岡田美智男

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/08 08:48
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
岡田美智男
URL
http://www.icd.cs.tut.ac.jp/~okada
所属
豊橋技術科学大学
部署
情報・知能工学系
職名
教授
学位
工学博士

プロフィール

1987年東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了。工学博士。NTT基礎研究所情報科学研究部、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)を経て、現在、豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授。コミュニケーションの認知科学、社会的・関係論的なロボティクス、次世代ヒューマンインタフェースの研究に興味をもつ。

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
現在
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 工学(系)研究科(研究院) 教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
国際電気通信基礎技術研究所(ATR) ネットワーク情報学研究所 生態学的コミュニケーション研究室 室長
 
1998年4月
 - 
2006年3月
京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻(連携講座) 客員助教授 (兼務)
 
1995年2月
 - 
2004年3月
国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 主任研究員
 
1987年4月
 - 
1995年1月
NTT基礎研究所 情報科学研究部
 

受賞

 
2017年1月
HAI-2016 Outstanding Research Award
受賞者: 新保 智喝,石川 将輝,香川 真人,岡田 美智男
 
2016年10月
ICSR2016 Best Robot Design (Special Recognition) Award
受賞者: Nihan Kataras, Soshi Yoshikawa, Michio Okada (Toyohashi University of Technology), Keiko Shimazaki, Chihiro Sannomiya, Kazunari Nawa (TOYOTA InfoTechnoloy Center)
 
2015年9月
RO-MAN 2015 Best Paper Award - Finalist
受賞者: Hitomi Matsushita, Yohei Kurata, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada
 
2014年10月
ICSR2014 Robot Design Competition Finalist
受賞者: Soshi Yoshikawa, Nihan Karatas, P. Ravindra S.De Silva, Michio Okada
 
2013年12月
HAI-2012 Outstanding Research Award 最優秀賞
受賞者: 小田原雄紀,蔵田洋平,大島直樹,P.Ravindra S. De Silva,岡田美智男
 
2013年3月
HRI2013 Honorable Mention Demonstration Award
受賞者: Yasutaka Takeda, Shohei Sawada, Tatsuya Mori, Kohei Yoshida, Yu Arita, Takahiro Asano, Naoki Ohshima, P. Ravindra De Silva and Michio Okada
 
2012年12月
HAI-2012 Impressive Experience Award
受賞者: 竹田泰隆,吉田広平,P. Ravindra De Silva,岡田美智男
 
2012年11月
ICSR2012 BEST ROBOT DESIGN AWARD
受賞者: Daiki Tanaka, Takahiro Asano, P. Ravindra S.De Silva, Michio Okada
 
2011年12月
HAI-2010 Outstanding Research Award 優秀賞
受賞者: 吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男
 
2011年3月
ヒューマンインタフェース学会 論文賞
受賞者: 鴨⽥ 貴紀, ⾓ 裕輝, ⽵井 英⾏, 吉池 佑太, 岡⽥ 美智男
 

論文

 
Marlena R. Fraune,Yusaku Nishiwaki,Selma Sabanovic,Eliot R. Smith,Michio Okada
Proceedings of the 2017 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI 2017, Vienna, Austria, March 6-9, 2017   205-213   2017年   [査読有り]
Yusaku Nishiwaki,Masugi Furukawa,Soshi Yoshikawa,Nihan Karatas,Michio Okada
Companion of the 2017 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI 2017, Vienna, Austria, March 6-9, 2017   413   2017年   [査読有り]
Youssef Khaoula,Takahiro Asano,P. Ravindra S. De Silva,Michio Okada
I. J. Social Robotics   8(1) 67-84   2016年   [査読有り]
How a Minimally Designed Robot can Help Implicitly Maintain the Communication Protocol
Internal Journal of Social Robotics   First Online: 25 February 2017 1-18   2016年   [査読有り]
Nihan Karatas,Soshi Yoshikawa,Michio Okada
Proceedings of the Fourth International Conference on Human Agent Interaction, HAI 2016, Biopolis, Singapore, October 4-7, 2016   35-42   2016年   [査読有り]
Nihan Karatas,Soshi Yoshikawa,P. Ravindra De Silva,Michio Okada
The Eleventh ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interation, HRI 2016, Christchurch, New Zealand, March 7-10, 2016   449-450   2016年   [査読有り]
Youssef Khaoula,Jaap Ham,Michio Okada
Social Robotics - 8th International Conference, ICSR 2016, Kansas City, MO, USA, November 1-3, 2016, Proceedings   104-114   2016年   [査読有り]
Youssef Khaoula,Jaap Ham,Michio Okada
Social Robotics - 8th International Conference, ICSR 2016, Kansas City, MO, USA, November 1-3, 2016, Proceedings   115-125   2016年   [査読有り]
Naoki Ohshima,Yusuke Ohyama,Yuki Odahara,P. Ravindra S. De Silva,Michio Okada
I. J. Social Robotics   7(1) 51-62   2015年   [査読有り]
Nihan Karatas,Soshi Yoshikawa,P. Ravindra S. De Silva,Michio Okada
Human-Computer Interaction: Users and Contexts - 17th International Conference, HCI International 2015, Los Angeles, CA, USA, August 2-7, 2015, Proceedings, Part III   198-207   2015年   [査読有り]

