石渡幹夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/02 21:16
 
アバター
研究者氏名
石渡幹夫
URL
https://www.researchgate.net/profile/Mikio_Ishiwatari
所属
国際協力機構
職名
国際協力専門員
学位
博士(東京大学)

プロフィール

気候変動適応策、防災、水資源管理分野のODAについて、援助アプローチや案件形成・管理を担当している。これまで世界銀行にて上席防災専門官として「大規模災害から学ぶ:東日本大震災からの教訓」プロジェクトを担当。国土交通省において浜田河川国道事務所長、河川計画課企画専門官等として、河川行政に関わる。アジア開発銀行都市開発専門官、英国クランフィールド大学防災センター研究員等を歴任。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
国際協力機構 国際協力専門員
 
2011年10月
 - 
2015年10月
世界銀行 上席防災管理官/上席上下水道専門官
 
2003年4月
 - 
2005年3月
国土交通省 浜田河川国道事務所 所長
 
2002年4月
 - 
2003年3月
国土交通省 河川計画課 企画専門官
 
1999年8月
 - 
2002年3月
アジア開発銀行 都市開発専門官
 

学歴

 
2007年10月
 - 
2010年9月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 国際協力学専攻(博士課程)
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学 工学系研究科 都市工学(修士)
 

論文

 
石渡幹夫
The 7th International Conference on Flood Managemen      2017年9月   [査読有り]
石渡幹夫
The 7th International Conference on Flood Management      2017年9月   [査読有り]
石渡幹夫
“Bridging the Infrastructure Gap in Asia,” ADB-JICA Joint Side Event at the 50th Annual Meeting of the ADB Board of Governors      2017年5月   [招待有り]
石渡幹夫
-mikioishiwatari   2017年   [招待有り]
Human security will be progressively threatened by climate change, consequently development cooperation agencies such as JICA need to adopt approaches to strengthen resilience to climate-fragility risks. Currently, JICA's approaches to climate cha...
石渡幹夫
-mikioishiwatari   2017年   [招待有り]
人間の安全保障は気候変動によって徐々に脅かされていくであろう。従って、国際協力機構(JICA)などの開発援助機関は、気候脆弱性リスクに対する強靭性を強化するアプローチを取り入れる必要がある。現在、気候変動適応と平和構築に対するJICA のアプローチは十分に関連付けられてはいない。気候リスクと平和構築の影響評価を統合し、また、科学、工学、社会経済におけるそれぞれのアプローチを統合する必要がある。さらに、より広範に気候脆弱性リスクに取り組むために、水資源や防災といった分野で、日本はその長い歴史...
石渡幹夫
Asian Civil Engineering Coordinating Council, Civil Engineering Conference in Asian Region. Honolulu      2016年   [査読有り]
A balanced and integrated approach is needed to resolve various water
issues, such as water shortage, floods, and water pollution. This paper aims at
proposing an integrated approach of water resource management at the national level
by examining ...
石渡幹夫
   2016年   [査読有り]
2015年2月に閣議決定された開発協力大綱(大綱)では、「包摂的」で「持続可能」であり、「強靭性」を兼ね備えた「質の高い成長」とそれを通じた貧困撲滅への支援を行う、ことを重点課題としている。「強靭性」を備えるには、経済危機や自然災害を含む様々なショックへの耐性及び回復力に富むことが必要である1。こうした支援を実施するには、「自然災害などのショック」が成長の質にどう影響を与えるのか、「耐性、回復力を富ませる」支援とはどうあるべきか、を明確にすることが求められる。 本稿は、質の高い成長を支援す...
石渡幹夫
Japan Social Innovation Journal   6(1) 15-26   2016年   [査読有り]
Flooding has become a serious issue in rapidly urbanizing countries. It is widely recognized that flood damages in urban areas can be decreased by taking an integrated risk management approach. This approach, however, has not been realized easily ...
石渡幹夫
Tohoku Recovery: Challenges, Potentials and Future   79-90   2015年   [査読有り]
Mainstreaming disaster risk management (DRM) into development policies and projects is recognized as the key to mitigate disasters, which hamper socio-economic development. However, limited activates have been conducted to support developing count...
Mikio Ishiwatari
Disaster Risk Management in Asia and the Pacific   232-251   2014年1月
石渡幹夫
Disaster Recovery   77-88   2014年   [査読有り]
The developing countries, which have weak governance and institution, face various difficulties for quick recovery in the aftermath of megadisasters. They have weak disaster management agencies, limited skilled and experienced staff and weak finan...
Mikio Ishiwatari, Junko Mimaki, Tomoko Shaw
IAHS-AISH Publication   357 416-422   2013年9月   [査読有り]
It is widely recognized that a community plays a crucial role in managing disaster risks. Japan International Cooperation Agency (JICA) is shifting its approach from engineering-oriented approaches to comprehensive ones which include community-bas...
楢府龍雄, 馬場仁志, 石渡幹夫, 石山祐二, 永見光三
地域安全学会梗概集   (32) 11-14   2013年5月
石渡幹夫
河川技術論文集   19    2013年   [査読有り]
Japan has supported developing countries in promoting river projects for over the last half-century. The assistance started with structural measures of construction works and technical transfer in planning, constructing and maintaining structures,...
Mikio Ishiwatari
Community, Environment and Disaster Risk Management   10 19-33   2012年12月   [査読有り]
The community plays a crucial role in disaster risk reduction (DRR). The Hyogo Declaration adopted at the World Conference on Disaster Reduction held in Kobe in 2005 stresses that strengthening community-level capacities to reduce disaster risk at...
石渡幹夫
   2011年   [査読有り]
The Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) projects that greater precipitation intensity and variability will increase flooding risks in many areas because of climate change. New planning methods in flood risk management are required to ...
Mikio Ishiwatari
Community, Environment and Disaster Risk Management   4 305-323   2010年12月   [査読有り]
石渡幹夫
東京大学   -mikioishiwatari   2010年   [査読有り]
1.本課題を選択した経緯

