松田哲也

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/04 21:00
 
アバター
研究者氏名
松田哲也
URL
http://www.tamagawa.ac.jp/teachers/matspsyc/index.html
所属
玉川大学
部署
脳科学研究所/大学院脳科学研究科
職名
教授
学位
博士(医学)(東京医科歯科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
文部科学省 研究振興局 学術調査官(ライフサイエンス担当)
 
2015年4月
 - 
現在
玉川大学 脳科学研究所 教授
 
2015年4月
 - 
現在
日本医療研究開発機構 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト プログラムオフィサー
 
2014年4月
 - 
2015年3月
文部科学省 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト プログラムオフィサー
 
2010年12月
 - 
現在
カリフォルニア工科大学 生物学部 Visiting Associate
 
2009年1月
 - 
現在
放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 客員研究員
 
2007年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 非常勤講師
 
2011年8月
 - 
2013年7月
文部科学省 研究振興局 学術調査官(科研費担当)
 
2010年4月
 - 
2015年3月
玉川大学脳科学研究所 准教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
玉川大学 脳科学研究所 助教
 

受賞

 
2007年9月
日本生物学的精神医学会・日本精神神経薬理学会・日本神経化学会合同年会 優秀演題賞
 
2000年9月
日本神経回路学会 奨励賞
 

論文

 
Human pursuance of equality hinges on mental processes of projecting oneself into the perspectives of others and into future situations.
Takesue H, Miyauchi CM, Sakaiya S, Fan H, Matsuda T, Kato J.
Sci. Rep.   7(1) 5878   2017年7月   [査読有り]
Rawlsian maximin rule operates as a common cognitive anchor in distributive justice and risky decisions.
Kameda T, Inukai K, Higuchi S, Ogawa A, Kim H, Matsuda T, Sakagami M
PNAS   113(42) 11817-11822   2016年10月   [査読有り]
Women's Preference for Male Acquaintance Enhances Social Reward Processing of Material Goods in the Anterior Cingulate Cortex
Nakagawa J, Takahashi M, Okada R, Matsushima E, Matsuda T.
PLoS ONE   10(8) e0136168   2015年8月   [査読有り]
Functional connectivity of the striatum in experts of stenography
Ito T, Matsuda T, Shimojo S.
Brain and Behavior   5(5) e00333   2015年3月   [査読有り]
The deaf utilize phonological representations in visually presented verbal memory tasks
Okada R, Nakagawa J, Takahashi M, Kanaka N, Fukamauchi F, Watanabe K, Namatame M, Matsuda T
Neuroscience Research      2015年1月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
非言語情報を通じた社会的相互作用による他者理解のメカニズムの解明
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松田哲也
リアルタイムfMRIによるバイオフィードバック法を用いた統合失調症の認知リハビリテーション
厚生労働省: 科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(精神障害分野) 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 松田哲也
リアルタイムfMRIを用いたバイオフィードバックによる社会認知機能改善プログラム
文部科学省: 科学研究費補助金基盤研究挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 松田哲也
神経科学的アプローチによる倫理的行動モデルの研究
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 松田哲也
fMRIを用いた統合失調症の思考メカニズムの障害に関する研究
文部科学省: 文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 松田哲也

委員歴

 
2013年7月
 - 
現在
日本脳科学関連学会連合  代表補佐