Misc

 
岡田美智男
人間生活工学   17(1) 1‐4   2016年3月
岡田美智男
日本ロボット学会誌   34(5) 299‐303(J‐STAGE)   2016年
岡田美智男
認知症ケア事例ジャーナル   7(4) 388-395   2015年3月
岡田美智男
映像情報Medical   44(4) 354-357   2012年4月
栗山繁, 岡田美智男, 竹中司
ヒュ-マンインタフェ-ス学会誌   12(1) 13-18   2010年
岡田美智男
精神看護   12(3) 66-75   2009年
岡田 美智男
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   10(2) 87-92   2008年5月

書籍等出版物

 
岡田美智男, 松本光太郎 (担当:共著)
新曜社   2014年8月   ISBN:4788514044
岡田 美智男
医学書院   2012年8月   ISBN:4260016733
東京大学出版会   2013年8月   ISBN:4130141333
朝倉書店   2015年5月   ISBN:4254510462
神吉宇一, 名嶋義直, やなぎ田直美, 三代純平, 松尾慎, 嶋ちはる, 牛窪隆太
凡人社   2015年7月   
河出書房新社   2015年3月   ISBN:4309253237
光村図書出版   2014年6月   ISBN:4895287378
ナノオプトニクスエナジー   2010年3月   ISBN:4764955075
佐伯 胖
大修館書店   2010年2月   ISBN:4469012823
鎌田 東二, 河合 俊雄, 島薗 進, 兵藤 裕己, 黒住 真, 原田 憲一, 岡田 美智男, 藤井 秀雪, 渡邊淳司
創元社   2009年12月   ISBN:4422230263
かもがわ出版   2008年4月   ISBN:4780301580
岡田美智男,三嶋博之,佐々木正人 (担当:共編者)
共立出版   2001年8月   ISBN:4320120205
岡田 美智男
共立出版   1995年8月   ISBN:4320026845
竹内 郁雄
NTT出版   1992年1月   ISBN:4871881539

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
〈弱いロボット〉に基づく関係発達論的な学びの場の構築とその応用
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岡田美智男
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 岡田 美智男
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 岡田 美智男
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 岡田美智男
人と人とのコミュニケーションの成立は、参与者間の関わりにおける拮抗した「場」とそのダイナミクスに支えられている。しかし、このような「コミュニケーションの場」の背後にあるメカニズムの解明はまだ十分に進んでいない。本研究は,ソーシャルなロボットの特性を生かして、(1)人と人とのコミュニケーションの基底にある「場」とそのダイナミクスの様相を解明すること、(2)人とロボットの間にたち現われる「場」を介した新たなインタフェース技術を確立することが目標である。本年度は、(1)本研究の立ち位置やコミュニ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 河野哲也
初年度の平成21年度は,基本概念の整備と共有,研究現状の整理,方法論の考察のため,具体的に以下の研究分野の共同企画を行った。予定通りの成果を収め、各発表で評価を受け、新しい分野の確立に向けた着実な一歩となった。(1)研究会の開催:第1回(7月31日,立教大学)では,計画全体の確認と研究発表(報告者:佐古仁志)を行った。第2回(9月5日,立教大学)では,研究発表(河野,川原由佳里,谷津裕子)と情報交換を行った。(2)学会での共同研究発表:(1)科学基礎論学会2009度大会(5月14日,大阪市...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 岡田美智男
前年度までの研究から、(a)一般にロボットと障害を持つ子どもとの親和性が高いこと、(b)ロボット側のシンプルさ、「弱さ」が子どもの積極的な関与を引き出しやすいこと、(c)「緩やかな共同性」を引き出す関係場のデザインが重要であること、(d)より原初的なインタラクションが望まれることなどの知見を得た。これらを受けて、モノ的な性質とソーシャルな性質を併せ持つ、ソーシャルメディエータとして機能するインタラクティブメディアやソーシャルなロボットの開発を進めた。具体的には、(1)トウフのような、社会的...
スキルの獲得・伝承を行う関係発達論的なインタフェースの研究
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 岡田美智男

委員歴

 
2006年4月
 - 
2016年12月
日本生態心理学会  理事
 
2006年3月
 - 
2007年2月
ヒューマンインタフェース学会  学会誌編集委員会 委員長
 
2003年2月
 - 
2007年2月
ヒューマンインタフェース学会  理事
 
2004年3月
 - 
2005年2月
ヒューマンインタフェース学会  論文誌編集委員会 委員長
 

特許

 
岡田 美智男, 大林 真人, 塚原 裕史, 吉澤 顕
岡田 美智男, 山口 毅, 藤井 洋之, 塩瀬 隆之
藤崎 亜由子, 礪波 朋子, 麻生 武, 岡田 美智男
岡田 美智男, 坂本 彰司, 鈴木 紀子
坂本 彰司, 岡田 美智男
岡田 美智男, 柏原 靖, 中山 治人, 平川 邦昭
岡田 美智男, 山口 毅, 塩瀬 隆之, 李 銘義, 小暮 潔, 萩田 紀博
岡田 美智男, 坂本 彰司, 鈴木 紀子
岡田 美智男, 鈴木 紀子, 坂本 彰司