防災、復興分野の開発援助において近年さまざまな課題への対応が迫られている。この背景には以下のように深刻化する自然災害や武力紛争における傾向がある。

(1)自然災害による被害が甚大化している:1975-2008年に発生した死者数上位10件の巨大災害のうち、半数はここ5年間(2003-08年)に発生した(インド洋大津波、サイクロンナギス、四川大地震、カシミール地震、ヨーロッパ熱波) 。2010年1月には死者20万人を超えるハイチ地震が発生した。

(2)気候変動に...
石渡幹夫
   2010年   [査読有り]
The Philippines is one of the most disaster-prone counties in Southeast Asia. This paper reviews Japanese development assistance to the Philippines in disaster risk management, which has continued around 40 years. Most financing projects have supp...
石渡幹夫
   2010年   [査読有り]
Greater precipitation intensity and variability will increase the flood risks in developing countries because of climate change. Under an uncertain and changing climate, the conventional systems of planning methods in flood management can not be d...
石渡幹夫
Asian Journal of Environment and Disaster Management   2(3) 275-288   2010年   [査読有り]
From a human security perspective, it is crucial to ensure that people affected by disasters
can resume normal daily life. This study aims to propose the methodologies of collaboration
between communities, development agencies, and NGOs for rehabi...
Mikio Ishiwatari
Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM) - Focusing on Pro-active Risk Reduction in Asia   02(03)    2010年   [査読有り]
Mikio Ishiwatari, 2010, 'Japanese Experiences of Disaster Risk Reduction', Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM) - Focusing on Pro-active Risk Reduction in Asia, vol. 02, no. 03, p. 247
Mikio Ishiwatari
Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM) - Focusing on Pro-active Risk Reduction in Asia   02(01)    2010年   [査読有り]
Mikio Ishiwatari, 2010, 'Redevelopment of Inland Water Transport for Post-Conflict Reconstruction in Southern Sudan', Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM) - Focusing on Pro-active Risk Reduction in Asia, vol. 02, no....
檜垣大助, 山田知充, 石渡幹夫, 丸尾祐治, 服部修
砂防学会研究発表会概要集   2009 212-213   2009年5月
石渡 幹夫
開発援助研究   4(3) 173-189   1997年1月
Nakanishi J, Ishiwatari M, Ichimura M.
Water Science and Technology   23(10-12) 1835-1844   1991年   [査読有り]

