高橋 正通

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/28 14:07
 
アバター
研究者氏名
高橋 正通
 
タカハシ マサミチ
eメール
masamitiaffrc.go.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40353750
所属
国立研究開発法人森林総合研究所
部署
企画部

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
森林総合研究所 企画部 部長
 
2012年
 - 
2015年
森林総合研究所 研究コーディネータ
 
2009年
 - 
2011年
森林総合研究所企画部 研究企画科長
 
2005年
 - 
2009年
森林総合研究所 立地環境研究領域 研究領域長
 
2001年
 - 
2004年
森林総合研究所 養分環境研究室 室長
 
1999年
 - 
2000年
森林総合研究所森林環境部土壌化学研究室 室長
 
1993年
 - 
1998年
森林総合研究所北海道支所 土壌研究室長
 

受賞

 
2012年4月
日本土壌肥料学会 学会賞
 
2009年3月
森林計画学会 森林計画学会特別賞
受賞者: 松本 光朗、粟屋 善雄、家原 敏郎、高橋 正通、藤原 健、細田 和男他
 
2004年4月
日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学雑誌論文賞 「アンディソルとインセプティソルにおける硫酸イオンの断面分布と現存量」
受賞者: 谷川東子、高橋正通、今矢明宏、稲垣善之、石塚和裕
 

