坂上 雅道

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/27 13:47
 
アバター
研究者氏名
坂上 雅道
所属
玉川大学
部署
脳科学研究所
職名
教授
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
玉川大学 脳科学研究所 教授
 
2002年
 - 
2007年
玉川大学 学術研究所 教授
 
2001年
 - 
2002年
玉川大学 学術研究所 助教授
 
2000年
 - 
2001年
順天堂大学 医学部 講師
 
2000年
   
 
順天堂大学 医学部 助手
 

論文

 
Yamagishi T, Matsumoto Y, Kiyonari T, Takagishi H, Li Y, Kanai R, Sakagami M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(24) 6394-6399   2017年6月   [査読有り]
Lak A, Nomoto K, Keramati M, Sakagami M, Kepecs A
Current biology : CB   27(6) 821-832   2017年3月   [査読有り]
田中 慎吾、小口 峰樹、坂上 雅道
Brain and Nerve.   68(11) 1263-1270   2016年11月   [査読有り]
Kameda T, Inukai K, Higuchi S, Ogawa A, Kim H, Matsuda T, Sakagami M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(42) 11817-11822   2016年10月   [査読有り]
Taylor JE, Ogawa A, Sakagami M
Neuroscience research   107 38-46   2016年6月   [査読有り]
Zhang Y, Pan X, Wang R, Sakagami M
Cognitive neurodynamics   10(3) 245-254   2016年6月   [査読有り]
Yamada H, Inokawa H, Hori Y, Pan X, Matsuzaki R, Nakamura K, Samejima K, Shidara M, Kimura M, Sakagami M, Minamimoto T
Neuroscience research   105 2-18   2016年4月   [査読有り]
Fermin AS, Sakagami M, Kiyonari T, Li Y, Matsumoto Y, Yamagishi T
Scientific reports   6 20982   2016年2月   [査読有り]
Mineki Oguchi, Miku Okajima, Shingo Tanaka, Masashi Koizumi, Takefumi Kikusui, Nobutsune Ichihara, Shigeki Kato, Kazuto Kobayashi, and Masamichi Sakagami
PLoS ONE   10(7) e0132825-sakagami   2015年7月   [査読有り]
田中、パン、小口、テイラー、坂上
Frontier   6(995) 995-sakagami   2015年6月   [査読有り]
Pan X, Fan H, Sawa K, Tsuda I, Tsukada M, Sakagami M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34 1380-1396   2014年1月   [査読有り]
Ma C, Pan X, Wang R, Sakagami M
Cognitive neurodynamics   7 253-261   2013年6月   [査読有り]
Watanabe N, Sakagami M, Haruno M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33 4487-4493   2013年3月   [査読有り]
Yotsumoto Y, Seitz AR, Shimojo S, Sakagami M, Watanabe T, Sasaki Y
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   22 1887-1893   2012年8月   [査読有り]
[Value representation in the striatum and prefrontal cortex].
Sakagami M, Yamamoto M
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   64 891-901   2012年8月   [査読有り]
Pan X, Sakagami M
The European journal of neuroscience   35 1083-1091   2012年4月   [査読有り]
Murai C, Tanaka M, Tomonaga M, Sakagami M
Developmental psychobiology   53 732-737   2011年11月   [査読有り]
Murai C, Tanaka M, Sakagami M
Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983)   125 216-226   2011年5月   [査読有り]
Takemura H, Samejima K, Vogels R, Sakagami M, Okuda J
PloS one   6 e28337   2011年   [査読有り]
Nomoto K, Schultz W, Watanabe T, Sakagami M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30 10692-10702   2010年8月   [査読有り]

