早瀬 光浩

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/13 13:57
 
アバター
研究者氏名
早瀬 光浩
 
ハヤセ ミツヒロ
所属
豊橋創造大学
部署
経営学部
職名
助教
学位
博士(情報科学)(中京大学)

研究分野

 
 

受賞

 
2015年1月
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 奨励賞
 

論文

 
早瀬 光浩, 加納 政芳
日本感性工学会論文誌   16(1) 103-108   2017年
We propose a simple method of extracting characteristic facial expressions from video for monitoring system regarding the elderly. Our proposed method extracts several characteristic facial expression images from video to estimate the approximate ...
Mitsuhiro Hayase,Masayoshi Kanoh,Tsuyoshi Nakamura
Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2015, Tainan, Taiwan, November 20-22, 2015   502-505   2015年   [査読有り]
Mitsuhiro Hayase, Isao Wakabayashi, Masaru Shimizu and Masayoshi Kanoh
International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2012)   615-619   2012年11月   [査読有り]
Mitsuhiro Hayase,Susumu Shimada
JACIII   13(3) 172-177   2009年   [査読有り]
早瀬 光浩, 渡邉 昌平, 加納 政芳
Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   24(5) 1063-1069   2012年   [査読有り]
本稿では,楕円を用いた概括的な物体姿勢推定モデルを提案する.本モデルは,楕円を回転させたものを環状方向に,長短軸比を変化させたものを放射方向に配置し,それぞれを同心円状のネットワークとして接続することで構築されている.同様の考え方に基づくモデルとして,VTN モデルがある.このモデルでは,楕円体や直方体を回転移動・平行移動させて,2次元平面上に投影することで,物体の見え方図形を作り,それらを格子ネットワーク上に接続している.これを用いて,物体の姿勢推定を行うが,回転角・形状ともに同一な見え...

講演・口頭発表等

 
SCMにおけるロボットの現状と今後の展開
早瀬 光浩
日本ロジスティクスシステム学会第20回全国大会   2017年7月15日   
早瀬光浩, 加納政芳
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   2016年   
早瀬光浩, 加納政芳
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014年9月1日   
早瀬光浩, 加納政芳
ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2014年   
岩田和也, 早瀬光浩, 青木公也
情報処理学会全国大会講演論文集   2011年3月2日