論文

 
Takahashi M, Shaw G, Coppin F
Journal of environmental radioactivity      2016年3月   [査読有り]
Komatsu M, Kaneko S, Ohashi S, Kuroda K, Sano T, Ikeda S, Saito S, Kiyono Y, Tonosaki M, Miura S, Akama A, Kajimoto T, Takahashi M
Journal of environmental radioactivity      2015年9月   [査読有り]
梶本 卓也, 齊藤 哲, 川崎 達郎, 壁谷 大介, 矢崎 健一, 田中 浩, 太田 敬之, 松本 陽介, 田淵 隆一, 清野 嘉之, 高野 勉, 黒田 克史, 藤原 健, 鈴木 養樹, 小松 雅史, 大橋 伸太, 金子 真司, 赤間 亮夫, 高橋 正通
日本森林学会誌   97(1) 33-43   2015年2月
東京電力福島第一原子力発電所事故から2年間(2011~2013年),福島・茨城県の計5カ所で樹木地上部の放射性セシウムの濃度と蓄積量を調査し,林冠から林床への移行過程と優占樹種の関係を検討した。調査地は,スギ4林分,ヒノキ2林分,アカマツ1林分,落葉広葉樹(コナラ優占)1林分の計8林分である。各林分では,毎年優占種3個体を伐倒し,葉・枝・幹(樹皮・辺材・心材別)の採取試料で放射性Cs濃度を測定し,その平均値を現存量に乗じて林分の放射性Cs蓄積量を推定した。既報のリターや土壌の測定結果も加え...
Nanko K, Ugawa S, Hashimoto S, Imaya A, Kobayashi M, Sakai H, Ishizuka S, Miura S, Tanaka N, Takahashi M, Kaneko S.
Geoderma   213 36-45   2014年   [査読有り]
Tanikawa T, Hashimoto Y, Yamaguchi N, Ito Y, Fukushima S, Kanda K, Uemura M, Hasegawa T, Takahashi M, Yoshinaga S.
Geoderma   232-234 609-618   2014年   [査読有り]
金子真司, 池田重人, 赤間亮夫, 三浦覚, 高橋正通
森林立地   55(2) 75-81   2013年12月
高橋正通, 小松崎将一, 長谷川元洋, 橋本みのり, 金子信博
日本土壌肥料学雑誌   84(4) 275-284   2013年8月
UGAWA Shin, MIURA Satoru, MATSUURA Yojiro, TAKAHASHI Masamichi, KANEKO Shinji
Plant Soil   347(1-2) 269-278   2011年10月   [査読有り]
Fujii K, Ikeda S, Akama A, Komatsu M, Takahashi M, Kaneko S.
Soil Science and Plant Nutrition   60(6) 751-764   2014年   [査読有り]
NOGUCHI Kyotaro, HAN Qingmin, ARAKI Masatake G., KAWASAKI Tatsuro, KANEKO Shinji, TAKAHASHI Masamichi, CHIBA Yukihiro
J For Res   16(4) 284-291   2011年8月   [査読有り]
Noguchi K, Nagakura J, Konôpka B, Sakata T, Kaneko S, Takahashi M.
Plant and Soil   364(1-2) 159-169   2013年   [査読有り]
Sase H, Carandang W.M, Philip E, Takahashi M, Yamashita N.
Developments in Environmental Science   12 33-48   2013年   [査読有り]
TAKAHASHI Masamichi, HIRAI Keizo, LIMTONG Pitayakon, LEAUNGVUTIVIROG Chaveevan, PANUTHAI Samreong, SUKSAWANG Songtam, ANUSONTPORNPERM Somchai, MAROD Dokrak
Soil Sci Plant Nutr   57(3) 452-465   2011年6月   [査読有り]
Tanikawa T, Noguchi K, Nakanishi K, Shigenaga H, Nagakura J, Sakai H, Akama A, Takahashi M.
Biology and Fertility of Soils   1-13   2013年   [査読有り]
HASHIMOTO Shoji, MORISHITA Tomoaki, SAKATA Tadashi, ISHIZUKA Shigehiro, KANEKO Shinji, TAKAHASHI Masamichi
Ecol Model   222(7) 1283-1292   2011年4月   [査読有り]
Tanikawa T, Yamashita N, Aizawa S, Ohnuki Y, Yoshinaga S, Takahashi M.
Geoderma   197-198 1-8   2013年   [査読有り]
高橋 正通
日本土壌肥料学雑誌   83(5) 519-521   2012年10月
YAMANAKA Takashi, HIRAI Keizo, AIZAWA Shuhei, YOSHINAGA Shuichiro, TAKAHASHI Masamichi
J For Res   16(1) 1-7   2011年2月   [査読有り]
SAKAI Yoshimi, UGAWA Shin, ISHIZUKA Shigehiro, TAKAHASHI Masamichi, TAKENAKA Chisato
Soil Sci Plant Nutr   58(4) 526-537   2012年8月
UGAWA Shin, HASHIMOTO Toru, AIZAWA Shuhei, KANEKO Shinji, TAKAHASHI Masamichi
Soil Sci Plant Nutr   56(3) 466-475   2010年6月   [査読有り]
SAKAI Hisao, INAGAKI Masahiro, NOGUCHI Kyotaro, SAKATA Tadashi, YATSKOV Mikhail A., TANOUCHI Hiroyuki, TAKAHASHI Masamichi
Soil Sci Plant Nutr   56(2) 332-343   2010年4月   [査読有り]
平井 敬三, 野口 享太郎, 山中 高史, 金子 真司, 高橋 正通
森林立地   53(1) 17-22   2011年6月
切り捨て間伐で林地に還元された枝条は,その多くが地面に触れず離れた状態で存在する点に注目し,間伐後の枝条の分解にともなう窒素動態を調べた。間伐で緑葉として林地に還元された窒素量は84kg ha^<-1>で,その67%が地面に接地せず空中に存在していた。緑葉を入れたリターバッグを空中と地表に設置し,分解速度と分解にともなう土壌への窒素供給量を調べたところ,分解速度は設置後1年間は処理による違いはなかったが,2年後は地表で有意に速かった。残存葉の窒素含有率は設置直後から増加したが,1年後は地表...
TAKAHASHI Masamichi, ISHIZUKA Shigehiro, UGAWA Shin, SAKAI Yoshimi, SAKAI Hisao, ONO Kenji, HASHIMOTO Shoji, MATSUURA Yojiro, MORISADA Kazuhito
Soil Sci Plant Nutr   56(1) 19-30   2010年2月   [査読有り]
TORIYAMA Jumpei, HIRAI Keizo, KIYONO Yoshiyuki, CHANN Sophal, KANZAKI Mamoru, SAITO Hideki, TAKAHASHI Masamichi
関東森林研究   (62) 203-206   2011年3月