Misc

 
「前頭前野におけるカテゴリー形成」
小口峰樹*、田中慎吾、Xiaochuan Pan、坂上雅道
『月刊 臨床神経科学』中外医学社   Vol 32(No. 1) 62-66   2014年1月   [依頼有り]
坂上雅道
生体の科学   64(4) 301-308   2013年8月
坂上雅道, 山本愛実
Brain Nerve   64(8) 891-901   2012年8月
坂上雅道
分子精神医学   11(2) 121-123   2011年4月
原塑, 鈴木 貴之, 坂上 雅道, 横山 輝雄, 信原 幸弘
科学技術コミュニケーション = Japanese Journal of Science Communication   7 105-118   2010年2月
Recently, some scientific disciplines have been politically promoted in many countries, because governments believe that they can produce economically profitable knowledge, and that neuroscience belongs to these disciplines. They are aptly charact...
坂上雅道
脳の高次機能システム 平成16-21年度 No.16068101   164-167   2010年
坂上雅道
脳の神経回路の機能解明 平成16-21年度 No.16069101   322   2010年
坂上雅道
脳の病態解明 平成16-21年度 No.16071101   306   2010年
坂上雅道
分子レベルからの脳機能構築機構の解明 平成16-21年度 No.16070101   394   2010年
坂上雅道
脳の高次機能システム 平成16-21年度 No.16068101   304   2010年
坂上雅道
脳機能の統合的研究 平成16-21年度 No.16067101   306   2010年
坂上雅道
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   48(1) 4-10   2009年1月
坂上雅道, 山本愛実
科学哲学   42(2) 29-40   2009年
坂上雅道, 山本愛実, 速水則行, 鮫島和行, 奥田次郎
動物心理学研究   58(2)    2008年12月
山本愛実, 奥田次郎, 鮫島和行, 坂上雅道
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   15(1) 3-17   2008年3月
To investigate influence of perceptual saliency on reward processing in the brain, we examined reward-related fMRI activity for random-dot-motion stimuli with different coherence levels. After conditioning delivery of juice reward or control solut...
竹村浩昌, 奥田次郎, 鮫島和行, 坂上雅道
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107(410) 69-74   2007年12月
環境における報酬の手がかりは、常に同じような知覚的明瞭度を持っているわけではない。手がかりの知覚確率に応じて、報酬への予測や学習はどのように変化するのだろうか。本研究では報酬予測誤差への刺激の知覚確率の影響について検証した。実験では視覚刺激の方向と報酬を条件づけたのち、刺激の輝度コントラストを操作した時の報酬関連脳活動をfMRIで計測した。知覚確率の影響を仮定する報酬予測誤差モデルとの相関を調べた結果、中脳と被殻において知覚の影響を仮定しないモデルより有意に強い相関が見られた。このことは知...
坂上雅道
学術月報   60(2) 82-86   2007年2月
澤幸祐, PanXiaochuan, 坂上雅道
動物心理学研究   56(2)    2006年12月
坂上雅道, 小林俊輔, 野元謙作, 渡辺正孝, SchultzWolfram
動物心理学研究   55(2)    2005年12月
坂上雅道
神経研究の進歩   49(4) 502-511   2005年8月
坂上雅道
日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN   66(11) 358-365   2004年11月
坂上雅道, 小林俊輔, 池田琢朗
動物心理学研究   53(2)    2003年12月
坂上雅道
基礎心理学研究   22(1) 84-92   2003年9月
Prefrontal cortex is believed to be involved in the executive control of behavior, particularly in complex situations. Using a multidimensional go/no-go task with macaque monkeys, however, we found that many prefrontal neurons were activated by ir...
坂上雅道
日本生理学雜誌   65(3)    2003年3月
坂上雅道, 小泉昌司, 小林俊輔
動物心理学研究   52(2)    2002年12月
坂上雅道, 小林俊輔, 小泉昌司, 彦坂興秀, JohanLauwereyns
動物心理学研究   51(2)    2001年12月
坂上雅道
BRAIN MEDICAL   13(1) 29-35   2001年
坂上雅道, LauwereynsJohan, 小泉昌司, 彦坂興秀, 小林俊輔
動物心理学研究   50(2)    2000年12月
坂上雅道, 小泉昌司, 小林俊輔, 筒井健一朗, LauwereynsJohan, 彦坂興秀
動物心理学研究   49(1)    1999年6月
坂上雅道
日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks   6(1) 80-81   1999年3月

