岡崎まゆみ

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/07 20:21
 
アバター
研究者氏名
岡崎まゆみ
 
オカザキマユミ
ハンドル
Mayumi OKAZAKI
eメール
mokazakiobihiro.ac.jp
所属
帯広畜産大学
部署
人間科学研究部門
職名
講師
学位
博士(法学)
科研費研究者番号
60724474

研究分野

 
 

経歴

 
2013年9月
 - 
現在
帯広畜産大学 人間科学研究部門 講師
 
2012年4月
 - 
2013年8月
明治大学 法学部 助手
 

学歴

 
2011年2月
 - 
2012年2月
(韓国)高麗大學校 留学 
 
2009年4月
 - 
2013年8月
明治大学大学院 法学研究科民事法学専攻 博士後期課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
明治大学大学院 法学研究科民事法学専攻 博士前期課程
 
2003年4月
 - 
2007年3月
明治大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
帯広市行政不服審査会  委員
 
2015年8月
 - 
現在
JA北海道厚生連帯広厚生病院倫理審査委員会  委員
 
2015年7月
 - 
現在
帯広市公共施設マネジメント市民検討委員会  委員
 
2014年6月
 - 
現在
帯広市情報審査会  委員
 

受賞

 
2014年5月
国際ソロプチミスト帯広みどり ソロプチミスト日本財団女性研究者賞
 

論文

 
帝国日本における植民地司法に関する研究
岡崎まゆみ
明治大学      2017年3月   [査読有り]
植民地期朝鮮の談合入札有罪判決に関する考察--司法判断における内鮮間の関係性をめぐって
岡崎まゆみ
帯広畜産大学学術研究報告   (37) 64-82   2016年11月   [査読有り]
外地・朝鮮の内地人弁護士による朝鮮認識(2)--1920年代・『東亜法政新聞』にみる
岡崎まゆみ
法史学研究会会報   (19) 138-145   2016年3月   [査読有り]
外地・朝鮮の内地人弁護士による朝鮮認識(1)--1910年代・雑誌『朝鮮及満州』にみる
岡崎まゆみ
法史学研究会会報   (18)    2015年3月   [査読有り]
総督府判事・野村調太郎の法思想と裁判実務への影響-法院記録保存所所蔵・光復前民事判決原本を通して考える
岡崎まゆみ
松田利彦・岡崎まゆみ編『植民地裁判資料の活用』   59-84   2015年3月

Misc

 
(書評)吉川美華「旧慣温存の臨界-植民地朝鮮における旧慣温存政策と皇民化政策における総督府の「ジレンマ」」
岡崎まゆみ
法制史研究   (66) 356-358   2017年3月   [依頼有り]
(書評)吉川絢子著「植民地朝鮮における離婚訴訟と朝鮮民事令-一九一〇年代を中心に-」
岡崎まゆみ
法制史研究   (62) 263-265   2013年3月
ソウルだより
岡崎まゆみ
法史学研究会会報   (16) 184-191   2012年3月

書籍等出版物

 
『教養としての憲法入門』
神野潔 (担当:分担執筆, 範囲:天皇の歴史と現代における存在意義とは?ー象徴天皇制(第3章)/不合理な差別とその是正とは?ー法の下の平等(第6章))
弘文堂   2016年3月   ISBN:978-4-335-35663-6
『戦時体制と法学者1931〜1952』
小野博司・出口雄一・松本尚子 (担当:分担執筆, 範囲:第1章2節3.《植民地近代化論》)
国際書院   2016年3月   ISBN:978-4-87791-272-7
『植民地裁判資料の活用 ー韓国法院記録保存所所蔵・日本統治期朝鮮の民事判決文資料を用いて』
松田利彦・岡崎まゆみ編 (担当:共編者)
国際日本文化研究センター   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
帝国日本の司法秩序と「内外地司法統一論」 --朝鮮における議論を中心に
岡崎まゆみ
第36回東洋法制史研究会   2017年8月23日   
死刑と裁判員制度
岡崎まゆみ
帯広畜産大学オープンセミナー   2016年10月20日   
京城帝大の私法学--私法をめぐる〈知〉が指向する権力とは?
岡崎まゆみ
国際日本文化研究センター〈植民地帝国日本の「知と権力」共同研究会〉   2016年9月11日   
18歳からの選挙権
岡崎まゆみ
帯広畜産大学公開講座   2016年7月5日   
朝鮮総督府裁判所における司法判断過程
岡崎まゆみ
法制史学会第68回総会   2016年6月12日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 岡崎まゆみ
内国植民地としての北海道における 「近代法」の伝播過程
公益財団法人 三菱財団: 人文科学研究助成
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月    代表者: 岡崎まゆみ
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 岡崎 まゆみ
高齢化社会における世代間正義の法的基盤構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 吉良 貴之