田中 浩, マロード ドクラク, 石田 厚, 高橋 正通, 齋藤 智之, 中静 透
日本生態学会誌   60(1) 63-72   2010年3月
熱帯季節林内に同所的に存在する株立ち型のタケ4種(Gigantchloa albociliata、G.hasskariana、Bambusa tulda、Cephalostacyum pergracile)の動態を11年間調査し、一斉開花枯死時の種間の相互作用を検討した。調査地は、タイ西北部カンチャナブリ県メクロン長期生態試験地である。いずれの種も、最大稈高は10m程度であった。G.hasskarianaは斜面下部、G.albociliataは斜面中部から尾根部、C.pergracileは...
Tanaka H, Marod D, Ishida A, Takahashi M, Saitoh T, Nakashizuka T.
Japanese Journal of Ecology   60(1) 63-72   2010年   [査読有り]
Ugawa S, Iwamoto K, Matsuura Y, Takahashi M, Fukuda K.
Plant and Soil   326(1) 303-310   2010年   [査読有り]
Nakahara O, Takahashi M, Sase H, Yamada T, Matsuda K, Ohizumi T, Fukuhara H, Inoue T, Takahashi A, Kobayashi H, Hatano R, Hakamata T.
Biogeochemistry   97(2) 141-158   2010年   [査読有り]
野口 享太郎, 平井 敬三, 高橋 正通
森林総合研究所研究報告   8(4) 205-214   2009年12月
谷川 東子, 高橋 正通, 野口 享太郎, 重永 英年, 長倉 淳子, 酒井 寿夫, 石塚 和裕, 赤間 亮夫
環境科学会誌 = Environmental science   22(6) 401-414   2009年11月
野口享太郎, 韓慶民, 川崎達郎, 金子真司, 高橋正通, 千葉幸弘
根の研究   18(2) 75   2009年6月
Ishizuka S, Sakata T, Sawata S, Ikeda S, Sakai H, Takenaka C, Tamai N, Onodera S.-I, Shimizu T, Kan-Na K, Tanaka N, Takahashi M.
Biogeochemistry   92(3) 281-295   2009年   [査読有り]
Takahashi M, Hirai K, Limtong P, Leaungvutivirog C, Suksawang S, Panuthai S, Anusontpornperm S, Marod D.
Japan Agricultural Research Quarterly   43(4) 337-343   2009年   [査読有り]
酒井 佳美, 高橋 正通, 石塚 成宏, 稲垣 善之, 松浦 陽次郎, 雲野 明, 中田 圭亮, 長坂 晶子, 丹羽 花恵, 澤田 智志, 北条 良敬, 玉木 泰彦, 綛谷 珠美, 武田 宏, 相浦 英春, 山内 仁人, 島田 博匡, 岩月 鉄平, 山場 淳史, 山田 隆信, 前田 一, 室 雅道
森林立地   50(2) 153-165   2008年12月
我が国の針葉樹人工林における切り捨て間伐時に発生する枯死木の分解速度を,間伐によって放置された材の密度低下量と,切り捨て間伐後の経過年数から算出した。分解速度は指数関数D=a exp(-kt)(D:材密度,a:定数,t:時間,k:分解定数)の分解定数kで比較した。全国15道府県で調査を行い,間伐履歴のあるスギ,ヒノキ,カラマツ,トドマツ及びアカエゾマツ林分において,倒木と根株,および立枯木の分解速度を求めた。倒木と根株は2つの直径クラス(5-15cm,15-40cm)に分けて分解定数を求め...
重永 英年, 高橋 正通, 長倉 淳子, 赤間 亮夫
日本森林学会誌   90(3) 182-189   2008年6月
日本に広く植栽されているスギについて,人工林の窒素の栄養状態を全国規模で評価すること,針葉窒素含有量が高いまたは低い地域を見出すこと,針葉窒素含有量と生育地の温度ならびに降水環境,緯度との関係を検討することを目的として,全国の531地点から採取された針葉の窒素含有量を調べた。針葉窒素含有量の平均値は14.0mg N g^<-1>であり,採取地点の半数で概ね適正と考えられる12.5mg N g^<-1>から15.5mg N g^<-1>の範囲にあった。空間クラスターの探索に利用されるG^*_...
高橋正通, 森貞和仁
日本土壌肥料学雑誌   79(1) 109-111   2008年2月
平井 敬三, 金子 真司, 高橋 正通
森林立地   49(2) 123-131   2007年12月
日本の気候帯を代表する森林の表層土壌中の現地窒素無機化速度および無機化量を把握することを目的に,レジンコア法による野外培養法で窒素無機化速度を測定した。現地窒素無機化速度や無機化量は温帯土壌で大きく,亜寒帯や亜熱帯土壌で小さかった。現地窒素無機化率は亜寒帯から暖温帯へと大きくなった。一方,室内培養による窒素無機化速度や無機化率は亜寒帯の土壌で高く,気温が高い環境下の土壌ほど小さくなった。室内培養による窒素無機化速度は全窒素含有率と有意な正の相関が認められた。室内培養による窒素無機化速度と,...
MORISHITA Tomoaki, SAKATA Tadashi, TAKAHASHI Masamichi, ISHIZUKA Shigehiro, MIZOGUCHI Takeo, INAGAKI Yoshiyuki, TERAZAWA Kazuhiko, SAWATA Satoshi, IGARASHI Masanori, YASUDA Hiroshi, KOYAMA Yasuhiro, SUZUKI Yoshihito, TOYOTA Nobuyuki, MURO Masamichi, KINJO Masaru, YAMAMOTO Hirokazu, ASHIYA Daitaro, KANAZAWA Yoichi, HASHIMOTO Tetsu, UMATA Hidetaka
Soil science and plant nutrition   53(5) 678-691   2007年10月
To determine the means and variations in CH_4 uptake and N_2O emission in the dominant soil and vegetation types to enable estimation of annual gases fluxes in the forest land of Japan, we measured monthly fluxes of both gases using a closed-chamb...
SAKATA Tadashi, ISHIZUKA Shigehiro, TAKAHASHI Masamichi
Soil science and plant nutrition   53(3) 328-336   2007年7月
In determining the soil and ecosystem carbon balance, it is necessary to distinguish between autotrophic respiration and heterotrophic respiration. We attempted to measure the contribution of CO_2 emissions from plant roots (R_<RHI>), from soil or...
平井 敬三, 野口 享太郎, 溝口 岳男, 金子 真司, 高橋 正通
森林立地   49(1) 51-59   2007年6月
森林土壌の現地窒素無機化速度をレジンコア法により,深さ別および季節別に測定し,全窒素無機化量や年間の窒素無機化量に占める20cm深以下の下層土や冬季の割合を評価した。対象は北関東地方の低山帯における同一流域の異なる斜面位置に分布するスギ林および広葉樹林土壌である。窒素無機化速度は斜面下部の土壌で最も大きく,斜面上部ほど小さくなった。また,窒素無機化速度は積算地温と正の相関がみられた。50cm深までの年間の窒素無機化量は斜面中部で176.6kgN ha^<-1>yr^<-1>と最も多く,窒素...
