広瀬稔

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/19 13:50
 
アバター
研究者氏名
広瀬稔
所属
九州大学
部署
多重ゼータ研究センター
職名
学術研究員

プロフィール

新谷ゼータ関数を用いた数論的L関数の特殊値の研究などを行っています。

研究キーワード

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都大学理学研究科 教務補佐員
 
2014年11月
 - 
2015年3月
京都大学 学際融合教育研究推進センター 特定研究員
 
2014年4月
 - 
2014年10月
京都大学 理学研究科 教務補佐員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
京都大学 理学研究科 JSPS特別研究員DC1(研究課題:新谷L関数とヘッケL関数の研究)
 

論文

 
On the functional equation of the normalized Shintani L-function of several variables
M. Hirose, N. Sato
Mathematische Zeitschrift   280(3) 1085-1092   2015年   [査読有り]
Eisenstein series identities based on partial fraction decomposition
M. Hirose, N. Sato, K. Tasaka
The Ramanujan Journal   38(3) 455-463   2015年   [査読有り]
広瀬稔
Proc. Japan Acad. Ser. A Math. Sci.   87(1) 13-15   2011年   [査読有り]

Misc

 
Minoru Hirose
   2016年8月
In 1988, Gross proposed a conjectural congruence between Stickelberger
elements and algebraic regulators, which is often referred to as the refined
class number formula. In this paper, we prove this congruence.
Minoru Hirose
   2016年2月
We introduce the notion of Shintani data, which axiomatizes algebraic aspects
of Shintani zeta functions. We develop the general theory of Shintani data, and
show that the order of vanishing part of Gross's conjecture follows from the
existence of...
Minoru Hirose
   2013年12月
We define the class of normalized Shintani L-functions of several variables.
Unlike Shintani zeta functions, the normalized Shintani L-function is a
holomorphic function. Moreover it satisfies a good functional equation. We show
that any Hecke L-f...
佐藤 信夫, 広瀬 稔
数理解析研究所講究録   1826 144-152   2013年3月

講演・口頭発表等

 
A certain combinatorial module inspired by the Goncharov coproduct
Minoru Hirose
多重ゼータ値の諸相   2016年7月12日   
新谷ゼータ関数と Gross 予想
広瀬稔
代数的整数論とその周辺2015   2015年11月30日   
The partial derivatives of abelian L-functions at s=0 and refinement of Stark conjecture
広瀬稔
日韓整数論セミナー2014   2014年11月19日   
On the theory of fans and its application to Shintani L-function and Hecke L-function
広瀬稔
早稲田整数論研究集会   2014年3月13日   
正規新谷L関数と総実代数体のヘッケL関数について
広瀬稔
RIMS研究集会「保型形式および関連するゼータ関数の研究」   2014年1月20日