Misc

 
石渡幹夫
アフラシア   12 1-4   2017年   [依頼有り]
地域社会による防災活動は災害被害を減らすカギを握る。特に途上国では、防災に多
くの予算がかけられず、災害対応の責任を担う自治体の人員、能力が十分でない。この
ため否応なく地域社会が対処せざるを得ない。日本の歴史や課題を振り返りつつ、途上
国での現状や今後のあり方を考えてみたい。
石渡 幹夫
学術の動向 : SCJフォーラム = Trends in the sciences : SCJ Forum   18(10) 90-94   2013年10月
石渡 幹夫
土木學會誌   95(8) 8-9   2010年8月
石渡幹夫
季刊河川レビュー   32(121) 76-79   2003年
石渡幹夫
国際建設防災   (7) 83-88   1998年2月
石渡幹夫
水情報   14(3) 13-15   1994年3月
石渡 幹夫
建設月報   45(10) p66-68   1992年10月

書籍等出版物

 
石渡 幹夫
鹿島出版会   2016年10月   ISBN:4306094448
日本の防災を世界での災害対策にどう活用するか。途上国の現場での経験・苦労を交え、過去の災害の例を引きながら平易解説した読本。
ネパール地震、北関東水害、フィリピン・レイテの高潮災害、タイの大洪水、東日本大震災など、世界中で災害が頻発している。
なぜ災害は増えているのか?
なぜ災害には格差があるのだろうか?
なぜ復興の道は険しいのだろうか?
どうすれば世界から災害を減らせるのだろうか?
日本はどう手助けできるのだろうか?
途上国で災害が頻発する社会経済的な背景、弱者や貧困層に被害が集中する格...
Promoting Green Growth through Water Resources Management
石渡幹夫
The World Bank.   2016年   
Water security and water quality affect numerous economic sectors and areas: agriculture, energy, disaster management, and others. Countries need balanced and integrated approaches that are economically, environmentally, and socially sustainable. ...
Ranghieri Federica, 石渡 幹夫
World Bank   2014年   ISBN:9781464801532
The successes of Japan’s disaster risk management (DRM) system as well as the ways in which that system could be improved are reflected in the lessons drawn from the Great East Japan Earthquake (GEJE) and presented in the initial reports from the ...
ベン・ワイズナーほか (担当:共訳)
築地書館   2010年12月   ISBN:4806714127

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
土木学会  学術交流基金管理委員会
 
2016年
 - 
現在
アジア土木学協会連合協議会(ACECC  )技術委員会TC21
 
2012年
 - 
2014年
日本学術会議  東日本大震災復興支援委員会災害に対するレジリエンスの構築分科会 特任連携会員
 
2010年
 - 
2011年
Asian Development Bank  Steering Committee of Water and Climate Change of Asia-Pacific Water Forum
 
2009年
 - 
2009年
国土交通省  気候変動適応策に関する国際貢献推進アドバイザリー会議委員
 

受賞

 
2013年
土木学会 国際活動奨励賞受賞
 
2013年
Emerald Publishing Awards for Excellence - 2013 Outstanding Author Contributions
 

講演・口頭発表等

 
Governance of Water Use in Japan and Japanese Assistance [招待有り]
石渡幹夫
Session 5-3 (Water, land, food and governance), 1st Asian International Water Week, Gyeongju   2017年9月   
治水事業への協働体制の構築:途上国援助の事例
石渡幹夫
分野・部門間協働による防災推進のためのアジア諸国の協力:土木学会全国大会研究討論会   2017年9月   
Bridging Gap in assessing climate and fragility risks [招待有り]
石渡幹夫
Climate-fragility Risk Reduction for Development and Peace, International Forum for Sustainable Asia and the Pacific, Yokohama,   2017年8月   
National Disaster Response System in Japan [招待有り]
石渡幹夫
Disaster Risk Management Expert Workshop: Enhancing National Disaster Management Systems and Capacities, Sejong   2017年6月   
日本の経験と国際協力 [招待有り]
石渡幹夫
水・環境・減災ガバナンス合同研究会:アジア経済研究所   2017年2月   

所属学協会