TAKAHASHI Masamichi, FURUSAWA Hitomi, LIMTONG Pitayakon, SUNANTHAPONGSUK Vanlada, MAROD Dokrak, PANUTHAI Samruan
Ecological research   22(1) 160-164   2007年1月
野口享太郎, KONOPKA Bohdan, 阪田匡司, 金子真司, 高橋正通
根の研究   15(4) 186   2006年12月
Growth and transpiration of Japanese cedar (Cryptomeria japonica) and Hinoki cypress (Chamaecyparis obtusa) seedlings in response to soil water content.
Nagakura J, Shigenaga H, Akama A, Takahashi M
Tree physiology   24(11) 1203-1208   2004年11月   [査読有り]
平井 敬三, 阪田 匡司, 森下 智陽, 高橋 正通
日本森林学会誌   88(4) 302-311   2006年8月
日本の代表的な造林樹種であるスギ林の養分循環に及ぼす森林管理や今後の環境変動の影響を予測する上で,土壌の窒素無機化特性に関する知見は重要である。本総説は近年のスギ林土壌の窒素無機化に関する研究を解説するとともに,今後の研究展開について検討した。まず,窒素無機化の評価法と問題点について論述し,これまで得られた研究成果をもとに窒素無機化に及ぼす要因を検討した。次に既存文献および著者らのデータから室内培養によるスギ林の窒素無機化速度と無機化率および硝化率の平均値を求めた。4週間の室内培養による無...
高橋正通, 加藤正樹, 石塚和裕
森林総合研究所研究報告   4(1) 1-37   2005年3月
稲垣善之, 石塚成宏, 阪田匡司, 高橋正通, 深田英久
森林応用研究   13(2) 91-96   2004年9月
谷川東子, 高橋正通, 今矢明宏
環境科学会誌   17(3) 211-215   2004年5月
酒井寿夫, 稲垣昌宏, 高橋正通, 野口享太郎, 田中格
森林立地   45(2) 93-98   2003年12月
横塚 享, 小林 正宏, 大谷 多香, 高橋 正通, 赤間 亮夫, 太田 誠一
日本緑化工学会誌   27(1) 181-184   2001年8月
松浦陽次郎, 高橋正通, 真田悦子
北方林業   53(1) 16-19   2001年1月
高橋 正通
森林立地   42(2) 61-69   2000年12月
袴田共之, 波多野隆介, 木村真人, 高橋正通, 坂本一憲
日本土壌肥料学雑誌   71(2) 263-274   2000年4月
酒井佳美, 田中永晴, 真田悦子, 高橋正通
日本林学会北海道支部論文集   (48) 154-156   2000年2月
真田悦子, 高橋正通, 真田勝, 大友玲子, 松浦陽次郎
日本林学会北海道支部論文集   (45) 133-135   1997年2月
坂本知己, 高橋正通, 寺嶋智巳, 中井裕一郎, 松浦陽次郎
日本林学会北海道支部論文集   (45) 185-188   1997年2月
高橋正通, 松浦陽次郎, 真田悦子
日本林学会北海道支部論文集   (45) 130-132   1997年2月
高橋正通, 的場節子, 佐藤俊
森林立地   38(2) 109-114   1996年12月
高橋正通, 真田勝, 松浦陽次郎, 真田悦子
北方林業   48(11) 255-258   1996年11月
高橋正通, 真田勝, 松浦陽次郎, 真田悦子
北方林業   48(10) 222-225   1996年10月
眞田 悦子, 塩崎 正雄, 高橋 正通
森林立地   38(1) 20-27   1996年9月
1954年の台風による風倒で,ほぼ完全に林冠が破壊された北海道大雪山の針葉樹天然林の土壌変化を,風倒前から継続してモニタリングした。調査地は風倒前に植生と土壌の帯状調査区を設置した所で,風倒前後の,堆積腐植型,表層土壌のpH,炭素濃度および交換性Caについて調査,分析した。風倒前に堆積腐植がモル型やモダー型であった土壌は,風倒後6年以内にムル型に変わりその状態が続いたが,26年目あたりから変化し,34年目以降モダー型になった土壌もあった。風倒前にムル型であった土壌は,風倒後も現在に至るまで...
Takahashi Masamichi
Soil science and plant nutrition   42(2) 395-399   1996年6月
真田悦子, 太田誠一, 高橋正通
北方林業   48(3) 64-66   1996年3月
真田悦子, 高橋正通
北方林業   48(1) 15-16   1996年1月
真田悦子, 高橋正通
北方林業   47(12) 279-281   1995年12月
真田 悦子, 高橋 正通
北方林業   47(12) p279-281   1995年12月
高橋 正通
日本林學會誌   77(2) 124-130   1995年3月
スギ林の伐採前後の表層土壌の土壌溶液の陽イオンと陰イオン濃度の変化を、枝条を散布した区と除去した区の斜面上部と下部で比較した。総イオン濃度は伐採前の乾燥時と伐採後1年目に上昇したが、2年目以降は低い濃度で推移した。この結果は、処理や斜面位置の違いに係わらず同じ傾向を示した。乾燥時には、CaとMg濃度が上昇したが、伐採後、散布枝条章が多い斜面上部でK濃度が急激に上昇した。その他の区ではCa濃度が上昇した。陰イオン濃度の上昇は硝酸イオン濃度の上昇に起因していた。伐採後2年目から硝酸イオン濃度は...
金沢洋一, 高橋正通, 高橋邦秀
北方林業   47(2) 36-37   1995年2月
高橋正通, 塩崎正雄, 真田悦子, 真田勝
北方林業   47(2) 48-50   1995年2月
真田悦子, 高橋正通, 松浦陽次郎, 塩崎正雄
日本林学会北海道支部論文集   (43) 69-71   1995年2月
金子 真司, 田中 永晴, 高橋 正通
森林立地   33(2) 92-98   1991年12月
The soil survey was carried out at three sites in the Meiji shrine forest, which had been constructed in 1920, in Sibuya, Tokyo. Each site was covered with evergreen broad-leaved forests but the former land use had been different. The first site, ...
高橋正通, 佐藤俊, 的場節子
森林立地   33(2) 76-85   1991年12月
小林 繁男, 加藤 正樹, 森貞 和仁, 高橋 正通
森林立地   24(1) 10-17   1982年6月
屋久島において標高700m〜1600mに分布するスギ天然林は,ヤクスギと称される個体を混在して特異な林相を呈している。樹齢800年を越え,胸高直径は140cm以上,梢端部はほとんど折損もしくは枯損し,樹冠が傘型で,樹幹に"コブ"等があり,樹皮はおおむね灰色で光沢があり,滑らかでどっしりと落着いた風格を持っスギがヤクスギである。この特徴的なヤクスギを含むスギの一斉天然林は,我が国において非常に貴重な存在であり,数多くの研究が報告されている。しかし,現実の林分構造に関する研究は少なく,特に藩制...
小林 繁男, 加藤 正樹, 森貞 和仁, 高橋 正道
森林立地   23(2) 1-10   1981年12月
植物群落は,その種組成,群落構造,生長量などの構造や機能が立地環境と深井関係を示す。しかも,立地環境のレベルに応じた植物群落の型が考えられる。例えば,九州から北海道の一部まで分布するブナ林は,温帯の環境と密接な関連性を示すが,必ずしも土壌や微地形に対応しない。しかし,ツガ林は,凸形地形によく出現し,低次の環境レベルに対応する。この様に植物群落から,様々なレベルの立地環境を推定することが出来る。植物群落のこの様な環境指標性は,特に森林を対象とする林業においては重要な役割を果たしている。すなわ...