講演・口頭発表等

 
Neural Circuits Enabling Model-based Decision-making [招待有り]
坂上 雅道
The 5th International Conference on Cognitive Neurodynamics   2015年6月   
Double Virus Vector Infection to the Prefrontal Network of the Macaque Brain
坂上 雅道
第9回領域会議   2015年4月   
前頭葉と線条体ニューロンによる報酬予測とそれらの相互作用 [招待有り]
坂上 雅道
意思決定の生物学に関する第4回シンポジウム   2014年5月   
Dopamine prediction errors and the relativity of value [招待有り]
坂上 雅道
Rochester University   2014年11月   
Social value orientation representation in the amygdala and the prefrontal cortex
坂上 雅道
北米神経科学学会2014年度大会   2014年11月   
Dopamine prediction errors and the relativity of value
坂上 雅道
上海 華東理工大学   2014年12月   
二重遺伝子導入法を用いた霊長類前頭葉-線条体経路におけるDREADDの発現
坂上 雅道
北米神経科学学会2014年度大会   2014年11月   
ウイルスベクター二重遺伝子導入法を用いた霊長類脳の前頭葉線条体投射ニューロンにおけるデザイナー受容体の発現
新学術領域研究:予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用、第7回領域会議   2014年6月   
前頭葉と線条体ニューロンによる報酬予測とそれらの相互作用
Cambridge University FOSTER TALKS   2014年5月   
Reward inference by prefrontal and striatal neurons in primate
シンポジウム Decision Making, Logic and Cognition   2013年   
中脳ドーパミン細胞の報酬予測誤差信号に対するコストの影響
快、不快とリスクに関する意思決定   2013年   
予測と創造-モデルベース的意思決定プロセスの基礎-
第76回日本心理学会大会   2012年   
意志決定の神経基盤の研究とその展開
北海道大学GCOE-「心の社会性に関する教育研究拠点」 総括シンポジウム:. 心 はなぜ、どのように社会的か? ―フロンティアとアジェンダ   2012年   
意思決定、学習、合理性
日本科学哲学会   2012年   
覚醒視覚認知のシステムレベル理解に向けて:CFS下のサルのECoG
第35回日本神経科学大会   2012年   
サル前頭前野と線状体ニューロンによる報酬の推論 [招待有り]
神経経済学2012年大会:意思決定と脳   2012年   
社会的判断におけるモデルベースプロセスとモデルフリープロセス
 平成23年度生理研研究会 社会神経科学研究会「今、社会神経科学研究に求められていること」   2011年   
判断にかかわる2つの神経回路
日本心理学会第75回大会シンポジウム「心の先端研究の現在と未来」   2011年   
脳科学の現在と未来
東京大学科学技術インタープリター養成部門シンポジウム 脳科学とコミュニケーション   2011年   
動物の思考・ヒトの思考
麻布大学大学院特別講義   2010年   
「学習と記憶」名古屋大学大学院特別講義
名古屋大学大学院特別講義   2010年   
Multiple neural circuits in value-based decision-making
Boston University, USA   2010年   
Signal Interaction between Prefrontal Cortex and Striatum in Reward Prediction
Neuro2010   2010年   
前頭前野とモデルベース学習
ダブリン大学トリ二ティー校   2010年   
Reward inference by primate prefrontal neurons
第15回 国際比較心理学会   2010年   
Reward inference by prefrontal and basal ganglia neurons, 前頭前野と大脳基底核ニューロンによる報酬の推測
Francis Crick Symposium on Neuroscience   2010年   
Signal Interaction between Prefrontal Cortex and Striatum in Reward Prediction
Batsheva Seminar on Reward and Decision Making in the Brain   2010年   
Reward inference by monkey prefrontal neurons
JSPS-DFG Round Table on ‘Cooperative Technology in future: Cognitive Technical Systems. JSPS   2010年   
Reward prediction by prefrontal and striatal neurons
Dynamic Brain Forum 2009   2009年   
Multiple decisions in the brain
第1回ニューロソーシャルサイエンスワークショップ   2009年   
Reward Interface by Monkey and Caudate Neurons
Gambling, Reward, Decision Making, and The Prefrontal Cortex   2009年   
脳科学で消費者の行動を考える〜あなたは自分をどこまで知っていますか〜
脳科学で消費者の行動を考える〜あなたは自分をどこまで知っていますか〜   2009年   
意思決定と人間の自発性
シンポジウム:自発性の発現・物質プロセス研究会主催   2009年   
Reward inference by prefrontal neurons, Symposium: The role of prefrontal cortex in context-dependent adjustment of executive control.
第32回日本神経科学大会   2009年   
