文室 政彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/06 11:51
 
アバター
研究者氏名
文室 政彦
 
フムロ マサヒコ
所属
近畿大学
部署
附属農場  湯浅農場
職名
主任・教授
学位
博士(農学)(近畿大学)
その他の所属
農学部

プロフィール

1978年4月滋賀県職員
2004年4月滋賀県高島地域農業改良普及センター所長
2005年4月滋賀県高島県事務所農産普及課課長
2006年4月近畿大学附属農場湯浅農場主任・教授

研究分野

 
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1978年3月
香川大学 大学院 農学研究科
 
1972年4月
 - 
1976年3月
近畿大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
国際植物増殖者会議日本支部  理事
 
2010年
 - 
現在
園芸学会近畿支部  評議員
 

論文

 
Inhibition of Advanced Glycation End Products Formation by Mangifera indica Leaf Extract
K. Itoh, K. Murata, N. Sakaguchi, K. Akai, T. Yamaji, K. Shimizu,K. Isaki, T, Matsukawa, S. Kajiyama, M. Fumuro, M. Iijima, H. Matsuda.
Journal of Plant Studies   6 102-107   2017年   [査読有り]
Inhibitory Activity of Citrus Madurensis Ripe Fruits Extract on Antigen-induced Degranulation in RBL-2H3 Cells
K. Itoh, K. Murata, M. Futamura-Masuda, T. Deguchi, Y. Ono, M. Eshita, M. Fumuro, M. Iijima, H. Matsuda.
Journal of Plant Studies   6 23-30   2017年   [査読有り]
A Pancreatic Lipase Inhibitory Activity by Mango (Mangifera indica) Leaf Methanolic Extract
K. Itoh, K. Murata, Y. Nakagaki, A. Shimizu, Y. Takata, K. Shimizu, T. Matsukawa, S. Kajiyama, M. Fumuro, M. Iijima, H. Matsuda.
Journal of Plant Studies   2 72-78   2016年   [査読有り]
Effects of light intensity, soil acidity, and nitrogen concentration on the vegetative growth of pitaya seedlings
Masahiko Fumuro
Acta Horticulturae   1140 105-112   2016年   [査読有り]
文室 政彦 佐々木勝昭 櫻井直樹
園芸学研究   14(3) 381-390   2015年10月   [査読有り]
Effects of plant growth regulators on the vegetative growth of pitaya cladodes.
Masahiko Fumuro
Acta Horticulturae   1085 377-382   2015年   [査読有り]
文室政彦, 堀川勇次, 櫻井直樹 
園芸学研究   13(4) 365-370   2014年10月   [査読有り]
Masahiko Fumuro, Naoki Sakurai
HortScience   49 791-797   2014年1月   [査読有り]
We examined the effects of ripening stage, temperature, film wrapping, and storage period on the elasticity index (EI) and fruit quality of 'Irwin' mangos to develop a storage technique for improving the storage life of this fruit and to determine...
Masahiko Fumuro, Naoki Sakurai, Naoki Utsunomiya
J Jpn Soc Hortic Sci   82(4) 354-361 (J-STAGE)   2013年   [査読有り]
文室 政彦
園芸学研究   10(4) 451-459   2011年10月   [査読有り]
マンゴー 'アーウィン' と'愛紅' の自根苗を生産する目的で,取り木発根に及ぼす諸要因を調査するとともに 'アーウィン' と '愛紅' を含む17品種を供試して,取り木発根能の品種間差異を検討した. 環状はく皮部の噴霧処理に使用するオーキシンの種類として,2品種ともNAAはIBAより発根率が高い傾向がみられたが,発根数および総発根長には有意差がなかった. 一方,オーキシン処理を行わないと全く発根しなかった. NAA濃度としては,2品種とも発根率および総発根長が1,000ppmより2,00...

講演・口頭発表等

 
DNAマーカーによる高糖系大果マンゴー‘あま太閤’花粉親の推定並びに果実品質特性および日持ち性
文室政彦,内藤嘉磯
園芸学研究 第16巻 別冊2   2017年9月2日   
マンゴー‘愛紅’のポット栽培における自根樹と接木樹の生長,収量および果実品質
文室 政彦
園芸学研究 第16巻 別冊1   2017年3月20日   
ポット栽培のマンゴー‘愛紅’における自根樹と接木樹の生長特性および自根樹の樹体生長に及ぼす土壌容量の影響
文室政彦
国際植物増殖者会議日本支部第23回高知大会講演要旨集   2016年9月24日   
文室政彦,前田隆昭,櫻井直樹
園芸学研究 第15巻 別冊2   2016年9月10日   
文室政彦
園芸学研究 第15巻 別冊1   2016年3月26日   

書籍等出版物

 
カキの開花期の摘心による果実肥大促進効果
文室 政彦 (担当:共著)
和歌山の果樹 62(9): 10-12.   2011年   
マンゴーの栽培(品質向上のポイント)
文室 政彦 (担当:共著)
和歌山の果樹 62(6): 7-10.   2011年   
マンゴーの品種と栽培
文室 政彦 (担当:共著)
和歌山の果樹 61(5): 12-15.   2010年   
根域制限栽培
文室 政彦 (担当:共著)
農文協 果樹園芸大百科 6 カキ p.397-400.   2000年   
摘果
文室 政彦 (担当:共著)
農文協 果樹園芸大百科 6 カキ p.203-206.   2000年   

Misc

 
高糖系大果マンゴー品種「あま太閤」の育成と特性
文室 政彦
熱帯果樹(熱帯果樹協会発行)   10 1-5   2017年3月
マンゴー新品種‘あま太閤’の育成と特性
文室政彦
IPPS-J ニュースレター   58 7-8   2016年7月
最近のマンゴー研究
文室政彦
IPPS-J ニュースレター   50 2-3   2013年11月
マンゴーの品種紹介
文室 政彦
IPPS-J ニュースレター   42 9-10   2011年
カキの根域制限栽培における自走式防除機利用による防除の軽作業化
文室 政彦
滋賀県農林水産技術会議 滋賀県農林水産主要試験研究成果   9 39-40   2001年
主幹形垣根仕立て栽培によるカキの軽作業、早期成園化技術
文室 政彦
滋賀県農林水産技術会議 平成11年度近畿中国農業研究成果情報   23-24   2000年
カキの主幹形垣根仕立てによる軽作業、早期成園化技術
文室 政彦
滋賀県農林水産技術会議 滋賀県農林水産主要試験研究成果   8 31-32   2000年
カキ‘平核無’果実の長期貯蔵技術
文室 政彦
滋賀県農林水産技術会議 滋賀県農林水産主要試験研究成果   7 39-40   1999年
根域制限栽培のカキ若木での摘心による大玉果生産
文室 政彦
滋賀県農林水産技術会議 滋賀県農林水産主要試験研究成果   7 37-38   1999年
施設栽培のカキ‘新秋’の袋かけによる汚染果の発生抑制
文室 政彦
滋賀県農林水産技術会議 滋賀県農林水産主要試験研究成果   7 35-36   1999年