Misc

 
高橋 正通
学術の動向 : SCJフォーラム = Trends in the sciences : SCJ Forum   20(10) 9-15   2015年10月
金子真司, 藤井一至, 今村直広, 池田重人, 赤間亮夫, 小林政広, 小野賢二, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   61 21   2015年9月
今矢明宏, 吉永秀一郎, 田中永晴, 池田重人, 三浦覚, 高橋正通, 金子真司
日本土壌肥料学会講演要旨集   61 93   2015年9月
平井敬三, 長倉淳子, 小松雅史, 山中高史, 赤間亮夫, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   61 155   2015年9月
梶本卓也, 齊藤哲, 川崎達郎, 壁谷大介, 矢崎健一, 太田敬之, 小松雅史, 田淵隆一, 松本陽介, 田中憲蔵, 阿部真, 杉田久志, 宇都木玄, 酒井武, 飛田博順, 伊東宏樹, 大橋伸太, 高野勉, 金子真司, 赤間亮夫, 田中浩, 清野嘉之, 高橋正通
関東森林研究   66(2) 159-162   2015年7月
谷川東子, 吉永秀一郎, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集   126th 269   2015年3月
坪山良夫, 池田重人, 小林政広, 野口正二, 玉井幸治, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集   126th 220   2015年3月
酒井佳美, 高橋正通, 田中永晴
日本森林学会大会学術講演集   126th 217   2015年3月
梶本卓也, 齊藤哲, 川崎達郎, 壁谷大介, 矢崎健一, 太田敬之, 小松雅史, 田淵隆一, 松本陽介, 田中憲蔵, 阿部真, 杉田久志, 宇都木玄, 酒井武, 飛田博順, 伊東宏樹, 大橋伸太, 高野勉, 金子真司, 赤間亮夫, 田中浩, 清野嘉之, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集   126th 148   2015年3月
金子真司, 古澤仁美, 橋本昌司, 平井敬三, 池田重人, 今村直広, 石塚成宏, 小林政広, 長倉淳子, 大橋伸太, 大貫靖浩, 小野賢二, 阪田匡司, 志知幸治, 高橋正通, 鳥山淳平, 渡邉仁志, 山田毅
日本森林学会大会学術講演集   126th 147   2015年3月
今村直広, 赤間亮夫, 小林政広, 大橋伸太, 小松雅史, 池田重人, 齋藤哲, 金子真司, 高野勉, 梶本卓也, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集   126th 179   2015年3月
小野賢二, 志知幸治, 高橋正通, 池田重人, 赤間亮夫, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集   126th 150   2015年3月
今矢明宏, 吉永秀一郎, 高橋正通, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集   126th 269   2015年3月
高橋正通
季刊森林総研   (28) 6-7   2015年3月
谷川東子, 吉永秀一郎, 高橋正通
日本生態学会大会講演要旨(Web)   62nd PA2-227 (WEB ONLY)   2015年
高橋正通
地球温暖化の中で森林を活かす-気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト研究成果発表会講演集 平成26年度   17-26   2015年
平井敬三, 小野賢二, 金子智紀, 山中高史, 金子真司, 高橋正通
東北森林科学会大会講演要旨集   16th 65   2011年8月
高橋 正通
学術の動向   20(10) 10_9-10_15   2015年
金子真司, 鵜川信, 南光一樹, 田中永晴, 池田重人, 森貞和仁, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 180   2011年8月
川井 秀一, 田中 和博, 高橋 正通
学術の動向   20(10) 10_52-10_55   2015年
三浦覚, 鵜川信, 南光一樹, 田中永晴, 池田重人, 森貞和仁, 金子真司, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 180   2011年8月
高橋正通
森林科学   (72) 2-4   2014年10月
谷川東子, 橋本洋平, 山口紀子, 神田一浩, 大橋瑞江, 平野恭弘, 吉永秀一郎, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   57 29   2011年8月
金子真司, 高野勉, 小松雅史, 赤間亮夫, 池田重人, 齋藤哲, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   60 144   2014年9月
相澤州平, 阪田匡司, 伊藤江利子, 酒井寿夫, 田中永晴, 高橋正通, 松浦陽次郎, 真田勝
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   122nd ROMBUNNO.PB2-54   2011年3月
今矢明宏, 金子真司, 吉永秀一郎, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   60 84   2014年9月
小野賢二, 平井敬三, 荒木誠, 高橋正通, 松浦陽次郎, 酒井佳美, 田中永晴, 平出政和, 相澤州平, 阪田匡司, 酒井寿夫, 石塚成宏, 宮城健, 漢那賢作, 比嘉政隆
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   122nd ROMBUNNO.PB2-31   2011年3月
齋藤智之, 赤間亮夫, 高橋正通
東北森林科学会大会講演要旨集   19th 7   2014年9月
谷川東子, 高橋正通, 野口享太郎, 重永英年, 長倉淳子, 赤間亮夫, 酒井寿夫, 中西健一
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   122nd ROMBUNNO.PB2-55   2011年3月
池田重人, 金子真司, 赤間亮夫, 高橋正通
森林総合研究所研究報告   13(3) 137-145   2014年9月
平井敬三, 鳥山淳平, HAK Mao, SUM Thy, 清野嘉之, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   122nd ROMBUNNO.PB2-07   2011年3月
高橋正通, 梶本卓也, 高野勉, 池田重人, 小林政広
森林総合研究所研究報告   13(3) 107-112   2014年9月
酒井寿夫, 橋本昌司, 石塚成宏, 酒井佳美, 金子真司, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   122nd ROMBUNNO.PB2-30   2011年3月
高橋正通
Isot News   (724) 25-29   2014年8月
橋本みのり, 高橋正通, 長谷川元洋, 池田紘士, 山下多聞, 金子信博
日本生態学会大会講演要旨集   58th 396   2011年3月
金子真司, 高橋正通, 池田重人, 赤間亮夫
日本土壌肥料学雑誌   85(2) 86-89   2014年4月