脳科学教育研究に向けて-玉川大学の取り組み-
第32回日本神経科学大会,サテライトシンポジウム: 脳科学教育の現状と理想 ―バーチャル脳科学専攻設立を目指して―   2009年   
ギャンブルする脳・しない脳
玉川大学グローバルCOEシンポジウム   2009年   
意思決定の神経メカニズム
実験社会科学サマースクール2009   2009年   
玉川大学GCOEについて
第73回日本心理学会   2009年   
Multiple brain circuits for decision-making, Perspective of Decision Neuroscience: beyond the Biological Approach of Brain Science
IUPS 36th World Congress   2009年   
神経科学と生命観・社会観
シンポジウム:神経科学リテラシー   2009年   
Multiple neural circuits for reward prediction
International Symposium on Brain and Society, Seoul Korea   2008年   
意志決定と前頭前野
第18回神経科学の基礎と臨床   2008年   
Sakagami M. Dual Brain Processes for Reward Anticipation,
International Symposium on Attention and Performance XXII, Varmont USA. (2008)   2008年   
意思決定に関わる2つのシステム
統合脳シンポジウム領域会議   2008年   
意思決定の脳メカニズム
日本科学哲学会第41回大会   2008年   
Influences of stimulus discriminability and choice bias on dopamine activity
Workshop on Open Problems in the Neuroscience of Decision Making in Okinawa.Onna Village, Okinawa, Japan   2008年   
ヒトにおける報酬関連脳活動と知覚的曖昧性
日本動物心理学会第68回大会   2008年   
消費者行動の分析における脳科学的手法の可能性
内閣府国際消費者政策シンポジウム   2008年   
How does brain create new information in unexperienced setting?
Reward and decision making in cortico-basal ganglia networks   2006年   
Reward-Predicting Activity Following an Indirect Cue in Primate Lateral Prefrontal Neurons
イギリスOxford Universityにて   2006年   
Dynamic aspects inprimate prefrontal activity for task-relevant and task-irrelevant assocoations.
Dynamic Brain Forum   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 坂上 雅道
意思決定は、事象と報酬の経験的関係を客観的・確率的に結び付けて価値を計算するモデルフリーシステムと、直接経験によって獲得された知識をカテゴリーや論理によって結びつけ、直接経験していない価値の予測を可能にするモデルベースシステムの協調と競合によって成り立っている。本提案では、意思決定課題を訓練したサルの前頭前野ネットワークに複数の電極を刺入し、神経活動を記録、相互作用の解析を行うことにより、前頭前野においてどのように内部モデルがコードされ、それがどのように脳内シミュレーションに使われるのかを...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 坂上 雅道
意思決定には、モデルフリー型意思決定と前頭前野機能に依存するモデルベース型がある。後者は、熟慮的判断の基礎と考えられており、推論可能性、顕在性、目標志向性を特徴とする。この課題は、サルを使った神経生理学実験とヒトを被験者とするfMRI実験により、熟慮的判断の神経メカニズムを明らかにしようとするものである。以下、平成23年度に行った研究の成果を記す。1.推論課題遂行中のサルの前頭前野から単一ニューロン活動の記録を行った。前頭前野のニューロンは、刺激と関連する報酬の情報をコードするのに、カテゴ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 坂上 雅道
我々は、遅延課題遂行中のサルからニューロン活動の記録を行うことにより、脳の中で意志や意図がどのようにコードされているかを明らかにするとともに、遅延課題遂行中のサル前頭前野ニューロンの活動を、被験体に視覚的にフィードバックすることにより、サルが自らのニューロン活動を課題の要請に従い制御することができることを示した。これらの結果は、認知型BMIのような、意図を伝達する技術の基礎につながるものと思われる。この成果は、Journal of Neurophysiology(2010)に発表した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年
本研究の目的は、人間や動物の意思決定プロセスにおける脳内の報酬情報処理と刺激知覚処理との関係をヒトの機能的MRI(fMRI)実験、実験動物(サル)における神経細胞活動記録、ならびに理論計算モデルの3点から包括的に解明することである。不明瞭で知覚的に曖昧な刺激に対する脳の報酬予測活動を調べることにより、刺激の入力から反応の出力に至る意思決定過程における知覚判断と脳内報酬処理の関係を実験的に検証し、現実的で柔軟な意思決定の理論モデルの提唱を目指す。
平成19年度は、知覚的に不明瞭な視覚刺激に対...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年
課題遂行中のサルの前頭前野外側部からニューロン活動の記録を行った。多くのニューロンが、非対称報酬条件ダブルサッケード課題において第一刺激呈示直後に、行動指標同様報酬予測に関連する活動を示した。その中には、特定の刺激と報酬量の関係をコードするものもあった。これらのニューロンについて、コードする刺激の特性を調べるために呈示する刺激の順序を変える実験を行った。ほとんどのニューロンは、刺激が同じグループに属するものであれば、同様の応答を示した。つまり、これらのニューロンは、特定のグループの報酬情報...