松井鉄史

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/14 17:10
 
アバター
研究者氏名
松井鉄史
eメール
tetsushinii.ac.jp
所属
国立情報学研究所
部署
情報学プリンシプル研究系
職名
特任研究員
学位
博士(理学)(東京都立大学)

研究分野

 
 

論文

 
Tetsushi Matsui, Akihiro Higashitani, Yuuki Nagazawa, Hidefumi Ohsugi and Takayuki Hibi
Journal of Algebraic Combinatorics   34(4) 721-749   2011年12月   [査読有り]
田中覚, 小椋直樹, 中村憲, 松井鉄史, 内山成憲
MATHEMATICAL SOFTWARE – ICMS 2010   260-269   2010年9月   [査読有り]
Matsui Tetsushi
Mathematical Software --- ICMS 2006   158-169   2006年9月   [査読有り]
松井鉄史
GRAPHS AND COMBINATORICS      [査読有り]

Misc

 
Tetsushi Matsui
   2011年2月
Let \(G=(E,V,\phi)\) be a connected simple finite graph. The edge polytope
\(\mathcal{P}_G\) is an integral convex polytope defined from \(G\), and its
Ehrhart polynomial \(i_{\mathcal{P}_G}(m)\) is always related to the Hilbert
series of a graded...
松井 鉄史, 宇野 毅明
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2010(2) 1-8   2010年7月
編集距離 (レーベンシュタイン距離) は文字列の距離を表すモデルの一つであり,ゲノムの比較をする際に頻繁に使われている.その一方で,素朴な方法は文字列長の 2 乗の計算時間であること,近似なしの高速計算は難しいこと,配列比較で重要視される局所的な類似性を考慮せず,とびとびの対応である程度類似すると判断するという問題点もある.本稿では,局所的な類似性に基づいた新しい類似性の尺度とその高速な計算手法を提案する.直観的には,編集距離はいかに多くの同一な文字を,入れ替えなしで対応できるかであるが,...
松井鉄史
AC2007 Proceedings   120-126   2008年3月
There are some algebraically closed elds related to computational concepts; a classical example is the whole set of computable numbers and more recently obtained example is the whole set of polynomial time computable numbers. Numbers outside these...
Tetsushi Matsui
   2006年8月
It will be shown that the polynomial time computable numbers form a field,
and especially an algebraically closed field.
松井鉄史
AC2005 Proceedings      2006年3月
NZMATH, a number theory oriented calculation system based on Python, has been continuously developed for two years since the announcement of its outline at AC2003. We will summarise the two years of the development with problems and issues recogni...

講演・口頭発表等

 
NZMATH 1.0
Tanaka, Satoru; Ogura, Naoki; NAKAMULA, Ken; Matsui, Tetsushi; Uchiyama, Shigenori
The Third International Congress on Mathematical Software   2010年9月   
計算幾何学的な手法を用いた高速相同性計算手法
松井鉄史, 宇野毅明
第22回バイオ情報学研究発表会   2010年7月   
Roots of Ehrhart polynomials arising from graphs and posets
Tetsushi Matsui, Akihiro Higashitani, Yuuki Nagazawa, Hidefumi Ohsugi, Takayuki Hibi
The Second CREST-SBM International Conference   2010年6月   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会