三浦覚, 南光一樹, 鵜川信, 田中永晴, 石塚成宏, 大曽根陽子, 高橋正通, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 155   2014年3月
谷川東子, 橋本洋平, 山口紀子, 伊藤嘉昭, 福島整, 神田一浩, 上村雅治, 長谷川孝行, 高橋正通, 吉永秀一郎
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 122   2014年3月
齋藤智之, 矢崎健一, 松井哲哉, 酒井武, 宇都木玄, 川崎達郎, 杉田久志, 池田重人, 赤間亮夫, 渡部秀行, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 206   2014年3月
中原治, 石倉究, 花田健太郎, 竹内史子, 高橋正通, 永田修, 杉戸智子, 信濃卓郎, 渋谷正人, 波多野隆介
日本土壌肥料学会講演要旨集   56 6   2010年9月
小野賢二, 志知幸治, 高橋正通, 金子信司, 池田重人, 赤間亮夫
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 126   2014年3月
小松雅史, 赤間亮夫, 池田重人, 齊藤哲, 高野勉, 金子真司, 梶本卓也, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 157   2014年3月
平井敬三, 高橋正通, PITAYAKORN Limtong, SONGTAM Suksawang, 鳥山淳平, 清野嘉之
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   121st ROMBUNNO.PB2-40   2010年4月
金子真司, 赤間亮夫, 池田重人, 三浦覚, 小松雅史, 平井敬三, 志知幸治, 橋本昌司, 稲垣善之, 大貫靖浩, 藤井一至, 小野賢二, 齊藤哲, 梶本卓也, 高野勉, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 124   2014年3月
小野賢二, 平井敬三, 荒木誠, 高橋正通, 松浦陽次郎, 石塚成宏, 酒井佳美, 田中永晴, 平出政和, 宮城健, 漢那賢作, 比嘉政隆, 阪田匡司, 相澤州平, 酒井寿夫
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   121st ROMBUNNO.PB2-17   2010年4月
今矢明宏, 吉永秀一郎, 高橋正通, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   125th 258   2014年3月
森下智陽, 高橋正通, 吉永秀一郎, 三浦覚, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   121st ROMBUNNO.H06   2010年4月
森下智陽, 橋本昌司, 石塚成宏, 阪田匡司, 三浦覚, 金子真司, 高橋正通
日本農業気象学会全国大会講演要旨   2014 39   2014年
野口享太郎, HAN Qingmin, 高橋正通, 千葉幸弘
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   121st ROMBUNNO.D35   2010年4月
谷川東子, 野口享太郎, 長倉淳子, 酒井寿夫, 赤間亮夫, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   121st ROMBUNNO.PB2-35   2010年4月
谷川東子, 橋本洋平, 山口紀子, 伊藤嘉昭, 福島整, 神田一浩, 上村雅治, 長谷川孝行, 高橋正通, 吉永秀一郎
日本生態学会大会講演要旨(Web)   61st PB3-109 (WEB ONLY)   2014年
高橋正通, 石塚成宏, 橋本昌司, 鵜川信, 森貞和仁, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   121st ROMBUNNO.PB2-44   2010年4月
今矢明宏, 吉永秀一郎, 高橋正通, 金子真司
日本土壌肥料学会講演要旨集   59 94   2013年9月
金子真司, 赤間亮夫, 池田重人, 大貫靖浩, 小野賢二, 阪田匡司, 志知幸治, 篠宮佳樹, 高橋正通, 平井敬三, 藤井一至, 三浦覚, 佐野哲也
日本土壌肥料学会講演要旨集   59 33   2013年9月
高橋正通, 金子真司, 池田重人, 三浦覚, 赤間亮夫, 清野嘉之, 梶本卓也, 齋藤哲, 高野勉
日本土壌肥料学会講演要旨集   59 150   2013年9月
酒井佳美, 鵜川信, 石塚成宏, 竹中千里, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   59 14   2013年9月
小野賢二, 志知幸治, 高橋正通, 池田重人, 赤間亮夫, 金子真司
日本土壌肥料学会講演要旨集   59 19   2013年9月
酒井 佳美, 鵜川 信, 石塚 成宏, 竹中 千里, 高橋 正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   (59)    2013年9月
金子真司, 高橋正通, 赤間亮夫, 池田重人, 佐野哲也, 三浦覚, 大貫靖浩, 平井敬三, 志知幸治, 阪田匡司, 梶本卓也, 田中浩, 齊藤哲, 高野勉, 小野賢二
関東森林研究   64(2) 37-40   2013年9月
高橋正通
日本応用地質学会特別講演およびシンポジウム予稿集   2013 7-12   2013年6月
川東正幸, 高橋正, 藤井一至, 高橋正通, 三浦覚, 石塚成宏, 金子真司, 白戸康人, 矢ケ崎泰海, 高田裕介, 和頴朗太, 岸本文紅, 米村正一郎, 平舘俊太郎, 渡邊眞紀子, 泉岳樹, 藤嶽暢英, 飯村康夫
日本土壌肥料学雑誌   84(3) 224-229   2013年6月
金子真司, 高橋正通, 赤間亮夫, 池田重人, 佐野哲也, 三浦覚, 大貫靖浩, 平井敬三, 志知幸治, 阪田匡司, 橋本昌司, 梶本卓也, 田中浩, 齊藤哲, 高野勉, 小野賢二
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   124th 211   2013年3月
今矢明宏, 吉永秀一郎, 高橋正通, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   124th 140   2013年3月
齋藤智之, 五十嵐哲也, 酒井武, 伊東宏樹, 池田重人, 赤間亮夫, 渡部秀行, 大沼哲夫, 高橋正通, 田中浩
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   124th 212   2013年3月
谷川東子, 伊藤嘉昭, 福島整, 杉山暁史, 佐瀬裕之, 山下尚之, 今矢明宏, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   124th 141   2013年3月
谷川東子, 高橋正通, 今矢明宏
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   120th(0) ROMBUNNO.PA2-10-550   2009年3月
谷川東子, 佐瀬裕之, 山下尚之, 伊藤嘉昭, 福島整, 杉山暁史, 今矢明宏, 高橋正通
日本生態学会大会講演要旨集   60th 360   2013年3月
