する霊長類脳科学研究の新しい展開
東北大学包括的脳科学研究・教育推進センター設立記念シンポジウム   2010年1月16日   東北大学包括的脳科学研究・教育推進センター
Application of recombinant viral vectors to primate brain research: Gene therapy for Parkinson's disease.
Takada M
International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010 (2010/09/12, Kyoto)   2010年9月12日   京都大学
ウイルスベクターを用いた霊長類モデル作出と遺伝子治療
シンポジウム「霊長類を用いた精神神経疾患モデルの現況と展望」   2009年6月23日   第52回日本神経化学大会
ウイルスベクターを用いた霊長類脳への遺伝子導入:遺伝子治療研究への応用
第3回分子イメージング研究センターシンポジウム「脳科学における分子イメージングの将来像」   2009年1月22日   放射線医学総合研究所
ウイルスベクターを用いた霊長類脳への遺伝子導入
高田昌彦
富山大学医学部大学院講義   2009年12月21日   富山大学
ウイルスやウイルスベクターを用いた霊長類脳研究の新展開
平成20年度「統合脳」5領域 冬の公開シンポジウム   2008年12月12日   文部科学省特定領域研究「統合脳」5領域
遺伝子治療研究におけるカニクイザルの有用性
第12回予防衛生協会セミナー「サル類を安全に取り扱う為に」   2008年11月28日   社団法人予防衛生協会
Application of recombinant viral vectors to primate brain research: Gene therapy for Parkinson’s disease.
基礎生物学研究所研究会「遺伝子導入法の神経研究への応用」   2008年2月8日