吉田 正俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/16 16:51
 
アバター
研究者氏名
吉田 正俊
所属
生理学研究所
部署
発達生理学研究系・認知行動発達研究部門
職名
助教
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
生理学研究所 発達生理学研究系 助教
 
2010年3月
 - 
2010年7月
南カリフォルニア大学 訪問研究者
 
2003年6月
 - 
2006年3月
生理学研究所 発達生理学研究系 助手
 
2001年1月
 - 
2003年5月
東京大学医学部統合生理学教室 特別推進 研究員
 
1995年2月
 - 
2000年12月
生理学研究所・高次液性調節 ICORP研究員
 

論文

 
Veale R, Hafed ZM, Yoshida M
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   372(1714)    2017年2月   [査読有り]
Tian X, Yoshida M, Hafed ZM
Frontiers in systems neuroscience   10 23   2016年   [査読有り]
Yoshida M, Isa T
Scientific reports   5 10755   2015年5月   [査読有り]
Yoshida M, Miura K, Hashimoto R, Fujimoto M, Yamamori H, Yasuda Y, Ohi K, Fukunaga M, Takeda M, Isa T
Journal of vision   15(12) 61   2015年   [査読有り]
視覚顕著性(視覚サリエンシー)の神経ネットワーク
吉田 正俊
神経心理学   30(4) 268-276   2014年12月   [招待有り]
盲視の神経現象学を目指して
吉田 正俊
MORALIA   20-21 171-188   2014年11月   [招待有り]
意識の神経相関
吉田 正俊
Clinical Neuroscience   32(8) 856-860   2014年8月   [招待有り]
サリエンシー・マップの視覚探索解析への応用
吉田 正俊
日本神経回路学会誌   21(1) 3-12   2014年3月   [招待有り]
Yoshida M, Veale R
Neuroscience research   78 90-94   2014年1月   [査読有り]
盲視の神経機構
吉田 正俊
BRAIN and NERVE   65(6) 671-677   2013年6月   [招待有り]

Misc

 
加藤利佳子, 加藤利佳子, 池田琢朗, 池田琢朗, 河原正幸, 河原正幸, 尾上嘉代, 吉田正俊, 吉田正俊, 高浦加奈, 塚田秀夫, 尾上浩隆, 尾上浩隆, 伊佐正, 伊佐正, 伊佐正
日本生理学雑誌   72(2) 64   2010年2月
吉田正俊
脳機能の統合的研究 平成16-21年度 No.16067101   214-215   2010年
高浦加奈, 高浦加奈, 吉田正俊, 吉田正俊, 伊佐正, 伊佐正, 伊佐正
日本生理学雑誌   71(5) 204   2009年5月
納家勇治, 吉田正俊, 伊原毅, 桜井芳雄, 伊藤昭光, 柴田愁子, 宮下保司
生理学研究所年報   20 48   1999年12月
納家勇治, 吉田正俊, 伊藤昭光, 柴田愁子, 伊原毅, 桜井芳雄, 宮下保司
日本神経科学大会プログラム・抄録集   22nd 232   1999年7月

書籍等出版物

 
Advances in Cognitive Neurodynamics (III)
吉田 正俊 (担当:共著, 範囲:Toward an animal model of spatial hemineglect: preliminary investigation)
Springer   2013年1月   

競争的資金等の研究課題

 
大規模脳画像解析とヒトー霊長類を連結するトランスレータブル脳・行動指標開発にもとづく 精神疾患の病態神経回路解明
文部科学省: 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト
研究期間: 2014年11月 - 2019年3月    代表者: 笠井 清登
マカクザルによる盲視と半側空間無視の動物モデルを用いた気づきと注意の解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 吉田 正俊
視覚的注意の計算論モデルによるマイクロサッカードの解明
科学技術振興機構: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 吉田 正俊
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 吉田 正俊
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 伊佐正
「無意識の視覚系」の中核をなす構造である中脳上丘の局所回路の構造と機能を明らかにするため、マウスの上丘の浅層のみを含む水平断切片、ないしは中間層の水平断切片を作成し、多チャンネル電気刺激法とレーザーアンケージング法とホールセルパッチクランプ法を用いてそれぞれの層内の水平結合と様々な距離の2点の同時刺激の効果を解析したところ、視覚入力層である浅層では近傍間は興奮、その周辺の領域とは顕著な周辺抑制が観察され、近傍の2点間には非線形的な相乗効果があることが明らかになった。一方、中間層では一般に周...