平井敬三, 野口享太郎, 高橋正通, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   120th ROMBUNNO.PA2-02   2009年3月
金子 真司, 高橋 正通, 赤間 亮夫, 池田 重人, 佐野 哲也, 三浦 覚, 大貫 靖浩, 平井 敬三, 志知 幸治, 阪田 匡司, 橋本 昌司, 梶本 卓也, 田中 浩, 齊藤 哲, 高野 勉, 小野 賢二
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
 東電福島第一原発事故で放出された放射性セシウム(Cs)の森林における汚染状況の変化を明らかにするために、2011年8-9月に調査をした福島県の3試験地(5林分)で2012年8~9月に再調査を行った。森林内の地上1mの空間線量率は昨年に比べて低下傾向にあったものの、Csの物理学的壊変から予想される放射能の減衰(前年比86%)に比べて低減率(前年比91-104%)は小さかった。また樹木の葉や枝のCs濃度は前年に比べて大幅に減少し、堆積有機物中のCsも全般に低下したのに対し、表層土壌(0-30...
谷川 東子, 伊藤 嘉昭, 福島 整, 杉山 暁史, 佐瀬 裕之, 山下 尚之, 今矢 明宏, 高橋 正通
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
環境省・酸性雨長期モニタリング報告書(H21)では、我が国では依然として酸性雨が観測され、岐阜県山県市伊自良湖集水域では過去に大気から沈着し、土壌に蓄積されたと考えられるイオウが渓流に流出している可能性が指摘されている。そこで本研究では、伊自良湖集水域の森林土壌のS化合物含量を測定し、発表者らがこれまで調査した関東~中部地方の森林土壌と比べその特徴を抽出した結果を報告する。S測定には、最先端技術といわれるXAFS法と同等かそれ以上の感度をもつ高分解能2結晶分光装置(国内で唯一本格稼働)を用...
高橋 正通
学術の動向   18(6) 6_68-6_71   2013年
野口享太郎, 稲垣昌宏, 高橋正通, 金子真司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   120th ROMBUNNO.F54   2009年3月
今矢 明宏, 吉永 秀一郎, 高橋 正通, 金子 真司
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
日本の森林域における土壌の化学的性質の現状とその空間分布を明らかにするため、Getis-OrdのG*i(d)統計量による空間クラスター分析を行った。試料として林野庁森林吸収源インベントリ情報整備事業において2006年度から2010年度の5年間に全国の森林約800地点で行われた代表土壌断面調査により採取された層位別試料を用いた。化学的性質としてpH、塩基交換容量、交換性塩基類および交換性アルミニウム含量、塩基飽和度を求めた。層位別試料の化学特性値より各土壌断面における0-30cm深の賦存量を...
田中浩, ドクラク マロード, 高橋正通, 石田厚, サムルワン パヌタイ, 斎藤智之, 中静透
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   120th(0) ROMBUNNO.F36-241   2009年3月
高橋正通, 金子真司, 田内裕之, 千葉幸弘, 石塚和裕
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   120th ROMBUNNO.D06   2009年3月
齋藤 智之, 五十嵐 哲也, 酒井 武, 伊東 宏樹, 池田 重人, 赤間 亮夫, 渡部 秀行, 大沼 哲夫, 高橋 正通, 田中 浩
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
ササは林床に広く優占し、放射性物質による林床植物の汚染の地域的な実態を比較する上で重要である。また、ササは分枝構造から各部位の齢が分かるため、放射性物質の濃度は年毎に生産された部位毎に明らかにでき、時系列で動きを追えるかもしれない。本研究では原発からの距離の異なる二地域、ササ3種の放射性セシウム濃度の測定結果を報告する。ササの採取地と対象種は、原発から距離約40㎞の川俣町内の広葉樹林に分布するクマイザサ、同様に約70㎞のいわき市に分布するミヤコザサ、スズタケである。各ササは地上部、地下部を...
石塚成宏, 阪田匡司, 澤田智志, 池田重人, 酒井寿夫, 竹中千里, 玉井伸明, 小野寺真一, 清水貴範, 漢那賢作, 田中永晴, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   120th ROMBUNNO.PA2-12   2009年3月
中原治, 花田健太郎, 竹内史子, 永田修, 杉戸智子, 高橋正通, 波多野隆介
日本生態学会大会講演要旨集   56th 452   2009年3月
平井敬三, 小野賢二, 金子智紀, 山中高史, 金子真司, 高橋正通, 野口享太郎
日本生態学会大会講演要旨集   56th 454   2009年3月
谷川東子, 山下尚之, 相澤州平, 大貫靖浩, 高橋正通, 吉永秀一郎
日本土壌肥料学会講演要旨集   58 16   2012年9月
高橋正通
グリーン・エージ   39(7) 4-8   2012年7月
清野嘉之, 齊藤哲, 川崎達郎, 田中浩, 杉田久志, 矢崎健一, 梶本卓也, 太田敬之, 阿部真, 黒田克史, 外崎真理雄, 金指達郎, 西山嘉彦, 赤間亮夫, 金子真司, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   123rd ROMBUNNO.I17   2012年3月
金子真司, 池田重人, 大貫靖浩, 三浦覚, 志知幸治, 篠宮佳樹, 阪田匡司, 赤間亮夫, 清野嘉之, 田中浩, 外崎真理雄, 黒田克史, 高橋正通
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   123rd ROMBUNNO.I16   2012年3月
相澤州平, 伊藤江利子, 橋本徹, 阪田匡司, 酒井寿夫, 田中永晴, 高橋正通, 松浦陽次郎, 真田勝
北方森林研究   (60) 93-99   2012年2月
清野 嘉之, 齊藤 哲, 川崎 達郎, 田中 浩, 杉田 久志, 矢崎 健一, 梶本 卓也, 太田 敬之, 阿部 真, 黒田 克史, 外崎 真理雄, 金指 達郎, 西山 嘉彦, 赤間 亮夫, 金子 真司, 高橋 正通
日本森林学会大会発表データベース   123(0) I17-I17   2011年
金子 真司, 池田 重人, 大貫 靖浩, 三浦 覚, 志知 幸治, 篠宮 佳樹, 阪田 匡司, 赤間 亮夫, 清野 嘉之, 田中 浩, 外崎 真理雄, 黒田 克史, 高橋 正通
日本森林学会大会発表データベース   123(0) I16-I16   2011年
中原 治, 石倉 究, 花田 健太郎, 竹内 史子, 高橋 正通, 永田 修, 杉戸 智子, 信濃 卓郎, 渋谷 正人, 波多野 隆介
日本土壌肥料学会講演要旨集   0(56)    2010年9月
高橋正通
森林総合研究所公開講演会講演要旨集   2009 29-31   2009年10月
野口享太郎, 阪田匡司, KONOPKA Bohdan, KONOPKA Bohdan, 長倉淳子, 金子真司, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   55 304   2009年9月
鵜川信, 橋本徹, 金子真司, 古澤仁美, 高橋正通
日本土壌肥料学会講演要旨集   55 196   2009年9月
森貞和仁, 鵜川信, 高橋正通, 金子真司
日本土壌肥料学会講演要旨集   55 196   2009年9月

