今井 正文

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/09 11:00
 
アバター
研究者氏名
今井 正文
 
イマイ マサフミ
URL
http://theoria.sozo.ac.jp/mimai/
所属
豊橋創造大学
部署
大学院 経営情報学研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京都立科学技術大学)
その他の所属
豊橋創造大学豊橋創造大学

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1999年
豊橋創造大学 短期大学部 実務教育科 講師
 
2000年
 - 
2001年
豊橋創造大学 経営情報学部 経営情報学科 助教授
 
2002年
 - 
2006年
豊橋創造大学大学院 経営情報学研究科 起業・経営情報専攻 助教授
 
2002年
 - 
2006年
豊橋創造大学 経営情報学部 メディアネットワーク学科 助教授
 
2007年
   
 
- 豊橋創造大学 情報ビジネス学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1997年
東京都立科学技術大学 工学研究科 工学システム
 
 
 - 
1991年
東京都立科学技術大学 工学部 管理工学
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
日本経営システム学会  常任理事、広報委員長、編集委員、中部支部副支部長
 
2003年
 - 
2009年
日木経営システム学会  常任理事、広報委員長、編集委員
 
2004年
   
 
日本流通情報学会  理事
 
2009年
 - 
2012年
日木経営システム学会  理事、広報副委員長、編集委員、中部支部副支部長
 

受賞

 
1997年
日本経営システム学会論文奨励賞
 

Misc

 
The consideration on the application of Ant System in large-scale TSP(査読付き論文)
Masafumi IMAI, Tomonori NISHIKAWA, Takayuki NAKAJIMA
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information)   Vol.5 1-10   2008年
Consideration Concerning Application of Ant-System in Path Planning Problem
Masafumi IMAI
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information)   Vol.3(No.1) 9-16   2007年
A Study on Encoding Method of the GA-Neuro System in the Forecasting
Masafumi IMAI, Tomonori NISHIKAWA
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information)   Vol.2(No.1) 21-26   2005年
A study on reconstitution in the forecasting of the insufficient chaotic time series data and application of GA –Neuro system to the data
Masafumi IMAI, Tomonori NISHIKAWA
流通と情報(Japan Society for Logistics and Information)   Vol.1(No.1) 27-38   2004年
ヒューリスティックモデルを自律主体システムに適用した自己組織化現象について
今井正文、清水静江、西川智登
日本経営システム学会誌   16(1) 25-31   1999年

書籍等出版物

 
複雑系における遺伝的アルゴリズムの適用について―システムの自己組織化を中心として―日本経営システム学会編「21世紀の経営システム」
日本経営システム学会編、東方出版   2001年   

講演・口頭発表等

 
多段GAとGA-AntSystemに関する一考察
日本流通情報学会 第6回全国研究発表大会講演論文集   2008年   
大規模最適化カ問題に対するAnt-Systemの適用に関する一考察
日本経営システム学会第40回全国研究発表大会講演論文集   2008年   
経路探索問題におけるant-systemの適用に関する一考察
日本流通情報学会 第5回全国研究発表大会講演論文集   2006年   
GAを利用した最近隣法による短期予測に関する一考察
日本経営システム学会 第36回全国研究発表大会講演論文集   2006年   
GA-ニューロシステムに対する分散処理の適用に関する一考察
日本流通情報学会 第4回全国研究発表大会講演論文集   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
組織行動のモデル化における自己組織化とカオス特性に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1992年   
非線形微分方程式による組織行動のモデルを行い、コンピュータシュミレーションを中心に研究を行う。組織行動モデルのカオス特性と自己組織化のレベルの関係を明らかにしようとするものである。
カオス特性をもつ時系列データに対するGA-ニューラルネットワークシステムの適用に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2002年   
本研究はカオス時系列データを再構成空間に再構成して予測行う場合のGA -ニューロシステムの予測誤差の関係について考察する。実際に再構成空間において予測を行う場合、再構成次元数や遅れ時間を決定は試行錯誤的に行われているが、再構成空間の相関次元と最大リアプノフ指数が指針と成り得る事を示す。また、様々な比較から、GA -ニューロシステムが有効であることを示す。さらに、GA-ニューラルネットワークシステムのコード化法を工夫するにより予測精度が改善する事を明らかにする。
多段システムに対するグリッドコンピューティングの実装に関する考察
その他の研究制度
研究期間: 2007年   
本研究ではGA- Ant Systemや多段GAのような多段システムにおけるグリッドコンピューティングの実装に関する考察を行う。まず、Ant Systemの基本的動作とその問題点、解決法であるASパラメータをGAで探索させるGA- Ant Systemおよび多段GAについて簡単に述べる。さらにGA- Ant Systemのグリッドコンピューティングによる分散処理化を行った結果から、多段システムに対するグリッドコンピューティングという分散処理化の有用性を明らかにする。