書籍等出版物

 
東海大学出版会   2012年4月   ISBN:4486019334
朝倉書店   2009年8月   ISBN:4254470460
北海道新聞社   1998年4月   ISBN:4893638858
朝倉書店   1990年3月   ISBN:4254430450
東京書籍   1990年3月   ISBN:4487752884

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 高橋 正通
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 金子 信博
土壌には多様な生物が生息し、一次生産や物質循環の維持に大きく寄与しているが、これまで土地利用を行うに当たって土壌が提供するこれらの生態系サービスは評価されてこなかった。本研究では、耕地と森林土壌において、持続可能な土地利用の指標にできる生物多様性の評価を行うことを目的とした。まず、耕地の調査では、茨城大学農学部附属阿見農場において、不耕起実験圃場を新たに設定し、耕起の有無とカバークロップ(草生)の有無の2要因実験を2009年から開始した。森林の調査では、茨城県常陸太田市の伐採・造林後の年数...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 石田 厚
東南アジアの明確な乾季のある低地熱帯季節林では、似た降水量や降雨の季節パターンを持つにも関わらず、落葉樹林も常緑樹林も見られた。タイでの落葉樹林や常緑樹林の成因は、土壌の水分保持力やpH、栄養塩濃度によっていた。それぞれの森林タイプによって、葉の生理機能、森林の炭素獲得能や貯蔵量、生態系の栄養塩サイクル特性は異なっていた。将来の温暖化等による降雨量の変化や人の土壌利用の変化は、森林のタイプを変え、森林機能に重大な変化が生じさせるおそれが高いことが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 田中 浩
1.タケ開花枯死後dbh5cm以上の樹木の胸高断面積合計・本数密度には、大きな変化は見られなかった。タケの枯死後、新規加入速度は増加したが、死亡速度も高かった。山火事による稚樹の死亡が、更新を阻害した大きな要因と考えられる。一方、タケの回復速度は速く、また山火事にたいする抵抗力も高いため、10年程度でほぼ成熟段階に達している。実生供給の年変動、地表火による実生の死亡、タケ実生との競争などが、1回のタケ開花枯死イベントでの樹木の更新の成功の阻害要因となっている。2.タケの開花は成熟株では同調...

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
北海道大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
国際土壌学連合  土壌と環境委員長
 
2011年
 - 
現在
環境省  越境大気汚染・酸性雨対策検討委員会
 
2013年
 - 
2015年
環境省  気候変動影響評価等小委員会
 
2009年
 - 
2014年
日本土壌肥料学会  欧文誌編集委員
 
2000年
 - 
現在
森林立地学会  編集委員
 
2002年
 - 
2006年
環境省  森林吸収源検討委員会委員